更新日
公開日

違法なファクタリング会社に注意!こんな手口が危ない

違法なファクタリング会社に注意!
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

中小企業の経営者などを狙い、貸金業登録を受けていない事業者がファクタリングを装って、違法に貸し付けなどを行っている場合があります。そういったヤミ金融業者にだまされないために、この記事では違法なファクタリング会社を見分けるためのポイントを解説します。

1.ファクタリングとは

違法なファクタリング会社を見分けるためには、自分自身がどんなファクタリングが適法で、どんなファクタリングが違法であるか知っておく必要があります。そこで、まずはファクタリングの概要から説明していきます。

1-1.ファクタリングとは

ファクタリングとは、現在有する売掛金(債権)をファクタリング会社に売却し、売却代金を得るという、いわば売掛金の早期現金化です。法律的には債権譲渡に該当します。

ファクタリングは取引先の支払いを待たずに売掛金を早期に現金化して資金繰りを良好なものとしたり、取引先が倒産しても売掛金未回収となるリスクを回避できます。また、融資と異なり自社の財務状況に関係なく資金調達が可能です。借り入れではないので信用情報機関には登録されません。

一方で、取引をしたファクタリング会社が違法な事業者でありトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるという点については注意が必要です。

1-2 .事業者ファクタリングとは

事業者ファクタリングとは、企業や個人事業主など事業者に向けたファクタリングのことです。一般的にはファクタリングというと、この事業者向けファクタリングを指すことがほとんどです。

事業者向けのファクタリングを行っている会社としては、株式会社セゾンファンデックスやTranzax株式会社などがあります。

株式会社セゾンファンデックスでは、「今スグまとめ払い」というサービスを、Tranzax株式会社では「集合債権ファクタリング」という名称で事業者向けファクタリングのサービスを提供しています。

2.違法なファクタリング会社の手口

ファクタリングは適切に行うことで経営を改善できる手法です。しかし、そこを狙い、経営に行き詰まっていたり、ファクタリングについて知識がなかったりする事業者を狙う違法なファクタリング会社も出てきています。

近年は新型コロナウイルス感染症に便乗してファクタリングを違法に行うヤミ金融業者が増加しており、金融庁において注意喚起がなされています。

違法なファクタリング会社はどの会社も似通った手口を使ってきます。そのため、手口さえ知ってしまえば違法なファクタリング会社を見抜くことは難しくありません。金融庁によると特に注意すべき手口は2つだそうです。

1つは債権譲渡契約を結ばない点です。そしてもう1つは債権回収のリスクを売り主に負わせる点です。この2点について詳しく確認していきます。

2-1. 債権譲渡契約(売買契約)を結ばない

違法なファクタリング会社は、ファクタリングとして勧誘するもののファクタリングの対象となる債権について売買するための債権譲渡契約(売買契約)を結びません。そのため、ファクタリング会社から「ファクタリングの契約書です」と渡された契約書をよく見ず契約を結んでしまうと、実は違法なファクタリング契約だったということもあり得ます。それどころか契約書すら作成されない場合もあります。

ファクタリングは債権を有償で譲渡する債権譲渡契約です。債権譲渡契約が正しく結ばれているかどうか見抜くには、契約書の一番上に記載されている名称を確認してください。ここが債権譲渡契約書などとなっておらず、金銭消費貸借契約などと債権譲渡や債権売買でないことが明らかであるような記載であれば絶対に契約してはいけません。

また、契約書の名称が債権譲渡契約となっていても、契約書の内容の確認を怠ってはいけません。契約書のなかに貸付という文言や返済という文言があった場合、ファクタリングを装った金銭貸付(債券担保貸付け)である可能性があります。

2-2.債権の買取金額が著しく低額である

ファクタリング会社から受け取る金額が譲渡する売掛金に比べて著しく低いという場合も、悪質なファクタリング会社がよく使用する手口でもあります。ファクタリングによって受け取る金額が売掛金の額に比べて30%以上少ないというような場合も注意が必要でしょう。

2-3. 債権回収のリスクを売り主に負わせる

通常のファクタリングであれば、契約を結んだ時点で売掛金の債権はファクタリング会社に譲渡されるため、その売掛金の回収にかかるリスクはファクタリング会社が負担します。しかし、違法なファクタリングにおいては、そのリスクを債権の売り主(ファクタリング会社の利用者)が負担することとなっており、ファクタリング会社の負うリスクがない、またはごくごくわずかであるというような場合は、実質的にファクタリングを装った貸し付けとなっている可能性があります。

