調味料ソムリエプロがおすすめする塩|「天日海塩 土佐の塩丸」

URLをコピーしました。
調味料ソムリエプロがおすすめする塩|「天日海塩 土佐の塩丸」

高知県土佐、鰹の一本釣りで有名な漁師町で、海水を太陽と風の力と人の手だけで結晶化させてできる天日塩です。ご両親が作り続けてきた天日塩「土佐の塩丸」から、息子さんが「二代目 土佐の塩」を誕生させました。海水をくみ上げ、ネットタワーの上から繰り返し流し、風で水分を蒸発させて濃い海水を作り、それを結晶ハウスに移し、さらに太陽熱で水分を蒸発させながら、日中60℃にまで上昇するなかで、毎日塩の感触を手で感じながら撹拌を繰り返します。

塩になるまで夏場で約1ヵ月、冬場で2ヵ月以上かけて出来上がります。天日海塩は火を使った炊き上げなどは一切しないためじっくりと結晶化することで海水中の約80種類のミネラルがそのまま含まれます。色は真っ白ではなく、少し黄味がかった素朴な色、味はしょっぱいだけでなく、旨味のある、まろやかなでさわやかな自然の甘さがあります。

土佐の塩丸

生野菜に振りかけたり、ステーキや焼魚の振り塩、おにぎりや卵かけご飯など、シンプルな料理がよく合います。ひと粒、ほお張れば、潮風と太陽の香りがしてくるような手間暇をかけた作り手の愛情が感じられる塩です。

「天日海塩 土佐の塩丸」(有限会社ソルティープ)

「天日海塩 土佐の塩丸」のご購入はこちら 200g:756円(税込・送料別)