更新日
公開日

花セラピー⑥年末年始のお花「大切な想いを伝える千日紅」

花セラピー⑥年末年始のお花「大切な想いを伝える千日紅」
安福 圭子 花セラピスト

執筆者
安福 圭子 花セラピスト

花と色のセラピスト/(財)国際花と緑のセラピー協議会認定花セラピストインストラクター/心の不調を機に、生花を使う花セラピーとカラーセラピーを学ぶ。花の心理と色の心理で、自分の気持ちをスルッと整え、軽やかに行動できる自分になるセッションを提供中。モットー『花と色の力で、自分で自分を幸せに』

いよいよ年の瀬が迫ってくる12月です。この一年を振り返り、できたこと・できなかったことはなんでしょうか。振り返って気付いたことを、誰に伝えたいですか。赤の千日紅(せんにちこう)の「言いたいことを相手に伝えるパワー」を借りて、あなたの大切な想いを伝えてみませんか。

1.大切な思いを伝える千日紅(せんにちこう)

1-1.千日紅は自分の想いを上手に伝えたいときの味方

今年できたこと・できなかったこと、振り返ってみるとそれぞれ色々あると思います。それらは一人の力で成し遂げたことでしょうか。それとも、誰かの協力があってできたこと、またはこれから協力を得てできそうなことでしょうか。

やりたいことを実現するためには、家族や友人・知人など周りの人の理解や協力を得ることが大切です。そのためには、自分の想いを上手に伝えていく必要があります。


そんなときには、赤の千日紅の「言いたいことを相手に伝えるパワー」を借りてみましょう。あなたの想いを上手に伝えることで協力が得られ、2022年のうちにやりたいことの実現に近付くことができるかもしれません。また日頃伝えきれていない感謝の気持ちを伝えてみるのも良いでしょう。

花セラピー⑥年末年始のお花「大切な想いを伝える千日紅」
赤の千日紅(せんにちこう)

1-2.千日紅の心理効果

赤の千日紅を思い浮かべてみましょう。どのような印象がありますか。花セラピー協議会による心理効果(花それぞれが持つ癒しの力)の調査では、「一生懸命」「かわいい」「燃えるような」という印象を持つ方が多いということが分かっています。(※)しっかりした雰囲気とかわいらしさの両方を持ち合わせている花といえるでしょう。

人に何かを伝えるためには、相手が理解してくれるように伝える必要があります。一方的に強く言っても、相手に伝わるわけではありません。千日紅は赤の強さを秘めつつも、その小ぶりな可愛らしさに、丁度良い強さを持っているといえます。「一生懸命」さから、あなたのひたむきな想いも伝わりやすくなるでしょう。

一方的な自己主張にならず、かわいらしく自分の想いを伝える。それが赤の千日紅のパワーです。日頃から想いをうまく伝えたいと感じている方はぜひ目に留まる場所に飾ってみてください。

2.新しい花活のすすめ〜花セラピーとは~

赤の千日紅の心理効果について、1-2でお話しましたが、この章では花が私たちの心に作用する、ということをご紹介します。

2-1.花や植物のリラックス効果

花や植物に「癒し」を感じる方も多いでしょう。森林浴や森林セラピーという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。ストレスを感じたときに、自然の多い場所で過ごしたい、そのように考える方も多いのではないでしょうか。花や植物によって、心身に「癒し」や「リフレッシュ」を感じる、という今まで漠然と考えられてきたことが、現在では、大学の研究機関で科学的に証明されてきています。

私たち人間は、進化の過程において何百万年という時間を自然の中で過ごしてきました。花や植物があることで癒される、というのは当然のメカニズムかもしれません。

参照元:「自然セラピー/研究紹介」千葉大学自然セラピー研究室,特任研究員/名誉教授 宮崎 良文

参考文献:「Shinrin-Yoku(森林浴): 心と体を癒す自然セラピー」宮崎 良文(著),創元社,2018 

2-2.花セラピーで心をマッサージ

花セラピーとは、花と人の心を結ぶ癒しの手法です。自分の心のままに、自由にアレンジメントを作るのですが、そこには作り手の心が表れます。また花には、鮮やかで多様な色彩と個性的な形があります。そして、それぞれの花には、各々が持つ癒しの力(花から得られる心理効果)というものがあります。

