更新日
公開日

宅配クリーニングサービス利用のメリットは?選び方のポイントも紹介

宅配クリーニングサービス利用のメリットは?選び方のポイントも紹介
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

近年増加傾向にある、宅配クリーニング。利用したことがない方にとっては、言葉は聞いたことがあってもどのようなサービスなのか、店舗型のクリーニング店との違いなど、疑問も多いのではないでしょうか。宅配クリーニングは、実は忙しい方にとってメリットがたくさんあるサービスです。今回はクリーニングをよく利用する方に向けて、宅配クリーニングの詳細や、どのように宅配クリーニングを選ぶとよいのかを解説します。

この記事を読んでわかること

  • 宅配クリーニングは重たい洋服や布団を店舗に行かなくてもクリーニングに出せるので便利
  • 宅配クリーニングのオプションで保管サービスを利用すると、次のシーズンまで衣類を預かってもらえる
  • 宅配クリーニングはネットで申し込みや決済ができ、キットに入れて送るだけで簡単に利用できる
04_宅配クリーニングの詳細はこちら

宅配クリーニングサービスって何?

宅配クリーニングサービスって何?

宅配クリーニングサービスとは、クリーニング店に衣類などを持ち込まなくても、宅配便を利用してクリーニングに出せるサービスです。クリーニングを終えた衣類は宅配便で自宅に届くので、クリーニング店の営業時間内に忙しくて行けない方にもおすすめのサービスです。

インターネットから手配できるため、24時間いつでも注文可能です。自宅から一歩も出ることなく衣類をクリーニングに出せます。また、次のシーズンまで衣類を預かる保管サービスを行っている宅配クリーニングもあり、衣類の管理や保管場所に困っている方にもおすすめです。

関連記事:布団をクリーニングに出すメリット・デメリットとは?コインランドリーより安心?

宅配クリーニングサービスを利用するメリット

宅配クリーニングサービスを利用するメリット

店舗型のクリーニング店ではなく、宅配クリーニングを利用するメリットとして、次の5つがあります。

  • 持ち運びの手間が省ける
  • インターネットで24時間申し込みできる
  • 受け取り忘れをしないで済む
  • 衣類を保管してくれるサービスがある
  • パックプランでお得に利用できる

それぞれのメリットについて解説します。

持ち運びの手間が省ける

宅配クリーニングの大きなメリットは、衣類の発送や受取りが宅配便でできるため、持ち運びの手間が省ける点です。

車を持っておらず大量の衣類や布団を運べない場合や、自宅からクリーニング店まで距離がある場合は持参するのも一苦労。また、クリーニングに出そうと思っていた日が、悪天候ということもあるでしょう。

その点、宅配クリーニングなら集荷も配達も宅配便でできるため、家から出ずにクリーニングを依頼できます。また衣類はもちろん、掛け布団やこたつ布団など、大型寝具を扱っている宅配クリーニングもあります。

インターネットで24時間申し込みできる

宅配クリーニングの多くは、インターネットによる注文を受け付けています。そのため24時間いつでも注文可能。帰宅時間の都合でクリーニング店の営業時間内に持込みや受け取りに行けない方も、ご自身の都合に合わせて集荷時間を指定できるのもうれしいポイントです。

受け取り忘れをしないで済む

直接店舗に取りに行くのとは違い、宅配クリーニングは仕上がった衣類を自宅に届けてくれるため、受け取り忘れがない点もメリットのひとつです。

店舗型のクリーニング店に出した場合「〇日以内に受け取ってください」と指定されるケースもありますが、仕事の都合で来店できないこともあるでしょう。そうしているうちに、クリーニングに出した衣類を受け取り忘れてしまうこともあると思います。

その点、宅配クリーニングは自宅に配達してくれることと、万が一留守中だとしても再配達の手配ができるため安心です。

衣類を保管してくれるサービスがある

宅配クリーニングでは、オプションで長期保管サービスを行っているところがほとんどです。冬物のダウンジャケットやコートなど、かさばる衣類も次のシーズンまで預かってもらえます。衣替えも不要で、自宅に衣類を保管するスペースがない場合など、とても重宝するサービスです。

パックプランでお得に利用できる

宅配クリーニングを検討する時、宅配料込みの料金だと高額になるのでは?という懸念もあるでしょう。

しかし、まとまった数の衣類を定額で依頼する「パックプラン」を採用している宅配クリーニングが多く、衣類をまとめてクリーニングに出す方は、店舗型クリーニングよりも安く利用できる場合もあります。

関連記事:毛玉だらけの服を復活させる方法

宅配クリーニングと店舗ではどっちが安い?

