無担保借入の意味とは?具体例を用いてメリットや注意点を解説

URLをコピーしました。
無担保借入の意味とは?具体例を用いてメリットや注意点を解説

無担保借入とは担保を必要としない融資のことです。カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠などが無担保借入に当たります。このコラムでは無担保借入の種類やメリット、利用に際して注意したい点などについて紹介します。

1.無担保借入とは担保のない融資

カードローンなどを利用するとき、無担保という言葉を見かけて気になる方もいるでしょう。無担保借入とは、担保を入れずにローンを契約することです。担保とは、万が一ローンの返済ができなくなった場合、返済に代えて債権者に差し出すものを指します。

ここでは、無担保借入について、有担保借入との違いを交えながらご紹介します。

1-1.有担保借入との違い 

金融機関からの視点として、無担保借入と有担保借入の違いは、担保によって債権回収を保全しているか否かです。担保を設定してローン契約をする有担保借入では、ローンを返済できなくなった場合、担保を換金して返済に充当します。

担保になるのは不動産や車、有価証券などです。例えば住宅ローンを組む場合であれば、担保になるのは購入した住宅です。契約した方が住宅ローンの返済ができなくなった場合、住宅を差し押さえて競売にかけ、その売却代金をローンの残金に充当します。

1-2.個人の信用を重視する

金融機関としては、有担保借入であれば、担保によって債権回収を保全しているため、金融機関は安心して融資できます。契約の審査でも、担保価値の評価が融資の可否を決める大きな要素です。一方、担保のない無担保借入では、個人の信用が重視されます。きちんと返済できる人物かどうかがしっかり審査され、審査基準も高くなる傾向です。

2.無担保借入の種類

無担保借入の代表的なものはカードローンやフリーローンで、クレジットカードのキャッシング枠も無担保借入の一つです。カードローンとフリーローンはともに利用目的を問われないローンですが、繰り返し利用できるかどうかの違いがあり、フリーローンは主に銀行で取り扱っています。

これらの無担保借入について、内容を詳しく見てみましょう。

2-1.カードローン

カードローンとは、クレジットカード会社や銀行などの金融機関などが提供する融資サービスです。無担保・保証人なしで利用でき、限度額の範囲内であれば、コンビニや金融機関のATMで自由に借入と返済を繰り返すことができます。利用目的も限定されていません。

提供する会社ごとにさまざまな返済方法があり、繰り上げ返済なども自由に行えます。

2-2.フリーローン

フリーローンとは、用途に制限がない個人向けのローンです。一度にまとまった金額を融資するサービスで、主にクレジットカード会社や銀行で取り扱っています。使い道は自由ですが、事業用や投資目的として利用することはできません。

1契約での借入は1回のみで、追加の融資はできません。返済期間は金融機関によってさまざまですが、「最長〇年まで」などの期間が設けられている場合もあります。

2-3.クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードの多くはショッピングに利用できるほか、キャッシング枠も付いています。このキャッシング枠も無担保借入の一種です。お金が必要になったときにATMで簡単に利用できるといった便利な機能ですが、カードローンやフリーローンよりも金利が高く、限度額は少なめに設定されている場合が多いでしょう。

3.無担保借入の種類【用途別】

無担保借入の種類【用途別】

用途を定めたローンの場合、代表的な無担保借入には車のローンや奨学金、ブライダルローンなどがあります。車のローンの場合、金融機関が扱うマイカーローンであれば無担保借入で利用が可能ですが、カーローンのなかには、完済まで車の名義がディーラー会社となり有担保となるディーラーローンも存在します。ここでは、用途別に、無担保借入の種類をご紹介します。

3-1.車のローン

金融機関が提供する車のローンの多くは、無担保借入が可能です。新車や中古車の購入や買い替えに利用できるほか、車検や修理、免許取得に利用できるものもあります。なお利用範囲は金融機関によりさまざまです。他社のマイカーローンの借り換えに利用できるローンもあります。

返済期間は最長10年ほど、融資限度額は1,000万円程度のものが多く、条件により金利が優遇される商品もあります。

3-2.奨学金

貸与型の奨学金は連帯保証人と保証人が必要ですが、物的担保が必要のない無担保借入です。在学中は返済不要で、卒業後に返済する義務が発生します。

貸与型奨学金は利息が付くものと付かないものがあります。無利息の奨学金は家庭の年収や学校の成績などの審査基準が設けられており、比較的厳しいのが特徴です。利息付きでも民間の教育ローンなどと比べると金利は低く、多くの方は利息付きの奨学金を利用しています。

3-3.ブライダルローン

ブライダルローンも無担保で利用できるローンの一つです。用途が結婚に関する費用に限定されたローンで、挙式や披露宴のほか貸衣装や新婚旅行などにも利用できます。

商品によっては、結婚指輪や新生活で必要な家具などに利用できる場合もあります。金利が低めなことや、結婚費用の前払いに利用できるなどがメリットです。

4.無担保借入のメリット3つ

無担保借入にはいくつかのメリットがあります。審査のスピードが比較的早く、融資を急いでいるときに役立つという点です。また、無担保借入では使用目的を問わない商品が少なくありません。無担保借入の場合は一般的に保証人が必要ないというメリットもあります。ここでは、無担保借入を利用する際のメリットを3つご紹介します。

4-1.融資までの時間が早い

無担保借入は審査の時間が比較的早いのがメリットです。有担保の場合は申し込む方の審査に加え、担保の審査も行わなければなりません。無担保借入の場合は、担保の審査が必要ないため、比較的早めに結果がわかります。

申込当日に審査が終わり、即時に融資ができるとするカードローンもあり、すぐに資金が必要なときに便利です。

4-2.さまざまな使用目的に利用できる

住宅ローンを代表とする有担保借入は使用目的が決まっています。しかし、カードローンやフリーローンなど、無担保借入の多くは使用目的を問いません。さまざまな目的に利用できるのがメリットです。

ただし、無担保借入でも、ブライダルローンなど使用目的を問うものもあります。幅広い範囲で利用したい場合は、使用目的を問わないローンを選ぶようにしましょう。

セゾンファンデックスのかんたん安心ローンは、使用目的を問いません。限度額内で繰り返し使える「カードローン」と一時的に必要な費用に便利な「フリーローン」を提供しています。どちらも80歳までの方までお申込みいただけ、無担保で利用できるローンです。

最短即日の融資も可能なため、急いでいる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

4-3.保証人なしで利用できる

奨学金など一部の借入では保証人が必要な場合もありますが、無担保借入の多くは保証人が不要です。申し込みをした方が審査を通過すれば、借入が可能になります。

保証人になってもらう方を探すには手間がかかるケースもあります。依頼するにも気を使うものです。無担保借入の場合はそのような負担なく利用できるのが、大きなメリットといえるでしょう。

5.無担保借入の注意点

無担保借入はメリットの多い融資ですが、利用する前には注意したい点があります。担保がないだけに審査基準が高く設定されている傾向があり、基準に満たない場合は借入できないこともあるでしょう。また、無担保借入は担保を設定しない分、有担保よりも金利が高いケースが多いのが特徴です。

無担保借入の注意点について、2つ紹介します。

5-1.審査基準が高い傾向がある

無担保借入では担保がない分、申し込み本人の審査が重視されます。年齢や勤務先、年収、借入状況、信用情報などが審査され、審査基準は高い傾向です。担保がない分、社会的信用が求められるということです。安定した収入があること、過去に支払遅延や滞納がないことなどがチェックされることが一般的です。これらの基準に満たないと、審査に通るのは難しくなるでしょう。

5-2.有担保よりも金利が高い場合が多い

有担保の借入は、一般的に金利が低い傾向です。購入する住宅を担保とする住宅ローンの場合、金利は0.4~2.0%程度と、低めに設定されています。一方、無担保借入であるカードローンやフリーローンの場合、借入金額や金融機関によっても異なりますが、10%を超える場合が多いでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠はさらに高く、平均18%程度と金利が高いのが特徴です。

6.無担保借入は計画的に利用しよう

無担保借入は計画的に利用しよう

無担保借入は担保を必要とせずに融資を受ける借入方法のことで、カードローンやフリーローンが代表的です。審査が早く、最短で当日に融資を受けられる場合もあります。すぐに融資を受けたい場合は便利な反面、審査基準は高いことや、金利が高めなことは認識しておきましょう。

シニアの方を応援するかんたん安心ローンは最短即日の融資が可能で、全国のコンビニや金融機関のATMから自由に借入できます。電話(0120-268-300)でもサポートを行っているため、分からないことがあれば、気軽に問い合わせてみてください。

かんたん安心カードローンの詳細はこちら