更新日
公開日

老人の一人暮らしは寂しい?「孤独な老後」を回避するための寂しさ解消法

老人の一人暮らしは寂しい?「孤独な老後」を回避するための寂しさ解消法
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

老後の一人暮らしは、自由に自分の時間を使えるというメリットがありますが、同時に寂しさや孤独感を感じるというデメリットもあります。なぜ老後の一人暮らしが寂しいのでしょうか?そして、寂しさを解消するためにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、老後の一人暮らしの寂しさの原因とリスク、そして寂しさを解消する方法について紹介します。

この記事を読んでわかること

  • 老後の一人暮らしは、多くの高齢者が対面する現実であり、寂しさや孤立感を感じる原因となる要因がいくつかある
  • 寂しさや孤立感は、心身の健康に悪影響を及ぼし、老人性うつや認知症のリスクを高めることもある
  • 寂しさや孤立感を解消するためには、趣味やミュニティへの参加、ペットなどを通じて、生活に楽しみや意義を見いだすことが大切
  • 一人で悩まずに、専門家や信頼できる人に相談することも大切
ひとりのミカタ

老後の一人暮らしが寂しいのはなぜか

老後の一人暮らしが寂しいのはなぜか

内閣府の調査によると、65歳以上の高齢者の中で、特に配偶者やパートナーのいない人々は、時折または常に孤立感を感じることがあると回答しています。具体的には、結婚していない高齢者の約38%、離別している高齢者の約28%、配偶者が亡くなった高齢者の約27%がこのように感じています。

※参照元:内閣府|高齢者の日常生活・地域社会への参加に関する調査

【自分は他の人たちから孤立していると感じたことがあるか】

 時々ある常にある
結婚したことがない29.3%8.8%
配偶者・パートナーとは離別している23.4%4.4%
配偶者・パートナーが死亡している20.7%6.1%
配偶者・パートナーがいる15.5%2.3%

参照元:内閣府|高齢者の日常生活・地域社会への参加に関する調査

このデータからわかることは、老後の一人暮らしにおいて、寂しさや孤立感は決して稀ではなく、多くの高齢者がこれらの感情に直面しているということです。寂しさを感じる主な理由は以下の通りです。

  • 家族や友人とのコミュニケーションが減少する
  • 健康問題や運動不足による外出の減少
  • 社会参加の機会が限られる
  • 日常生活における目的や喜びの減少

これらの要因は、高齢者の孤独感や社会的孤立を引き起こす原因となり得ます。そのため、高齢者の社会的孤立を防ぐためには、これらの要因に対処する必要があります。

孤独な老後を過ごす人の特徴

孤独な老後を過ごす人の特徴

孤独な老後を過ごす人には、どんな特徴があるのでしょうか。孤独な老後を過ごす人の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事関係以外に付き合いのある人や友人がいない
  • 家族との関係が希薄で、連絡や面会が少ない
  • 趣味や活動に参加する機会がなく、自宅に引きこもりがち
  • 人と話すことが苦手で、コミュニケーションスキルが低い
  • 自分の気持ちや悩みを誰にも打ち明けられない

これらの特徴は、孤独な老後を過ごす人の一般的な傾向を示すものであり、すべての人に当てはまるわけではありません。しかし、これらの特徴がある人は、寂しさや孤独感を感じやすく、心の健康に影響する可能性があります。そこで、次の章では、老後の一人暮らしの寂しさがもたらすリスクについて見ていきましょう。

老後の一人暮らしの寂しさがもたらすリスク

老後の一人暮らしの寂しさがもたらすリスク

老後の一人暮らしの寂しさは、ただ心が痛むだけではありません。寂しさは、身体的・精神的な健康にも悪影響をもたらす可能性があります。寂しさがもたらすリスクとして、以下のようなことが挙げられます。

  • 老人性うつの発症
  • 認知症の進行

老人性うつの発症

老人性うつとは、高齢者に多く見られるうつ病の一種です。主な症状は、気分の低下、無気力、不安、睡眠障害、食欲不振などです。

老人性うつの原因の一つに、寂しさや孤独感があります。寂しさや孤独感が強いと、自分の存在価値や生きがいを失ったり、自分に対する否定的な思考が増えたりします。これが、気分の低下や無気力につながります。老人性うつは、放置すると重症化し、自殺のリスクを高めたりすることもあります。

認知症の進行

認知症とは、記憶力や判断力などの認知機能が低下する病気の総称です。認知症の主な症状は、物忘れ、言葉の選択や理解の困難、行動や性格の変化などです。

認知症の原因の一つに、寂しさや孤独感があります。寂しさや孤独感が強いと、人との交流や社会参加が減ります。これが、脳の刺激や活性化に欠けることになります。脳が刺激や活性化を受けないと、認知機能の低下や衰退が進みます。

おひとりさまの毎日の暮らしと終活を支援する「ひとりのミカタ」

クレディセゾングループが提供する、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」は、入院や高齢者施設入居時の「身元保証」、もしものときの「緊急連絡先」、ご逝去後の「エンディングサポート(死後事務手続き)」など、おひとりさまの毎日の暮らしや終活のさまざまなお悩みごとを総合的に支援するサービスです。

おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」の詳細はこちら

お問い合わせいただいた方に、エンディングメモ付きサービス資料を進呈中!

ひとりのミカタ
ひとりのミカタ

老後の一人暮らしの寂しさの解消法

老後の一人暮らしの寂しさの解消法

老後の一人暮らしの寂しさを解消するためには、以下のような方法が有効です。

  • 趣味や新しい挑戦をする
  • コミュニティに所属する
  • 仕事を始める
  • ペットを飼う

趣味や新しい挑戦をする

趣味や新しい挑戦をすることは、自分の好きなことや興味のあることに没頭することができます。これは、自分の能力や才能を発揮したり、自分の成果や達成感を感じたりすることができます。

これが、自己肯定感や自信を高めることにつながり、また、趣味や新しい挑戦をすることは、脳に刺激を与え、認知機能の維持や向上に役立ちます。

コミュニティに所属する

コミュニティに所属することは、同じ地域や趣味や目的を持つ人との交流や協力を促すことができ、社会的なつながりや支えを得ることができます。

これが、孤立感や孤独感の軽減につながります。また、コミュニティに所属することで、自分の役割や貢献を認められたり、他者からの評価や感謝を受けたりすることができるでしょう。それによって、自己肯定感や自信を高めることにつながります。

さらに、コミュニティに所属することは、新しい情報や刺激を得ることができます。これは、脳に刺激や活性化を与えることができます。コミュニティに所属する方法としては、地域のボランティアやサークル、趣味の教室やクラブ、オンラインのコミュニティなどがあります。

仕事を始める

仕事を始めることは、自分の能力や経験を活かしたり、自分の目標や夢を追求したりすることができます。また、仕事を始めることで仕事仲間やお客様との交流ができ、これにより社会的なつながりや支えを得ることができます。それによって、孤立感や孤独感を軽減することにつながります。

さらに、仕事をすることで新しい知識やスキルを身につけることができるだけでなく、やはり脳への刺激や活性化にもつながります。

ペットを飼う

ペットを飼うことで、ペットからの癒しや安心を得ることができます。また、ペットと一緒にいることで、孤立感や孤独感の軽減にもつながるでしょう。

ペットを飼うことによって、自分の健康や生活習慣に気をつけたり、ペットと一緒に外出や運動をしたりすることができるのもペットを飼うことによるメリットのひとつです。そのため、ペットを飼うことは自分の身体的な健康や精神的な安定に役立ちます。

老後のお悩み相談は「くらしのセゾン」へ

老後のお悩み相談は「くらしのセゾン」へ

老後の一人暮らしの不安や寂しさを解消する方法は、一人で悩まずに、専門家や信頼できる人に相談することも大切です。しかし、相談する相手が見つからないという方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、くらしのセゾンが提供するおひとりさま総合支援サービス「 ひとりのミカタ」です。

ひとりのミカタ」は、セゾンカードでおなじみのクレディセゾンのグループ会社「くらしのセゾン」が提供する安心の終活支援サービスです。専門士業事務所、専門サービス会社と提携しており、万全のサービスを提供してくれます。

もしもの時の入院や高齢者施設入居時の「身元保証」や「24時間見守り・駆けつけサービス」、そして終末の「エンディングサポート(死後事務手続き)」まで、幅広いサービスを受けられます。老後の一人暮らしで不安で悩んでいる方は、ぜひ「くらしのセゾン」が提供する、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」に相談してみてください。

おひとりさま総合支援サービス「 ひとりのミカタ」の詳細はこちら

ひとりのミカタ

おわりに

老後の一人暮らしは、寂しさや孤独感を感じることもあるでしょう。寂しさや孤独感は、自分の心身の健康に悪影響を及ぼすことがあります。寂しさや孤独感を解消するためには、趣味や新しい挑戦をする、コミュニティに所属する、仕事を始める、ペットを飼うなどが有効です。また、本記事で紹介したおひとりさま総合支援サービス 「ひとりのミカタ」に相談するなど、一人で悩まずに、専門家や信頼できる人に相談することで、不安や寂しさ・孤独感を軽減することができるでしょう。

おひとりさまの毎日の暮らしと終活を支援する「ひとりのミカタ」

クレディセゾングループが提供する、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」は、入院や高齢者施設入居時の「身元保証」、もしものときの「緊急連絡先」、ご逝去後の「エンディングサポート(死後事務手続き)」など、おひとりさまの毎日の暮らしや終活のさまざまなお悩みごとを総合的に支援するサービスです。

おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」の詳細はこちら

お問い合わせいただいた方に、エンディングメモ付きサービス資料を進呈中!

ひとりのミカタ
ひとりのミカタ

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする