お盆の迎え火と送り火の意味は?行う時期ややり方も紹介

URLをコピーしました。
お盆の迎え火と送り火の意味は?行う時期ややり方も紹介

お盆に行われるのが迎え火や送り火です。お盆の時期特有の行事ですが、行う意味をご存知でしょうか。迎え火や送り火には、ご先祖様に対する大切な気持ちが込められているのです。今回は、迎え火や送り火を行う意味や時期をはじめ、やり方まで詳しく解説していきます。今まで意味を深く理解していなかった方や、行事を行ったことがない方はぜひ参考にしてください。お盆の過ごし方が変わるはずです。

1.お盆に行う迎え火・送り火とは

1.お盆に行う迎え火・送り火とは

まずは、お盆とはどのような行事なのかをはじめ、迎え火や送り火の意味を解説していきます。

1-1.お盆

お盆とは、ご先祖様の霊が家族のもとで過ごし、再びあの世に帰るという先祖供養の儀式のことです。正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といわれ、お釈迦様の弟子の一人、目連にまつわる言い伝えが起源とされています。亡き母が地獄の苦しみを受けていると知った目連が、母を助ける方法をお釈迦様に聞いたところ「旧暦の7月15日に供養すること」と教えられました。その考えから、お盆の期間は帰ってきたご先祖様の霊に対してお墓参りやお供えをし、生前の感謝や安らかに成仏をしてほしいという祈りを込めて供養するのです。

現在の日本では、古くからの祖霊信仰や農耕儀礼などが融合した風習が多く、宗派や地域によっても違いがあります。盆踊りなどを行う地域もあり、国の重要無形民俗文化財となった長野県の「新野の盆踊り」が有名です。

また、四十九日の忌明けに、初めて迎えるお盆は「新盆」と呼ばれ、故人が初めて帰ってくるお盆のため普段よりも盛大に行われます。

1-2.迎え火

迎え火とは、お盆に戻ってくるご先祖様が迷わず家に戻って来られるように行う風習です。お墓や玄関先で焙烙と呼ばれるお皿におがらを重ね、火を焚くことで、その煙を頼りに霊が戻ってくると考えられています。昔は直接地面に火を焚いていましたが、現在は火事や住宅事情の配慮から焙烙皿を使うことが増えてきました。

また、墓地で迎え火を行う地方もあれば、迎え火自体行わない宗派もあるなど、宗派や地域の風習によって違いがあります。後半では焙烙皿やおがらなど、お盆に必要なアイテムについて説明していくので、参考にしてみてください。

1-3.送り火

送り火は、お盆の間帰ってきていたご先祖様の霊を、あの世に送り出す際に行う風習です。迎え火と同じくお墓や家の前でおがらを燃やし送り出すのが一般的ですが、地域によっては海や川、山など、さまざまな場所で送り火が行われています。伝統行事となっている送り火としては、山を使用した京都の大文字焼きや灯籠を川や海に流す灯籠流しが有名です。灯籠流しは流れる風景が美しく幻想的なので、お盆の時期に京都や広島に行った際は見に出掛けてみるのも良いでしょう。

2.迎え火・送り火はいつやるの?地域での違いは?

はいつやるの?地域での違いは?

迎え火や送り火は地域によって、行う日に違いがあります。旧暦の7月15日に行われていたお盆ですが、明治時代の改暦にともない、各地域においてお盆の日程が変わることとなりました。ここでは、新暦と旧暦だといつ行うのかに加え、代表的な地域も紹介していきましょう。

2-1.新暦でお盆を迎える地域

新暦とは改暦後に使われている太陽暦のことです。新暦のお盆には、7月13日から16日に迎える新暦7月盆と8月13日から16日に迎える新暦8月盆(月遅れ盆)があります。

新暦7月盆の代表的な地域は東京都や神奈川県、北海道の一部、静岡県の都市部などです。旧暦で7月15日がお盆だったため新暦でも同じ日付で行われています。

新暦8月盆は東北や新潟県、長野県、関西地方などが代表的です。これらの地域は改暦後も変わらず旧暦の7月15日で行われ続けたことから、近い日程である新暦8月15日をお盆としたといわれています。

2-2.旧暦でお盆を迎える地域

旧暦とは昔用いられていた歴のことで、月の満ち欠けによって暦を定めるため、新暦の日付では年度によって日程が変わります。2022年の旧暦盆は8月10日から12日です。

