更新日
公開日

キャッシングの利用枠とは?利用方法や借入限度額の変更方法もご紹介

キャッシングの利用枠とは?利用方法や借入限度額の変更方法もご紹介
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

キャッシングの利用枠とは、クレジットカードに付帯されたキャッシング機能によって借入する際の限度額のことです。利用枠が付いていない場合は改めて申し込み、審査を受ける必要があります。

今回はキャッシングの利用枠の使い方、注意点などを詳しく解説します。

キャッシングの利用枠とは

キャッシングの利用枠とは

キャッシング利用枠とは、クレジットカードのキャッシング機能で融資を受けられる金額を指します。基本的には無担保で借りることができるため、海外で突然まとまったお金が必要になったときや月末に現金が足りなくなったときなどに便利です。ただし、金利と手数料が発生することに注意しましょう。

ここではキャッシング利用枠とショッピング利用枠の仕組み、カードローンとの相違点について解説していきます。

「キャッシング利用枠」と「ショッピング利用枠」がある

クレジットカードにはキャッシング利用枠とショッピング利用枠があります。ショッピング利用枠とは、クレジットカードで買い物ができる限度額のことです。クレジットカードを持っている方のほとんどは、ショッピング利用枠を使った買い物の経験があるでしょう。

最初からキャッシング利用枠が付いているクレジットカードもあれば、後から追加できるものもあります。また学生を対象としたクレジットカードのなかには、付帯できないタイプもあります。キャッシングの予定の有無によって、どのタイプにするかを判断しましょう。

クレジットカードのショッピングは現金の立替であり、キャッシングは借入です。両者の性質が異なるため、2つの金額をまとめて請求されることはありますが、利用枠が合算されることはありません。

カードローンとの違い

キャッシング利用枠があるクレジットカードはキャッシングだけでなく、ショッピングでも使えます。一方、カードローンは融資のみである点が主な違いです。

「キャッシング」はお金を借りるという意味の言葉であるためカードローンも含まれます。しかし、一般的にはカードローンよりも、クレジットカードのキャッシング利用枠を使うことをキャッシングということが多いようです。この2つは混同しやすいため、違いを理解しましょう。

カードローンとは、その名のとおりカードを使って、銀行や消費者金融などから限度額内でお金を借りられるサービスのことです。ATMからの引き出し、指定された銀行口座への振り込みなどによって借入ができます。

一般的にカードローンのほうが利用限度額が高く、金利は低い傾向にあることを覚えておきましょう。

キャッシング利用枠なしでもクレジットカードの発行は可能

キャッシング利用枠を付帯せずにクレジットカードを発行することも可能です。キャッシングを利用しない方や借りすぎてしまう心配がある方、紛失時に不正利用されないか不安な方もいるでしょう。その場合は、新規申し込みの段階でキャッシング利用枠の付帯について「希望しない」にチェックを入れてください。

キャッシング利用枠の限度額の設定を「希望しない」にした場合でも、必要時に限度額を設定する申請をして審査が通れば、キャッシング利用枠を利用できるようになります。

キャッシングの利用枠の使い方

キャッシングの利用枠の使い方

クレジットカードのキャッシング利用枠は提携ATMから現金を引き出すか、指定の銀行口座への振り込みで利用できます。キャッシング利用枠が付いていない場合は、審査を受ける必要があります

ここからは、キャッシング利用枠の使い方、利用枠の確認方法、利息の計算の方法についてご説明します。

キャッシング利用枠がない場合は申込みから

持っているクレジットカードにキャッシング利用枠がない場合は、申し込みをします。申し込みから利用までの流れは次のとおりです。ここではWEB申し込みの例を見ていきましょう。

  • 申し込みのフォームに必要事項を入力
  • 案内に従って、本人確認書類や収入を証明できる書類を提出
  • 審査結果を受ける
  • コンビニなどの提携ATMで現金を引き出す、もしくは指定した銀行口座への振り込みを受ける

キャッシング利用枠の設定の際には再審査が必要

上記の流れでも確認したとおり、キャッシング利用枠を設定するためには再度審査を受ける必要があることを抑えましょう。審査に通ると、キャッシング枠を利用できるようになります。

