今すぐお金が必要なときの対処法4選。注意点や見直すポイントも解説

URLをコピーしました。
今すぐお金が必要なときの対処法4選。注意点や見直すポイントも解説

「給料日前にお金がない」「収入が減った」「急な出費が発生した」など今すぐお金が必要なとき、どうにかしてお金を用意し、安心して過ごしたい方も多いでしょう。このコラムでは、今すぐお金が必要なときの対処法をご紹介します。注意点や見直すポイントも合わせて確認してください。

1.今すぐお金が必要なときの対処法4選

今すぐお金が必要なとき、以下の対処法を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 給料の前払いをお願いする
  • カードローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用する
  • 生命保険の契約者貸付を活用する

それぞれの対処法について、詳しく解説します。

1-1.給料の前払いをお願いする

今すぐお金が必要な場合は、給料の前払いをお願いするのも良いでしょう。勤め先によっては、「給与前払いサービス」を導入している場合があります。給与前払いサービスとは、実際の給与支払い日から繰り上げて、働いた分の給与を先払いでもらうことができる仕組みです。給料日前でも従業員の申請に応じて、そこまで働いた分の給与の中から一定の割合の金額を先に支払ってもらえるので、会社に確認の上、利用できる場合は検討することをおすすめします。

また給与前払いサービスを導入していない会社でも、労働者が出産する場合や病気になったときなど緊急時であれば、企業は前払いに応じなければいけないと労働基準法で規定されています。

労働者本人の緊急時のみならず、労働者が養っている家族の緊急時も前払いの対象となります。ただし前払いは、すでに行った労働に対する給与が対象です。

あくまでも労働者が希望する場合にのみ、前払いに対応してもらえるため、すでに労働した分に対する給与が発生している場合は、一度勤め先に相談してみるのも良いかもしれません。

1-2.カードローンを利用する

今すぐお金が必要な場合は、カードローンを活用するのも1つの方法です。カードローンとは専用のカードを使用して、ATMからお金を引き出す形で借り入れする方法のことです。

銀行系のカードローン、ノンバンクのカードローンなど、様々な金融機関で扱っていますが、一般的にノンバンクのカードローンの方が、融資までのスピードが早い傾向にあります。

もし、即日の融資を希望されている場合は、ノンバンク系のカードローンに申込をする方が良いと言えるでしょう。

カードローンはクレディセゾングループが提供する「かんたん安心カードローン」や「マネーカード」がおすすめです。

【かんたん安心カードローン】

かんたん安心カードローンは定期収入があれば、80歳でも借りられるのが特徴です。最短で申し込み当日に振り込まれるのも安心です。融資金額は1万~500万円まで対応しており、今すぐお金が必要なときでも活用しやすいでしょう。

また「ネットで申し込むのは不安」「相談してから借りるか決めたい」といった方も利用しやすいように、電話サポートを実施しています。直接相談することで、不安や悩みを解消してから借りられます。

さらに振込手数料ATMの手数料がかからないことも魅力の1つです。全国のコンビニ、または金融機関のATMを利用できるため、いつでもお金を借り入れできます。

かんたん安心ローンの詳細はこちら

【マネーカード】

マネーカードは、スマホやパソコンから申し込みできるオンライン振込サービスです。指定口座に最短で数十秒で振り込まれるため、今すぐお金が必要なときも活用できます。1,000円単位で借り入れでき、必要最低限の金額を借りたい方も安心でしょう。

全国のコンビニに設置してあるATMで入出金に対応し、どこでも借り入れや返済ができるのも特徴です。また手数料がかからないため、無駄な出費もありません。

マネーカードは事業の資金調達にも対応しており、柔軟性のあるサービスです。事業資金としても活用できるように、余裕のある融資枠を設定しています。今すぐお金が必要なときだけではなく、計画的に借りたいときも利用できるでしょう。

MONEY CARDの詳細はこちら

1-3.クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードには現金がなくても買い物ができるショッピング枠に加えて、現金を借り入れできるキャッシング枠があります。クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、事前に定められたキャッシング枠の範囲内でお金を借りることが可能です。

キャッシング機能の利用は、日常的にクレジットカードを利用している方であれば、すぐにお金を借りられるのが特徴です。しかしクレジットカードを持っていない方は、カードを発行する手続きから始めなければいけないため、すぐにお金を用意するのは難しいかもしれません。

キャッシング機能を利用するときは、返済方法も確認しておくと安心です。クレジットカードの種類によっては、翌月に一括で返済しなければならず、返済が困難になるケースも考えられます。リボ払いできるクレジットカードであれば、毎月一定額を返済すれば良いため、手数料はかかりますが返済の負担を軽減できるでしょう。

クレジットカードは、「SAISON CARD Digital」がおすすめです。「SAISON CARD Digital」であれば、申し込み後最短5分でスマホの中にデジタルカードが発行されます。

