更新日
公開日

安定した資金繰りに!売掛債権流動化がおすすめ

安定した資金繰りに!売掛債権流動化がおすすめ
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

債権流動化とは、売掛債権等を売却し、資金化することで資金繰りの改善を図るものです。この記事では「売掛債権流動化」について解説するとともに、おすすめの手法についてもご紹介します。

1.売掛債権流動化のメリット

「売掛債権流動化」とは、通常であれば翌月に入金される予定の売掛債権について、その入金予定日前に現金化することをいいます。そのメリットは何があるのでしょうか。

1-1.オフバランス化が図れる

来ならば入金日にならないと入金されない売掛金を、入金日前に現金化することで、早期の資金調達が可能となり、資金繰りに余裕ができます

つまり、売掛債権を流動させることで、売掛金を貸借対照表から外すことができるため、企業の収益評価が高まるのです。この売掛金を貸借対照表から外すことをオフバランスといい、オフバランス化を図ることによって、企業の経営効率化に結び付く点がメリットといえます。

1-2.資金調達手段が多様化する

売掛債権流動化によって、資金調達手段を多様化することができます。それにより、資金調達の規模やコスト、それに伴う手続きを最小限に抑えることができ、必要な資金を得ることができるというメリットがあります。

さらに、売掛債権を保有するということは、入金予定日に入金されないといったリスクを背負っているともいえます。例えば売掛先が倒産した場合には、当然売掛金は入金されず、負債(貸し倒れ)として計上しなければならなくなります。売掛債権流動化により、売掛債権が入金されなかった際のリスクを削減できる点もメリットといえるでしょう。

2.売掛債権流動化の3つの手法を解説

売掛債権流動化には、3つの手法があります。以下でそれぞれについて解説します。

2-1.売掛債権証券化

売掛債権証券化とは、保有している売掛債権を特定法人である「SPV(特別目的事業体)」に譲渡することで、現金を受け取る方法をいいます。

証券化とは、資金を必要としている企業が資産から生みだされる収益を担保として資金調達を行う手段で、売掛債権は資産に分類されることから、証券化が行えます。

そして、譲渡された売掛債権については、SPVによって証券化され、それを投資家が購入することで流動化させることが可能になります。

ちなみに、売掛債権の証券化は、SPVを通じてのみ行えます。つまり、SPVは売掛債権を保有している企業と投資家の仲介的な役割をもっている存在だということができます。

2-2.売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保として、金融機関から融資を受けることをいいます。融資の形式には、「証書貸付」や「手形貸付」のほか、「当座貸越」などがあります。

売掛債権を担保にすることができるのかという疑問を抱く方もおられるかもしれませんが、売掛債権はあくまでも資産として取り扱われるため、担保として利用することに問題はありません。

ただ、融資という性質上、融資を受けた後は、利息をつけて返済しなければなりません。もしも返済不能の状態に陥った場合は、担保として提供している売掛債権をもって返済しなければなりませんが、売掛債権には、上記で少し述べたように貸し倒れのリスクをもっています。

そのため、売掛債権の金額が入金予定日に入金されなかった場合は、会社の資産のなかから返済しなければなりません。

売掛債権には担保として融資を受けることができる反面、融資を受けることでリスクを背負うことも忘れないようにしましょう。

2-3.ファクタリング 

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却し、現金を調達する方法です。ファクタリングを利用することで、売掛債権担保融資とは異なり、返済を気にすることなく売掛債権を活用できます。

また、ファクタリングの取引対象となる売掛債権を現金化できるため、低コストで現金化できる点もメリットといえるでしょう。さらに、現金化までのスピードが速い点も特徴となっています。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

2社間ファクタリングは、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社がその代金を企業に振り込みます。その後、取引先から予定どおりに入金があった際には、その売掛金をファクタリング会社に振り込み、取り引きが終了します。

一方、3社間ファクタリングは、売掛債権を保有している企業がファクタリング会社にその売掛債権を売却し、現金化するとともに、企業の許可を得て、ファクタリング会社がその取引先に債権譲渡通知を行う点が2社間ファクタリングと異なる点です。

その後、売掛債権に基づいて取引先から入金が行われますが、それは企業に対してではなくファクタリング会社に対して行われます。3社間ファクタリングは、取引先にファクタリングを行ったことが知られてしまうという特徴があります。