キャッシング利用枠を付帯するための審査は、確実に返済できるかどうかを見極めるために行われます。本人確認書類や場合によっては収入証明書の提出を求められることもあるため、事前に準備しておくと良いでしょう。

審査の基準はクレジットカード会社によって異なり、明らかにされてはいません。いずれも信用情報、本人属性情報、収入と支出のバランスなどを考慮するといわれています。ショッピングの利用実績がある場合、返済状況も審査のポイントになると考えられます。

利用枠の確認方法

持っているクレジットカードにキャッシング利用枠が付帯されているかどうかわからない場合は、利用前の確認が必要です。また、利用限度額も把握しておきましょう。

キャッシング利用枠の付帯の有無や利用限度額は、クレジットカードのご利用明細や会員用WEBサイトに記載されていることが一般的です。いずれの方法でも確認できない場合は、カード会社のお問い合わせ窓口などに問い合わせてみると良いでしょう。

キャッシングの利用方法

キャッシング利用枠を使って借入をする場合、お金はコンビニなどに設置してある提携ATMで引き出すか、自身の金融機関の口座に振り込まれます。ここでは、ATMの操作手順や口座振り込みの方法について解説していきます。

ATMでの借入

ATMを利用したキャッシングの一般的な操作手順は下記のとおりです。

  1. ATMの画面に表示されるメニューから「お引き出し」を選ぶ
  2. ATMの差込口からクレジットカードを投入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 「1回払い」や「リボ払い」など返済方法を選択する
  5. 利用限度額内で借入をする任意の金額を入力する
  6. 現金、クレジットカード、ご利用明細を受け取る

口座への振り込み

キャッシングで口座への振り込みを希望する場合、事前にWEBサイトからもしくは電話にて依頼をしておくケースが一般的です。クレジットカードの支払いに利用している振替口座への振り込みとなることが多いといえるでしょう。個別の指定ができる場合もあるため、振り込み先として通常利用している振替口座以外を希望する場合は、確認しておくことをおすすめします。

クレジットカードによりますが、振り込み手数料は無料になる場合があります。金融機関の対応時間内であれば、ほとんどのクレジットカード会社は即日でのお振り込みが可能のようです。銀行口座への振り込みにすると、口座残高が不足している場合でも公共料金の引き落としなどに対応できるため、便利です。

キャッシングの利息の計算方法

キャッシングの利息は下記の計算式で算出できます。

キャッシングの利息=キャッシング額×金利÷365日×返済日数

わかりやすいように事例を挙げてみます。

【事例】

キャッシング額:20万円
金利:15%
返済:30日後

上記のように20万円を金利15%で翌月1回払いでキャッシングする場合の利息の計算は、次のように行います。

20万円×0.15÷365×30≒2,465円

利息が2,465円であるため、30日に返済しなければならないのは20万2,465円です。キャッシングの利息は金利が高いほど、また返済日数が長くなるほど高くなると理解しましょう。

キャッシング利用枠が付いたクレジットカードの発行を検討している方に特におすすめなのが、「SAISON CARD Digital」です。「SAISON CARD Digital」はクレディセゾンが発行する、国内初の完全ナンバーレスカードです。カード番号やセキュリティコードが記載されていないため、紛失時でも不正利用やスキミングの不安が軽減されます。

審査内容次第ですが、最短5分で発行されるため、お店でもインターネットでもすぐに利用できます。キャッシング機能が付いているため、急にお金が必要になった場合にも対応できるでしょう。

SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

また、セゾンの「ONLINEキャッシング」もおすすめです。セゾンの「ONLINEキャッシング」は電話もしくはインターネットからの申し込みにより、セゾンカードの引き落とし口座へ希望の金額を振り込むサービスです。

24時間手続きが可能で、振り込み手数料はいつでも無料、平日9:00から14:30までのお申し込みの場合は最短数十秒で振り込まれます。「SAISON CARD Digital」なら「ONLINEキャッシング」もご利用いただけます。

