更新日
公開日

クレジットカードの審査に落ちる理由は?原因と対処法を解説

クレジットカードの審査に落ちる理由は?原因と対処法を解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

クレジットカードとは、ショッピングの後払いができる仕組みです。手元に現金を持っていなくても購入でき、また特典でポイントが加算される点がメリットです。しかし「後払い」という特性上、返済能力や信用力のある方しかクレジットカードの発行・更新の審査には通りません。

このコラムでは、クレジットカードの審査に落ちる理由や対処法について解説します。

MONEY CARD
MONEY CARD

1.クレジットカードとはそもそもどんなもの?

クレジットカードとは、商品・サービスの購入時に現金で支払うのではなく、後から金融機関の口座からの引き落としで代金を支払えるカードです。一括払いもしくは分割払いを選んで決済できます。購入の翌月以降に、指定した金融機関の口座から支払った金額が引き落とされることが一般的です。

クレジットカードは信用に基づいて発行されるため、審査を受けることが必須です。基本的には、高校生を除く18歳以上を対象に発行されています。

クレジットカードにはランクが設けられています。一般カードとステータスカードでは、年会費や特典に違いがあります。ステータスカードの方が年会費が高く、豊富な特典を受けられるでしょう。

2.クレジットカードの審査に落ちるのはなぜ?

クレジットカードの審査に落ちるのはなぜ?

クレジットカード会社の審査基準は公開されていませんが、審査に落ちる要因として以下が挙げられます。

2-1.返済能力が低いと見なされた

クレジットカードは後払いになるため、基本的な返済能力(=お金を返す能力)が低いと見なされると審査に落ちる可能性が高まります。

返済能力は、収入や職業、勤続年数、住まい、家族構成などの要素から判断されます。収入は多いほど、職業や勤続年数は安定しているほど評価されるでしょう。住まいが持ち家で、家族と同居していることも評価につながります。

ただし、収入を高く見せるため書類に書き込む年収を増やしても、職業や勤続年数などからおよその年収額を推測できるため、虚偽申告とみなされ審査では逆効果となります。

2-2.同時に複数のクレジットカードを申し込む

同時に何社ものクレジットカード会社に申し込むことを「多重申し込み」と呼びます。多重申し込みも審査通過には不利な要因です。

クレジットカードを何枚も持つと「貸し倒れ」リスクが高まるためです。これは、同時に数社からお金を借りることで返済が困難となり、クレジットカード会社が貸した金額を回収できなくなる状況を指します。

2-3.金融事故を過去に起こしている

金融事故とは「クレジットカードの支払いに長期間遅れた」または遅延が続いたことで「クレジットカード会社から強制解約させられた」といった事案などが該当します。

金融事故を起こすと、5年間「信用情報機関」に情報が登録されます。信用情報機関とは、個人のクレジットカードの審査や借入・返済の履歴に関する情報を照合できる機関です。金融事故を起こした場合、その後5年間にクレジットカードの審査を受けたとしても、高確率で落ちてしまうでしょう。

2-4.高額な借金がある

現在抱えている借金額が高いと、審査に落ちやすくなってしまいます。高額の基準は「年収の3分の1以上」の借金です。借金額を減らさなければ、審査に通りにくいでしょう。

2-5.クレジットカードを初めて作る

たとえ収入や職業、住まいなどに問題がなかったとしても、クレジットカードを初めて作る場合は審査に落ちる可能性があります。理由としては、過去に取引や返済の履歴がなく、信用できる人物かどうかの判断が難しくなるためです。

2-6.申込書に記入漏れがある

クレジットカードへの申し込み時に、書類へ正しく記入できていないと審査に落ちる可能性が高まります。例えば「年収や職業が空欄になっている」「記入した住所と、本人確認書類の住所が異なる」などのケースです。

2-7.必要な書類の提出漏れがある

クレジットカード会社から提出を求められた書類に漏れがあると、審査に落ちる要因となります。必要な書類はすべてそろえて提出しなければなりません。

3.クレジットカードの審査で見られることが多い基準とは?

クレジットカードの審査で見られることが多い基準とは?

すべてのクレジットカード会社は審査基準を公開していません。細かな審査基準は把握できませんが、重視されている(審査に影響を与えやすい)と予測できる審査基準は存在します。

以下では、一般論として重視される審査基準について解説します。

3-1.申込者の属性情報

申込者の基本的な属性情報です。支払い能力に影響する年収や職業、雇用形態、勤続年数、企業規模などが挙げられます。

  • 職業:公務員など、雇用の安定した職業を評価する
  • 雇用形態:アルバイト・パートや派遣社員より、収入の安定した正社員を評価する
  • 勤続年数:長い方が有利となる
  • 企業規模:中小企業よりも大企業の方が有利となる

このような観点でチェックされると考えられます。

3-2.利用履歴などの信用情報

ローンや借入などの利用履歴、返済に関する情報を「信用情報」と呼びます。要は、過去に利用したクレジットカード会社などで期日通りに返済したかをチェックされます。

過去数年間までさかのぼって利用履歴を確認されるため、普段から返済の約束を守っておくことが大切です。

3-3.保有資産の有無

「保有資産」には、預貯金額や家族構成、不動産などの資産、居住年数などが該当します。たとえ不安定な職業だったり、年収が低かったりしても、保有資産を蓄えていることで審査に通る可能性は高まるでしょう。

家族構成では一人暮らしより、配偶者や子どものいる方が「家族を養えるだけの資金力がある」と評価されます。また居住年数が長い方が、頻繁に引っ越しを重ねているよりも貸し倒れリスクが軽減されると考えられます。

不動産・株式などの資産は現在の評価額にもよりますが、評価にはプラスに働くでしょう。

3-4.支払可能見込額

支払可能見込額

「支払可能見込額」とは、個人の収入から生活に必要な資金(支出・債務など)を除いて、1年間でクレジットの支払いに利用できると見込まれる金額を指します。

法律により「支払可能見込額」を超えるクレジットの利用は禁止されています。支払可能見込額に「0.9」を乗じた金額を超える利用額のクレジットカードは新たに発行、更新できません。例えば支払可能見込額が100万円の場合は、90万円の枠を超えるクレジットカードは利用できません。

このように支払可能見込額も審査で重視される項目です。

3-5.ローンなどの残高

クレジットカードに付与されているキャッシング枠に関して、「貸金業法」に基づき、年収の3分の1以上の貸付は禁止されています。

例えば、年収600万円の場合は、200万円を超える貸付はできません。もしローンなどが100万円残っていた場合は、残り100万円しか貸し付けられず、カードが発行されない可能性は高まります。

なお、個人事業主で事業契約や実績によって、返済の見込みが合理的に考えられる場合は、例外的に認められることもあります。

4.クレジットカードの審査に落ちたときの対処法は?

万が一、クレジットカードの審査に落ちた場合はどのように行動すべきかについて解説します。

4-1.半年ほど期間を空けてから申し込む

クレジットカード会社の審査に落ちた直後は、別の会社に申し込んだとしても落ちる可能性が高いでしょう。なぜなら、「クレジットカード会社が過去に信用情報を参照した」という事実が「信用情報機関」に保存されているためです。

参照したという信用情報が消える、半年以上の期間を空けて申し込みましょう。ただし、過去に金融事故を起こした場合は、それ以上の期間を空けなければなりません。

4-2.キャッシング枠を0円に設定して申し込む

キャッシングとは、後払いのショッピングではなく、ATMなどから現金を借り入れる機能です。一般的にキャッシング枠の金額が高いと、貸し倒れリスクは高まります。

そのため、キャッシングを利用する機会のない場合は、キャッシング希望枠を0円に設定して申し込みましょう。

4-3.申し込みするクレジットカードを変える

基本的に「審査に通りやすい」クレジットカードは存在しませんが、クレジットカード会社を変えれば審査に通るかもしれません。また、年会費が高く特典の充実した「ステータスカード」ではなく「一般カード」を選ぶことも手段のひとつです。

4-4.固定電話の番号を記入する

スマートフォンなどの携帯端末だけでなく、固定電話の番号も記入することで評価は高まると考えられます。理由としては、以下があげられます。

  • 複数の連絡手段を持っている
  • 本人確認時に連絡を取りやすい
  • 固定電話回線の名義人を調査できる

自宅に固定電話があれば、その番号を記入しておきましょう。

4-5.クレジットカードの枚数を減らす

クレジットカードの枚数を減らす

保有するクレジットカードの枚数が多いほど「貸し倒れリスク」が高まるため、審査には不利となります。そこで使用する予定のないクレジットカードを解約すれば、貸し倒れリスクを低減することが可能です。

今後使わないクレジットカードは、WEBサイトや電話で問い合わせて解約を申し込みましょう。

4-6.クレジットカードではなくカードローンも検討してみる

クレジットカードではなくカードローンに申し込むことで、キャッシングをしたいというニーズを満たすことができます。

クレディセゾンの「MONEY CARD(マネーカード)」は、資金の利用目的が自由であることに加え、年会費・入会費が0円であるため、保有コストがかかりません。融資額も最大300万円です。全国のコンビニ・ATMで利用できるので、急な支出にも備えられます。

MONEY CARDの詳細はこちら

MONEY CARD
MONEY CARD

マネーカードについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

4-7.属性を磨く

支払い能力に影響する年収や職業、雇用形態、勤続年数、企業規模を磨く(信用力や資金力を高める)方法です。より安定した職業に転職する、アルバイトから正社員に登用される、といったアプローチが考えられます。ただ、勤続年数も審査には影響するため、好条件とならない限り、安易な転職には注意してください。

5.クレジットカードに関するよくある質問

クレジットカードに関するよくある質問

クレジットカードに関して、以下の質問がよくあります。

5-1.クレジットカードの審査に落ちた理由を問い合わせると教えてもらえる?

クレジットカードの審査に関する情報は非公開です。原則として問い合わせても教えてもらえません。

ただ、クレジットカード会社が審査時に参照したと予測できる個人の「信用情報」を、個人で確認することは可能です。国内に3社ある機関に問い合わせてみてください。

5-2.債権整理をしている期間は審査に落ちやすい?

債務整理とは、借金を減らす、支払いに猶予を持たせるといった法的手続きです。債務整理は借金を予定通りに返すことが困難な際に利用される手続きですが、債務整理中だからといって審査に落ちやすいとは言い切れません。

ただし、借金を返済できないと裁判に申し立てる「自己破産」時には、審査に落ちる可能性が高まります。

5-3.審査がないクレジットカードはある?

ありません。すべてのクレジットカードに審査が設けられているため、審査がないクレジットカードは今のところ存在しません。

おわりに 

クレジットカードは現金を持たずにショッピングができる便利なカードです。しかし、クレジットカードの発行、更新には審査通過が欠かせません。審査には、支払い能力に影響する年収や職業、雇用形態、勤続年数、企業規模などの要素が影響します。

一方で、支払いの遅れや金融事故といったトラブルは審査に悪影響をもたらすため、金融機関との約束を日々確実に果たしていく必要があります。万が一、審査に落ちた際には「クレジットカードの枚数を減らす」「固定電話の番号を記入する」といった対処法も試してみてください。

【貸付条件】セゾンカードローン/セゾンカードローンゴールド/メンバーズローン(クレディセゾン)

ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 12.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 17.52%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
マンション管理組合ローン
ご融資額:50万円~5億円
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+0.3~6.0%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~180回/12ヵ月~180ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:なし
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は110,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要

ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。