【無料セミナー開催のご案内】「人生100年時代に大切な生前対策・相続対策と資産運用」

URLをコピーしました。
【無料セミナー開催のご案内】「人生100年時代に大切な生前対策・相続対策と資産運用」

一般社団法人シニアライフよろず相談室は、2018年4月より、週1回、夕刊フジにコラム「シニアライフよろず相談室」を連載しています(2022年4月現在、毎週金曜日に連載中)。毎回、シニアライフのお悩みとそれを解決するための対策、さまざまな専門家・企業のサービスなどをご紹介するこのコラム、読者の皆さんからのお問い合わせも数多くいただいています。シニアライフよろず相談室では、読者の皆さんの関心の高いテーマについて、夕刊フジとタイアップのうえ、定期的にセミナーを開催しています。

今回ご案内させていただくのは、2022年5月21日(土)開催の「人生100年時代に大切な生前対策・相続対策と資産運用」というタイトルのセミナー。東京・大手町の会場(産経新聞東京本社)でのご参加、オンラインでのご参加のいずれかをご選択いただけます。

「人生100年時代」ともいわれる長寿化が進み、インフレの足音が忍び寄る中、「老後の生活のため、財産をどう守り、どう活用すれば良いのか?」「財産を円満に次世代に承継するため、元気なうちに何をやっておくべきか?」というシニアの皆さんのお悩みの声が増えています。

今回のセミナーは二部構成とし、お二人の専門家にお悩みの解決に向けたヒントを伝授いただきます。第一部、第二部の見どころを、それぞれご紹介いたしますので、「面白そうだな」と思っていただけたら、是非ご参加のお申し込みをお願いいたします。(参加費は無料です。)

■第一部「人生100年時代の生前対策・相続対策」の見どころ

講師:中島寛之(なかじま ひろゆき)氏

司法書士法人松野下事務所 司法書士。2006年、司法書士登録。家族信託や遺言など、さまざまな生前対策・相続対策のプロフェッショナル。

司法書士法人松野下事務所、一般社団法人エム・クリエイトなどから構成される松野下グループには、シニアの皆さんから、相続や財産管理を中心とした、さまざまなお困りごとのご相談が寄せられています。講師によれば、最近のご相談の背景として、意識せざるを得ないキーワードは、「長寿化」と「家族形態の多様化」であるとのこと。

ひと昔前までは、60代、70代のご相談者からのご相談内容は、ご自身の相続対策が中心だったのに、最近は80代、90代の親御さんがご健在であることも多く、その衰えや判断能力の低下も考慮に入れながら、まずは親御さんの財産管理や相続について対策を考えなければならないケースが増えてきているとか。これに加えて、ご自身の相続対策も・・・。

また、おひとりさまの増加、親戚同士の人間関係の希薄化、「8050」問題など、「家族のカタチ」の多様化が進んでおり、それぞれの家族が抱える問題を長期的な時間軸の中で、あらゆる視点からとらえ、総合的な対策が求められるようになっているそうです。

総合的な対策を構成する有力なキーパーツとして、活用される機会が増えている家族信託(財産を信頼できる家族に託し、託された家族が信託の目的に沿って、財産の管理・処分を行う財産管理手法)についても、その仕組みや活用事例が説明される予定。松野下グループのセミナーでは、専門用語をできるだけ使わず、平易な言葉で分かりやすく伝えることをモットーとしているそうなので、しっかり理解できそうですね。

 

■第二部「定期預金には満足できない方へ、新しい選択肢とは」の見どころ

講師:堀田靖幸(ほった やすゆき)氏

Fintertech株式会社取締役。同社にて貸付型クラウドファンディング事業の立ち上げ準備を行い、2021年11月より、同事業(ブランド名:Funvest)を開始。

「退職金や相続したお金を大切に運用したいけれど、定期預金は金利が低すぎるし、価格変動リスクのある株式やFX(為替)などへの投資も気が進まない・・・」と、お悩みになっている方も多いのではないでしょうか?

大和証券グループ本社とクレディセゾンの合弁会社であるFintertech株式会社が、昨年11月に提供を開始したFunvestは、投資家の皆さんから集めた出資金をもとに、国内外の企業などに融資を行う貸付型クラウドファンディングサービスです。

現在、募集・運用中のファンドは、いずれも想定運用期間1年前後、想定利回り年率2~3%程度(税引前)。価格変動がある投資商品ではないため、値動きに一喜一憂することもありません。

定期預金の金利に満足できない方にとって、新しい資産運用の選択肢となっているそうです。1口10万円から投資できることから、「ちょっとした小遣い稼ぎのつもりで」と少額から気軽に投資をスタートされる方も多いとのこと。大和証券グループ本社、クレディセゾンを親会社とする経営基盤や、一定のリターンの確保を目指しつつ、安全性重視の運用姿勢を評価される方も多いそうです。

クラウドファンディングといえば、インターネットやスマホの普及を背景に広まった新しい直接金融(資金を必要とする相手に直接資金を出資すること)のモデルとして認識されていますが、シニアの資産運用の選択肢としての需要が高まっているとは、興味深いですね。その仕組みをじっくり聞いてみたい方も多いと思います。

(※)金融商品取引法上の勧誘に該当する内容を含む可能性があります。

セミナー概要

【テーマ】「人生100年時代に大切な生前対策・相続対策と資産運用」

【日時】2022年5月21日(土)13時~15時、開場12時30分

【会場】産経新聞東京本社(東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル)

※東京メトロ丸ノ内線・半蔵門線・東西線・千代田線 「大手町駅」下車 E1・A1出口直結

※JR「東京駅」丸の内北口より徒歩7分

【定員】

《会場参加の場合》30人(先着順) お申し込み期限:5月16日(月)

《オンライン参加の場合》50人(先着順) お申し込み期限:5月20日(金)

■お申し込み方法

《会場参加の場合》

参加費は無料です。夕刊フジがお申し込み受付窓口となります。参加される方全員の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記して、下記の①~③のいずれかにより、お申し込みください。入場証を郵送いたします。

  • ①メール:info-yukanfuji@sankei.co.jp
  • ②ファクス:03-3242-5760
  • ③往復はがき:〒100-8160(住所不要) 夕刊フジ新規事業推進室「セミナー事務局」宛

《オンライン参加の場合》

シニアライフよろず相談室がお申し込み受付窓口となります。

5/21セミナー参加希望の旨、参加される方全員の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記して、メールにてお申し込みください。参加に必要なURLを、メールにて返信いたします。

メール(シニアライフよろず相談室):info@yorozu-soudan.com

※お預かりした個人情報は、本セミナーのお申し込み受付手続きのみに使用し、協賛企業との共有など、目的外の使用は一切行いません。

  • 【主催】夕刊フジ (協力)一般社団法人シニアライフよろず相談室
  • 【協賛】松野下グループ、Fintertech株式会社
  • 【セミナーお問い合わせ】夕刊フジセミナー事務局 電話:03-3270-4689(平日10時~17時)

【注意事項】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスク着用、体温計測、手指のアルコール消毒などのご協力をお願いいたします。当日の体温37,5度以上の方、体調の悪い方のご入場はお控えください。新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止や延期となる場合がございます。政府、東京都の方針やガイドラインに基づき公演時間、内容の変更、中止や延期などを行う場合がございます。

シニアライフよろず相談室の詳細はこちら