宅配クリーニングと店舗ではどっちが安い?

クリーニングに出す衣類が多くなると、料金が気になるところではないでしょうか。宅配クリーニングは送料がかかるため、店舗型のクリーニング店に比べて高くつく印象があるかもしれません。

宅配クリーニングと店舗型のクリーニング店の料金を比較すると、ワイシャツなどの軽衣料は店舗型の100円から400円程度に対し、宅配クリーニングは300円から350円と、やや高い傾向にあります。しかし、かさばる冬物衣料は、1パック当たりいくら、というパック料金を採用している宅配クリーニングのほうが、1着当たりの料金は安く済むこともあります。

また送料無料の宅配クリーニングや、長期保管サービスなどさまざまなオプションサービスを利用すると、総合的に宅配クリーニングのほうがお得という考え方もあります。

宅配クリーニングサービスを利用する時の流れ

宅配クリーニングサービスを利用する時の流れ

ここからは、宅配クリーニングサービスを利用する際の流れをご紹介しましょう。

WEBサイトで注文する

まず、クリーニングに出す衣類が揃ったら、宅配クリーニングサービスのホームページから注文をします。

多くの宅配クリーニングでは会員登録が必要なので、初めて利用する時は利用規約を読んで、会員登録をしておきましょう。クリーニングに出したい衣類の数に見合ったプランを申し込み、集荷キットが自宅に届くまで待ちます。

自宅に届く集荷キットに衣類を詰める

宅配クリーニングを申し込みすると、自宅に集荷キットが届きます。クリーニングに出す衣類を集荷キットに入れ、集荷準備をしましょう。利用する宅配クリーニングによっては、要望などを記入するオーダーシートが同封されていることがあります。

シミ抜きのサービスを受ける場合など、気になる点を具体的に記入して送りましょう。宅配クリーニング会社によっては、集荷キットがなくご自身で用意したダンボールなどに詰めて送るケースもあります。

申し込みをした宅配クリーニングサービスがどのような扱いをしているのか、事前に確認しておくことが大切です。

集配担当者に預ける

集荷キットに衣類を詰め終わったら、集配担当者に渡しましょう。集荷に来てもらう日程は、ホームページで宅配クリーニングを申し込みした際に日時指定する場合や、キットに詰めて準備ができた段階で集荷の依頼をする場合があります。

また、コンビニエンスストアから発送できる宅配クリーニング会社もあるので、自宅に来られたくない場合や集荷の予定が立てにくい場合は利用すると良いでしょう。

クリーニングが開始される

キットに詰めた衣類が宅配クリーニング会社に届いたら、中身を検品したうえでクリーニングが開始されます。クリーニングにかかる日数は、衣類の種類によって異なりますが、一般的に5日から3週間程度みておくと良いでしょう。

クリーニング済みの衣類が自宅に届く

クリーニングが完了したら、専用キットに詰められた衣類が自宅に宅配で届きます。宅配クリーニング会社によっては、シミ抜きやクリーニングの仕上がりに納得いかない場合に無料で再仕上げするサービスがあるため、届いたらすぐに衣類を確認しましょう。

再仕上げの対応には期限があるため、早めに連絡することが重要です。

宅配クリーニングを選ぶ時のポイント!

宅配クリーニングを選ぶ時のポイント!

宅配クリーニングサービスを提供している会社は、年々増えています。ここからは、どのようなポイントで宅配クリーニングを選ぶとよいのか解説していきましょう。

単品料金の有無

宅配クリーニングでは基本的にパック料金が多いですが、少量で定期的に依頼したい方などは、単品料金があると便利です。

パック料金は一度に大量の衣類を出したい人にはおすすめですが、少量だと割高になってしまうのがネックです。そのため利用方法によっては、パック料金と単品料金、両方の料金設定がしてある宅配クリーニングを選ぶのもポイントです。

単品料金がおすすめのケースは、少量で定期的に利用する方の他、子どもの衣類が多い、急ぎで依頼したい方。子ども服はパック料金だと2枚で大人1枚分のカウントとしてくれる宅配クリーニング会社もありますが、量が多くない場合は単品料金で利用するほうがお得です。

専用の集荷キットの有無

専用の集荷キットを用意してくれる宅配クリーニング会社も、選択基準のひとつ。衣類を入れる段ボールや袋を準備できないこともあるため、専用のキットがあるほうが便利です。

集荷バッグはクリーニングが終わった衣類を入れて送られてくるので、次回の利用時にも使えます。リピーターを獲得できるという面からも、最近では専用のバッグを用意してくれる宅配クリーニング会社が増えているようです。