3.債権流動化でおすすめの手法とは

では、債権を流動化するためにおすすめの手法として、どのようなものがあるのでしょうか。

3-1.ファクタリングと売掛債権担保融資の違い

ファクタリングと売掛債権担保融資の違いは、ファクタリングが売掛債権をファクタリング会社に売却するのに対し、売掛債権担保融資は、売掛債権を担保にして融資を受ける点です。

融資を受けるという性質上、審査が厳しく、融資を受けるまでの時間もファクタリングよりも長くかかることが一般的です。長ければ融資まで1ヵ月もの時間がかかることもあり、早急に現金を調達する方法としては、あまりおすすめできません。このような意味からも債権流動化を考えるなら、ファクタリングの利用がおすすめです。

3-2.ファクタリングをおすすめする理由

債権流動化でファクタリングがおすすめの代表的な理由は、以下の3つです。

売掛金回収の代行

3社間ファクタリングの場合、売掛金の回収を代行してもらえます。売掛金の入金を待ち、それをファクタリング会社に振り込む手間を考えると、売掛金の回収代行まで行ってくれる3社間ファクタリングは非常に助かるでしょう。

売買契約なので審査に通りやすい

金融機関から融資を受けるにあたっては、必ず審査があります。そのため、企業業績によっては、融資を断られる可能性もあります。

しかし、ファクタリングの場合、企業の業績よりも売掛先の信用力を重視した審査を行うため、一時的に赤字に陥っている場合や、滞納している税金があるような状況でも取引先の信用状況が良ければ、利用が可能です。

オフバランスの効果が高い

債権流動化を行うことで、売掛債権という資産を貸借対照表から外すことができます。しかし、金融機関から融資を受けた場合、融資金額は貸借対照表上の負債となってしまうため、できれば負債額を増やしたくないという経営者には向いていません。

その点、ファクタリングは売買契約のため、資産が貸借対照表に計上されない、つまりオフバランスの効果が高くなるのです。

4.ファクタリングなら「今スグまとめ払い」がおすすめ

ファクタリングの利用を考えているなら、セゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」がおすすめです。

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

4-1.「今スグまとめ払い」の特徴

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いとは、毎月の請求データを送るだけで、売掛金に見合うまとまった金額を速やかに調達できるサービスです。毎月の全売掛金が買い取りの対象で資金調達と請求業務の効率化を同時に実現できます。

4-2.「今スグまとめ払い」のメリット

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いのメリットとして1番に挙げられるのは、請求データをすぐに資金化できることです。契約締結後は売掛債権の回収を待たず、締め日から5営業日以内での資金化が可能です。また、全売掛金が買い取りの対象となっている点もメリットといえるでしょう。

毎月の全売掛金を買い取りの対象とすることで、決算などに影響されることなく、まとまった額の資金調達が可能になります。さらに、「今スグまとめ払い」では、売掛先への譲渡通知は原則として不要とし、売掛先に対しては、振込先の変更通知のみを行います。

また、請求業務が効率化できる点も、「今スグまとめ払い」を利用するメリットです。利用する側は請求データを送るだけでよく、実際の請求業務や回収業務はセゾンファンデックスが行います。未回収となるリスクがない点もメリットといえるでしょう。

おわりに

企業を経営していると、「運転資金に余裕がなく、急な仕入れに対応できない」といった事態に陥ることや、「金融機関の融資を受けられない」などといった危機に直面することもあるでしょう。

そのようなときに売掛金をまとめて現金化できる「今スグまとめ払い」は非常に有効な資金調達手段といえます。買取金額も300万~1億円に設定されており、急に資金調達が必要になった際にご利用いただけます。

また、買取手数料も比較的低めに設定されており、平均支払いサイトが1ヵ月以内の場合は買取金額の1.0~3.0%、平均支払いサイトが1ヵ月超2ヵ月以内の場合は買取金額の2.0~6.0%で提供しています。

お申し込みやお問い合わせはインターネットで受け付けており、平日の9時~17時30分までであれば、電話でのお問い合わせにも対応しています。

回収事務の負担軽減、資金繰りの改善や閑散期の資金繰り、リスケ中の運転資金の調達など、さまざまな目的で利用されていますので、気になった方はぜひお問い合わせください。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。