「ONLINEキャッシング」について詳しくはこちら

キャッシングの利用枠の変更方法

キャッシングの利用枠の変更方法

最初に設定していたキャッシング利用枠の金額を変更するための手続きは、一般的にはインターネットかお問合せ窓口などへの電話で比較的簡単に行うことができます。しかし、詳細はクレジットカード会社や変更する金額、条件などによって異なるため、確認が必要です。

ここでは、キャッシング利用枠を増やす場合、減らす場合の手続きについて解説します。

増額する

一般的にはインターネットや電話での申請によって、キャッシング利用枠を増やすための手続きができます。ただし、希望する上限額やカード会社によって方法が異なる可能性があるため、事前の確認が必要です。

たとえば、金額を大幅に増やす場合は収入証明書の提出が必要になることもあります。大幅な増額を希望する場合は、あらかじめ収入証明書の準備をしておくと良いでしょう。

減額する

キャッシング利用枠を減らしたい場合、その多くはインターネットかクレジットカードの裏面に記載されているお問合せ窓口への電話によって申請することができます。しかし、クレジットカード会社や条件によって申請方法が異なるため注意しましょう。クレジットカード会社によっては減らすことができる金額や、最低の限度額が決まっている場合もあります。

過去のキャッシングにおいて返済が遅れたことがあると、利用者の意志に関わらずクレジットカード会社から限度額が減らされる場合もあります。キャッシングは計画的に利用し、返済が遅れないようにしましょう。

最初から付帯しないこともできる

キャッシングの利用枠が必要ない場合には、クレジットカードを発行する段階でキャッシング利用枠を付帯しないことも可能です。

すでに持っているクレジットカードのキャッシング利用枠を0円にするには、増やす場合や減らす場合と同じようにお問合せ窓口への電話かインターネットでの申請が必要になります。

キャッシングの利用枠が0円になってしまったら

キャッシングの利用枠が0円になってしまったら

キャッシングの利用枠が0円になっていたという場合は、実は利用限度額まで使い切っていたり、返済日までに返済をしていなかったりというような、何かしらの原因があることがほとんどです。繰り上げ返済をするか、延滞履歴が消えるまで待つなどの対処をしましょう。

ここでは、キャッシング利用枠が0円になるケースの考えられる原因と、復活させる方法をご説明します。

考えられる原因

キャッシングの利用枠が0円になる原因として考えられるのは、利用者本人が限度額まで使い切っていたことに気付かないでいたり、返済の遅延があったり、総量規制に引っかかっていたりといったパターンです。

よくあるのは、限度額の上限までショッピングで使っていたというケースです。

また、総量規制とは「貸金業法」における、年収の3分の1を超える貸付を禁止するルールを指します。1社からの借入金額ではなく、すべての会社の借入合計額であることに注意しましょう。

そのほか、住所や電話番号の変更があったにもかかわらず、クレジットカード会社に変更届を提出していないことも、キャッシング利用枠を0円にされてしまう原因のひとつです。

復活させる方法

キャッシング利用枠を復活させるために、返済が滞っている場合は、借りたお金を繰り上げ返済でなるべく早く返すようにしましょう。また、使っていないカードローンのカードを解約することをおすすめします。カードローンに設定されている与信枠が、総量規制における借金とみなされることがあります。そのため、解約すると利用を停止されていたキャッシング利用枠が使えるようになる可能性があるのです。

返済の延滞を複数回繰り返した場合には、その旨が個人信用情報機関に記録されますが、その記録は延滞が解消されてから最長5年間ほど残ります。その間はキャッシング利用枠を使うことができなくなるため、延滞履歴が消えてからあらためてキャッシング利用枠の増額を申し込みます。

住所や電話番号などが変更しているのにそのままにしている場合は、速やかに、変更したことを申し出るようにしましょう。

キャッシングを使うメリット3つ

キャッシングを使うメリット3つ

クレジットカードのキャッシングを使うメリットとしては、次の3つが挙げられます。

  • 利用するたびに申込みの手続きをしなくて良い
  • 早ければ即日の借入も可能
  • 海外のATMでも借りられる

最大のメリットは、キャッシングを利用するたびに申し込みをして審査を受ける必要がないことです。それぞれのメリットについて解説していきます。

利用するたびに申込みの手続きをしなくて良い

キャッシング利用枠が付いているクレジットカードを持っている場合、キャッシングを利用するたびに申し込みをして審査を受ける必要がありません。書類を準備したり、審査の結果を待たなければならなかったりしなくて良いため、わずらわしい思いをしなくてすみます。

