更新日
公開日

ゴールド免許取得の条件は?自動車保険のゴールド免許割引も解説

セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者

セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

一般的に優良運転者に付与されるゴールド免許ですが、取得の条件や期間がどのくらいかわからない方も多いのではないでしょうか。ゴールド免許の取得条件は決して低いハードルではありませんが、取得するとさまざまなメリットがあるため、取得条件などを事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、ゴールド免許取得の条件や取得までの期間、保有するメリットなどを解説します。ぜひ参考にしてください。

(本記事は2023年12月18日時点の情報です)

ゴールド免許とは

優良運転者に付与される免許は、運転免許証の有効期限の背景色の部分がゴールドであることから、一般的にゴールド免許と呼ばれています。

ゴールド免許を保有していると、免許更新手続きの簡素化や保険料の割引など優遇措置が受けられ、メリットも多いです。

運転免許証の色は3種類ある

運転免許証の色はグリーン・ブルー・ゴールドの3種類あり、運転者の事故や違反などによって異なります。

対象者や有効期限などは以下のとおりです。

運転免許証の色区分対象者有効期限更新時の講習
グリーン新規取得者初めて免許を取得した方3年
ブルー一般運転者運転免許証を5年以上継続して保有し、軽微な違反が1 回のみの方70歳未満:5年
70歳:4年
71歳以上:3年
一般運転者講習
違反運転者複数回の違反または怪我のある事故を起こした方3年違反運転講習
初回更新者運転免許証を継続して保有している期間が5年未満であり、
無事故無違反または軽微な違反が1回のみの方  
3年初回更新者講習    
ゴールド優良運転者過去5年間無事故・無違反の方70歳未満:5年
70歳:4年
71歳以上:3年
優良運転者講習

運転免許証によって有効期限や更新時の講習の有無・種類が異なることがわかります。

ゴールド免許を取得している人の割合は?

警察庁の「運転免許統計 令和4年版」では、2022年のゴールド免許保有率は約62.2%と、半数以上の運転免許保有者がゴールド免許という統計データが出ています。

統計データだけ見ると、ゴールド免許保有者が多いという印象を受けますが、免許を保有しているものの運転をしない方も含まれているため、実際の数値は統計より少ないでしょう。

参照元:警察庁 「運転免許統計 令和4年版」

ゴールド免許取得の条件は?

ゴールド免許を取得するための条件は、以下の3つです。

【ゴールド免許取得の条件】

  • 運転免許証を5年以上継続して保有
  • 判定期間の5年間無事故・無違反
  • 重大違反教唆幇助、道路外致死傷がない

判定期間とは、免許更新年の誕生日から41日前を起算日とした過去5年間のことであり、運転免許証取得から5年以上経過していればゴールド免許を取得できることになります。

また、重大違反教唆幇助とは、運転者に対して同乗者が重大な交通違反をそそのかす、または違反行為と知りながらその行為を止めないことを指します。道路外致死傷とは、私的な駐車場など公道外で人を死傷させる事故を起こすことです。

「無事故・無違反」の範囲はどこまで?

ゴールド免許を取得する条件として、「判定期間の5年間無事故・無違反」が挙げられますが、「無事故・無違反」というのはどこまでの範囲を指すのでしょうか。

ゴールド免許取得条件の「無事故・無違反」の範囲は、以下のとおりです。

  • シートベルト装着義務違反や指定場所一時不停止など、違反点数が3点以下の軽微な違反はゴールド免許取得に影響する
  • 免許不携帯や泥はね運転など点数が加算されない交通違反はゴールド免許取得に影響しない
  • 違反点数のつかない物損事故はゴールド免許取得に影響しない

上記のとおり、違反点数のつかない物損事故はゴールド免許取得に影響しないものの、違反に該当する当て逃げや飲酒運転中の物損事故はゴールド免許取得に影響するため、注意が必要です。

【パターン別】ゴールド免許取得までの期間は?

ここでは、ゴールド免許取得までの期間をパターン別に解説します。

グリーン免許保有者の場合

グリーン免許保有者の場合

グリーン免許保有者の場合、2回目の免許更新までの5〜6年間無事故・無違反であれば、ゴールド免許を取得できます。

誕生日直前に免許を取得した方の場合は、免許取得後から3回目の誕生日前後に初回の免許更新が行われるため、初回の免許更新が約2年で行われ、ゴールド免許取得までの期間は最短で約5年です。

ゴールド免許(残期間0〜5年)で軽微な違反1回

ゴールド免許(残期間0〜5年)で軽微な違反1回

ゴールド免許(残期間0〜5年)で軽微な違反1回の場合、次回更新時にブルー免許(一般運転者)に変わり、その後約5年間無事故・無違反の場合はゴールド免許を再度取得できます。

ゴールド免許(残期間2年以上)で軽微な違反2回

ゴールド免許(残期間2年以上)で軽微な違反2回

ゴールド免許(残期間2年以上)で軽微な違反2回の場合、次回免許更新時にブルー免許(違反運転者)になり、ブルー免許の有効期間は3年間です。そのため、次回ゴールド免許取得までの期間は、保持しているゴールド免許の残期間に3年を加えた期間となります。

ゴールド免許(残期間2年未満)で軽微な違反2回

ゴールド免許(残期間2年未満)で軽微な違反2回

ゴールド免許(残期間2年未満)で軽微な違反2回の場合、次回の免許更新時にブルー免許(違反運転者)になります。

ゴールド免許取得までの期間については、ゴールド免許の残期間2年未満とブルー免許の3年では「無事故・無違反5年」の条件に該当しないため、ブルー免許の次回更新時の3年後はブルー免許のままです。

