犬の体温は何度が平熱?熱の測り方や考えられる病気とは

URLをコピーしました。
犬の体温は何度が平熱?熱の測り方や考えられる病気とは

人と同様に、犬の体温は体調の変化を知る指標になるとご存じですか?言葉が話せないからこそ、動物の異変は分かりにくいものです。この記事では、知っておきたい犬の体温について解説しています。体温測定の方法から、熱により起こりうる症状や対処法、考えられる病気まで詳しくご紹介します。愛犬の体調管理の目安として、犬の体温について知りたい方はぜひ参考にしてください。

1.犬の平熱は人間より高い?低い?

1.犬の平熱は人間より高い?低い?

犬の平熱は37.5~39度くらいといわれています。人間より1~3度高い体温が犬の平熱と認識しておきましょう。ただし、犬種により大きく差があるので注意が必要です。一般的に、小型犬より大型犬のほうが体温は低い傾向にあります。また、子犬と成犬では、体が小さい子犬のほうが体温は高く、成長に伴い代謝は低下するため、シニア犬になるほど平熱は低くなります。

さらに、犬の体温も人と同じように1日の時間帯で日内変動をすることも特徴です。一番低い時間帯は朝で、夕方になるにつれ上昇。午後4~6時あたりが最も体温が高くなる時間帯です。日内変動による体温差は1度あるといわれているため、体温を測定する時間にも注意しておきましょう。

参照元:ALPHAICONいぬのきもち

2.犬の体温の測り方を知ろう

では、どのような方法で犬の体温は測定できるのか詳しく解説していきます。

2-1.犬の体温計は人間用でもOK?

原則、犬と人で体温計の共用はできません。犬の体温を測定する際は、動物用の体温計を準備しましょう。すぐに手に入らない場合は、人用の体温計で代用できるものもありますが、獣医への相談が必要です。動物用の体温計は大手通販サイトAmazonで簡単に手に入ります。在庫があれば配送も早いのでチェックしておきましょう。

・サーモフレックス(動物用)

先端が柔らかく曲がる仕様になっているため、検温しやすい動物用体温計。丸洗いが可能で、最速10秒と測定も早いのでおすすめです。

2-2.犬の体温の測り方

人の場合、体温計を脇の下に挟む、もしくは口の中に入れて測る方法がほとんどです。しかし、犬は毛が多いため皮膚の表面から測定することは困難です。そのため、犬の場合は直腸で測る、もしくは耳で測る方法が一般的となっています。では、どのように測定するのか解説していきましょう。

・肛門にて測る

犬の尻尾の付け根を軽く掴み、体温計を2~3cm水平にした状態で肛門に入れます。なるべく犬がリラックスした状態で測定できるよう心掛けましょう。直腸内を傷つける危険性があるため、体温計はゆっくり優しく差し込みます。測定中は体温計が抜けないように注意し、完了音が鳴ったら終了です。差し込む深さが浅いと低い値になってしまうため、正確に測定したい時は念のため一度に2~3回測定することをおすすめします。

・耳にて測る

犬が嫌がって肛門で測れない、肛門に体温計を入れること自体に抵抗があるという方には、耳で測定できる非接触タイプの体温計がおすすめです。手順は、体温を測定するセンサー部分を、耳の中に入れるように軽く当てるだけ。1秒程度で測定が完了します。非常に簡単で、犬へのストレスも最小限に抑えられることが特徴です。ただし、測定する部位により値に誤差が出るため、肛門での測定値と異なる場合があります。日常的に犬の体温を測定し平熱を把握したい時は、毎日同じ部位で測定するようにしましょう。

2-3.その他の測り方(脇やお腹)

体温計を使用せず、触って普段より体温が高いか低いかを判断する方法もあります。触診で体温測定をする場合は、耳・脇の下・お腹を触ってみましょう。異常があるかどうかを見極めやすくするため、普段から犬とのスキンシップ時に上記場所を意識しながら触っておくと良いかもしれません。

2-4.犬の体温を測る際に注意したいこと

愛犬のストレスにつながらないよう、体温測定時の注意点も押さえておきましょう。

・できるだけ2人で行う

犬に何かしらの処置を行う時は、犬の安心と安全を守るために正しく保定することが重要です。体温測定時も、急に暴れ出すという場合に備え、犬の体は2人以上で固定するようにしましょう。1人は犬の頭をしっかりと持ち、胴体の動きを落ち着かせます。そして、もう1人が尻尾を軽く掴んで持ち上げ、体温計を入れ測定するのがコツです。犬の気をそらすために、おもちゃを使用するのもおすすめです。

・無理に測ろうとしない

犬が体温計を嫌がり暴れたりする時は、無理に測定しないという判断も大切です。とくに直腸での測定時に暴れてしまうと、差し込んでいた体温計で腸内を傷つけてしまうリスクが高まります。測定方法は犬の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

・定期的に測って平熱を知っておく

愛犬の異常を素早く察知するためには、定期的(月に1度くらいのペース)に体温測定を行い、平熱を把握しておくことも重要です。平熱を知っておくことで、発熱しているかどうかの判断がつきやすくなります。受診をする目安にもなるため、愛犬だけでなく飼い主にとっても安心です。

3.犬は熱の変化でどんな症状が出る?

3.犬は熱の変化でどんな症状が出る?

愛犬の異常を判断する際は、熱がある時や低体温の時に、合わせて出る症状も把握しておくと対処しやすくなります。

3-1.発熱している場合

犬の体温は、39.5度以上で発熱、40度以上で危険な状態に陥りやすくなります。ただし、運動後や興奮した後は異常がなくても39度を超える場合があるため、30~60分は安静にしたのちの体温で判断しましょう。発熱に伴い、現れる症状は以下の通りです。

  • 元気がなくなる
  • 食欲が落ちる
  • 普段は好きな散歩を嫌がる
  • よろよろと歩く
  • 呼吸が速く、心拍数も多い

3-2.低体温症の場合(37.5度以下)

低体温症とは、平熱(38.5度前後)より体温が下がってしまう状態のことです。軽度は32~37.5度、中等度は28~32度、重度は28度以下になります。低体温症で現れる症状は以下の通りです。

  • 震えている
  • 元気がなくなる
  • 食欲が落ちる
  • 呼吸が浅い
  • 徐脈、低血圧、不整脈(中等度以上で出現)

4.犬の発熱で考えられる病気とは?

犬の発熱は、体の異常を知らせるサインの一つです。熱中症を始め、さまざまな病気が潜んでいる可能性も。ここでは、発熱を症状とする病気をご紹介します。

4-1.熱中症

犬は体温調節が苦手なうえ、地面に近い場所を歩くため、熱中症になりやすいという特徴があります。発熱の他、呼吸が速くなる、よだれが増えるといった症状が現れるので注意して観察しておきましょう。重度の熱中症では嘔吐や下痢がみられ、最悪の場合は意識消失、痙攣発作が生じ、命にかかわる状態になることもあります。日頃から、気温が高い時間の散歩は避ける、水分補給をこまめに行うなどの熱中症対策を行っておくと安心です。

4-2.感染症

何かしらの細菌や寄生虫、ウイルスへの感染でも発熱は出現します。感染症の原因は多岐にわたるため、病院へ受診し主治医による診断を待ちましょう。例えば、子犬がかかりやすい「犬ジステンパーウイルス感染症」や、避妊手術をしていないメスの犬に多い「子宮蓄膿症」。シニア犬に多い「歯周病」など、犬に起こりやすい感染症を知っておくことも大切です。歯磨きをしっかり行う、去勢手術をするといった対策で、起こりうる感染症を減らすことができます。

4-3.アレルギー症状

さまざまな要因で現れるアレルギー症状に発熱があります。犬のアレルゲンとして考えられるものは、食べ物やハウスダスト、ダニ、ノミ、カビ、花粉など、人間と同じような要因がアレルゲンになるので、愛犬が何のアレルギーかを事前に把握しておくと対処しやすくなります。また、ストレスによりアレルギー症状が出ることもあります。とくに住み慣れた場所から離れる引っ越しは、犬にとって多大なストレスがかかります。環境が変わったあとは、体調の変化がないか注意しておくと良いでしょう。

4-4.悪性腫瘍

発熱は、白血病や多発性骨髄腫、リンパ腫といった悪性腫瘍でも症状として現れます。その他の症状は悪性腫瘍ができる部位により異なるため、日頃からよく観察しておきましょう。悪性腫瘍の場所にかかわらず共通する症状に、食欲低下、体重減少、元気がなくなるなどがあります。発熱した時は、悪性腫瘍といった重大な病気が潜んでいる可能性も視野に入れ、早期発見につながるよう、普段の様子も併せて主治医へ報告しましょう。

4-5.炎症性疾患

発熱は、何かしらの炎症による症状の一つでもあります。犬の不明熱で1番多い疾患に「特発性多発性関節炎」があるので注意が必要です。関節に炎症が起こるため足に痛みがあり、正常な歩きができなくなる「跛行(はこう)」が見られることが特徴。歩き方がおかしいなと感じたら早めに病院受診することをおすすめします。

5.発熱・低体温症での対処法

5.発熱・低体温症での対処法

発熱や低体温症の症状が現れた場合、受診をすべきか悩む飼い主の方は多いはず。すぐに受診をしたくても、夜間対応をしている動物病院が近所にないという場合もあるのではないでしょうか。この項では、体温異常のある犬への対処法について詳しく解説します。緊急を要する受診の目安もご紹介するので、愛犬を守る知識として押さえておきましょう。

5-1.40度を超えている場合はすぐ病院を受診

犬は人と同じ恒温動物に分類されるため、環境の温度にかかわらず、常に一定になるよう体温調節をして生命を維持しています。しかし、犬には人間のような汗腺がないため、汗をかくことができません。

汗をかかない代わりに口でハァハァと呼吸をすることで体温を調節していますが、どちらかといえば体温調節が苦手な動物です。したがって、40度を超える発熱の場合はすぐ受診をしましょう。犬は体温が41度を超えると脳に障害が起こり、意識がなくなるといわれています。さらに、42度を超えた状態が続けば多臓器不全を起こし死に至ることもあります。病院受診の目安は40度と念頭に置いておきましょう。

犬の場合、健康保険制度がないため病院でかかった費用は実質全額負担が基本です。1回受診するだけで、数万円かかったなんてことも珍しくありません。通院が必要、または入院といった事態では、どれだけの費用がかかるか心配になることでしょう。そこでおすすめなのが、任意で入る動物専用の保険です。

アニコム損保が提供しているペット保険は、ご希望に合わせて商品プランをお選びいただけます。通院・手術・入院と総合的に補償する「ふぁみりぃ」、入院・手術に特化した「ぷち」、8歳以上のシニア犬専用の保険「しにあ」の3種類の商品をご用意。支払い割合は最大で70%と、安心できる内容になっています。愛犬の万が一に備えたいとお考えの方は、下記URLよりさらに詳しい情報をチェックしてみてください。

アニコム損保のペット保険の詳細はこちら

参照元:ペットサポートのPS保険

5-2.発熱の際は保冷剤で冷やす

犬の発熱時の応急処置は、とにかく冷やすことが大切です。犬の太い血管は、脇やうち太ももにあるので、保冷剤や、冷凍したペットボトルをタオルに包み当てます。とくに、真夏の暑さが原因の場合は、効果を得やすい方法です。

併せて水分不足が疑われる時は、人間用のスポーツドリンクを飲ませることに問題はありません。ただし、人間用のスポーツドリンクは糖分が多いため緊急時以外は飲ませないようにしましょう。さらに、キシリトール入りのものは中毒を引き起こしてしまうリスクがあります。必ず成分をチェックし、安全を確認してから与えてください。ペット専用のスポーツドリンクも市販されているため、緊急時に備えて常備しておくのもおすすめです。

発熱時は冷やすという対処法があると解説しましたが、どこか様子がおかしい、症状が長く続く、といった場合は病院を受診してください。ご紹介した冷却方法は、あくまでも一時的な体温上昇や、病院を受診するまでの間に行える応急処置です。発熱だからと侮らないようにしましょう。

5-3.低体温症の際は?

低体温症は、寒い場所で長時間過ごしたり、病気で体力が低下したりすることが原因で陥りやすくなります。持病持ちの犬や、シニア犬、子犬など体温調節機能が未熟、もしくは衰えている犬に生じやすいです。

意識がはっきりした状態で寒さに震えている程度なら、犬の体を毛布でくるみ、暖かい部屋へ移動して保温します。ただし、36.6度以下の場合は、受診すべき状態になる可能性が高いため、注意深く観察しましょう。低体温症が進むと、全身が震えてぐったりとした状態になり、呼吸も浅くなります。このような兆候が見られたら、早急に病院を受診してください。

6.体温変化が起こりやすい犬種とは?

6.体温変化が起こりやすい犬種とは?

最後に、体温変化が起こりやすい犬種について説明します。それぞれの特徴を踏まえ、なぜ体温異常が起こりやすいのか知っておきましょう。

6-1.大型犬

大型犬は小型犬より肺が大きく、夏場は熱された空気を吸い込みやすいため、体温が上昇しやすいという特徴があります。散歩をする時は、こまめに水分補給を行う、保冷剤などで体を冷やすといった対策がおすすめです。

6-2.短頭種

短頭種とは、鼻の長さが短い犬種のこと。代表的な種類としてはパグやフレンチブルドッグなどを指します。他の犬より鼻が短いため、気道が狭く、呼吸機能が弱いことが特徴です。さらに、口の面積も狭いことから呼吸による体温調節が苦手で、熱中症にかかりやすいといわれています。大型犬同様、普段から熱中症対策をしておきましょう。

6-3.老犬

犬は7~8歳を過ぎると、老犬やシニア犬に分類されます。老化による体力の低下や、生理的機能の衰えにより、体温異常が起こりやすいことが特徴です。さらに、加齢とともに持病を抱えていることも少なくないため、病気による体温異常も生じやすくなっています。

6-4.室内犬

近年、快適な環境で飼育する室内犬が主流になっていますが、室内で過ごすが故に体温調節が苦手になっているという特徴があります。外気に触れる時間が少ないため、長時間お出掛けをするだけで体温異常をきたす場合も。とくに寒さには弱いため、注意が必要です。

おわりに

犬の体温は、体の異常を示すバロメーターであることがお分かりいただけたでしょうか。重大な異常を察知するためには発熱だけでなく、その他の症状にも注目する必要があります。愛犬の非常事態に気付けるよう、日頃から体調管理と観察を行っておきましょう。

アニコム損保のペット保険の詳細はこちら

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!