発見!くらしの厳選記事

「グレイヘア」始めました~ムリせず自然で美しい歳の重ね方って?|第11回いつでもどこでも「-5歳」、たった2つの若見せ法
更新日
公開日

「グレイヘア」始めました~ムリせず自然で美しい歳の重ね方って?|第11回いつでもどこでも「-5歳」、たった2つの若見せ法

1.アンチエイジングで見落としがちなこと

「グレイヘアは老けて見える……」。

白髪染めをやめたいけれどやめられない理由のほとんどはこれ。常にダントツ1位です。確かに、白髪が増えれば、黒髪の時と比べて見た目の印象はかなり変わります。老けて見えるのは、誰でもイヤなもの…。

「老け見え」したくないから、多くの人はシワ、シミ、たるみ、薄毛や乾燥毛などの予防・改善のために、スキンケアやヘアケアに精を出すわけですし、セルフケアに加えて、エステや最新の美容医療の力を借りて「老け見え」撃退に力を入れる人もいるでしょう。

「若く、美しくありたい」と努力することは大切なこと。でも、「私はこんなに努力しているから大丈夫」と安心していると、意外なところに落とし穴はあるものです。

それは「姿勢」。

2.骨盤を立てて、おしりを引き締める

背中が丸いと、普段の努力も台無しに。一気に老けた印象になります。逆に姿勢が良ければ、それだけで5歳くらいは若く見えるものです。

年齢とともに筋力は低下し、どうしても姿勢が悪くなりがちです。「あっ、丸くなってる」と気付いたら、「背筋ピン!」と姿勢を正すことは大事です。座っているときも、歩いているときも、背中が丸くなりやすい人は、頭のてっぺんを天から糸で引っ張られているような意識でいるといいそうですよ。

私も気を抜くとすぐに背中が丸くなるタイプ。「このままではいけない」と最近、「美姿勢」レッスンへ通い始めました。2週間に一度というゆるいペースですが、姿勢を意識しなくなるころに刺激を与えてもらえるので、ちょうどいい間隔なのです。

先生曰く、「姿勢はおしりで決まる」。骨盤を立てることが大事なのだそうです。例えば、パンを窯で焼くときに、大きなヘラをパン生地の底に入れて窯の奥にグッと押し込みますよね? あのイメージなのだそうです。

傾いている骨盤をまっすぐに立て、おしりを引き締めるのです。なるほど、おなかの筋肉が衰え、体幹が弱くなると、無意識のうちに骨盤が後傾しています。体の要である、腰まわりを意識することで姿勢は確実に変わり、ぽっこりおなかも解消されるんです。

骨盤を立てることで姿勢が良くなり、ぽっこりおなかも解消。
骨盤を立てることで姿勢が良くなり、ぽっこりおなかも解消。

 3.昔の人も気づいていた「丹田」の重要性

そういえば昔の人はよく「丹田」に力を込めろ、と言っていました。「丹田」とは、おへそから指3~4本下くらいの下腹部のこと。「肝が据わっている」とか「腹が据わっている」というときの「肝」や「腹」とは丹田のことなのだそうです。古代中国では、ここにぐっと力を入れることで「健康と勇気を得られる」とされていたとか。

「丹田」の位置はおへそから指3~4本下の下腹部。
「丹田」の位置はおへそから指3~4本下の下腹部。

丹田をトレーニングすることで、体幹が鍛えられて転倒予防にもつながるので、「最近、つまづきやすくなった」という方にもおすすめです。

デスクワークが多く運動不足の私は、せめて電車で座ったとき、これだけはやろうと決めていることがあります。

  1. 浅く座って、骨盤を立てるイメージで背筋を伸ばす。
  2. ゆっくり息を吐きながら丹田の付近に力を入れ、お腹を凹ませる。
  3. 5まで数え終わったら、おなかの力を一気に緩める。 

これを繰り返しながら、同時にお尻の穴をキュッと締めると、女性は尿漏れ防止にもなるそうです。

背中が丸くなる猫背の人は上半身が前傾するだけでなく、肩が内側に向く、いわゆる「巻き肩」になっています。意識的に胸を開くことも大切です。そのためには肩甲骨を寄せて、肩を下げる、「寄せて下げる」です。私はコピーを取っている間とか、お湯が沸くまでのちょっとした隙間時間に胸を開くストレッチを習慣にしています。

両手を後ろで組んで、肩甲骨を中央に寄せると肩が開いて気持ちいい。
両手を後ろで組んで、肩甲骨を中央に寄せると肩が開いて気持ちいい。

4.若々しさは「背筋ピン!」と「口角上げ」で

「背筋ピン!」が身に付いたら、次に心掛けたいのは「口角上げ」。

怒っているわけではないのに、不機嫌そうに見える年配の方っていますよね。顔がたるむと口角も下がり、常に不満そうな表情になってしまいます。「怒っているのかな?」とまわりをビビらせないためにも、口角を意識しましょう。

以前、五月みどりさんにインタビューした時、「口角を上げることが一番のエステ」とおっしゃっていました。五月さんの若々しさ、やわらかな女性らしさの秘訣はそこにもありそうです。見習いたいなぁと思います。

コロナ禍以降、マスクをしているので、つい口元が無防備になります。いつのまにか、口まわりの筋肉が衰えていそう…。先日、友人が「写真を撮るときに笑おうとしたら、顔の筋肉がこわばって、うまく笑えなくて焦った」と言っていました。使わないと衰えるんですね。笑顔筋、意識して鍛えましょう。

グレイヘアでも若々しい印象の人というのは、間違いなく姿勢が良くて、笑顔が素敵な人です。

「背筋ピン!」と「口角上げ」は、いつでもどこでもできる「若見せ法」。すぐに効果が出る上に費用〝ゼロ“ですから、実行しない手はないですね。

背筋を伸ばして口角を上げるだけで印象激変。
背筋を伸ばして口角を上げるだけで印象激変。