親族として結婚式に出席するときの服装!マナーや関係性・年代別のドレス例もご紹介

URLをコピーしました。
親族として結婚式に出席するときの服装!マナーや関係性・年代別のドレス例もご紹介

親族の立場で結婚式に出席する場合、服装で迷うこともあるでしょう。結婚式に出席するときは、新婦と被らないように白めの服装は控えたり、肌の露出を減らしたりするなど、さまざまなマナーがありますが、マナーに自信がない方も多いのではないでしょうか。 

このコラムでは、結婚式での服装のマナーや立場や年齢別に適したドレスの選び方など詳しく説明します。今後、親戚の結婚式にご出席の予定がある方は、ぜひこのコラムを参考にしてください。 

1.親族の立場で結婚式に出席する場合の服装マナーとは? 

結婚式の際、どんな立場であっても、その場にふさわしい服装で出席する必要があります。特に親族であれば、なおさら服装に気を遣わなければなりません。 

親族は新郎新婦に近い関係性であり、招待している立場になります。そのため、服装を選ぶ際は充分気を付けましょう。親族は主催者側なのでフォーマル感を出すことが求められます。また、新郎は新婦を際立たせるために白めの服装は控えることが重要です。 

以下では、親族の立場で結婚式に出席する場合の服装マナーに関して詳しく説明します。 

1-1.両家の格を合わせる

新郎側と新婦側の両家の格を合わせることが大切です。 

新郎側の親族に和装の方がいて、新婦側の親族が洋装の場合でも、お互いに黒の正礼装で格が合っていれば問題はありません。しかし、両家の参列者のバランスが悪いと、結婚式というお祝いの席でありながらイメージが悪くなってしまったり、記念撮影の際に統一感が取れなくなってしまいます。 

事前に両家の家族を交えて話し、服装についての決まりを決めておくと良いでしょう。 

1-2.主催者側の立場としてフォーマルな服装にする

あなたが新郎新婦の親戚であれば、主催者側の立場となるので服装のマナーも変わります。主催者側は参加者と比べてフォーマル感を出すことが求められます。フォーマル感を出すために、肌の露出を控え、華やかさを抑えた服装を選ぶのが好ましいです。柄物ではなく無地の服装にすると、よりフォーマルな印象を与えることができるでしょう。 

1-3.白い服装は控える

結婚式の主役は新郎新婦です。白い衣装は新婦が目立たなくなってしまうので、控えましょう。基本的には黒やネイビーやグレーなど濃い色の服装を心掛けるようにしましょう。また、黒でも全身黒のオールブラックコーデは避けましょう。全身黒の場合、喪服のような印象を与えてしまうため、アクセサリーやポーチなどでアクセントを加えることをおすすめします。 

1-4.肌の露出を少なくする

主催者側として結婚式に参列する場合は、肌の露出を少なくし、華やかさを抑えることが大切です。肩の露出はマナー違反とされているため避けましょう。また、羽織物を着ることで肩の露出を防ぐだけでなく、黒めの服装のアクセントとして使うことができます。 

2.結婚式に出席する場合のドレス選びのポイント 

親族が結婚式に出席する際のドレス選びで気をつけたい点は、以下の3点です。 

  • 地味になりすぎず、フォーマルな服装を心掛ける 
  • ネイビー、ベージュ、ブラックなどの落ち着いた色を選ぶ 
  • 程よく明るい色の小物やパールのアクセサリーを使う 

それぞれについて詳しく解説していくので、結婚式の前に参考にしましょう。 

2-1.地味すぎずフォーマルな服装を心掛ける 

結婚式に出席する際のドレスですが、フォーマルな服装を心掛けることが大切です。しかし、地味すぎる服装も良くありません。地味すぎず上品に、なおかつフォーマルな服装を心掛けるようにしましょう。 

ドレスが落ち着いた色で肌の露出を抑える場合は、どうしても地味なコーディネートになっていまいがちです。しかし、フォーマルにする必要があるといっても、結婚式はお祝い事なので上品な華やかさも必要です。 