もちろんキャッシングだけではなく、ショッピングにも利用できるため、普段の買い物にも活用できます。SAISON CARD Digitalは年会費が無料で、利用額に応じて永久不滅ポイントが付くのも特徴です。また電子マネーやタッチ決済にも対応しており、スマートに会計を済ませられます。

SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

1-4.生命保険の契約者貸付を活用する

生命保険に加入していれば、契約者貸付を利用できます。契約者貸付とは、生命保険の解約返戻金を一定の範囲内で貸付する制度のことです。

契約者貸付は審査を受けることなく利用できるほか、返済期限が決まっていないことがメリットです。ただし返済する前に生命保険を解約した場合は、未返済額が引かれた解約返戻金を受け取ることになります。

また生命保険であれば、どの保険でも利用できるというわけではなく、解約返戻金のある「終身保険」「個人年金保険」「養老保険」など、保険の種類が限られているため注意が必要です。なお加入して間もない場合は、貸付できる金額が少額となることも考慮しておきましょう。

契約者貸付の利率は、保険を契約したときに定められているため、利用する際はあらかじめ確認しておくことが大切です。金利が高いときに保険に加入していれば、利率も高く設定されている可能性があります。

契約者貸付は返済期限が設けられていないものの、返済を後回しにするほど利息が増えて返済額が大きくなります。利用する際は、計画的に返済しましょう。

2.新型コロナウイルスの影響で今すぐお金が必要なときの対処法

ウイルス消毒

新型コロナウイルスの影響によって今すぐお金が必要な場合は、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」を活用しましょう。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは、新型コロナウイルスの感染および蔓延防止措置によって休業させられた方のうち、賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して支給される給付金のことです。

ほかにも時短営業になった方や勤務時間が短くなった方、シフトを削られた方なども対象です。なお、申請に関して事業主に協力を得られない場合は、従業員が直接申請できます。

休業した期間によって申請期限が異なるため、活用する場合は早めに申請するのがおすすめです。

参照元:厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

3.今すぐお金が必要なときの絶対に避けたい4つの注意点

今すぐお金が必要なときは、以下の5つに注意しましょう。

  • 違法業者からお金を借りない
  • クレジットカードの現金化を利用しない
  • 知らない人から融資を受けない
  • 給料ファクタリングを利用しない

上記の方法は違法行為も含まれており、今すぐお金が必要なときでも利用してはいけません。トラブルに巻き込まれないためにも、注意しましょう。ここでは、今すぐお金が欲しいときの注意点をご紹介します。

3-1.違法業者からお金を借りない

どれほどお金が必要であっても、違法業者からはお金を借りないようにしましょう。銀行やカードローン会社などは貸金業法という法律を遵守したうえで、貸付を行っています。貸金業法があることで、消費者は安心してお金を借りられることができます。

しかし違法業者は貸金業法を守っていないこともあり、金銭的な負担のみならず、精神的にも大きな負担となる可能性があります。そのため今すぐお金が必要であっても、違法業者には手を出さないことが賢明です。

3-2.クレジットカードの現金化を利用しない

クレジットカードの現金化は、各クレジット会社が禁止しているため利用は避けましょう。クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して現金を手にする方法のことです。

クレジットカードには、現金がなくても買い物ができるショッピング枠と、お金を借りられるキャッシング枠があります。ショッピング枠を利用しての現金化は、違反行為となるのです。今すぐお金が欲しい場合であっても、クレジットカードの現金化は行わないように注意しましょう。

3-3.知らない人から融資を受けない

今すぐお金が欲しい状況であっても、知らない人からの融資は受けてはいけません。近年、インターネットが普及したことにより、知らない人とも簡単に連絡を取ることができ、貸付業者でもない個人が融資を行う事案が発生しています。

貸付業者に登録していない人が融資を行う時点で違法行為であるだけではなく、個人と見せかけて裏に詐欺集団が潜んでいる可能性も否定できません。大きなトラブルを未然に防ぐためにも、知らない人からの融資を受けないようにしましょう。

3-4.給料ファクタリングを利用しない

給料ファクタリングはリスクが大きく、違法性も疑われるため利用を避けましょう。給料ファクタリングとは資金調達方法の一種で、給料をファクタリング会社(売掛金を買い取ってくれる会社のこと)に売却して個人が現金を受け取る仕組みです。

給料ファクタリングは、個人とファクタリング会社の2者間で行われるため、会社にばれる心配はありません。会社から受け取った給与を利用者本人が、ファクタリング会社に利用料として支払います。

ただし企業が行う売掛債権のファクタリングは法的に認められているものの、個人が行う給料ファクタリングは法に抵触する恐れがあります。給料ファクタリング業者の悪質な行為によって事件に発展している事例もあるため、利用を避けるのが賢明です。

おわりに

今すぐお金が欲しいときは、給料前払いや生命保険の解約返戻金の検討も良いですが、間に合わない可能性も十分あります。即日で対応が可能なカードローンの申込や、現在お持ちのクレジットカードのキャッシングの活用が最もおすすめです。

かんたん安心ローンの詳細はこちら