旧暦を大切にしていることで有名な沖縄県では、「家族や先祖を大切に」という考えが強いことから、1年の中でもお盆は大切なイベントです。沖縄ではお盆のことを「シチグヮチ」と呼び、お供え物にサトウキビやパイナップル、盆踊りに伝統的な「エイサー」を踊るなど、沖縄ならではの迎え方をしています。また、沖縄県以外にも中国や四国・九州地方などでもこの期間にお盆を迎えるところがあります。

3.宗派ごとの迎え火・送り火の違い

3.宗派ごとの迎え火・送り火の違い

迎え火と送り火は宗派によって行う宗派と行わない宗派があります。ここでは、それぞれ何が違うのか見ていきましょう。

3-1.浄土真宗には迎え火・送り火の習慣がない

浄土真宗はお盆に精霊棚を用意したり、迎え火や送り火を行ったりする風習はありません。宗派の教えとして、すべての故人は極楽浄土に行けると考えているため、お盆にこの世に戻り供養を受けるようなことはないとされています。ただ、迎え火や送り火の風習がないからといってお盆がないわけではありません。浄土真宗のお盆は「歓喜会(かんぎえ)」と呼ばれ、仏法を聞かせていただく日となります。お寺で法話会が開かれたり、自宅に僧侶を招いたりして仏法を聞くのです。

お盆が大切ということは他の宗派と変わらないため、前日までに仏壇や仏具を掃除し、きれいにしておきましょう。お供え物は、お餅や仏飯、故人が好きだった季節の果物やお菓子を用意します。一般的に盆提灯を飾る風習はありませんが、地域によっては飾るところもあるので、お寺の住職や親戚に確認すると良いでしょう。

3-2.その他の宗派

臨済宗や曹洞宗、真言宗などの宗派は、お盆にご先祖様が帰ってくるという考えから迎え火と送り火を行う風習があります。やり方は全部の宗派が共通しているわけではないため、各宗派に沿った方法で行いましょう。

また、迎え火や送り火は仏教に限った儀式とは限りません。実は神道にもお盆があり、迎え火や送り火は神道が始まりとされているのです。神道では、戻ってくるご先祖様が迷わないように迎え火を焚き、神主様に「大祓祝詞」を奏上していただきます。そして、あの世に無事に帰れるように送り火を焚いていくのです。精霊棚の作り方は仏教と同じですが、お供え物は異なるため、事前に確認し、準備しておきましょう。

4.お盆の迎え火・送り火に必要なもの

4.お盆の迎え火・送り火に必要なもの

お盆を迎える時はいくつか準備が必要です。ここでは、お盆に慌てないよう、事前に準備しておくと良いものを4つ紹介します。それぞれのアイテムの意味や使い方も解説していくので、ぜひ参考にしてください。

4-1.焙烙皿

焙烙は「ほうろく」または「ほうらく」とも呼ばれ、迎え火や送り火を焚く際に使用する素焼きのお皿です。手触りはサラッとしており、暑い夏場でも気持ち良く使えます。大きさは直径24cmから28cmくらいの平たい形が多いです。お盆が近くなるとホームセンターや花屋などで買うことができますが、WEBサイトでは1年中販売されています。お盆の時期になると売り切れてしまう可能性もあるため、時期外れに購入しておくと安心です。もし、事前に用意ができなかった場合は耐熱皿で代用することもできます。

4-2.おがら

おがらとは、麻の皮の部分を剥いた後に残った芯の部分です。麻は悪いものを清める意味があり、燃やすことによって清浄な空気を作り出すといわれています。そのため、迎え火や送り火の際に燃やし、場を清めた空間でご先祖様の霊を迎えるという意味が込められているのです。

また、おがらは迎え火や送り火の他にも、お仏壇に立て掛けるはしごや、ナスやキュウリで作った精霊馬の足としても使われています。お盆の時期になるとスーパーや花屋、ホームセンターなどで売っているので、探してみると良いでしょう。

4-3.精霊棚(盆棚)

精霊棚や盆棚はお盆の時に特別に作られる棚のことで、ご先祖様の霊はお盆の間ここに滞在すると考えられています。真菰(古くから仏事神事で使用される植物)や敷物を敷き、位牌や精霊馬、お供物、提灯を備えましょう。精霊棚は一つひとつ用意するのが大変な方向けに、セットでも販売されています。

迎え火や送り火で使用する焙烙皿や盆提灯、常花蓮華などがセットになっているものもあるので、それを活用すると揃える手間が省けるでしょう。精霊棚の置く場所は仏壇の脇や奥座敷、床の間など、地域の慣習によって違うため、親戚やお寺に確認しておくと安心です。