2-2.ネイビー、ベージュ、ブラックなどの落ち着いた色を選ぶ

結婚式に出席する際は、ネイビーやベージュ、ブラックなどの落ち着いた色を選びましょう。結婚式の主役は新郎新婦なので、目立つ服装は避けてください。 

ネイビーやブラックなどの落ち着いた色は派手すぎない上品な装いということで、知的な印象を与え、好印象になりやすいでしょう。 

2-3.ちょうど良い明るい色の小物やパールのアクセサリーを使う

上品さを保ったまま地味すぎないようにするためには、ブラックやネイビーのドレスにちょうど良い明るい色の小物やパールのネックレスなどを合わせると良いでしょう。また、羽織物などで明るさを追加するのもおすすめです。 

ブラックやネイビーなどのドレスを選ぶことで、暗いイメージになることもあります。上品さと暗いイメージは異なります。うまくアクセサリーを使うことで上品さを保ったまま地味すぎない雰囲気を作り出しましょう。 

3.立場に合ったドレスの選び方

新郎新婦との関係性により選ぶべきドレスは異なります。例えば新郎新婦の母親であれば、最もフォーマルにする必要があります。また、年齢によっても選ぶべきドレスは異なるので、どのドレスを選べば良いか迷っている方はぜひ参考にしてください。 

3-1.【関係別】ドレスの選び方

新郎や新婦との関係性により、ドレスの選び方が異なります。例えば、新婦の母親と姉妹とでは選ぶべきドレスや気を付けるポイントが変わります。 

・母親として出席する場合 

新郎新婦の母親として出席する場合は、正礼装を選ぶ必要があります。フォーマルなドレスの中でも最もフォーマル度が高い特徴があるものを選びましょう。洋装の場合はアフタヌーンドレスやイブニングドレス、和服の場合は黒留袖がこれに相当します。 

元々、日本では結婚式での新郎新婦の母親の服装は全て黒留袖でした。最近では、アフタヌーンドレスやイブニングドレスを選ぶことも多くなっています。また、ドレスを選ぶ場合スカートの丈が短くならないように注意する必要があります。 

ノースリーブのドレスを選ぶ場合、ジャケットを添えることによって肩を露出しないようにしましょう。ドレスの生地も豊富にありますが、シャンタン素材や折柄模様は上品でありながら華やかさを醸し出すのでおすすめです。 

・姉妹として出席する場合 

新郎新婦の母親ほどではなくても、新郎新婦の姉妹として出席する場合はフォーマルなドレスにする必要があります。新郎新婦と年齢が近い場合、どうしても友人として出席をする結婚式と同じようなドレスを選びがちになります。 

しかし、新郎新婦の姉妹であるということは、あくまでも主催者側であり、ゲストを迎える必要があります。したがって、それ相応のフォーマルなドレスが必要です。 

姉妹であっても既婚か未婚かによって選ぶべき服装は異なります。未婚の場合は振袖、既婚の場合は黒留袖を選ぶと良いでしょう。最近では洋装を選ぶことも多く、フォーマル感さえ意識していれば母親ほどこだわる必要はありません。フォーマルドレスやカクテルドレスでも良いでしょう。色合いはネイビーやブラックなどの落ち着いたドレスを選ぶようにしましょう。 

母親と同じようにフォーマルであることが必要ですが、地味すぎる服装は結婚式とは不釣り合いです。そこで、地味になりがちなネイビーやブラックのドレスに、ネックレスや羽織物などのアクセサリーをうまくアクセントとして利用するようにしましょう。 

・叔母・いとことして出席する場合 

いとことして出席をする場合は、新郎新婦の両親や兄弟よりも格上な印象にならないように意識してください。ブラックやネイビーのフォーマルなワンピースやセレモニースーツで問題ありません。 

無地の柄にジャケットを合わせることにより、フォーマル感を出すことができます。 

・祖母として出席する場合 

新郎新婦の祖母として結婚式に出席する場合でも、主催者側としてフォーマルな服装を選ぶ必要があります。洋装の場合はブラックやネイビー、またはシルバーなどのフォーマルなワンピースがおすすめです。 

特に年配の方は長時間いると疲れやすいので、ゆったりしたサイズを選ぶことをおすすめします。 

3-2.【年齢別】ドレスの選び方

ここまで新郎新婦との関係でドレス選びの注意点を説明してきました。新郎新婦との関係性だけでなく、年齢に合わせたドレスを選ぶことも大切です。 

ここでは、ご自身の年齢に合わせた適切なドレスの選び方を紹介します。 

・20代のドレス 

20代になると、結婚式に呼ばれることも多くなり、ドレス選びに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。フォーマルかつ、普段と違う、より大人な雰囲気のドレスを選ぶことをおすすめします。 

丈が長めのドレスやタイトなドレスなど、さまざまなデザインがあります。袖がついたショレロを選ぶことで、上品さを保ちながら華やかな雰囲気にすることができます。 

・30代のドレス 

30代になると、母親になるなど生活環境が大きく変わります。服装も20代の頃よりフォーマル感を増したものを選びましょう。袖が付いているタイプや丈が長いタイプなど、さまざまなタイプのドレスから選ぶことができます。 

・40代のドレス 

40代になると、体型のカバーを意識する方が増えるのではないでしょうか。そのため、ウエストの切り替えやサイズ感なども重要になります。特に結婚式は長時間になることも多いため、長い間着ていても楽なものがおすすめです。それに加えて、上品さを保ちながらスタイリッシュな服装を選ぶと良いでしょう。 

・50〜60代のドレス 

50代から60代の場合は、ドレスと羽織が同じ生地でできているアンサンブルがおすすめです。上品な雰囲気の中に華やかな印象を持たせることができます。また、羽織の部分を違う素材にすることで、また違ったコーディネートをすることも可能です。 

3-3.【結婚式スタイル別】ドレスの選び方

現在では洋婚や身内だけのコンパクトな結婚式、海外挙式など結婚式のスタイルはさまざまです。それぞれのスタイルによって選ぶべきドレスは異なります。 

ここでは、出席する結婚式のスタイル別にドレスの選び方を紹介しますので、ドレス選びの参考にしましょう。 

・洋婚 

洋婚の場合は、ワンピースやセットアップなどの洋装を選びましょう。年齢や新郎新婦との関係性によっても異なりますが、基本的にはフォーマルなブラックやネイビーなどのワンピースを選ぶことが一般的です。 

・身内のみの結婚式 

両家の家族だけで結婚式をする場合でも、両家の服装の格をそろえて、フォーマルな服装を選ぶことが大切です。また、新婦側が洋装を選ぶのであれば、新郎側も合わせて洋装にすることが一般的です。 

・海外挙式 

海外挙式の場合は、日本で挙式するのとは違い、リゾート地にふさわしい明るいデザインを選ぶことが一般的です。挙式場によってドレスコードがあるので、それに合わせる必要があります。ハワイで挙式をする場合、男性はアロハシャツ、女性はムームーと衣装が決まっている場合が多いです。 

海外で挙式をする場合は日本のイメージとは大きく異なることが多いため、注意が必要です。 

4.結婚式のドレスはレンタルできる? 

ここまで、親族として結婚式に出る際のドレスについて説明してきました。用意したい衣装がなく、費用をできるだけ抑えたい場合は、ドレスをレンタルする方法もあります。レンタルをする場合は、5,000〜10,000円が相場です。購入するよりも費用を抑えることができるでしょう。 

また、レンタル会社によっては豊富に服装がそろっているため、親族の結婚式が急遽決まった場合でも安心です。しかし、衣装を汚してしまった場合の返却時の対応や思っている衣装が見つかるとは限らないなどの注意点もあります。 

おわりに 

親族として結婚式に出席をする場合は、ゲストではなく主催者側であることを忘れてはいけません。そのため、フォーマルな服装で、なおかつ上品にする必要があります。新郎新婦の母親や兄弟など、立場によっても選ぶべき服装は異なります。さらに年齢に合った服装を選ぶことも重要です。 

色に関しては、ブラックやネイビーなどを選ぶと無難でしょう。 

 結婚式のドレスは何回も必要になるわけではありません。また、年齢によっても必要なドレスは変わってくるためレンタルをする方も多いです。 親族の結婚式が急遽決まった場合などは、ドレスをレンタルすることも検討しましょう。