花セラピーでは、その花の持つ癒しの力を活用して「心をマッサージ」することができるのです。「心をマッサージ」する、とは心を解放して、本当の自分の気持ちに気付き、認める、ということです。そうすることで、心の奥深くから癒しが湧きあがり、ストレスが軽減されたり、気持ちが明るくなったりすることができるのです。

「心をマッサージ」するためには、何も大作のアレンジメントを作る必要はありません。一輪でも、自分が好きだな、気になるなと感じた花を飾って、愛でることで、あなたの心はマッサージされるのです。 

3.季節のアレンジメントを楽しもう

これからの時期は年末年始でイベントが盛りだくさんになる時期です。ぜひお花も取り入れて、イベントの季節感を感じてみてください。

3-1.クリスマスのアレンジメント

クリスマスのお花といえば、ポインセチアが代表的です。花屋さんで鉢植えを購入して、それを置くだけでも簡単にクリスマスの雰囲気を作り出すことができます。

切り花を購入する場合やアレンジメントを作成する場合、いわゆるクリスマスカラーである、緑と赤を中心に花や葉を選ぶと、クリスマスの雰囲気になります。ゴージャスな雰囲気が好みなら赤いバラを、可愛らしくするなら千日紅やミニバラを選ぶと良いでしょう。また、ゴールドやシルバーの飾り・リボンや実が付いたものを合わせてみるのもおすすめです。

赤のバラと松ぼっくりやキャンドルをあわせたアレンジメント

3-2.お正月のアレンジメント

1つ目にご紹介するのは、和風なお正月アレンジメントです。葉ボタン、白菊、南天をあしらうことで紅白のおめでたい雰囲気や伝統的なお正月の雰囲気も感じられるようなアレンジメントになるでしょう。松をあしらったり、水引飾りを付けてみるとさらに、お正月らしさが表現できます。

お正月のアレンジメント

2つ目にご紹介するのは、スワッグを利用してクリスマスからお正月まで楽しめるアレンジメントです。スワッグとは、主に花が下向きになるように束ねて壁にかけて飾るものです。ドライフラワーまたはドライフラワーになりやすい素材で作ると長期間楽しむことができます。


針葉樹をベースにしたスワッグを用意します。クリスマスには赤い実やクリスマスの雰囲気が出るリボンなどで装飾をしてクリスマス気分を楽しみます。クリスマスの飾りを、南天やしめ縄などのお正月らしい飾りに変更すれば同じスワッグで2つのイベントを楽しむことができます。

スワッグを利用してクリスマスからお正月まで楽しめるアレンジメント

4.お花を見に行こう!~12月が見頃の冬の花編~

冬は花の少ない時期ですが、クリスマスローズ、ロウバイといった冬の代表となるような花が楽しめる場所をご紹介します。

4‐1.高崎クリスマスローズガーデン(群馬県高崎市)

高崎クリスマスローズガーデン(群馬県高崎市)

関東最大級といわれるクリスマスローズガーデンです。クリスマスローズの展示販売もあるので、記念に買って、ご自宅で愛でるのも良いでしょう。

見頃12月~3月例年2月頃より有料期間


アクセス
関越自動車道高崎ICより25キロ

公式HP
群馬県高崎市にある高崎クリスマスローズガーデン&里見の果物の富久樹園 


4-2.相模原麻溝公園(神奈川県相模原市)

相模原麻溝公園(神奈川県相模原市)

年間を通してクレマチスを楽しむことができ、12月には冬咲きのクレマチスが咲き始めます。他にもクリスマスローズ、ロウバイ、カンツバキも楽しむことができます。アスレチックや遊具もあるので、家族で楽しめる公園です。

見頃冬咲きクレマチス 12月~3月


アクセス
圏央道相模原愛川ICより3キロ

JR相模線原当麻駅より徒歩約20分

公式HP
【公式】相模原麻溝公園

4-3.国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

春のネモフィラや秋のコキアが有名なひたち海浜公園ですが、この時期にはアイスチューリップという冬に咲くチューリップを楽しむことができます。アイスチューリップとは、球根を特殊な方法で処理し、季節を疑似体験させて、冬に咲くように調整したチューリップです。開花時期が長いという特徴もあります。

見頃アイスチューリップ 12月下旬~1月上旬
ロウバイ 12月下旬~1月下旬


アクセス
常磐自動車道日立南太田ICより約15キロ
常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICよりすぐ

JR常磐線勝田駅より路線バスにて15分から20分

公式HP
国営ひたち海浜公園 

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする