サービス付き高齢者向け住宅とは?失敗しない選び方とメリット・デメリットを解説

URLをコピーしました。
サービス付き高齢者向け住宅とは?失敗しない選び方とメリット・デメリットを解説

 ご自身の老後の生活が不安なミドルシニア世代の方、まだまだ健康でも介護が必要になる年齢の親を持つ方にとって、安心かつ自由に暮らせる住まいが「サービス付き高齢者向け住宅」です。「サ高住(さこうじゅう)」とも略されるサービス付き高齢者向け住宅は、介護が必要なく自立して暮らせる方向けに、暮らしに役立つ生活支援を提供してくれる賃貸住宅です。 

サービス付き高齢者向け住宅には、自宅や老人ホームで生活するのと比べてさまざまなメリット・デメリットがあるため、今回のコラムで具体的な施設の選び方とともに紹介します。 

1.サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは? 

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的な賃貸マンションと同じような設備で生活しながら、専門のスタッフによる「生活相談」や「安否確認」などのサービスを受けられる住まいを指します。外部の訪問介護サービスなどを利用して介護を受けながら生活することも可能で、老人ホームと比べると生活の自由度が高いことが特徴です。 

また、サービス付き高齢者向け住宅の入居の際には、一般的な賃貸借契約を結ぶことになります。賃貸借契約を結ぶ一般的なアパートやマンションの場合、60歳以上になると年齢を理由に入居を断られるケースも出てきますが、サービス付き高齢者向け住宅ではそうした心配が不要というメリットもあります。 

1-1.受けられる介護サービス 

サービス付き高齢者向け住宅では、安否確認と生活相談の2つが基本サービスとなっています。定期的にスタッフが各部屋を回り、利用者の状況を確認してもらえるほか、買い物代行や病院への付き添いにも対応してくれるため、一人暮らしよりも大きな安心感があります。 

一方で、サービス付き高齢者向け住宅は原則として介護サービスは提供していません。中には要介護状態になると退去が求められる場合もあるため、あくまでも自立して生活できる方が対象となります。ただし、ニーズに合わせて訪問介護やデイサービスなどの介護サービスも用意している物件もありますので、それぞれの住宅に問い合わせて確認することが大切です。 

1-2.「一般型」「介護型」の違い 

サービス付き高齢者向け住宅には、「一般型」「介護型」の2つのタイプがあります。一般型は、自立して生活できる方を対象としており、介護サービスを受けたい場合はご自身で手配するタイプです。介護型では、「特定施設」として有料老人ホームと同様の介護サービスを受けることができます。どちらを選ぶかによって生活の自由度や費用は異なりますが、最期の瞬間まで住み続けたいと思うのであれば看護師も常駐する看取りが可能な物件を選択すると良いでしょう。 

1-3.費用・入居条件 

サービス付き高齢者向け住宅では、一般的な賃貸マンションを契約する場合と同じような費用が発生します。月々の家賃、光熱費、敷金が基本となりますが、「介護型」の特定施設を利用する場合には、入居一時金として高額な初期費用が必要になるケースもあります。 

自立して生活できる方ほど費用は安く抑えられ、手厚く介護サービスを受けたい方は費用がかさむ傾向にあります。他の住まいと比較すると、一般的な賃貸マンションで生活するよりも費用は高額になりますが、有料老人ホームなどに入居する場合と比べると費用は抑えられるでしょう。 

2.サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームとの違い

サービス付き高齢者向け住宅は、賃貸物件を借りる賃貸借契約を結ぶことが特徴で、施設の利用契約を結ぶ「有料老人ホーム」とは異なる性質を持ちます。サービス付き高齢者向け住宅は、一般的なアパートやマンションと同じく、家賃を支払って暮らす住まいの一種で、有料老人ホームのように「施設」を利用するという感覚は薄くなるでしょう。それ以外にもサービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームにはいくつかの違いがありますので、ここでまとめて紹介します。 

2-1.費用面の違い 

利用することで発生する費用は、有料老人ホームに比べてサービス付き高齢者向け住宅の方が安価になります。有料老人ホームでは入居の際にまとまった額の入居一時金を支払う必要があり、中には数百万円になるところもあるため、初期費用が大きくなる傾向にあります。サービス付き高齢者向け住宅では、最初に敷金を支払う必要がありますが、入居一時金ほど高額になることはありません。日々の介護が必要なく毎月の費用を抑えたい方にとっては、サービス付き高齢者向け住宅が適した選択肢になるでしょう。 

2-2.提供する介護サービスの違い 

定額で介護サービスを提供する有料老人ホームに比べて、サービス付き高齢者向け住宅では自分に合った介護サービスを選べる特徴があります。要介護度が上がると有料老人ホームを選ぶ方が安心して暮らせることもありますが、ある程度自立して生活できる方であればサービス付き高齢者向け住宅に住みながら訪問介護などを利用すると良いでしょう。また、要介護度によってはサービス付き高齢者向け住宅からの退去を求められる可能性がある点にも注意してください。 

2-3.生活の自由度の違い 

サービス付き高齢者向け住宅は一般的な賃貸マンションと同じような生活を送れるため、外出や食事、入浴などに制限はほとんどありません。一方で有料老人ホームでは、外出や外泊に許可を取る必要があるほか、食事や入浴の時間も決まっています。そのため、生活支援を受けながらも自宅と同様の自由な生活を送りたい方には、サービス付き高齢者向け住宅が向いています。 

3.サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット 

続いて、サービス付き高齢者向け住宅を利用することで得られるメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。 