提携ATMなどにクレジットカードを挿入して簡単な操作をするだけで、限度額内で必要なお金を引き出しすぐに使うことができます。

早ければ即日の借入も可能

早ければその日のうちに借入をすることも可能です。先ほどお伝えしたように、利用するたびに審査を受ける必要がないことも関係します。提携ATMでの操作は比較的簡単でありすぐに終わるでしょう。

また、金融機関口座への振り込みを指定した場合も、金融機関が対応する時間内であればその日の内に融資を受けられることがほとんどです。

海外のATMでも借りられる

海外のATMでも現金を引き出して借りられることも、メリットのひとつに挙げられます。海外旅行中に手元の現金が不足してしまった場合、現地のATMから現地通貨を引き出せるため、とても便利です。両替が可能な場所を探す手間も省けます。

キャッシングの利用枠に関する注意点4つ

キャッシングの利用枠に関する注意点4つ

クレジットカードのキャッシングの利用枠についての注意点は次の4つです。

  • 返済計画を立てたうえで利用する
  • 金利がやや高い
  • イントを貯められない
  • 返済が遅れたり滞納したりすると信用情報に影響する

クレジットカードのキャッシング機能を使う際に注意しておくべきポイントを確認しておきましょう。

返済計画を立てたうえで利用する

お金を借りる前に、どのようなタイミングで、いくらずつ返済していくのかといった返済計画を立てておく必要があります。

クレジットカードに付帯されているキャッシング利用枠を使う場合、利用のたびに申込みをしたり審査を受けたりする必要がないため、気軽に借入をすることができます。そのため、返済できる金額を上回る金額を借りてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、当たり前ですがキャッシングしたお金は必ず返さなければいけないものです。返済に無理のない範囲で、計画的に利用するようにしましょう。

金利がやや高い

キャッシングで借入をする際には、金利の高さにも注意しましょう。キャッシングの金利は法律で15〜20%程度と決められており、一般的なキャッシング利用枠の金利はこの水準に基づいて15〜18%程度に設定されています。ただし、クレジットカード会社や利用限度額によって具体的な金利は異なるため、事前に確認が必要です。

ポイントを貯められない

クレジットカードのキャッシングを使う場合、ポイントを貯めることはできません。

クレジットカードのショッピングは、使った金額に応じてポイントを貯めることが可能です。ポイントをカタログに掲載された商品などに交換できることが多いです。またほとんどの場合、さまざまなサービス業態で使うことができる提携ポイントに換えることができます。

しかし、キャッシングでは借入額がどんなに多くてもポイント付与の対象にはならないことに注意しましょう。

返済が遅れたり滞納したりすると信用情報に影響する

キャッシングで借入した金額を返済期日までに返すことができなかった場合、延滞情報が信用情報に記録されます。

信用情報とは、個人のクレジットカードの利用や返済の履歴を記録したものです。CICやJICCといった個人情報機関が管理しており、クレジットカード会社などが個人の信用を判断するための資料として利用します。

キャッシングの返済が遅れることによって信用情報に傷が付いてしまう可能性があるため、事前に返済計画を立てた上で借入をすることをおすすめします。

おわりに

おわりに

キャッシングの利用枠とは、クレジットカードのキャッシング機能で借入できる金額のことです。はじめからキャッシング利用枠が付けられたり、後から追加できたりします。

キャッシングの利用枠は、あらかじめクレジットカードに付帯されている場合、新たに申し込みをしたり審査を受けたりせずにお金を借りられる便利なサービスといえます。

しかし、気軽に借りられるからといって、返済ができないほどの金額を借りてしまうことは避けるべきです。返済に無理のない範囲で、計画的に利用しましょう。

【貸付条件】セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)

ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~950万円
ご融資利率:実質年率 2.8%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 4.08%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の3.3%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の3.3%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする