50代男性しかもバツイチ…そんな俺でも恋愛できる?女性側の本音とは

URLをコピーしました。
50代男性しかもバツイチ…そんな俺でも恋愛できる?女性側の本音とは

「気付いたらもう50代に入り、バツイチだから恋愛も望み薄なのかな?」

「自粛期間を経て恋愛に興味が出てきたけど、今からじゃ遅い?」

こんなふうに考える方がいるかもしれません。

50代になってから恋愛して再婚する…という話は案外聞かないし、ご自身には不可能だと決めつけている方も多いでしょう。

しかし世の中の女性側の本音としては、バツイチだろうと50代だろうと、恋愛対象に入る可能性はゼロではありません。

ただし一方で女性側からはお断りされてしまうパターンもあるのが現実です。

このコラムでは、女性にとって恋愛対象になるバツイチ50代男性の特徴や、幸せに再婚するためのポイントについてご紹介いたします。

1.バツイチ50代男性でも恋愛対象!女性がOKしやすいの特徴

まずは女性側の意見として、恋愛対象に入るバツイチ50代男性の特徴について見ていきましょう。

  1.  女性の扱い方が上手
  2.  離婚の原因を反省している
  3.  メンタルが強い
  4.  大人の落ち着きや余裕がある
  5.  経済的に豊かである

これらの特徴にあなたが当てはまるなら、今からでも充分恋愛できる可能性があるといえるでしょう。

将来再婚を考えている方にとっても重要なポイントになりますので、ぜひ押さえておきましょう!

1-1.女性の扱い方が上手

女性の中には、自分よりもある程度年上の男性を恋愛対象として好む方もいます。

なぜ年上男性を恋愛対象として選ぶのかといえば、まず1つ大きい理由が「女性の扱い方が上手に見えるから」です。

恋愛経験が豊富で、結婚歴もある方であれば、女性心理をある程度理解できて、一緒にいて楽しく過ごせると感じることが多いでしょう。

食事に行けば女性をエスコートしたり、慣れた手つきで車を運転してドライブに連れていってくれたりと、このような女性の扱いが分かっている男性が恋愛対象として選ばれるのでしょう。

1-2.離婚の原因を反省している

ご自身ではマイナスのイメージを抱いてしまう「離婚歴」ですが、女性側からしてみると、離婚の原因をしっかりと自覚しているのであれば、初婚の男性よりも評価が高くなることもあります。

つまり、「自分の欠点やマイナス面をしっかり分かっているから、恋愛したり結婚したりしても気持ちよく過ごせるだろう」と考えるられるでしょう。

むしろ50代で初婚だと、「その年齢まで結婚できなかったということは、何か事情があるんじゃないか?」と勘繰られる可能性もあります。

そういう意味では、50代男性でバツイチであることは、デメリットというよりもむしろメリットといえるでしょう。

1-3.メンタルが強い

50代男性が年相応のメンタルの強さを持っていれば、それだけで女性側としては頼り甲斐があると感じます。

何かトラブルがあったとしても落ち着いて対処することができて、失敗しても落ち込まない。

そんな強いメンタルの持ち主であれば、結婚後も頼れる存在になるだろうと予想できるので、女性側からすると高評価です。

ただしメンタルが強いことと、周りが見えず自己中心的であることは別の話なのでご注意ください。

1-4.大人の落ち着きや余裕がある

年上男性の落ち着いた雰囲気や、余裕のある態度に魅力を感じる女性も多いです。

女性が恋愛相手として選ぶなら、子どものようにやんちゃな年下男性よりも、まるで父親のように頼り甲斐のある男性を好むことも少なくないでしょう。

いわゆる「渋い」男性を好む女性も多いですし、落ち着いたオーラがある方はそれだけで女性からも好意を寄せられます。

1-5.経済的に豊かである

一般的には、男性は歳を重ねるごとに昇進・昇格し、経済的に豊かになっていくことが多いです。

そうした経済的な豊かさが結婚生活の安心感につながり、50代の男性を選ぶ女性もたくさんいます。

もちろん明らかなお金目当ての女性は、男性側としても好ましくないでしょう。

それでも、恋愛市場でのアドバンテージとして、収入や貯蓄の多さを武器として使うのは1つの戦略といえるでしょう。

2.女性の恋愛対象から外れてしまうバツイチ50代男性の振る舞いとは?

女性にとって恋愛対象OKのバツイチ50代男性は多いですが、一方で女性側からNGとされてしまう男性もいます。

そうした恋愛対象から外れてしまう方には、どのようなところに原因があるのでしょうか?

  1. 女性に対して上から目線
  2. 離婚原因を元妻のせいにする
  3. ちょっとしたことで落ち込む
  4. ロマンチックな恋愛や結婚を望む
  5. 向上する意欲がない

ここでは、上記5つについてご紹介しましょう。

2-1.女性に対して上から目線

バツイチかどうか、年上かどうかに限らず、女性に対して上から目線で接してくる男性は、ほぼ例外なく嫌われるでしょう。

初対面なのにいきなりセクハラやパワハラめいた言動をしてしまうとか、女性をアゴで使うような態度を振る舞っていると、自然とご自身の近くから女性はいなくなっていくでしょう。

男性側からしても、異性や同性から見下されたり、上から目線で対応されたりしたら嫌な気分になりますよね?

