更新日
公開日

1day保険はいつ必要?1日自動車保険の選び方やおすすめまでご紹介

セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

1day保険は、親や友人から自動車を借りて運転する人が、一時的に加入する自動車保険です。1日数百円からの保険料で、運転中の事故に対応できます。1day保険の基本的な補償は商品ごとに大きな差はありませんが、付帯したい特約の充実度や加入手続きの利便性には違いがあります。

このコラムでは、1day保険の特徴やおすすめの保険、選び方について解説します。

1day保険とは?

1day保険とは1日自動車保険とも呼ばれ、他人の自動車を運転するときに1日単位で加入できる自動車保険です。借りた自動車で事故を起こしてしまった場合に、補償を受けられます。一般の自動車保険とは違い、必要なときだけスポットで加入できる点が大きな特徴です。

1day保険はネットやコンビニエンスストアで簡単に申し込みができ、車両補償ありのプランでなければ契約手続き完了後すぐに補償開始となります。帰省中に急に実家の自動車を運転しなければならなくなったような場合でも、スマートフォンなどで素早く手続きして事故に備えることが可能です。

その一方で、一般の自動車保険とは異なる点に注意しなければなりません。1day保険は他人の自動車を運転するときの保険のため、自分名義の自動車は対象外です。また、基本的に補償されるのは運転中の事故で、駐車場でのトラブルなどは補償されません。

自動車を運転する場合、短時間でも事故のリスクはあり、無保険での運転は避けるべきです。そのような場合、1day保険に加入しておくと安心できるでしょう。

1day保険への加入がおすすめなケース

1day保険の対象となるのは、自分や配偶者以外の自動車を一時的に運転するケースです。1day保険の利用は、以下のような人におすすめします。

  • 実家に帰省中に親の自動車で買い物などに行きたい人
  • 購入した自動車の納車に時間がかかり、両親や友人の自動車を借りる人
  • 自分の自動車を買う前に、家族の自動車で運転の練習をする人
  • 引越で知人の自動車を借りる人
  • 友人の自動車で旅行に行き、運転を交代する人

上記のようなシーンで事故を起こしてしまっても、1day保険に加入していれば補償を受けられます。

1day保険の選び方

1day保険を利用したいけれど、選び方がわからない人もいるでしょう。ここでは、複数の1day保険の比較ポイントを解説します。

入りやすさを比べる

1day保険に申し込む場合、加入方法や当日の申し込みができるか確認しましょう。申し込みはPC、スマートフォンからオンラインで申し込める保険会社がほとんどです。また、コンビニエンスストアのマルチコピー機などで手続きできる保険会社もあります。

ただし、商品によっては、docomo・au・Softbankの3大キャリアの端末でしか申し込みや支払いができない場合があります。

自分のライフスタイルに合う方法で申し込める保険会社かは、1day保険を選ぶのがポイントのひとつです。

補償内容を比べる

1day保険では、基本的な対人賠償・対物賠償の補償内容は各保険会社で大きな違いはありません。それぞれ保険金額が無制限であるかをチェックしましょう。

事故を起こして他人の自動車を傷つけた場合、車両保険に加入していないと修理代や買い替え費用が自己負担になります。自動車の持ち主に負担がかからないように、車両保険で備えておくと安心です。特に買ったばかりの自動車を借りる場合などは、車両保険の必要性は高いといえます。費用はかかりますが、必要な場合は付けましょう。

なお、車両保険を付ける場合、当日の申し込みはできない保険会社がほとんどです。利用の何日前までに申し込みが必要かを確認し、手続きを済ませてください。

特約を確認する

1day保険でできれば付けておきたいのが、「弁護士費用特約」のような弁護士に事故の相手方と交渉してもらう費用の補償を受けられる特約です。

通常、どの商品にも示談交渉サービスは付帯されています。ただし、示談交渉サービスを受けられるのは自分が加害者になった事故のみで、もらい事故の場合は利用できません。

自分が被害者となった場合の相手との交渉が難しくなるケースも考えられ、自分で弁護士に依頼すると高額な費用がかかります。そのため、弁護士費用特約で備えておいたほうが安心です。

保険料を比べる

同じような補償内容であれば、保険料が安い商品を選びましょう。1day保険はベーシックなプランでは数百円から加入できる商品もありますが、車両保険などが付いているプランで比較してみると、保険会社ごとに差があります。

また、2回目以降の利用や数人の利用で割引が受けられる保険会社もあります。

1day保険を選ぶ場合、基本的には保険料を節約するより、必要な補償をしっかり確保することを優先しましょう。

おすすめの1day保険2選

ここでは、安心して利用できるおすすめの1day保険をご紹介します。ご自身に合った1day保険選びの参考にしてください。今回は、株式会社クレディセゾンが選定した2社を紹介します。

損害保険ジャパン株式会社「乗るピタ!」

「乗るピタ!」は、損害保険ジャパン株式会社の1day保険です。通常の1day保険は1日単位(24時間)で設定されていますが、「乗るピタ!」は12時間プランも選択でき、手頃な保険料で利用できます。

また、「臨時被保険者に関する特約」を付帯すると、複数人で交代して運転する場合も補償されます。

【主な特徴】

補償内容概要  ライトプラン  基本プラン安心プラン
保険料12時間650円
24時間800円
12時間2,150円
24時間2,700円
12時間2,800円
24時間3,500円
対人賠償責任保険無制限無制限無制限
対物賠償責任保険無制限無制限無制限
対物全損時修理差額費用特約
人身傷害保険××1名につき
3,000万円
人身傷害入通院定額給付金  ××1名につき
10万円
人身傷害死亡・後遺障害給付金特約××1名につき
1,000万円
搭乗者傷害特約(一時金払)1名につき
1,000万円
1名につき
1,000万円
×
自損事故傷害特約1名につき
1,500万円
1名につき
1,500万円
×
借用自動車の車両復旧費用特約×300万円
(自己負担15万円)
300万円
(自己負担10万円)
借用自動車のロードアシスタンス特約
借用自動車の事故時代車費用特約××5,000円×利用日数
(30日限度)
臨時被保険者に関する特約オプション
(追加保険料)
12時間
+350円
24時間
+400円
オプション
(追加保険料)
12時間
+1,100円
24時間
+1,350円
オプション
(追加保険料)
12時間
+1,200円
24時間
+1,750円

「乗るピタ!」はドライバー保険に時間単位型ドライバー保険特約を付帯した保険契約のペットネームです。引受保険会社は損害保険ジャパンです。

「乗るピタ!」は特に、短時間の利用で保険料を抑えたい人におすすめの商品です。

「乗るピタ!」の詳細はこちら

乗るピタ

SJ24-00355

※株式会社クレディセゾンは、損害保険ジャパンの代理店として保険契約締結の媒介を行っております。締結代理権および告知受領権は有しておりません。

東京海上日動火災保険株式会社「ちょいのり保険」

「ちょいのり保険」は、東京海上日動火災保険株式会社の1day保険です。主要キャリアやコンビニエンスストア(ローソン・ミニストップ・ファミリーマート)からも加入できます。

また、車両保険が付くレギュラープランの保険料が1,800円と、リーズナブルです。さらに、プレミアムプランなら弁護士費用特約も付帯できます。

【主な特徴】

補償内容概要シンプルプランレギュラープランプレミアムプラン
保険料800円(24時間)1,800円(24時間)2,600円(24時間)
対人賠償責任保険無制限無制限無制限
対物賠償責任保険無制限無制限無制限
対物超過修理費特約
(支払限度50万円)  
搭乗者傷害特約1,000万円(一時金10万円)1,000万円(一時金10万円)1,000万円(一時金10万円)
自損事故傷害特約
ロードアシスタント特約
借用自動車の車両復旧特約×300万円(対象事故限定条件付)
自己負担15万円
300万円(自己負担15万円)
弁護士費用特約××民事:1事故1名あたり300万円
刑事:1事故1名あたり150万円

「ちょいのり保険」は割安な保険料で、幅広いリスクに備えられます。

「ちょいのり保険」の詳細はこちら

24TC-000400

※株式会社クレディセゾンは、東京海上日動火災保険の代理店として保険契約締結の媒介を行っております。締結代理権および告知受領権は有しておりません。

なお、本ページの表の比較は、特定の保険商品の比較であり内容全てが掲載されているものではありません。 参考情報としてご利用いただき、ご加入の際は商品の詳細について必ず各保険会社のウェブサイト等 をご参照ください。保険料には記載の項目以外のオプションが付帯されている場合があります。また、 プラン・契約条件・オプションの有無により保険金額や補償内容は異なります。

1day保険の注意点

最後に1day保険を利用する場合の注意点を解説します。

補償は運転時の事故のみ

1day保険の補償は運転しているときの事故に限られます。自動車の駐停車中の盗難や当て逃げのようなトラブルは対象外です。幅広いリスクをカバーする一般の自動車保険とは違うことを知っておきましょう。

但し、車両保険を付帯するプランの場合は免責はあるものの、修理代をカバーする保険金を受け取ることが可能です。

車によっては保険適用外となる場合も

1day保険の対象となるのは他人名義の自動車です。以下のような自動車は対象外です。

  • 本人または配偶者名義の自動車
  • 本人が役員となっている法人の自動車
  • レンタカー・カーシェアリングの自動車
  • 車検切れ・登録抹消になっている自動車

また、保険会社によっては、一部の外国メーカーの自動車やスポーツカーなどが対象外となっています。申し込みの際には、補償を受けられるか確認してください。

利用するたびに保険の加入が必要

1day保険の保険期間は基本的に24時間なので、利用のたびに加入手続きが必要です。ほとんどの保険会社で最長連続7日の利用ができますが、期間経過後には再度の手続きをしなければなりません。他人の自動車を頻繁に借りる人は、1day保険でなくドライバー保険に加入したほうが良いでしょう。

ドライバー保険は他人の自動車を借りて起こした事故を補償する保険であり、基本的に1年単位の契約となります。借りる頻度を考え、有利な保険を選びましょう。

おわりに

1day保険は他人名義の自動車に乗る場合に、そのときだけ加入できる自動車保険です。たとえ短時間の利用でも、自動車に乗ると事故が起きるリスクはゼロにはなりません。借りた自動車で事故を起こしてしまうと、持ち主に大きな迷惑をかけてしまいます。そのため、1day保険は保険料の安さだけで選ばず、もしものときに十分な補償を受けられるかを考えることも大切です。複数の1day保険を比較し、必要な補償をなるべくリーズナブルに確保できる商品を選びましょう。

  • 掲載の記事は概要を説明したものです。詳しい内容につきましては、「ご契約のしおり(約款)」「重要事項説明書」などをご覧ください。
  • 詳細は、取扱代理店または引受保険会社までお問合せください。
株式会社クレディセゾン提供(運営会社セゾンファンデックス)
株式会社クレディセゾン提供(運営会社セゾンファンデックス)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする