更新日
公開日

売掛金の未回収に悩まされたくない!売掛保証のメリット・デメリット

売掛金の未回収に悩まされたくない!売掛保証のメリット・デメリット
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

業績悪化・倒産などが起きて取引先から回収できない売掛金について保証を受けられるサービスに「売掛保証」があります。この記事では、売掛保証による売掛金の保証範囲とメリット・デメリット、そして類似サービスについてご紹介します。

1.売掛保証サービスとは?

売掛保証サービスについてご存知ない方も少なくはないでしょう。そこで、まずは売掛保証サービスについて解説していきます。

1-1.売掛保証サービスの仕組み

一般的に売掛保証サービスとは、その名のとおり、売掛金の回収が困難となったり不可能となったりした場合に保証を受けられるサービスです。

具体的には、売掛金を保証する保証会社と保証契約を結び、審査のうえ認められた取引の売掛金が一定の事由に該当して支払いを受けることが困難となったときに、保証契約の内容に沿った保証を受けられます。

1-2. 売掛保証の範囲

売掛保証において売掛金の保証範囲は審査により決定されます。基本的には企業の設立年数などを基に審査され、保証上限額が決定されます。また、保証される範囲としては、取引先に下記のような事由が起こったときです。

  • 破産
  • 民事再生
  • 不渡り
  • 資金不足
  • 夜逃げ
  • 事務所の閉鎖

とはいえ、実際に売掛金がどこまで保証されるのかは売掛保証サービスを提供する企業によって異なります。売掛金について売掛保証サービスを利用する際は契約前に充分に契約内容を確認することが大切です。

2.売掛保証サービスのメリット・デメリット

売掛保証サービスは売掛金の回収不能リスクを低減する素晴らしいサービスですが、メリットとデメリットがあります。それぞれ順に見ていきます。

2-1.売掛保証サービスのメリット

売掛保証サービスの利用において最も大きなメリットは、売掛金が回収不能になるリスクを低減できる点です。これにより発生した売掛金を確実に回収することができます。

同時に、未回収が発生した場合の回収に係る事務手続きの工程も削減されるため、社内業務の効率化にも寄与します。

2-2.売掛保証サービスのデメリット

売掛保証サービスにはデメリットもあります。1つは、売掛金の内容など、リスクに応じた保証にかかる手数料を支払わなければならないという点です。つまり、売掛金の回収できる金額が少なくなるということです。

もう1つは、売掛保証サービスの利用時において所定の審査が行われます。取引先によっては審査に通らず、保証の対象外となってしまい、想定する内容での保証を受けられない可能性がある点にも注意が必要です。

3.売掛保証と類似サービスを比較

売掛保証サービスと類似するサービスにファクタリングがあります。両者は同じように語られることもありますが、売掛保証サービスとファクタリングとは異なるサービスです。両者について比較しながらファクタリングについても掘り下げていきます。

3-1.売掛保証とファクタリングの違い

売掛保証はあくまでも保証です。売掛債権が貸倒れとなり回収できないという場合に効果を発揮します。それに対して一般的なファクタリングは売掛金債権の保証ではなく、売掛金という債権の譲渡、つまり買取りとなるため、貸倒れがなくとも効果を発揮します。

売掛保証は売掛金を対象とした保証であり、ファクタリングは売掛金の売買取引だと考えると分かりやすいです。

また、売掛保証においてはA社やB社など事業者単位で考えるため、保証期間内であれば新たに売掛金が発生しても自動的に保証の対象となっていきます。

しかし、ファクタリングは個別の売掛金ごとにファクタリングの対象としていくため、事業者単位ではなく売掛金という債権単位で対象を考えていくことになります。

3-2. ファクタリングのメリット

売掛金の未回収を防ぎたいという場合、売掛金について保証を受けられる売掛保証だけでなく、ファクタリングについての利用も検討したいところです。ファクタリングについてのメリットは大きく分けて2つあります。

1つは資金調達が容易にできることです。もう1つは請求業務を代行してもらえることです。それぞれ順に解説します。

3-2-1. 資金調達がスピーディーにできる

多くの個人事業主や中小企業経営者の頭を悩ませるのが資金調達です。資金が不足したときに行う代表的なことといえば融資による資金調達です。しかし、融資による資金調達は手間もかかりますし、融資の実行までに長くて1〜2ヵ月程度かかることもあります。さらに、融資は自社の信用力次第で審査に通らないということも往々にしてあります。

