歯を白くする方法とは?黄ばむ理由やセルフケアの仕方も徹底解説

URLをコピーしました。
歯を白くする方法とは?黄ばむ理由やセルフケアの仕方も徹底解説

「歯の黄ばみが気になって、つい口元を隠してしまう」そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。今回は、黄ばみや着色汚れを解消できる、歯を白くする方法について紹介しています。自宅で手軽にできるものから、歯科医院で本格的にケアする方法まで、さまざまな種類を解説しています。さらに、歯の黄ばみの原因や、予防策についても触れています。このコラムを参考に、歯の白さを取り戻し、口元を隠さず自信を持って笑いましょう! 

1.歯が黄ばんでしまう理由とは? 

「歯を白くしたい」という願いを実現するには、まず歯が黄ばんでしまう原因を知っておきましょう。原因を知ることで、対策や対処法について理解しやすくなります。ここでは、4つの原因をピックアップしました。詳しく見ていきましょう。 

1-1.コーヒーなどの色素着色 

黄ばみの原因に、食べ物や飲み物などの色素が歯についてしまう色素沈着が挙げられます。この着色汚れは「ステイン」とも呼ばれています。色素沈着しやすいものは、コーヒーや紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーなどが挙げられます。 

これらに含まれている、カテキンやタンニン、ポリフェノール、着色料といった成分が歯の内部に取り込まれてしまうのです。「コーヒーを毎日飲む」「カレーが好きで頻繁に食べる」など、着色しやすいものを口にする機会が多いと、着色汚れが生じやすいでしょう。また、食べ物ではありませんが、タバコも黄ばみの原因の1つです。タバコのヤニ(タール)が歯につくことで、歯が茶色くくすんでしまいます。 

1-2.歯垢が付着している 

歯垢の色は、白みがかった黄色です。ゆえに、歯垢が歯に付着していると、歯が黄ばんで見えるのです。歯垢の付着は、衛生的にも良くありません。歯垢は歯磨きで落とせるので、気になったら早めにケアしましょう。 

1-3.加齢による色の変化 

年齢を重ねると、歯の色が変化していきます。まず、歯の構造について説明しましょう。歯は、表面に白い半透明の「エナメル質」があり、内側に黄色い「象牙質」があります。歯は、表面のエナメル質によって白く見えています。 

しかし、年齢と共にエナメル質は摩耗して薄くなってしまい、内側にある象牙質が透けて見えるようになるのです。さらに、象牙質は年々厚みや色味が増してくるので、年齢とともに白さよりも象牙質の黄ばみが目立ってしまいます。 

1-4.虫歯による色の変化 

虫歯が進行すると、歯の変色を起こしやすくなります。虫歯によって歯の神経が死んでしまうと、栄養や血液が歯に行き届かず、だんだん茶色く変化してしまうのです。 

ほかにも、虫歯治療で用いられるプラスチック(レジン)の変色も一因でしょう。虫歯で削った部分にプラスチックを詰めるのですが、時間の経過と共に白から黄色に変色していきます。そのため、歯自体の色が変わっていなくても、黄ばんでいるように見えてしまうのです。 

2.自宅でできる歯を白くする7つの方法  

自宅でできる歯を白くする7つの方法

歯の黄ばみが気になったとき、ご自身で手軽にケアできると便利です。実は、自宅でできるホワイトニンググッズがたくさんあります。ここでは7つの方法について、メリットとデメリットも合わせてご紹介します。 

2-1.ホワイトニング用の歯磨き粉 

ホワイトニング用の歯磨き粉は、通常の歯磨きと同様に、歯ブラシに歯磨き粉をつけてブラッシングします。歯磨き粉に含まれている研磨剤や汚れをつきにくくする成分が、歯の白さを呼び戻してくれます。 

ホワイトニング用の歯磨き粉のメリットは、手間をかけずに簡単に使えるところです。商品によって、歯のホワイトニングだけでなく口臭や虫歯予防が同時にできるものもあります。一方、汚れがひどい場合、高い効果は期待できません。 

2-2.市販の歯のマニキュア 

爪に塗るマニキュアのように、歯にも専用の白い塗料を塗る方法があります。まずは歯磨きで入念に汚れを落とし、歯を乾燥させます。次に、歯のマニキュアを素早く塗り、乾かして終了です。マニキュアは、ムラにならないように薄く塗ってください。 

歯のマニキュアは、即効性が高いのが魅力です。手軽にサッと塗るだけで、「明日までに歯を白くさせたい!」という要望が叶えられるでしょう。ただし、持続力はありません。歯磨きでマニキュアが剥がれてしまうケースもあります。 

2-3.重曹 

重曹を使って歯を白くする方法が、一時期注目を集めました。食用の重曹を水で溶かし、歯磨き粉の代わりに歯ブラシにつけて磨く方法です。重曹の研磨力で、歯についた汚れを落としていきます。 

