中野 晴啓(なかの はるひろ)セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO 

1987年、現在の株式会社クレディセゾンへ入社。セゾングループの金融子会社にて債券ポートフォリオを中心に資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。その後、株式会社クレディセゾン インベストメント事業部長を経て2006年セゾン投信株式会社を設立、2007年4月代表取締役社長就任。2020年6月より現職。 現在2本の長期投資型ファンドを運用、販売、その内の1本「セゾン資産形成の達人ファンド」は数々のファンドアワードで最優秀ファンド賞を連続受賞。顧客数154千人、預かり資産額は4,400億円を超える。一般社団法人投資信託協会副会長、公益財団法人セゾン文化財団理事、公益社団法人経済同友会幹事。著書に『つみたてNISAはこの8本から選びなさい』(ダイヤモンド社)他多数

中野 晴啓(なかの はるひろ)セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO の記事
7
「インベストインキシダ」を追い風に!

2022/06

04

(sat)

「インベストインキシダ」を追い風に!

1.中央銀行との蜜月は終わった ロシアのウクライナ侵攻が始まって早や3ヵ月超が経ちましたが、いまだ終結の行方が見えぬままで、対露経済制裁の影響が資源エネルギー価格を押し上げ、世界的なインフレ高進...

長期投資家の真贋が問われる時

2022/06

03

(fri)

将来の備えと家計のやりくり

長期投資家の真贋が問われる時

1.ウクライナ情勢の混沌 ロシアのウクライナ侵攻は、ウクライナの勇敢な抵抗で停戦の行方が見出せずカオス化しています。ロシアは2014年にクリミア半島を強引に併合し、世界もそれを容認したとの解釈のもと...

シニア活躍社会が日本再生の処方箋に

2022/03

14

(mon)

将来の備えと家計のやりくり

シニア活躍社会が日本再生の処方箋に

1.70歳定年時代に 「人生100年時代」が一般化することにより、老後がざっと20年も長くなる。と考えているならそれは従来の概念で、新たな常識は老後が繰り下がると思うべきです。昨年4月に「高年齢者雇用安...

【高齢社会を生き抜く!】知っておくべき投資における新行動3原則とは?

2022/02

04

(fri)

将来の備えと家計のやりくり

【高齢社会を生き抜く!】知っておくべき投資における新行動3原則とは?

1.年金給付水準の低下 厚生労働省が5年に1回公表する公的年金制度の財政検証2019年の直近データは総じて公的年金財政の厳しい状況を示す内容で、日本経済の成長率が横ばいのケースで所得代替率は4割程度に...

非課税制度を活用しない手はない~「つみたてNISA」「iDeCo」(イデコ)は共に発展途上~

2021/12

23

(thu)

将来の備えと家計のやりくり

非課税制度を活用しない手はない~「つみたてNISA」「iDeCo」(イデコ)は共に発展途上~

2017年に本格的な普及を目指して大幅に制度拡充された個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」と2018年、新たに創設された少額投資非課税制度「つみたてNISA」があります。共に私たち生活者が将来に向けた長期資産...

老後資金2,000万円問題の的外れ

2021/12

14

(tue)

将来の備えと家計のやりくり

老後資金2,000万円問題の的外れ

1.「高齢社会における資産形成・管理」報告書の本旨とは? 2019年に、金融審議会市場ワーキング・グループが作成した「高齢社会における資産形成・管理」という報告書が公表され、世間が騒然となった老後資...

『人生100年を見据えた資産形成』

2021/10

21

(thu)

将来の備えと家計のやりくり

『人生100年を見据えた資産形成』

1.新たな問題提起 現役世代の預貯金偏重志向に対して、2018年に「つみたてNISA」が制度化され「長期・積立・分散」投資が、将来に向けた資産形成の新たな行動規範として普及しはじめています。それに加えて...