更新日
公開日

これってアルコールアレルギー?症状や原因、検査方法について紹介

これってアルコールアレルギー?症状や原因、検査方法について紹介
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

お酒を飲むと顔が赤くなったり頭が痛くなったりする方は、ただ単にお酒が弱いのではなく、アルコールアレルギーの可能性があります。アレルギーは命に関わることもある疾患なので、疑いがある方には早急な受診と適切な対応が必要です。このコラムでは、アルコールアレルギーの症状や原因、検査する方法などをご紹介します。もしかしてアルコールアレルギーかもとお悩みの方や、症状について詳しく知りたい方は必見です。

1.アルコールアレルギーとは

1.アルコールアレルギーとは

アルコールアレルギーとはその名のとおり、アルコールが原因で起こるアレルギー反応です。アルコールアレルギーは酒アレルギーとも呼ばれ、飲酒はもちろん、お酒が含まれた食品を摂取したことで症状が出る可能性もあります。

遺伝体質から飲酒による健康リスクを知る
『アルコール感受性遺伝子検査』

アルコールに関する2種類の遺伝子を検査をする『アルコール感受性遺伝子検査』!

ハーセリーズが提供する遺伝子検査サービスは、医療機関や企業等への導入実績があるため、安心して検査を受けて頂けます。

●遺伝子検査でわかること

2種類のアルコール関連遺伝子を検査することで、ただ単にお酒が強い(飲める)・弱い(飲めない)を調べるだけではなく、 「どんな体質なのか?」「飲酒により、将来健康に対してのどんな悪影響がでやすいのか?」を知ることができます。

●簡単検査 検査は下記のような流れで簡単に行えます!

STEP1:キットを購入

STEP2:付属の綿棒でほほの内側(口腔粘膜)をこすります。

STEP3:採取した検体と、同意書を専用の封筒に入れて投函。

STEP4:検体が分析センターに到着後、約15営業日で結果が送られます。

●自社解析 商品の発送〜検査まですべて自社で行うため、試料や情報の取扱いに関しては安心です! (CPIGI認定、ISO27001取得)

アルコール感受性遺伝子キットの詳細はこちら

2.アルコールアレルギーはどんな症状?

2.アルコールアレルギーはどんな症状?

アルコールアレルギーの方が飲酒をすると、顔や身体がまだらに赤くなったり、皮膚や口内にかゆみを感じたり、頭痛や鼻水、鼻づまり、くしゃみなどといった不快な症状が起こります。また、お酒を飲んだ時に喉の閉塞感や息苦しさ、蕁麻疹や下痢などの症状が出るのもアルコールアレルギーの特徴のひとつです。

しかし、これらのすべての症状がアルコールアレルギーの方に必ず出るわけではありません。アルコールを摂取した時にどれかひとつでも当てはまる症状が見られた場合、アルコールアレルギーの可能性があると考えられます。

また、アルコールアレルギーは一般的に知られる食物アレルギーとは違い、体内の過剰な免疫反応が原因ではありません。正確には「アルコール過敏症」と呼ばれ、人によって顔が赤くなる程度だったり喘息のような重篤な呼吸困難が生じたりと、個人差のある疾患なのです。

アルコールアレルギーは体質によって起こる症状であり、お酒を飲み続けていればそのうち耐性が付いて飲めるようになるということはありません。そのため、身体をアルコールに慣れさせるために無理矢理飲酒するという行為は大変危険です。

人によっては救急車で緊急搬送されるような重篤な症状が出るケースもあるため、充分注意しましょう。飲酒した際に少しでも症状が見られた場合は、アルコールアレルギーの可能性を疑ってそれ以上の摂取を控えることが大切です。

3.アルコールアレルギーの原因

3.アルコールアレルギーの原因

飲酒によってアレルギー反応が出るのは、体内にアルコールを分解する酵素が備わっていないためです。お酒を飲むと、アルコールは体内で「アセトアルデヒド」と呼ばれる毒性の強い有害物質に変化します。この物質が、悪酔いや頭痛、動悸などといった症状を引き起こす原因です。

アセトアルデヒドは「アルデヒド脱水素酵素(ALDH)」という酵素によって酢酸に分解され、全身を巡って水と二酸化炭素に代謝されます。その後、汗や尿、呼気などによって身体の外へ排出されるのがアルコール代謝のメカニズムです。

アルコールアレルギーの方は、アルコールを代謝するうえで重要な役割を担うアルデヒド脱水素酵素を持っていない、または持っている量が少ないといわれています。そのため、体内でアルコールを充分に分解できず、アレルギー症状が出てしまうのです。