重曹は手軽に手に入り、余計な成分が入っていないという点では安心して使えますが、汚れだけでなく歯そのものを削ってしまうリスクがあります。重曹によるホワイトニングを試してみたい場合は、歯を傷つけないようゆっくりと優しく磨きましょう。 

2-4.ホワイトニングペン 

ホワイトニングペンは、歯のマニキュアと同様に、直接歯に塗るアイテムです。ペンのなかにはホワイトニング効果が期待できる成分が、ジェルや液状になって充填されています。使うタイミングは商品によって異なり、歯磨きしてから塗るタイプ、塗ってからブラッシングするタイプ、塗って放置しておくタイプとさまざまです。 

ペンなので持ち運びしやすく、使用工程も簡単で、出先でホワイトニングしたいときに重宝するでしょう。ただ、効果には限界があり、感じ方も個人差があります。歯の状態やアイテムとの相性によっては、あまり効果を感じられない方もいるでしょう。 

2-5.歯の消しゴム 

歯についたステインを落とすのに便利なのが、歯の消しゴムです。着色が気になる部分に消しゴムを当て、優しくこすっていきます。こすり終わったら、水でうがいして完了です。 

歯の消しゴムは、表面のエナメル質のステインをケアしてくれます。コーヒーや紅茶などによる着色が気になる方は試してみる価値があります。使い方は簡単ですが、力加減には注意しましょう。力を入れすぎてしまうと、歯の表面を傷めかねません。 

2-6.LEDタイプのホワイトニング 

LEDタイプのホワイトニングは、歯に専用のジェルを塗布し、LEDライトを当てて行います。LEDライトの照射とホワイトニングジェルが、歯の表面の汚れを浮かして除去してくれるのです。 

こちらは、自宅でもより本格的なケアをしたい方におすすめの方法です。黄ばみが歯全体に広がっている場合でも対応できます。効果が期待できる反面、他の商品と比べて高額です。必要なものを一式揃えるとなると、70,000円前後かかる商品もあります。 

2-7.マウスウォッシュ 

口に含んでゆすぐだけで、歯のホワイトニングが目指せるマウスウォッシュもあります。ポリリン酸ナトリウムなど、ホワイトニングに役立つ成分が配合されています。歯磨き後にゆすぐタイプと、ゆすいでから歯磨きするタイプがあるので、取扱説明書に沿って使用してください。 

マウスウォッシュは、ホワイトニングと同時にオーラルケアができるのも嬉しいポイントです。 

ただし、成分は、ゆすいだら出てしまうので口の中に留めておけません。そのため、ほかの手法に比べ効果がやや劣ってしまうでしょう。 

3.セルフケアで歯を白くするときの注意点とは? 

自宅でできるセルフケアについてお伝えしてきました。本格的な効果は目指せないかもしれませんが、少しでも黄ばみが落とせたら嬉しいものです。しかし、セルフケアには注意すべき点があります。以下に挙げる点に気を付けましょう。 

3-1.研磨剤入りの歯磨きで強く磨きすぎない 

研磨剤は、歯の汚れや着色を落としてくれる一方、歯の表面を削ってしまうリスクがあります。歯の表面が傷つくとでこぼこになってしまい、かえって汚れや色素がつきやすくなってしまうのです。さらに、知覚過敏を引き起こす原因ともなり得るでしょう。せっかくホワイトニングしても、それでは本末転倒です。特に、研磨剤入りの歯磨き粉や重曹、歯の消しゴムを使用するときは強く磨かず、優しく磨くようにしましょう。 

3-2.やりすぎには注意を! 

セルフケアによるホワイトニングは、効果の感じ方に個人差があるものが多いです。「早く白くさせたい!」「効果が薄いから何度も使いたい!」という願望も出てくるでしょう。とはいえ、やりすぎは禁物です。商品に記載されている容量や回数を守り、やりすぎないようにしてください。 

4.歯科医院で行う歯を白くする5つの方法  

白くする5つの方法

ここからは、歯科医院でできる歯を白くする方法を5つ紹介します。それぞれの特徴や注意点についてまとめました。 

4-1.オフィスホワイトニング 

歯にホワイトニング剤を塗布して光を照射する、オフィスホワイトニングという方法があります。歯についた着色を落とし、歯の色自体を白くさせる効果が望めます。 

歯科医院ではサロンや市販で取り扱っているホワイトニング剤よりも、高濃度のものを使用しています。そのため短期間で効果を実感しやすいでしょう。加齢による黄ばみにも対応可能です。施術は歯科医師、または歯科衛生士が行います。ただ、効果が永久的に持続するわけではありません。また、知覚過敏が起きてしまう可能性があることも把握しておきましょう。 

