更新日
公開日

ファクタリングが運送業の資金繰り解決に役立つ理由と利用時の注意点

ファクタリングが運送業の資金繰り解決に役立つ理由と利用時の注意点
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

ファクタリングとは、企業が持っている売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化することで資金調達を行う方法です。ファクタリングは基本的にどの業種でも利用できますが、運送業の資金繰りを解決する方法として最近注目されています。

今回は資金繰りに悩む運送業者の方向けに、資金繰り問題を解決する方法としてファクタリングのメリットと利用する際の注意点について詳しく解説します。

運送会社の経営者や経営担当者の方は、この記事を読んで自社に最適なファクタリングの活用方法の理解を深めましょう。

運送業におけるファクタリングとは何か?

運送業におけるファクタリングとは何か?

ファクタリングとは、売掛金や未収金などの売掛債権をファクタリング会社に売却することで現金を得る資金調達方法です。

通常、資金調達と聞くと金融機関からの融資を思い浮かべるものですが、金融機関からの融資は審査を受ける必要があり、申し込みから融資実行までの期間も長いため、今すぐにまとまった現金が必要なときには向きません。

ファクタリングを利用することで、請求金額を即日現金化でき、さらに審査方法が金融機関と異なるため、信用情報を気にせずにすみます。また仮に取引先が倒産したとしても責任を負わずに済む点も大きなメリットです。

運送業は資金繰りに悩むことが多い業種として知られており、そのような運送業こそファクタリングの利用が向いているといえます。

運送業の資金繰りが厳しい理由

なぜ、運送業は資金繰りが厳しいのでしょうか。代表的な理由を紹介します。

コストを予測しにくい

運送業はトラックを利用してものを運びます。そのため燃料費の上昇や有料道路の通行料金値上げなどの影響を受けやすく、運送業にかかるコストが予測しにくい状態です。

売上が不安定である

運送業にもさまざまな種類があります。大手の運送会社から仕事を受けている会社なら、ある程度一定した売上が期待できますが、配送の依頼相手が個人の場合、定期的に仕事を得ることが難しく、安定した売上を得られないという状況に陥ります。

また、売掛金の回収までに時間がかかる点も資金不足に陥りやすい原因です。

運送業では下請法の規則により、売掛金の入金までの期間が60日で設定されていることが多く、また支払いに手形が用いられるケースも多いため、さらに資金回収までの期間が長くなってしまうのです。

利益率が低い

運送業はそもそも利益率が低い業種といわれています。中小企業だと利益率は3%程度となっており、3%の利益率だと従業員を雇っても充分な賃金を払うことができないため、すぐに辞めてしまいます。結果として業務の効率も下がり、さらに利益率が低下するといった負のスパイラルが発生する原因になります。

ファクタリングが運送業において有効な解決策である理由

ファクタリングが運送業において有効な解決策である理由

例えば、高速道路の通行料金が値上げされた際には、運行しているトラックの台数や距離によっては大きな費用負担が発生します。もちろんその際に金融機関から融資を受けても良いのですが、融資を受けるまでに支払いが間に合わないことも考えられます。

その際に即日現金化できるファクタリングは、運送業の資金調達方法として心強い味方になるでしょう。

また、運送業は事業継続のために多くの固定費を必要とします。なぜなら、法律の改正や規制の強化などに対応しなければならないからです。運送業の許可を受ける要件が変更されたり、新制度が導入されたりするたびに、それに対応する費用が発生します。

さらに、ものを運ぶトラックが壊れてしまい、新しく購入するとなると数千万円の費用がかかります。

このような際に発生する費用に対して柔軟に対応するためには、即日現金化ができるファクタリングが役に立ちます。

ファクタリングを活用する際に注意すべきポイント

ファクタリングを活用する際に注意すべきポイント

ファクタリングの利用で注意しなければならない点は、手数料が発生することです。ファクタリング会社が設定する手数料によっては、利益率よりも高い手数料が適用されるケースも考えられます。そのような場合にファクタリングを利用すると、結果として赤字になってしまい、さらに資金繰りが悪化する事態を招いてしまいます。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があり、2社間ファクタリングの場合はファクタリング企業との取引で済みますが、3社間ファクタリングとなると取引先の承諾が必要になります。ただ、その分ファクタリングを利用する側は回収義務を免れるメリットがあります。

また、手数料について、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは3社間ファクタリングのほうが低く設定されています。具体的には、2社間ファクタリングの手数料は5%~15%であるのに対し、3社間ファクタリングでは1%~15%です。

さらに2社間ファクタリングの場合、申し込みから契約までをオンラインで完結するオンラインファクタリングを利用することで手数料を下げることが可能です。

ファクタリングを利用する際には、手数料や契約方法などを比較して、最終的に赤字にならないようにファクタリング会社を慎重に選ぶ必要があります。また計画的な利用を心がけることも大切です。

まとめ

まとめ

ファクタリングには、現金化までのスピードが速いことや、信用情報の影響を受けないこと、また、取引先が倒産しても責任を負わずに済むなどといったメリットがあります。その反面、手数料が高いことや、ファクタリングを利用したことを取引先に知られてしまうというデメリットがあります。

さらに、悪徳なファクタリング会社の存在にも注意が必要です。ファクタリングは上手に使えば有効な資金調達手段になり得ますが、利用する際には計画的に行うことや、手数料を意識して最終的に損失が発生しないようなファクタリング会社を選ぶ点に気を付ける必要があります。

ファクタリングの利用を考えており、ファクタリング企業の選定に迷っているならセゾンファンデックスが提供する「今スグまとめ払い(ファクタリング)」がおすすめです。

買い取り金額は最高1億円で、手数料が1%~6%と低めに設定されている点も魅力といえるでしょう。セゾンの「今スグまとめ払い」とは、毎月の請求データをセゾンファンデックスに送るだけで売掛金の一括代金を調達でき、さらに請求や収納についてはセゾンファンデックスが代行してくれます。

利用する側としては、全ての売掛金が買い取り対象になることや、売り掛け先への譲渡通知も原則として不要である点が利用しやすいといえるでしょう。さらに、請求や回収業務を代行してもらえるため、業務の効率化につながる点も大きなメリットといえます。

利用には審査が必要で、初回審査と本審査で必要となる書類が異なります。本審査の際には過去4ヵ月の売掛金残高一覧表、そして2期分の決算資料が必要ですので、ご利用の際には事前の準備を忘れないようにしてください。

セゾンの「今スグまとめ払い」はWEBサイトと電話での問い合わせに対応しています。WEBサイトの場合は24時間、電話だと平日の9時から17時半までとなっておりますので、興味を持たれた運送業の経営者や経理担当の方は、ぜひお問い合わせください。

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

04_セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら
04_セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

また、ファクタリングに関する記事も以下のサイトに掲載していますので、あわせて参考にしてください。

あなたにおすすめのコラム

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。