4.お酒に弱い=アルコールアレルギーとは限らない

4.お酒に弱い=アルコールアレルギーとは限らない

お酒に弱い方やお酒が苦手な方であれば、一度はご自身がアルコールアレルギーである可能性を考えたこともあるのではないでしょうか。お酒に弱い方とアルコールアレルギーの方にははっきりとした違いがあり、飲酒した際の危険性も違います。ここでは、両者の違いと特徴を詳しく見ていきましょう。

4-1.お酒に弱い方の特徴

お酒を飲むとすぐに顔が火照るという方のほとんどは、お酒に弱いタイプだといえます。お酒に弱いのは、アルデヒド脱水素酵素の活性が弱い体質であることが原因だと考えられています。弱いけど飲めるという方はアルコールアレルギーの方とは違い、お酒を飲んだ量やその日の体調によって、気分が悪くなるなどの症状に差が出るのが特徴です。アルデヒド脱水素酵素の活性が強いか弱いかのタイプについては遺伝性が強く、日本人は特にアルデヒド脱水素酵素がない方や、少ない方が多いといわれています。

また、アルコールアレルギーでさえなければたくさん飲酒しても良いというわけではありません。お酒に弱いタイプの方は、強いタイプの方と比べてアセトアルデヒドによる害を受けやすいのが事実です。ご自身の体調を見ながら、おいしく飲める適正な飲酒量を守りましょう。

4-2.アルコールアレルギーの特徴

アルコールアレルギーにはさまざまな症状がありますが、お酒に弱い方やお酒があまり飲めない方とは違い、お酒が全く飲めない体質であるのが特徴です。一口でも口にしたら症状が出るため、お酒に弱い方以上にアルコールの摂取には充分気を付ける必要があります。

また、体調やお酒の種類に関係なくアレルギー反応が出てしまうのもアルコールアレルギーの方の特徴です。元々アルコール耐性がない体質の方に、後から耐性が備わることはありません。アルコールアレルギーは遺伝性であり、一生付き合っていく疾患なのです。

5.お酒以外でもアルコールアレルギーは発症する!?

5.お酒以外でもアルコールアレルギーは発症する!?

アルコールアレルギーの方は、飲酒以外でも症状が出る可能性があります。ここでは、お酒以外に気を付けたいアルコールについてご紹介しましょう。

5-1.皮膚のアルコール消毒

アルコールアレルギーの方は、飲むアルコール以外にも注意が必要です。例えば、注射や採血の前には感染予防などの意味を込めて必ずアルコール消毒を行います。このとき、消毒液に反応して皮膚が赤くなるなどのアレルギー反応が出るケースがあるため、事前にアルコールアレルギーであることを医師に伝えることが重要です。

また、コロナ禍において手指のアルコール消毒をする機会も増えていますが、アレルギーの方が無理にアルコールに触れることは好ましくありません。安心して使用できるノンアルコールタイプの除菌スプレーを使用するなどの工夫が必要です。

5-2.シャンプーや化粧品のアルコール

アルコールの一種であるエタノールには、化粧品の使用感や清涼感、角質層への浸透力の向上、抗菌効果などのさまざまなメリットがあります。そのため、市販されているシャンプーや化粧品などにもアルコールが含まれているケースが多いです。

人によってはそれらを使用することで重篤な症状が出ることもあるため、アルコールアレルギーの方は、シャンプーや化粧品などの日用品選びも注意しましょう。「アルコールフリー」や「エタノールフリー」、「ノンアルコール」などと表記されている商品を選ぶと安心です。

6.もしかしたら食物アレルギーの可能性も

6.もしかしたら食物アレルギーの可能性も

お酒を飲んだ時にアレルギー症状が見られたからといって、必ずしもアルコールアレルギーであるとは限りません。飲んだお酒がビールなら麦、米焼酎や日本酒なら米、ワインであればブドウといったように、それぞれの原料である食物に対してアレルギー反応が出ている可能性もあります。

食物アレルギーは、食物の中のたんぱく質を身体が異物と判断し、排除しようと活動する免疫反応によって引き起こされる症状です。ビールを飲んだ時だけアレルギー症状が出る方など、特定のお酒だけが飲めない場合は食物アレルギーを視野に入れる必要があります。

食物アレルギーは、吐き気や蕁麻疹、呼吸困難、下痢などといった症状がアルコールアレルギーと似ており、素人が見分けるのは困難です。また、アレルギー症状は場合によっては命に関わるケースもあるので、簡単に判断できるものではありません。ご自身の体質を知り、アルコールや食物への適性をしっかりと見極めることが大切です。病院で医師による診断を受けて、きちんとした指導のもと正しい対処を行っていきましょう。

7.アルコールアレルギーは突然発症することもある!?

7.アルコールアレルギーは突然発症することもある!?

