更新日
公開日

犬がいる家は掃除が大変?抜け毛や臭いをキレイにする掃除方法をご紹介

がいる家は掃除が大変?抜け毛や臭いをキレイにする掃除方法をご紹介
提供元:みんなのブリーダー/みんなの子猫ブリーダー

執筆者
提供元:みんなのブリーダー/みんなの子猫ブリーダー

日本では一般的なペットショップでの生体販売が、欧米では当たり前ではなかっ たことに深い衝撃を受けた創業スタッフ。子犬・子猫に負担のかかる販売・流通 方法を改め、欧米同様にお客様がブリーダーを直接訪問して子犬を迎える方法 を、日本でも浸透させたいと考えました。 2010年にペットと飼い主のマッチングサイトである『みんなのブリーダー』をオープ ン、翌年2011年には『みんなの子猫ブリーダー』を立ち上げました。子犬・子猫に 優しい販売・流通の改革を目指す当サイトは、多くのお客様の支持を受けて、 2022年7月時点で、犬猫合計で22万件の縁結びを実現しています。

04_みんなのブリーダー・みんなの子猫ブリーダーの詳細はこちら

「犬は外で飼うのが当たり前」という時代もありましたが、それはもう過去の話。集合住宅暮らしの人が増えたことや、愛犬の健康や安全に対する配慮から、現代では犬を室内飼いするケースが多くなっています。そこで気になるのが、抜け毛の飛散や室内の臭いへの対策ですよね。「犬を飼うとどれぐらい掃除が必要になるのか知りたい」という飼い主さんに向けて、掃除の方法やポイントについて解説します。

1.犬がいる部屋の掃除のポイント

部屋

こまめな掃除が必要になるのは、犬が生活するスペースです。ケージや床、布製品など、汚れやすい場所ごとに適したお掃除方法を見ていきましょう。

1-1.ケージ掃除のポイント

日中の居場所や夜の寝床となり、犬が長い時間を過ごすことになるのがケージやサークル内です。中にトイレトレーを設置する場合も多く、汚れやすいポイントの一つです。ケージの網の一本一本に唾液やおしっこが付着すると、臭いの原因になりやすいとされています。

お掃除の際は、ウエットティッシュなどで網面を丁寧に拭くことで、嫌な臭いはかなり軽減できます。側面だけでなく、金網とトレーの隙間もおしっこが溜まりやすいので、念入りに掃除しましょう。
常にキレイな状態を保つために、最低でも月に1回は丸洗いすることをおすすめします。

1-2.床掃除のポイント

ダブルコートや長毛種を飼っていると、抜け毛が増える時期にはフローリングや畳が汚れがちになります。放っておくと不潔になりやすいため、こまめに掃除したいところです。ほうきを使うと、床に落ちた毛が舞い上がってしまうため、かえって大変になってしまいます。フローリングワイパーなどで毛を舞い上げないように掃除するのがおすすめです。

掃除機で吸う方法もありますが、毛がたまると臭いの原因になることがあります。定期的に紙パックやフィルターを交換したり、サイクロン式の場合はダストケースにたまったゴミをこまめに捨てましょう。

また、犬のフードや水の食器を置いておく食事場は、食べこぼしや飲みこぼしで汚れやすい場所です。定期的に水拭きし、清潔を保ちましょう。

1-3.布製品の掃除のポイント

カーペットやソファー、こたつ、犬用のベッドなどの布製品も汚れやすい場所です。抜け毛が付着したところは、掃除機や粘着ローラーで掃除しましょう。

ソファーやクッション、ベッドなどには、洗えるカバーをかけておくと、犬の臭いが染み付いてしまったときの洗濯も楽になります。こまめな洗濯が難しい場合は、犬にも安全な消臭スプレーを使って臭い対策を行いましょう。犬の体に触れるベッドや衣服などの布製品は、ノミやダニ対策として天日干しするのもおすすめです。

1-4.臭いの対策

犬を飼っている室内は、どうしても臭いがこもりがちです。気になる場合は、部屋に空気清浄機を設置したり、トイレの近くに脱臭機を置くのが効果的です。空気清浄機のようなフィルターのある家電には毛が絡みやすいため、こまめな掃除やフィルター交換を意識してください。

臭いが気になるからと言って、人工香料たっぷりの消臭剤やスプレーを撒くことは、犬にとっての”香害”になってしまう恐れもあります。どうしても香り付けしたいときには、犬に使えるものや天然のアロマオイルに留めておきましょう。

また犬自体の臭いを軽減するために、定期的なブラッシングやシャンプー、歯磨き、耳掃除などのお手入れも忘れずに。特に臭いが気になるときには、犬用の消臭ボディスプレーを活用してみるのもいいでしょう。

2.犬に安全な掃除方法

服を洗われ干されている子犬たち

犬の居住スペースや飼育グッズを掃除するときには、「重曹水」や「クエン酸水」を使うのがおすすめです。これらはもともと食品に含まれている成分で、万が一犬が舐めたり口に入れたりしてしまっても害のないものです。犬の唾液や皮脂汚れが気になる場所には、重曹を水に溶かした重曹水を。臭いが気になる衣服の洗濯にも適しています。

排泄物の臭いが気になる場所には、クエン酸水が効果てきめんです。液体を浸した布でトイレトレーやサークルを拭き取るだけで、嫌な臭いを軽減してくれる効果があります。

3.番外編 掃除機が犬臭い!

掃除機

室内の掃除に便利な掃除機ですが、犬の毛を吸って汚れが内部に付着し、排気が犬臭くなってしまうことがあります。掃除機自体を洗うのは大変ですが、重曹(ベーキングパウダー)を床に巻き、吸うことで臭いを軽減する方法があります。重曹がないときには、コーヒーの粉でも同様の効果が得られます。ただし、排泄物などのアンモニア臭には効果がないため注意しましょう。

おわりに

犬の手と人の手

犬を室内飼いする前に知っておきたい掃除方法について解説しました。
どうしても抜け毛が気になるという人には、トイプードルやマルチーズといった抜け毛の少ない犬種(シングルコート)を選ぶという方法もありますが、犬を飼っていると、多少なりとも汚れや臭いが気になってしまうもの。こまめなお掃除やお手入れで清潔を保ちましょう。

「セゾンのくらし大研究」読者限定キャンペーン

セゾンのくらし大研究の読者への限定キャンペーンをご用意しました。 「みんなのブリーダー」および「みんなの子猫ブリーダー」でペットをお迎えした方に、通常の特典にプラスして、安心・安全にこだわったドッグフード・キャットフード・ペット用品の通販ショップ「みんなのペット健康専門店」で利用できる3,000円分のポイントをプレゼント。 ご興味をお持ちの方は、下記リンクより会員登録の上、子犬・子猫探しをスタートしてみてください! みんなのブリーダー・みんなの子猫ブリーダーの詳細はこちら

04_みんなのブリーダー・みんなの子猫ブリーダーの詳細はこちら

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。