実績の有無

宅配クリーニングを初めて依頼する方は、実績のある大手を選ぶのが安心です。なぜなら、店舗型のクリーニング店の場合は、顔を合わせて直接やり取りできるので安心ですし、信頼できるかどうか対応を見て判断できるからです。

しかし、宅配クリーニングの場合は、直接顔を合わせたやり取りはありません。そのため、実績が多く口コミが確認できる大手の宅配クリーニングに依頼するのが安心です。

インターネットの口コミを確認する際は、自社のホームページだけでなく、外部サイトの口コミも確認してみましょう。自社の口コミは良いことが掲載されているケースが多いため、マイナス要素の口コミが載っている外部サイトのほうが参考になることもあります。

また、困ったことや確認したいことがある時に、すぐ連絡が取れるよう電話やメールといった連絡先がしっかり明記されていることも重要です。

オプションサービスの充実度

オプションサービスの充実度も、宅配クリーニングを選ぶ時のポイントです。特に、満足のいく仕上がりにならなかった時のために、サポート体制があるのかどうかは大変重要な項目。再仕上げ無料サービスなどが利用できるかどうか、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、シミ抜きや毛玉取りなどもオプション料金なしで行っている宅配クリーニング会社もあります。ご自身が希望するサービスが無料なのか有料なのかによって、かなり料金が変わってくるので、どのようなオプションサービスを行っているのか、料金も含めて確認しておくことが大切です。

クリーニング可能な衣類の種類

クリーニング可能な衣類の種類が多いのも、宅配クリーニング選びの重要なポイントです。多くの宅配クリーニング会社では、毛皮や着物などの取扱いをしていません。その他、高級ブランドの衣類も受け付けしていないことがあるので、注意が必要です。

あらかじめクリーニングに出したい衣類をピックアップしておいて、サービスとマッチするか確認して申し込みをしましょう。

コンビニ配送の有無

一般的に、宅配クリーニングサービスは、自宅からの発送・受け取りになります。便利な反面、集荷や受け取りの時間は2時間程度の幅があるため、在宅時間が短い方にとっては不便に感じることもあります。

そんな方は、自宅だけでなくコンビニエンスストアからも配送可能な宅配クリーニングが便利です。

衣類保管の期間

宅配クリーニングの多くは、クリーニングした衣類を預かる長期保管サービスを行っています。しかし、預かってもらえる期間は、8ヵ月から12ヵ月程度とかなり大きな差があります。

次のシーズンまでと考えると8ヵ月でも十分ですが、年に一度しか着ない衣類などは12ヵ月預かってもらいたいところでしょう。預ける衣類の使用頻度によって、長期保管できる宅配クリーニングを選ぶと便利です。

賠償基準の明記

クリーニングに出した衣類に、万が一汚れや破損があった場合、どういった対応をしてもらえるのか賠償基準が明確になっているかも重要なことです。ホームページ上に損害賠償基準が掲載されていることが、信頼できる宅配クリーニング会社選びの基準になります。

また、賠償基準は2015年10月1日に改定されているため、賠償基準が掲載されているだけでなく、改定日の日付が2015年10月1日以降になっているかも併せてチェックしておきましょう。

初めての方はセゾン×タカノの宅配クリーニングサービスがおすすめ!

初めての方はセゾン×タカノの宅配クリーニングサービスがおすすめ!

初めて宅配クリーニングサービスを利用する方は、「くらしのセゾン 宅配クリーニング」がおすすめです。セゾン×タカノの宅配クリーニングサービスは入会金や月額利用料が不要で、完全都度払い。24時間インターネットでいつでも申し込みや決済ができるうえ、専用の集荷キットはポスト投函なので留守中でも確実に受け取れます。

さらに、全国集荷配達料無料なので、送料を気にせず利用可能。衣類の長期保管サービスは、最大12ヵ月無料で利用できます。その他無料オプションで、直径2cm程度までのシミ抜きや毛玉取りも。

布団のクリーニングも取扱いがあり、仕上がった布団は圧縮して届くので、保管スペースを気にせず収納できます。

さまざまな無料オプションがついてお得に利用できる、「くらしのセゾン 宅配クリーニング」を、一度利用してみてはいかがでしょうか。

くらしのセゾン 宅配クリーニングの詳細はこちら

04_宅配クリーニングの詳細はこちら

おわりに

自宅からクリーニングを出したり受け取ったりできる宅配クリーニング。気になる料金も、パックプランの利用や無料オプションを組み合わせると、お得に利用できることも。忙しくて店舗にクリーニングを持ち込めない方、受け取り忘れをしてしまいがちな方、衣類の保管サービスを利用したい方は、ぜひ一度宅配クリーニングを使用してみてください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする