猫がご飯を食べない!病院に連れて行く目安や対処法

URLをコピーしました。
猫がご飯を食べない!病院に連れて行く目安や対処法

愛猫が急にご飯を食べなくなってしまった…という場合、「病気かな?」と不安になる飼い主さんも多いでしょう。本記事では、猫がご飯を食べない理由を紹介します。また、病気の可能性がある場合、どのくらい様子を見れば良いのか、どのような病気が考えられどのような症状が表れるのか、飼い主さんができる対処法なども併せて紹介!猫を飼っている方は必見です。

1.猫がご飯を食べない!どんな理由が考えられる? 

猫が突然ご飯を食べなくなる場合、どのような理由が考えられるのでしょうか。考えられる5つの理由を詳しく解説します。

1-1.チュールは食べる!偏食や飽きからきているかも

猫は飽き性な性格で、毎回同じご飯だと飽きてしまう可能性があります。偏食でもあり、味はもちろん、フードの粒の大きさや食感にもそれぞれ好みを持ち、中でも香りに対して敏感です。ほとんどの猫が離乳期に食べていたものを好むようで、馴染みのない味や香りのご飯だと食べないという事態が起きてしまうことがあります。

また、猫はもともと自分で狩りをする動物であるため、本能的に栄養のバランスを見分ける能力を持っていると考えられているのです。求めている栄養バランスと異なるご飯に対して食べ飽きてしまうという理由も考えられます。

1-2.環境の変化で食べない 

環境の変化からストレスを感じてしまい、ご飯を食べないというケースも考えられます。引っ越しで環境が新しくなった、知らない人が家を訪ねて来た、飼い主さんに赤ちゃんが産まれたなど、環境に関わる理由はさまざまです。特に引っ越しした場合、新しい環境に馴染むまではストレスを抱えて生活する猫も多いでしょう。引っ越し先でも猫が使い慣れていて、猫自身のにおいがついているベッドやトイレ、キャットタワーを使用してあげることをおすすめします。

在宅ワークや子どもの長期休みで家に飼い主のいる時間が増え、猫の生活リズムが崩れ食欲が低下することもあるため、あまり猫に構わないようにすることも重要です。新しくもう1匹ペットを飼い始めた場合もストレスの原因となる可能性がありますので、それぞれが落ち着ける場所を作ってあげると良いでしょう。

その他、ご飯の設置場所がうるさい場所だったり、トイレに近かったりすると、ご飯を食べないことがあります。食事をする場所にも気を遣ってあげると良いでしょう。

1-3.発情期と重なっている 

去勢・避妊手術をしていない発情期中の猫は、食欲が低下し、ご飯を食べないことが多いです。メス猫がやけに甘えてくるようになった、独特な鳴き声をするという場合は発情期の証拠であり、メス猫の発情に誘発されたオス猫も発情期を迎えます。

猫の発情期は不定期で、陽が出ている長さが関係しているようです。いつも明るい部屋で過ごしている室内飼育の猫は、発情の頻度が多くなり、ご飯を食べないこともよくあります。1~3月、5~6月、10月は猫にとって恋の季節とされており、この時期に食欲が低下する猫が多いようです。

1-4.高齢による食欲低下

高齢になると、活動量の低下、消化機能の衰え、噛む力や嗅覚の低下からあまりご飯を食べない猫も少なくありません。ベッドからご飯の設置場所まで距離があったり、食器が食べにくい高さに設置されていたりすることも原因と考えられます。高齢の猫にとって、食欲の低下は栄養不足につながり病気を引き起こす原因となる可能性があるため注意しましょう。

食欲の低下に加え、昼間は寝てばかりいたり、夜中に鳴き叫んだりという行動が見られる場合は、認知症の可能性も考えられます。

1-5.寝てばかり…病気が潜んでいるかも 

ご飯を食べない状況に加えて、寝てばかりいるようであれば病気の可能性を疑いましょう。基本的に、猫はよく寝る動物なのですが、寝る場所や姿勢の変化で体調不良を見抜くことができます。寝る場所がいつもと違ったり、背中を丸めてお腹を守るような体勢で寝ていたりする場合は体に不調が表れているのかもしれません。

日頃から猫の行動を確認するよう意識し、食べない時間が長く続き、いつもと違う寝方をしているなと思ったら、病気の可能性を考えいち早く対処できるようにしましょう。

2.何日ほっとく?病院に行く目安や考えられる病気 

猫がご飯を食べない理由はさまざまですが、どのくらい様子を見て病院を受診すればよいのでしょうか。食欲不振で考えられる病気も併せて説明します。

2-1.食欲不振で病院に行く目安の日数

どのくらいの時間ご飯を食べなかったらおかしいと判断すれば良いのでしょうか。表にまとめました。

年齢ご飯を食べない時間
1~2ヵ月8時間以上
2~3ヵ月12時間以上
3~4ヵ月16時間以上
1歳~24時間(1日)以上

月齢・年齢によって判断基準の時間が違います。それぞれの時間を参考にして、基準以上の時間ご飯を食べないようであれば早めに病院を受診しましょう。

その他、肥満の猫がご飯を食べない時間が36時間続く場合は「脂肪肝」という病気の可能性がありますので注意が必要です。

2-2.食欲不振で考えられる病気とは?

食欲の低下につながる病気は多数存在します。ご飯を食べない状態に加え、他にも症状が見られる場合は1日ほど様子を見て、状況が変わらないようであれば病院を受診しましょう。

食欲に関わる病気として、消化器系や泌尿器系の不調、ウイルスなどの感染症が挙げられます。

消化器系の病気では、腸閉塞・慢性胃炎・便秘などが考えられるでしょう。泌尿器系の病気では、頻尿や血尿などの症状が見られ、尿道・膀胱に起こる病気の総称を「下部尿路疾患」と呼んでいます。ウイルス性の感染症では、猫白血病ウイルス感染症・猫ウイルス性鼻気管炎といった感染症を引き起こしている可能性があるのです。

病気かもしれない…と少しでも気になる症状が表れたたら、猫の様子をよく観察しましょう。

2-3.1週間はNG!こんな様子が見られたら病院へ 

食欲の低下以外にも、普段と異なる様子や行動をしていないか注意して観察することが大切です。緊急性の高い症状が見られたらすぐに病院を受診しなければいけません。

食欲不振に加えて、下痢に大量の血がざっている、嘔吐や脱水症状などが見られる場合は至急病院へ連絡しましょう。診察を受ける際には、下痢の量や回数を伝えられるよう覚えておくことが重要です。激しい嘔吐にはさまざまな原因が考えられるため、獣医師が判断しやすいよう吐いた際の状況や吐いたものを的確に伝えましょう。

症状がない場合でも、ご飯を食べないうえに水も飲まないことが続いたら注意が必要です。目がくぼんでいたら、脱水症状の可能性があります。また、判断基準として36時間以上何も飲まなかった場合は病院を受診しましょう。食欲不振の改善が72時間以上見られない場合も、病院へ行くべきです。

病院で診察してもらい、入院や手術になる可能性もあるでしょう。急な出費に備え、ペット保険のアニコム損保に加入しておくと安心です。保険の種類は、年齢や補償内容で3種類に分けられています。大切な家族である猫のためにも、万が一のことを考えて、ぜひ加入しましょう。

ペット保険シェアNo.1のアニコム損保|引受保険会社
アニコム損保のペット保険の詳細はこちら

3.内臓系疾患だけじゃない!口の中が原因かも

ご飯を食べない理由は、内臓系の病気以外にも口の中に原因があることが考えられます。どのような症状が見られ、どのような病気なのか説明しましょう。

3-1.こんな症状はない? 

口の中に異常がある場合は、ご飯を食べようとすると痛がる、口臭やよだれの量が気になる、よだれに血が混じっている、普段から口元を気にしているといった症状が見られます。猫は口の中の病気に罹りやすいですが、口の中を見られるのを嫌がるため、家庭で口の中をチェックするのは難しいでしょう。

そのため、病院を受診した際には症状がだいぶ進んでいることも多いです。早期発見できるよう、小さい頃から歯磨きなどで口の中を触る習慣を癖づけておくと良いでしょう。

3-2.口内炎や歯周病などの病気が考えられる

口の中の病気はいくつか挙げられます。

ご飯を食べない、よだれが増えた、口の中が赤く腫れている、毛づくろいをしなくなったなどといった症状が見られたら、口内炎の疑いがあります。人間も口内炎ができると、食べる際辛いですよね。猫も同様に、口内炎ができるとご飯を食べる際、痛みを感じることから食欲不振につながってしまうのです。

口の中の炎症、よだれや口臭、歯茎の腫れ・出血、歯がぐらついている・抜けてしまった場合は、猫がかかりやすい病気の1つである歯周病を引き起こしている可能性があるでしょう。歯周病が進行すると、鼻水やくしゃみなどの症状が見られ、細菌が全身に広がると他の病気の原因となります。なにか異常を感じた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