3-1.サービス付き高齢者向け住宅のメリット 

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとして挙げられるのは、主に次の3つです。 

  • 生活の自由度が高い 
  • 費用が抑えられる 
  • 自身に適した介護サービスを選べる 

サービス付き高齢者向け住宅は、物件そのものがバリアフリー構造になっており、一般的な戸建てやアパート・マンションに住み続けるよりも安心して暮らせることもメリットです。また、国の支援やニーズの増加によってサービス付き高齢者向け住宅の数も増加しているため、ご自身に合った物件を選びやすい利点もあります。「施設」へ入居するというよりも、「賃貸マンション」に引っ越すという感覚で利用できる点も、施設に抵抗がある方にとってはメリットになるかもしれません。 

3-2.サービス付き高齢者向け住宅のデメリット 

サービス付き高齢者向け住宅のデメリットとして考えられるのが、次の3つです。 

  • 介護・医療サービスは有料老人ホームの方が充実 
  • まったく支援を必要としない場合は一般的な賃貸物件の方が割安 
  • 要介護度が上がると退去しなければならない可能性がある 

手厚い介護を必要とする方の場合、サービス付き高齢者向け住宅よりも有料老人ホームの方が適しているといえます。まったく介護が必要ない方も、一般的な賃貸物件を借りて住んだ方が費用は抑えられるでしょう。物件によっては、要介護度が高まると住み続けることができなくなる可能性もあるため、万が一に備えて別の有料老人ホームなどを検討しておかなければなりません。 

4.サービス付き高齢者向け住宅の選び方は?チェックしておきたい5つのポイント 

サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ際には、以下の5つのポイントに着目して利用する物件を選択しましょう。それぞれのチェックポイントについて詳しく紹介していきます。 

  • 立地・交通アクセス 
  • 費用 
  • サービス内容 
  • 設備・雰囲気 
  • 夫婦で居住できるか 

4-1.立地・交通アクセス 

サービス付き高齢者向け住宅では、一般的な賃貸物件に住む場合と同じような生活を送りますので、近所にあるスーパーやコンビニ、駅やバス停からの距離も重要になります。銀行や病院、ドラッグストアなども周辺にある立地なら、普段の生活も便利になります。家族や親戚と顔を合わせる機会が多いのであれば、家族や親戚の住まいからの距離も考慮しておくと良いでしょう。 

4-2.費用 

サービス付き高齢者向け住宅は、選ぶ物件によって費用も上下します。一般的な賃貸物件と同じように、新しくてキレイな物件ほど家賃は高額になる傾向にあり、介護サービスの有無によっても金額は異なります。将来的に介護サービスが必要になる可能性や、有料老人ホームへ入居する可能性も考えながら、貯金や年金収入を踏まえて余裕を持って支払える物件を選びましょう。 

4-3.サービス内容 

サービス付き高齢者向け住宅で利用できる基本的なサービスは、安否確認と生活相談の2種類です。物件によっては食事や介護面での手厚いサービスが用意されていることもあり、夜間にスタッフが常駐しているかどうかも物件によって左右されます。レクリエーションや看取りにも対応している物件では、費用も高額になることがありますのでサービス内容とのバランスを考慮しながら選ぶと良いでしょう。 

4-4.設備・雰囲気 

サービス付き高齢者向け住宅では、自宅とほぼ変わらない感覚で生活するため、物件の設備や雰囲気も大切なポイントになります。中にはフィットネスジムやカラオケなどの娯楽施設が入っていることもあるので、ご自身の理想とするライフスタイルをもとに施設選びを進めましょう。また、スタッフの応対や共用スペースの活気などは、実際に足を運んでみないと分からない部分になりますので、事前に見学をすることをおすすめします。 

4-5.夫婦で居住できるか 

サービス付き高齢者向け住宅の中には、配偶者とともに入居できる物件もあり、広めの夫婦部屋が用意されているケースもあります。夫婦で一緒に暮らしながら生活支援サービスを受けたいと考えている方にとっては、二人で快適に生活できるかどうかも重要なチェックポイントです。サービス付き高齢者向け住宅では、契約者が亡くなった場合にも配偶者の方はそのまま住み続けることが可能ですので、夫婦で安心して住み続ける住まいとしても活用できます。 

5.介護のことで迷ったら「わかるかいごbiz」へ 

サービス付き高齢者向け住宅を含めた介護施設選びでは、ご自身の希望はもちろん、専門家の意見も参考にしながら決めることが大切です。介護について相談するには、お住まいの地域で「地域包括支援センター」の窓口を利用することが可能です。また、無料で専門スタッフへの電話相談が可能な「わかるかいごbiz」を利用してみるのもおすすめです。 

「離れて暮らす両親が心配…」 

「親はまだ元気だけど、介護について知っておきたい」 

「介護保険って、誰でも使えるの?」 

こうしたお悩みにも丁寧にお答えしていますので、お気軽にお電話ください。 

わかるかいごbizの詳細はこちら

おわりに 

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的な賃貸マンションと同じような感覚で住み始められるのが特徴です。有料老人ホームと比べると初期費用・月額費用も抑えられるほか、自分に合った介護サービスを選択して利用することも可能です。ただし、自立して生活できる方が対象となりますので、要介護度が上がった場合に退去を求められる場合がある点に注意が必要です。 

サービス付き高齢者向け住宅を含めた施設選びについて、健康なうちから相談しておきたい方は、ぜひ「わかるかいごbiz」の無料介護相談ダイヤルもご活用くださいね。