4-4.盆提灯

盆提灯とは、お盆に帰ってくるご先祖様の霊が迷わないようにするために飾る目印です。同時に、故人への感謝や冥福を祈るものでもあります。宗派で違いはなく、つるすタイプの御所提灯と床に置くタイプの大内行灯や霊前灯が主流です。デザインは伝統的なものから現代的なものまであり、中にはインテリアと調和するような創作提灯も多く販売されているので、好みや置くスペースによって選ぶと良いでしょう。置く場所は、精霊棚や仏壇の前や軒先、玄関などに飾るのが一般的です。

5.お盆の迎え火・送り火の時間帯とやり方

.お盆の迎え火・送り火の時間帯とやり方

ここではお盆の迎え火と送り火の時間帯とやり方をそれぞれ説明していきます。

5-1.迎え火の時間帯とやり方

迎え火は新暦と旧暦ともにお盆の初日に行なうことが多いです。地域によっては、前日の12日に行うこともあります。

・時間帯

迎え火を行う時間帯は、少し暗くなり始めてから日没前までの夕方に行います。太陽が出ている時間帯だと、迎え火が見えづらくなってしまい、逆に暗くなってしまってからだと迎え火を焚くのが大変になってしまいます。ご先祖様が迷わず帰って来られるよう、良く見える時間帯を選んで行うようにしましょう。

・やり方

まずは昼間のうちにお墓参りに行き、ご先祖様を供養しましょう。夕方に玄関先や家の門に焙烙皿を置き、焙烙皿の大きさに合わせて折ったおがらを乗せていきます。おがらだけだと火が付きにくい場合もあるため、新聞紙などをおがらの下に置いておくと安心です。周りに燃えやすいものがないか確認したら火を付けていきます。

火柱が立ったらご先祖様が無事に帰ってこられるように合掌し、迎え火が消えるまでその場で見守りましょう。以前はお墓参りをした時に付けた火を消さずに持ち帰り、道案内をしながら自宅まで導くこともありましたが、最近ではお墓が遠かったり、火を持ち帰ったりするのが難しいことから行うところは少なくなりました。

5-2.送り火の時間帯とやり方

送り火は新暦と旧暦ともにお盆の最後の日に行います。地域によっては15日がお盆明けとするところもあり、1日早く送り火をする場合もあります。

・時間帯

ご先祖様の霊はお盆明けの日の午前中はまだ自宅にいるといわれています。そのため送り火を焚くタイミングは、迎え火と同様夕方が良いでしょう。近所への配慮なども考え、17〜19時くらいまでに行う家庭が多いようです。地域の伝統行事として行われる場合は、開催時間に準じて行われます。

・やり方

迎え火を行った場所と同じところに焙烙皿を置き、迎え火同様におがらに火を付けます。火柱が立ったら家族でご先祖様が迷わず帰れるように合掌し、火が消えるまで見守りましょう。完全に消えたら、灰はゴミとして処理していきます。地域によっては、ナスやキュウリで作った精霊馬や精霊牛を一緒に燃やす場合や、各家庭では行わず行事として地域で大規模な送り火をする場合もあるので、その土地の風習に合わせると良いでしょう。

6.マンションでもできる?迎え火・送り火のやり方

.マンションでもできる?迎え火・送り火のやり方

中には、マンションに住んでいて迎え火と送り火を行えず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは、ベランダで行う時の方法と行えない場合の供養方法をお伝えしていきます。

6-1.ベランダで迎え火・送り火をする方法

マンションで行う場合は、マンションの規定に触れないか必ず確認しましょう。規定に触れない場合は、ベランダなど火が周りに燃え移らない場所を選び、迎え火と送り火を行っていきます。おがらを入れる時はたくさん乗せてしまうと、火柱が高くなってしまうため少なめに置くことがポイントです。

6-2.迎え火・送り火が難しい場合の供養方法は?

マンションの規定で難しい場合は、盆提灯がおすすめです。盆提灯は、迎え火や送り火と同じように、ご先祖様が道に迷わないようにする目印になります。現代では、電気式のものや電池式のものもあるため、正しく使用すれば火災の心配もありません。飾る場所も自宅の中なので、マンションの規定に違反することはないでしょう。

おわりに 

迎え火や送り火のやり方は宗派や地域によって異なります。お盆の時期やお供え物にも違いはありますが、ご先祖様の霊を大切にすることに変わりはありません。今までマンションでなかなか火を焚くことが難しかった方や、なんとなく行ってきた方も、ご自身の宗派や地域はどのような迎え方をするのか一度調べてみるのも良いでしょう。この記事を参考に、お盆に帰省したお子さんやお孫さんと一緒に迎え火や送り火を行ってみてください。

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!