4.おやつは食べる!食べ飽きの場合の対処法

猫がご飯を食べない理由が病気ではない場合、飼い主さんが工夫をすることで改善できる可能性があります。おすすめの対処法を7つ紹介します。

4-1.食事を変える

ご飯を食べない猫には、ご飯の種類を変えるという工夫だけで食べられるようになる可能性があります。今あげているご飯がお肉風味であればお魚風味に変えたり、ドライタイプのご飯をウエットタイプに変えて食感を変えたりするなど、変化の工夫はさまざまです。粒の大きさや形でも好みが分かれるため、何種類かのご飯を試しながら猫の食い付きが良いものを探してみましょう。

ただし、食べるようになったからといってご飯を丸々切り替えてしまうと、お腹を壊すこともありますので、今まで与えていたご飯に混ぜながら、徐々に切り替えていくのがおすすめです。

4-2.フードを少し温める

狩りをして食料を調達していた猫は、獲物の体温があるうちに食べる習慣があったため、ご飯を少し温めてあげることで食欲が増す場合があります。温めたご飯はにおいが強くなりやすく、風味も増すので猫の食欲を刺激します。温度を40度前後に調整すると猫が好んで食べるようです。好みに偏りもありますので、温めすぎないように注意が必要となります。

また、温めることでフードが柔らかくなるため、固いものを上手く食べられない子猫や高齢の猫にもおすすめの食べ方です。

4-3.環境を整える

猫がご飯を食べやすい環境を整えることも大切です。ご飯の設置場所がトイレから近かったり、テレビの音や子どもが騒ぐ声が聞こえたりする場所では、落ち着いてご飯が食べられません。あまり人目につかず、狭い空間の方が猫にとっては落ち着く場所であるため、安心してご飯を食べられるでしょう。

また、食べている間に声を掛ける行為は、ストレスを感じさせてしまいご飯を食べない原因になってしまいますので、食事中は構わないことも大切です。多頭飼いでは、別々に食事をさせると集中して食べられます。

4-4.おやつを控える

おやつを食べたことが原因で、ご飯を食べない場合もあります。おやつの味付けは濃いものが多いため、おやつの味に慣れてしまうと普段のご飯に口をつけなくなってしまうのです。また、おやつを与える量が多いとお腹がいっぱいになってしまい、ご飯を食べない原因につながります。おやつしか食べなくなってしまうと、栄養に偏りができ、体調不良を引き起こすこともあるでしょう。

おやつは1日の摂取カロリーの2割と考え、1日にあげる量を決めてから数回に分けて与えるのがおすすめです。

4-5.体を動かす時間を作る

体を動かす時間を作ることで、運動不足からなる食欲の低下を改善する効果が期待できます。キャットタワーやケージ内に段を設置するなど、生活の場に運動できる環境を作ると良いでしょう。

また、毎日5分と短時間でもよいので、おもちゃを使って一緒に遊べばコミュニケーションもとれるためおすすめです。体を動かし体力を使うことでご飯を食べるようになり、ストレスの解消にもなるでしょう。

4-6.食器を変える 

食器に原因があり、ご飯を食べないケースも考えられます。猫のヒゲはセンサーのような役割があり敏感です。そのため、食事中にヒゲが食器に当たるとストレスを感じる可能性があります。深くて小さい食器はフチにヒゲが当たりやすいため、適度な深さがある大きめの食器を用意してあげましょう。軽い食器は食べているうちに動いてしまいやすいため、重さのあるものを選ぶのがおすすめです。

また、猫はキレイ好きで食器の汚れやにおいにも敏感なため、衛生面にも気を配ってあげましょう。

4-7.小分けにする

ご飯の量が適していないという理由から、ご飯を食べないこともあるかもしれません。猫はもともと1頭で狩りを行う動物です。ネズミや鳥など1頭が食べる分の小さな獲物を狙い、「狩る→食べる」を毎日10回以上繰り返す習性があります。1度にたくさん食べるより、少しずつ食べることで小腹を満たしているのです。

1回分のご飯の量を減らし、回数を多くする食事法にすることで、猫本来の食事習慣に近付きます。子猫であれば1日4~5回、成猫は1日2~3回を目安にご飯を与えましょう。

おわりに

猫がご飯を食べない理由には、さまざまな病気の可能性が隠れていることもありますが、単純に気まぐれであったり、環境が原因だったりする場合もあるということをお伝えしました。家庭内での工夫で改善できることなのか、病院へ行くべきなのかを判断するためには、日頃から猫の様子を観察しておく必要があります。

大切な家族の一員である猫がいつまでも元気でいられるよう、今回紹介したご飯を食べない際の理由や病気のサイン、対応などをぜひ覚えておいてくださいね。

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!