あくまでも女性と対等、もしくは一歩引いて女性を立てるような男性が好まれるでしょう。

2-2.離婚原因を元妻のせいにする

離婚歴がある男性の場合、その離婚の原因をどう捉えているかによって、その後の恋愛・結婚が決まってきます。

どれだけ妻側に非があったとしても、「自分にも悪いところがあった」「元妻は悪くない」と、謙虚な姿勢でいられる方は、女性からも好印象につながりやすいでしょう。

一方で、とにかく離婚原因を元妻に押し付けて、「自分は一切悪くない!」という態度でいれば、事実がどうかにかかわらずイメージダウンにつながります。

たとえ元妻に思うところがあったとしても、離婚原因を相手に押し付けるのは避けましょう。

2-3.ちょっとしたことで落ち込む

女性側からすると、ちょっとしたことで落ち込んでしまうメンタルの弱い年上男性は、恋愛対象から外れてしまうでしょう。

一見すると頼り甲斐があって大人な雰囲気の男性なのに、ちょっとしたことで凹んでしまう…そんな光景を目にすると、悪い意味でギャップを感じてしまい、あなたに失望してしまう可能性が高いといえるでしょう。

それよりも、普段から堂々と振る舞い、打たれ強い男性として女性に接した方が印象は良くなるでしょう。

2-4.ロマンチックな恋愛や結婚を望む

ドラマや映画に出てくるような、ロマンチックなシチュエーションを望む男性は、女性からは「痛い男」に見られる可能性があります。

もちろんロマンチックな恋愛・結婚を望む女性は多いですから、そうした趣味の女性からすると喜ばれるのかもしれません。

しかし、何事にも年相応のレベルがあります。

バツイチの50代男性が、まるで少女漫画に出てくるような恋愛をイメージしていたら、周りの女性も引いてしまう可能性が高いです。

2-5.向上する意欲がない

人として尊敬できる相手であれば、経済状況は気にしないという女性も多いです。

ただし、何年もバイト生活を続けているとか、キャリアアップの努力をしていない男性は、ちょっと便りなく思えてしまうでしょう。

資格取得のために勉強していたり、副業や資産運用にチャレンジしている姿を見せられれば、女性からの評価もアップします。

一方で、現状に満足してダラダラ過ごしているようだと、女性側も愛想を尽かしてしまうかもしれません。

3.こんな女性は要注意!付き合ってはいけない女性の特徴

続いて、バツイチ50代男性が恋愛相手として選ぶ際に、注意しておきたい女性の特徴についても紹介します。

  1. お金目当てで近づいてくる女性
  2. 自身より若すぎる女性
  3. 趣味や仕事に理解がない女性

あなたが気になっている女性が、もしこれらの条件に当てはまるなら、今の関係を見直したほうがいいかもしれません。

3-1.お金目当てで近づいてくる女性

「50代の男性なら、きっとお金をいっぱい持っているだろう」となかにはお金目当てで近づいてくる女性もいます。

もちろんあなた自身に魅力を感じているなら、多少お金目当ての要素があっても問題ないでしょう。

ただし、食事をご馳走したり欲しいものを買ってあげないと関係が続かないようなら、その関係は見直した方が良いでしょう。

3-2.自身より若すぎる女性

個人差はありますが世の中の多くの男性は、自身よりも年下の女性を好む傾向があるかもしれません。

ただ、ひと回りもふた回りも年下の女性になると、さすがに恋愛対象からは外れてしまう可能性が高いかもしれません。

たとえば、50代の男性が20代や30代の女性と付き合おうとするのは、かなりの難易度が高いでしょう。

それよりも、40代や50代など、同年代の女性にアプローチすることをおすすめします。

3-3.趣味や仕事に理解がない女性

50代になればキャリアも晩年に差し掛かり、体力的な衰えも感じてくる頃です。

さらに歳をとって動けなくなる前に、仕事や趣味をがんばりたいと考えている方も多いでしょう。

そんな男性側の望みとは逆に、「もっと二人の時間を作ってほしい!」「毎日一緒にいてほしい!」など、趣味や仕事に理解がない女性だと、今後の生活も苦しくなるかもしれません。

なるべく趣味が合う方や、仕事への価値観が一致している方を選ぶようにしましょう。

4.【結論】バツイチ50代男性が付き合うなら、子どもを踏まえた40代以上の女性

前述のとおり、バツイチ50代男性が付き合うベストな相手としては、「子どもの有無が一致している40代以上の女性」となります。

たとえば、あなた自身に連れ子がいない場合は、相手の女性も連れ子がいないほうが良いかもしれません。

あなた自身に連れ子がいるなら、相手の女性も連れ子がいるほうが良いでしょう。

もちろん個人差はありますが、そのほうがお互いに家庭の悩みを共有しやすいですし、再婚のメリットも感じやすいかもしれません。

その上で、年齢もある程度近く、若くても40代くらいの女性がベストでしょう。

包容力や、落ち着いた雰囲気があるところを見せられれば、恋愛関係や再婚相手に発展する可能性も高いですから、ぜひ参考にしてみてください。

おわりに

バツイチの50代男性は、ご自身が思っているよりも女性から恋愛対象として選ばれやすいといえるでしょう。

女性の扱いに慣れている方や、離婚原因をしっかり反省している方、経済的に豊かな方であれば、恋愛や再婚も充分に可能です。

ただし、お金目当ての女性や歳の差がありすぎる女性、趣味や仕事に理解がない女性との関係性はよく見極めるようにしてください。

50代とはいえこれからの人生もまだまだ長いですから、伴侶として一緒に人生を歩める女性を探していきましょう。