アルコールアレルギーの方は、ほとんどがアルコール分解酵素であるアルデヒド脱水素酵素を生まれつき体内に持っていないか、少ないのが特徴です。しかし、中には元々充分だったアルデヒド脱水素酵素が、後天的に減っていく体質の方もいます。今まで普通にお酒を飲めていた方がなぜかだんだん飲めなくなってきたり、ある日突然アレルギーを発症したりするケースもあるのです。

アルコールアレルギーを後天的に発症するメカニズムについてははっきりと解明されていませんが、疲れやストレス過多が原因で発症するともいわれています。アルコールアレルギーは、元々お酒が弱い方に限らず、お酒が強い方にも起こりうる症状です。日常的に飲酒される方や今はお酒に強い方でも、ご自身の身体をあまり過信し過ぎず、日々の体調の変化に注意しながらお酒を飲むようにしましょう。

8.アルコールアレルギーは治せる?対処法は?

8.アルコールアレルギーは治せる?対処法は?

2022年現在、アルコールによるアレルギー症状を根本から治療する方法は見つかっていません。基本的には、アルコール類を飲んだり食べたりせず、肌にも触れないようにすることが対策として挙げられます。お酒だけを避けていても、その他のアイテムから知らないうちにアルコールを取り込み、体調不良を起こしてしまうリスクもあります。

一見入っていないように思える飲食物や商品でも、アルコールが含まれていないことを毎回確認する癖を付けると良いでしょう。アルコールが配合されているかどうかは、商品のパッケージにある成分表示に記載されています。購入や使用前に商品の成分表示をしっかりチェックして、アルコールを徹底的に避けることが大切です。

9.アルコールアレルギーの検査は何科? 

お酒を飲むと蕁麻疹が出たり呼吸が苦しくなったりする方や、アルコール消毒で肌がかゆくなるなど、アレルギーを疑うような症状が見られる方は、一度病院で検査を受けるのがおすすめです。アルコールアレルギーの検査は、皮膚科や内科、アレルギー科などで受けられます。医師に症状を説明するとパッチテストですぐに診断してもらえるので、少しでも疑いがある場合は気軽に受診してみましょう。

より正確な診断を受けるためには、「何のアルコール」を「どの程度の量摂取」し、「何時間経過した時」に「どのような症状が出たのか」などを詳細に説明するのがポイントです。パッチテストではなく血液による検査を行ってくれる医療機関もあるので、不安な場合は事前にどのような検査方法になるのか問い合わせをしておくのも良いでしょう。

アルコールアレルギーは、間違った措置や対応の遅れによって命の危険を生じる可能性もある疾患です。仕事上の付き合いなど、お酒の席を断りづらい状況の方もいると思いますが、疑わしい場合はできるだけ早く医療機関を受診しましょう。

10.家でもアルコールアレルギーの検査ができる?

アルコールアレルギーかどうかの診断は、専門の医療機関を受診して医師に委ねるのが好ましいですが、なかなか時間が取れなかったり病院まで足を運ぶのが難しかったりする方には、自宅で調べられる検査方法もあります。ここでは、自宅でアルコールアレルギーを診断する方法についてご紹介しましょう。

10-1.パッチテスト

パッチテストは、医療機関にかからず自宅でアルコールアレルギーの検査を行う方法のひとつです。ガーゼか絆創膏に70%のエタノールを含ませ、二の腕の内側の皮膚が柔らかい部位に貼ります。7分後に少しめくって肌の色を観察しますが、このときに肌が赤くなっている方はアルコールアレルギーである疑いが高いです。反応がない場合は再度貼り付け、10分後にまた反応を確認します。1回目と同じように肌の変化をチェックし、反応があればアレルギーの疑いがあり、変化がなければ可能性が低いと考えて良いでしょう。

もっと手軽に検査したいという方は、市販されている「アルコール体質試験パッチ」を使用してアレルギー反応を確認する方法もあります。

10-2.唾液検査

アルコールアレルギーは、唾液を使って検査することも可能です。市販の検査キットを購入して、説明書に従って口腔粘膜を採取し、検査機関に送るだけで調べられます。専門の検査機関がアルコールの代謝に関する遺伝子検査を行うので、パッチテストに比べて時間や費用がかかりますが、しっかり調べたいという方におすすめの方法です。唾液検査の検査キットは通販などのWEBサイトでも購入できます。

おわりに

アルコールアレルギーは、症状の種類や重さ、発症時期などに個人差があり、素人が判断するのは難しい疾患です。お酒を飲んだ時やエタノールに触れた時、少しでも身体の様子がおかしいと感じた場合はすぐに飲酒や使用を控えましょう。本人が気を付けるのはもちろん、周りの方も無理にお酒をすすめたりしないよう配慮が必要です。アルコールアレルギーの疑いがある場合には、自宅や医療機関で早めに検査をして正しい対処を行うようにしましょう。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。