その点、ファクタリングであれば売掛金という債権自体を対象としているため銀行などの金融機関からの融資とは異なる審査基準で資金調達が可能です。さらに、ファクタリングであれば融資よりも早く資金調達が可能になります。

このように、簡易迅速な資金調達が実現可能となるというのもファクタリングのメリットです。

3-2-2. 請求業務を代行

売掛保証サービスによってもたらされるのは売掛金の保証のみであるため、通常の請求業務自体は自社で行わなければなりません。

その点、ファクタリングであれば売掛債権がファクタリング会社に売却され移転するので、請求自体をファクタリング会社が行います。つまり、ファクタリング会社が請求業務を代行することとなります。

そのため、請求業務にかかる手間がなくなり、業務効率化が実現でき、経理業務を行う社員の負担や、取引先と連絡をとる営業社員の負担も小さくなります。その結果、請求業務に関する経費削減も達成しつつ、営業活動に専念することができ、売掛金の回収漏れもなくなるなど大きなメリットを得ることができます。最終的に売上げの増加と利益の確保につなげることができます。

4.ファクタリングなら「今スグまとめ払い」がおすすめ

売掛金の入金について保証を得て未回収となるリスクから解放されたいと考えている場合、売掛保証だけではなくファクタリングの利用についても検討したいところです。

ファクタリングは上手に使うことで売掛保証を利用するよりも結果的に大きなメリットを得られることもあるからです。

ファクタリングにおいて特におすすめしたいのは、セゾンファンデックスの今スグまとめ払いです。その「今スグまとめ払い」の特徴とメリットを紹介します。

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

4-1.「今スグまとめ払い」の特徴とは

「今スグまとめ払い」は、毎月の請求データをセゾンファンデックスに送るだけで、売掛金を基にした資金を速やかに調達できるという、迅速な資金調達と請求業務効率化を同時に実現することのできるサービスです。

原則として毎月発生する全ての売掛金が対象となるため、どのような事業を営む方でも安心して申し込みできます。

さらに、国の指定を受けたTranzax株式会社の電子債権と連携してサービスの提供が行われるため、安全性と信頼性も非常に高いものとなっています。

4-2. 「今スグまとめ払い」のメリット

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いには3つのメリットがあります。それぞれ順に説明していきます。

4-2-1. まとまった資金の調達が容易に実現できる

「今スグまとめ払い」はまとまった現金の資金調達が容易です。原則全ての売掛金を対象として買い取りが行われるため、過去の実績や担保の有無に関係なくまとまった資金を安定して得ることができます。

また、売掛金はセゾンファンデックスが買い取りしており、未回収のリスクはセゾンファンデックスが負担するため、売掛金未回収のリスクを負うことなく確実に資金を調達することができます。

4-2-2. 資金調達が迅速になる

「今スグまとめ払い」は売掛金の入金日に関係なく、請求データ送付から5営業日以内に資金が支払われます。そのため、迅速な資金調達を実現することができます。売掛金が翌々月入金で期間が空くため資金繰りに悩んでいる場合などに大きなメリットとなります。

4-2-3. 請求業務から解放される

「今スグまとめ払い」の利用には、セゾンファンデックスが請求業務や回収業務を行うためお客様が請求業務から解放されるというメリットもあります。

また、売掛先へファクタリングを利用することを伝える必要はなく、セゾンファンデックスが収納代行を実施すると伝えるだけで済むため、取引先への対応が負担となったり、取引先を驚かせたりすることもなく安心です。

月末月初の請求業務の負担が大きいと感じている場合、「今スグまとめ払い」の利用によってその問題が解消でき、社内の業務効率化を大きく進めることができます。

おわりに

売掛金の未回収を防ぎたいという悩みは売掛保証によって解決することができます。しかし、そういった悩みは売掛保証だけではなく、ファクタリングによっても解決することが可能です。

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いなら、迅速な資金調達を実現しつつ、売掛金の未回収も防ぎ、請求業務に係る負担をも軽減できるため、売掛金についての悩みを売掛保証よりもスマートに解決できる場合があります。

もし、売掛金の未回収に悩んでいるという場合は、セゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」のご利用をおすすめいたします。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。