更新日
公開日

知っておきたいお布施の金額と相場とは?宗教での違いと注意点を紹介

知っておきたいお布施の金額と相場とは?宗教での違いと注意点を紹介
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

お布施とは葬儀や法要などの際に、僧侶へ渡すお金のことです。身近な方が亡くなった経験がないと、お布施を意識する機会は少ないでしょう。しかし、事前に知識を持っておくと、いざご自身がお布施を渡す立場になった時に慌てることなく安心です。

お布施はいくら包むと良いの?相場はどのくらい?といった疑問を持つ方のために、本記事ではお布施の金額や相場をまとめるとともに、宗派ごとの金額や注意点についても解説します。

この記事のまとめ

お布施は葬儀や法要の際に読経をしていただくことへの対価として僧侶へ納めます。葬儀におけるお布施の相場は200,000円~400,000円が一般的です。法要については場面ごとに変わりますが、一周忌までの法要では基本的に30,000円~50,000円が目安となります。
また、宗教によってもお布施の相場は変わってきます。お布施を渡す時は、奉書紙(ほうしょがみ)または白い封筒に入れて袱紗で包み、切手盆や菓子折りの上に乗せて渡しましょう。渡すタイミングは基本的に儀式の前後です。
お布施はあくまでもお寺への感謝の気持ちを表したものです。明確に金額は決まっていませんが、相場を目安に準備しておくと安心でしょう。

MONEY CARD
MONEY CARD

お布施とは?

お布施とは?

葬儀や法要を行った経験のない方にとっては、お布施についてよく分からないことも多いかもしれません。お金に関することなので、周りの方に実際の金額を聞くことをためらう方もいるでしょう。

お布施について歴史から学び、お布施の大切な役割を理解してみてください。

法要に欠かせないお布施とは?

お布施とは、葬儀や法要などの際に、僧侶に読経をしていただいたり、戒名を付けていただいたりしたお礼として納めるお金のことです。このお布施がご本尊を守るお寺の維持管理や活動維持費となります。

そもそも「お布施」という言葉は、古代インドの共通語であるサンスクリット語の「ダーナ(壇那)」から由来しており「清い心で人に説法をしたり、物を与えたりするなど施しをする」という意味があります。

お布施の元になったインドの逸話があります。ある僧侶が法を説きながら家を回っていたところ、一軒の貧しい家に入りました。ありがたい話を聞いた家の人々は感謝の気持ちを伝えたかったのですが、貧しいため薄汚れた布を渡すしかありませんでした。僧侶は布を快く受け取り、縫い合わせて袈裟を作ったといいます。このエピソードが袈裟の起源となり、お布施の由来になったとされています。

気になるお布施の金額の相場について

それでは、儀式や行事によって異なるお布施の金額について相場を見ていきましょう。ただし、お布施はあくまでもお寺へ渡す感謝の気持ちの表れなので、個人差が生じます。

お布施の金額が少ないといわれた経験があったり、初めてのことで不安があったりする場合は、親戚などで詳しく話が聞ける方に相談してみても良いでしょう。

葬儀の場合

葬儀の場合

葬儀の際に納めるお布施には、お通夜と告別式、火葬時の炉前の読経料・戒名料が含まれます。一般的なお布施の金額は、200,000円~400,000円が相場となっています。地域やお寺によってもお布施の金額に差が見られるので、不安な方は葬儀担当者や親戚へ相談してみましょう。

また、仏教では亡くなった方に新たな名前を付けることを戒名といいますが、戒名料はランクによっても金額が数万円~数百万円と大きく異なってきます。

参照元:(2019年調査)葬儀のお布施の平均金額・相場のデータ

納骨の場合

納骨式の場合は10,000円~50,000円程が相場の目安となります。一般的に納骨式を行う際は、僧侶に開眼供養をしてもらいます。開眼供養とは、位牌に留まっている亡くなった方の魂をお墓へ移してあげる儀式です。

また、開眼供養の場合も別でお礼を渡す必要があります。開眼供養のお礼の相場は30,000円~100,000円程です。お布施やお礼は、ひとつの袋にまとめず、すべて別々の袋に分けて渡しましょう。

参照元:お布施の相場はいくら?ダメな金額はある?渡し方や書き方のマナーも紹介お墓に納骨する時のお布施の相場と渡すタイミングを解説 | お墓探しならライフドット

法要の場合

仏教では法要を行う日が定められています。命日から七日ごとに四十九日まで行う法要を忌日法要(きびほうよう)といいます。また、一周忌を始めとする三回忌や七回忌、十三回忌などの法要のことを年忌法要(ねんきほうよう)といいます。

亡くなった日から初めて迎える法要が初七日です。初七日のお布施の相場は30,000円~50,000円となっています。葬儀後にすぐ迎える初七日の法要は、親戚などがもう一度集まることが難しいということもあり、最近では葬儀と同日に行うことが増えてきています。初七日のお布施は葬儀のものとは別に用意しておくと良いでしょう。

