【徹底解剖】海洋散骨!海洋散骨体験クルーズに行ってきました! 

URLをコピーしました。
【徹底解剖】海洋散骨!海洋散骨体験クルーズに行ってきました! 

少子高齢化や核家族化が進む中、先祖代々のお墓を継承し、守っていくことが難しくなってきています。こうした社会構造の変化の中で、「お墓の跡継ぎがいない」という問題に対応可能な永代供養墓、樹木葬、納骨堂といった新しい埋葬の方法が人気を集めています。

遺骨を海に撒き、自然に還す海洋散骨もその1つです。お客様からお問い合わせをいただく機会も増えてきました。やはり「百聞は一見にしかず」ということで、「ブルーオーシャンセレモニー」のブランドで海洋散骨事業に取り組む株式会社ハウスボートクラブの海洋散骨体験クルーズに参加してみました。その模様をお伝えしながら、海洋散骨について考えてみたいと思います。

1.まるで船上のお葬式!体験クルーズでわかった海洋散骨の本質

集合場所は、中央区晴海の朝潮小型船乗り場。都営地下鉄大江戸線の勝どき駅から徒歩6分程度です。駅からてくてく歩いていくと、おっ、見えてきましたよ。本日乗船する「レノン号」です。

今回は、法人向けの体験クルーズということで、私たちのほかに参加するのは、お寺、葬儀会社、石材店といった渋いメンバー。桟橋でなじみの顔を見つけ、「あれ?奇遇ですねえ」なんて言っているうちに、乗船時刻となりました。

乗船すると、まず目に入るのが、模擬祭壇。そこには、レノン号の村田船長の遺影が!えっ?船長、亡くなっちゃったの?大丈夫です。このあと、元気に航路の説明をしてくれました。

今回の散骨ポイントは、東京湾の羽田沖。レインボーブリッジをくぐり、波しぶきを立てながら、船は進みます。その間、船内でスタッフさんによる海洋散骨のミニセミナーが開催されました。海洋散骨は年々増えていて、最近では年間1万件程度行われているそうです。ブルーオーシャンセレモニーが2020年に取り扱った件数は、638件。3年前と比べると、ほぼ倍増しているとのこと。

さて、1時間足らずで、船は散骨ポイントに到着。いよいよ模擬散骨です。参加者1人ひとりに水溶性の袋が手渡されます。

中には食塩が入っています。実際の散骨にあたっては、粉骨機で細かくパウダー化した遺骨を袋に詰めるそうです。

袋を破って、船べりからサラサラと散骨。そして、お花を手向けます。海洋散骨は、環境への配慮が必要ですので、セロハンで巻いた花束などはNGです。手向けるお花は、自然に還る花びらだけなんですね。手向けた色とりどりの花びらが、ゆっくりと波間に広がっていきます。

まるで故人の冥福を祈るかのように・・・。全員が模擬散骨を終えると、スカイデッキに移動。スカイデッキで黙とうをささげる船上セレモニー体験です。船は、故人にお別れを告げるかのように、散骨スポットの周りを大きく3周します。これで、一連のスケジュールは終了。帰路、頭上を飛ぶ飛行機を真下から眺め、童心に帰って歓声を上げる私たち。何だか晴れ晴れとした気持ちになりました。今回の体験クルーズ、所要時間は約2時間でした。

実際に体験してみて強く感じたのは、海洋散骨は単に新しい埋葬手段の1つということだけにとどまらず、故人と向き合い、見送るセレモニーとしての性格が強いこと。まるで、船上のお葬式です。スタッフの皆さんの細やかなおもてなしの心も相まって、単に「遺骨を海に撒く」という事務的なものではないことが、よくわかりました。

2.遺骨を全て散骨してしまうと、お参りの対象や遺族の心のよりどころがなくなる?

大海原がお墓の代わりとなる海洋散骨の場合、「遺骨を全て散骨してしまうと、お参りの対象や遺族の心のよりどころがなくなってしまうのでは?」という質問を受けることもあるそうです。このような場合、ブルーオーシャンセレモニーでは、遺骨の一部を手元に残す手元供養を案内しているそうです。船内には、手元供養のためのミニ骨壺が展示されていました。

また、散骨を行った海域に船を出し、故人を偲ぶ「メモリアルクルーズ」も用意しているそうで、お墓参り代わりに毎年のように利用する人もいるそうです。子供たちがスカイデッキでカモメにエサをあげるなど、和気あいあいとした雰囲気で行われることが多いとか。

3.海洋散骨の3つのプランと気になる料金

ブルーオーシャンセレモニーには3つの散骨プランがあります。1つ目は、船一隻を丸ごと貸し切って行う「チャーター散骨」です。北海道から沖縄まで全国40以上の出航地から希望する日時に出航可能です。心ゆくまでゆっくりお別れができます。2つ目は、複数の家族が乗り合いで行う「合同散骨」です。毎月4回以上出航しているそうです。3つ目は、家族が乗船できない場合の委託型プラン「代行散骨」です。Zoomアプリを使用した散骨のオンライン中継(2021年現在、東京湾のみ対応)も行っているそうです。

コロナ前は、費用を抑えつつ、自分の手で故人を送ることができる合同散骨が全体の4割を占め、チャーター散骨と代行散骨が全体の3割程度ずつという内訳だったそうですが、コロナ下では、合同散骨の割合が減り、その分チャーター散骨、代行散骨の割合が増えているそうです。

3つのプランの気になる料金は、下表のとおりです。

【ブルーオーシャンセレモニーの散骨プランと料金】

プラン料金(税込)
チャーター散骨エリアにより  
平日297,000円~ 
または  
平日330,000円~
各種オプションを含んだ費用の平均額 (2019年実績)     
約350,000円
合同散骨平日165,000円~
各種オプションを含んだ費用の平均額 (2019年実績)     
約187,000円
代行散骨平日55,000円~
各種オプションを含んだ費用の平均額 (2019年実績)     
約106,000円

4.終活のご相談は、シニアライフよろず相談室まで!

ライフスタイルの多様化に伴い、多様化する供養の在り方。シニアライフよろず相談室では、海洋散骨のほか、永代供養墓、樹木葬、納骨堂など、新しいタイプの供養について、情報提供を行っています。

また、「生前にお墓を購入したいけれど、納骨をお願いできる人がいない・・・」というおひとりさまのお悩みには、シニアライフよろず相談室が提供する「セゾンの身元保証」をご案内できます。この機会にお気軽にお問い合わせください。

一般社団法人シニアライフよろず相談室

住所:170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F

電話:03-5992-2463(平日9:00~19:00、土曜9:00~12:30)

FAX:03-4496-4355

Eメール:info@yorozu-soudan.com

シニアライフよろず相談室の詳細はこちら

人気の記事
ランキング