この場合、2回目のブルー免許更新までゴールド免許更新を取得できないため、最短でも約6年はかかります。

ゴールド免許を保有するメリット

ゴールド免許を保有するメリットは、以下のとおりです。

【ゴールド免許を保有するメリット】

  • 免許更新時の費用・手間が減る
  • 自動車保険の保険料割引がある

順に解説していきます。

免許更新時の費用・手間が減る

ゴールド免許保有者は、免許更新時にかかる費用や手間が少ないことがメリットとして挙げられます。ゴールド免許保有者は有効期限が5年であるため、次回更新までの期間が長く、免許更新時の講習も短く済むため、費用・手間を抑えることが可能です。

例えば、ブルー免許(一般運転者)の保有者の更新費用800円・免許更新講習1時間に対して、ゴールド免許保有者は更新費用500円・免許更新講習30分で済みます。

また、ゴールド免許保有者の場合、平日限定でお住まいの都道府県内の警察署で免許更新ができます。

さらに、経由申請という方法を利用すると、全国どこでも免許更新ができるため、更新時にかかる費用だけでなく、交通費や移動時間なども減らすことができるでしょう。

自動車保険の保険料割引がある

自動車保険では、ゴールド免許を保有している場合に保険料割引を受けられます。これは、ゴールド免許保有者が事故率が低いとされていることから、多くの保険会社で割引プランを用意しているからです。

補償開始日時点でゴールド免許を保有していると、次回免許更新時までゴールド免許割引が適用されます。

割引率は保険会社によって異なるため、自身が必要な補償を提供している保険会社をいくつか比較した上で検討すると良いでしょう。

ゴールド免許割引でおすすめの自動車保険

前述したとおり、ゴールド免許保有者には保険料割引がありますが、保険会社によって割引率は多岐にわたります。

保険料は決して安いものではないため、できるだけ費用を抑えたいところです。

ソニー損保の自動車保険

数ある自動車保険の中でも「ソニー損保の自動車保険」では以下のような割引がありますので、現在ご加入中の保険料よりも安くなるかもしれません。

  • インターネットでの新規お申込みなら12,000円割引
  • 現在ご加入中の契約(1年以上)が無事故なら2,500円割引
  • ゴールド免許保有者なら割引率は12%

ゴールド免許割引は保険料の全体には適用されません。ゴールド免許割引は保険料のうちリスクに応じた部分に適用しており、その他の部分には割引が適用されないため、ご契約内容により12%と異なる場合があります。 また、主に運転される方が法人の場合は、ゴールド免許割引は適用されません。

ゴールド免許保有者や1年以上無事故の方にとって、「ソニー損保の自動車保険」は大変おすすめです。初めてネット保険を契約される方でも簡単に手続きできることやご要望に合ったプランを選択することが可能な点も魅力の一つです。ぜひ一度、無料のお見積りやお問合せをしてみてはいかがでしょうか。

ソニー損保の自動車保険の詳細はこちら

※株式会社クレディセゾンが選定したソニー損保の自動車保険をご案内しています。

三井ダイレクト損保の自動車保険「強くてやさしいクルマの保険」

三井ダイレクト損保の自動車保険「強くてやさしいクルマの保険」は、以下のような特徴があります。

  • インターネット契約割引で最大10,000円、eサービス(証券不発行)割引で500円の割引が適用され、最大10,500円お得
  • 中間コストが抑えられるネット型自動車保険のため、他社と比較して平均22,459円(注1)も保険料を節約できる
  • 万一の事故の際、専用ドライブレコーダーが一定以上※の衝撃を検知すると自動で専用デスクに連絡する「レスキュードラレコ(ドラレコ特約)」などのサポートが充実
  • 補償プランの作成や手続きなどはコンシェルジュに相談でき、保険加入後の事故発生時には、事故対応のプロが解決までしっかりサポート

ネット型自動車保険のリーズナブルな保険料でありながら、手厚いサポート体制が整っているのが特徴です。補償プランに迷った時や、万一の事故の際も専門スタッフがしっかりとサポートしてくれるため安心です。

自動車保険の見直しを検討中の方は、ぜひ一度三井ダイレクト損保の「強くてやさしいクルマの保険」の無料見積りを取ってみてはいかがでしょうか。ユーザー寄り添った手厚いサポートと、お財布に優しい保険料が魅力です。

「三井ダイレクト損保」の「強くてやさしいクルマの保険」の詳細はこちら

(注1)アンケート実施概要有効回答数:1,534人/対象期間:2022年8月1日~2022年8月8日/回答方法:インターネット調査/アンケート対象者:2022年1月始期~2022年6月始期の自動車保険契約者/集計方法:以前ご契約されていた保険会社が大手損害保険会社(4社)と回答された方の中で、以前ご契約されていた保険料と比べて、「少し安くなった」~「とても安くなった」と回答頂いた303人の平均節約金額/お客さまからのアンケート回答(契約条件の相違も含む)を集計

※一般的に走行が困難となる程度(時速30km程度以上で壁と衝突した場合等)の衝撃をいいます。なお、車種や車両の重量等によって、検知されない場合があります。

24a09

おわりに

ゴールド免許を取得するためには5年間無事故・無違反である必要があるなど、取得ハードルは決して低くありません。しかし、自動車保険の割引や免許更新時の費用・手間が少ないなどメリットも多々あります。

また、ゴールド免許を保有している方は、自動車保険の割引率が保険会社によって異なるため、各社のゴールド免許割引やサービス内容などを比較・検討してみると良いでしょう。

株式会社クレディセゾン提供(運営会社セゾンファンデックス)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。