4-2.歯のマニキュア 

セルフケアでも紹介した歯のマニキュアですが、歯科医院でも施術可能です。歯の表面に白い樹脂を塗り、固めます。歯科医院で取り扱っているマニキュアは、市販のものより持続力があり、1ヵ月~3ヵ月ほど持ちます。 

歯のマニキュアは、耐久期間を過ぎたら歯科医院での除去が必要です。除去の際に、歯に負担をかけてしまう可能性があります。マウスピースを使っている方は、マニキュアを塗って歯に厚みが増す分、マウスピースが合わなくなることがあるので注意しましょう。 

4-3.歯のクリーニング(PMTC) 

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医院で行っている保険適用外の歯のクリーニングです。歯の状態に合わせて器具を使い分けながら歯垢を除去し、クリーニングジェルで磨きあげます。歯垢や歯石、ステインの除去に有効な方法です。表面がツルツルになるので、歯垢や色素の付着予防にもなります。 

PMTCは、歯を白くするホワイトニングが目的ではなく、歯をクリーニングするために行います。汚れを取り除き、歯本来の白さに戻すことは可能ですが、歯の色そのものを白くすることはできません。歯自体や詰め物が変色してしまっている場合は、違う方法を検討しましょう。 

4-4.ラミネートベニア 

歯のチップ(セラミックシェル)をごく薄く削った歯に貼りつける、ラミネートベニアという方法です。歯1本に対し1枚のセラミックシェルを貼ります。歯の表面を0.3mm~0.8mmほど削りますが、神経への影響が少ない部分なので麻酔は使用しません。歯の型取りをして、各個人専用に作られたセラミックシェルを接着剤で歯に貼りつけます。 

ラミネートベニアは、歯の表面を白く美しくするだけでなく、歯の隙間を埋めて歯並びをよく見せることができます。また、変色しにくい素材なので、白さがキープできるでしょう。ホワイトニングが難しい変色の強い歯でも、ラミネートベニアなら対応可能です。懸念点としては、健康な歯を削ってしまうことが挙げられます。歯を削ることに抵抗がある場合、よく検討しましょう。また、食いしばりや歯ぎしりでセラミックシェルが欠ける可能性があります。 

4-5.セラミックをかぶせる 

虫歯治療などで歯を埋めた詰め物の変色が気になる場合、もう1度歯を削ってセラミックをかぶせる方法があります。セラミックは変色に強く、虫歯の再発予防にもつながるため、トライしてみる価値はありそうです。ただし、セラミックは強い力が加わると欠けたり割れたりすることがあります。特に強く噛みやすい奥歯をセラミックにする際には、注意が必要でしょう。 

5.日常生活で黄ばみを防ぐ対策とは? 

ここまで、自宅や歯科医院で歯を白くする方法について紹介してきました。歯の白さを保つには、歯の黄ばみを防ぐ方法も知っておきたいですね。次に、歯の黄ばみを防ぐ対策についてお伝えします。以下で紹介する3つのポイントを意識して、歯の黄ばみを防ぎましょう。 

5-1.歯に着色しやすいものを口にしたらゆすぐ 

コーヒーや紅茶など、ステインの原因となりやすいものを飲食したら、口の中をゆすぎましょう。もちろん歯磨きでも大丈夫です。着色しやすいものを口にしたからといって、すぐ歯の変色が起こるわけではありません。うがいで口の中に残った色素を洗い流すことで、歯の黄ばみ予防につながります。 

5-2.歯磨きを力強く行わない 

歯磨きは力を入れずに行いましょう。ゴシゴシと強く磨いてしまうことで、歯のエナメル質を傷つけてしまう恐れがあります。前述したとおり、歯の表面が傷ついてでこぼこしてしまうと、そこに汚れや色素がつきやすくなってしまいます。特に研磨剤入りの歯磨き粉で磨く場合は、要注意です。 

5-3.定期的に歯のメンテナンスに通う 

歯垢や虫歯が歯の黄ばみの一因となるので、定期的に歯科医院でメンテナンスしましょう。いくら丁寧に歯磨きしても、完全に汚れや歯垢を取り除くことはできません。ご自身では難しい細かいクリーニングは、プロに任せましょう。定期的なメンテナンスは虫歯や歯周病の予防にもなり、歯の健康を保つためにも大切です。3ヵ月ごとの受診が望ましいでしょう。 

おわりに 

今回のコラムでは、歯を白くする方法についてお伝えしました。日ごろからできる予防策を講じながら、セルフホワイトニングや歯科医院でのケアを取り入れてみてください。ただし、それぞれの方法には注意すべき点やデメリットがあります。「手軽そうだから」「なんとなく効果がありそうだから」といった理由で飛びつくのではなく、歯の黄ばみの原因とも照らし合わせながら、ご自身に合った方法を選んでみてください。