次のような場合は、ファクタリングであっても実質的には貸し付けと判断される可能性があります。

  • 譲渡した売掛債権について、所定の条件の下、ファクタリング利用者が買い戻すという条件が付けられている。
  • 回収できなかった部分はファクタリング会社の利用者が負担すると決められている。
  • ファクタリング会社が一部でも回収できなかった場合は売買代金が減額される。

これらを見抜くにはファクタリング会社の説明をよく聞くとともに、契約書の記載内容を十分に確認することが大切です。

参照元:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

3.安全なファクタリング会社を選ぶポイント

ファクタリングを安全に利用するなら、ヤミ金融業者の違法姓を見抜くよりも、安全なファクタリング会社を選ぶほうが堅実です。安心なファクタリング会社は下記3点を確認することで見分けることができます。

  • 手数料
  • 運営会社
  • 契約内容

3-1. 手数料を確認する

安全なファクタリング会社は手数料が法外に高いということはなく、一般的な相場の範囲内になっています。ファクタリングや売掛金の内容などにもよりますが、基本的には最大でも30%が手数料の上限だと考えてください。それ以上に設定されていると安全なファクタリング会社とは言えないでしょう。

3-2. 運営会社を確認する

ファクタリング会社がどのような企業なのか調べることも大切です。社歴が長く、自社でオフィスをきちんと構え、代表者の経歴がクリーンな運営会社が提供するファクタリングは安全な可能性が高いです。

逆に、社歴が浅い会社や、所在地が公開されていない、シェアオフィスである、代表者の経歴などが怪しいといったファクタリング会社は安全性が十分でない可能性があると思って注意するべきでしょう。

3-3. 契約内容を確認する

安全なファクタリング会社は正しい契約書を作成しています。契約書という形式的な部分だけではなく内容も明確で、ファクタリング会社が過剰に有利、利用者が過剰に不利という内容になっていません。

契約書の内容に説明と異なる部分はないか、売掛金について買い戻しの条項が定められていないか、ファクタリング利用者に売掛金の回収不能時のリスクを負わせるものとなっていないかなどを中心に、契約書に記載された契約内容を十分に確認する必要があります。

特に問題のない契約内容となっていれば、安全なファクタリング会社である可能性が高いです。

4.セゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」なら安心

ファクタリングを利用するのであれば、クレディセゾンの100%子会社である株式会社セゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」が安心です。そんな「今スグまとめ払い」の特徴とメリットについて紹介します。

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

4-1. 「今スグまとめ払い」の特徴とは

セゾンファンデックスの今スグまとめ払い最大の特徴は資金調達と請求業務の効率化を同時に実現できる点です。毎月発生する売掛金債権が全て買い取りの対象となるため、これまで資金調達に苦労していたり、請求業務の効率化が課題であったりする事業者に向いています。

さらに、電子債権記録機関であるTranzax株式会社と提携してファクタリングを行うためセキュリティ面など安全性も充分担保されています。

売掛先へはファクタリングを利用することについて伝える必要はなく、あくまでも収納代行を利用することの連絡のみでよいため、取引先への対応も手間となりません。このように、便利で安全性が高く、取引先との関係性にも影響を及ぼさず利用しやすいというのが「今スグまとめ払い」の特徴になります。

4-2. 「今スグまとめ払い」のメリット

「今スグまとめ払い」には多くのメリットがありますが、そのなかでも特に注目したいのが手数料の安さです。手数料は1.0%~6.0%と低水準となっており、ファクタリングを利用する際に懸念される手数料の問題を楽々クリアすることができます。

また、売掛金の一部のみの現金化ではなく、集合債権として全ての売掛金を現金化することができるため、まとまった現金を最低限の手続きと手数料で速やかに用意できるというのも、セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの大きなメリットです。

おわりに

ファクタリングは違法なヤミ金融業者が行っていることもあるため、だまされないように信頼できる会社にファクタリングを依頼することが大切です。

ファクタリングを検討しているのであれば、安心で信頼できるファクタリング会社を選ぶ必要があります。そこで、Tranzax株式会社と提携していて安全性が高く、手数料も低額で売掛金を一括で現金化可能である「今スグまとめ払い」の利用ができるセゾンファンデックスがおすすめです。

不明点や疑問点などがあれば、早速問い合わせしてみましょう。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。