仏教の考えでは、亡くなってから七日ごとにあの世で極楽浄土へ行けるかの審判が行われ、四十九日に判決が下るとされています。四十九日を迎えると家族や親戚で集まり、故人の成仏を願って法要を行います。

四十九日の法要で納めるお布施の金額は、30,000円~50,000円が相場です。葬儀の際に納めたお布施の一割程度ともいわれます。四十九日法要と合わせて納骨式を行う場合は、合算した金額を包みましょう。

一周忌の法要はまだ亡くなってから日が浅いためお布施の金額も少し多くなり、30,000円~50,000円を包みます。それから三回忌~五十回忌は10,000円~50,000円を納めるのが相場です。

最近では三十三回忌の法要を最後に「弔い上げ(とむらいあげ)」として以後法要を行わないことが増えてきています。弔い上げをする際のお布施は、50,000円~100,000円が相場です。

参照元:お布施の金額目安はどれくらい?法事や法要の意味とあわせて紹介 | 永代供養ナビ法要とは?意外と知らない法要の種類とお布施の相場|葬儀・お葬式なら【公益社】

お盆の場合

お盆の場合

命日から初めて迎えるお盆を「新盆」もしくは「初盆」といい、故人があの世から初めて帰ってくる時期と考えられているため、親族や友人と集まって法要を行います。

新盆・初盆で行う法要では、30,000円~50,000円のお布施を納めることが一般的です。その後1年に1度、通常のお盆法要でご先祖様を迎えます。その際のお布施は5,000円~20,000円を目安にすると良いでしょう。

お彼岸の場合

お彼岸で行う法要のお布施の相場は、自宅に僧侶を招く場合30,000円~50,000円を納めます。お寺で開かれる法要に参加する場合のお布施は、3,000円~20,000円が目安です。

春は春分の日を、秋は秋分の日を中日とし、その前後3日間を含めた7日間がお彼岸となっています。お彼岸はご先祖様や故人を偲び供養をする期間で、亡くなられてから初めてのお彼岸には法要を行うことが一般的です。

お布施は宗教によっても金額が違う?

お布施は宗教によっても金額が違う?

これまでお布施の一般的な相場について説明してきましたが、お布施の相場は宗教によっても違いがあります。

それぞれの宗教のお布施の相場は?

代表的な宗教の相場についてまとめました。

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗や臨済宗は禅宗を代表する派ですが、同じ禅宗でもそれぞれお布施の金額に違いがあります。

曹洞宗では、枕元で読経をする枕経やお通夜などでも僧侶が儀式をしてくれるので、すべての儀式についてお布施を用意する必要があります。そのためお布施の金額は300,000円~600,000円と高めです。

また、戒名のランクやお寺との付き合いの程度によっても相場は大きく変わってきます。さらに、葬儀の規模によって僧侶が複数お勤めにくることもあり、その場合のお布施は800,000円~100万円になることもあるようです。

臨済宗の葬儀においてのお布施金額も戒名のランクによって大きく金額が違ってきます。葬儀だけの場合は200,000円~300,000円が相場ですが、それに加えて戒名の1番下のランクで300,000円、最高ランクでは100万円を一緒に包みます。

戒名のランクに注意してお布施を用意すると良いでしょう。ちなみに、戒名は生前に付けていただくこともできるので、生前に戒名を付けてお布施を渡している場合は、葬儀のみのお布施を納めるだけで充分です。

参照元:葬儀・法事・法要のお布施の相場や渡し方、マナーを紹介 | 【公式】京花

日蓮宗

日蓮宗の葬儀では1回の読経につき50,000円~70,000円のお布施が相場となっています。日蓮宗の葬儀ではお通夜や告別式、火葬式など初七日までに何回も読経をしていただく理由から、読経の回数でお布施を用意します。

読経をしていただく回数によりますが、合計すると200,000円~400,000円ほどになるでしょう。その他には戒名料も納めます。戒名のランクによって大きく異なりますが、だいたい300,000円~900,000円となっています。

真言宗

真言宗にとって戒名とは、仏門に入った証しとされているので、戒名を付けることが必須です。また、他の宗派と同様にランクがあるので、戒名料としてのお布施の相場金額は300,000円~100万円以上となっています。

戒名のランクは遺族の意向を組んでもらえることもありますが、故人の生前の社会的地位や社会貢献、ご先祖様の戒名のランクも含めて僧侶が最終的に判断します。戒名のランクが高くなることも想定しておきましょう。戒名料と葬儀のお布施を合わせてだいたい500,000円~100万円以上が相場となります。

浄土宗

浄土宗では、お布施は読経料などのお礼としてではなく仏様への感謝の表れを気持ちとして渡します。お布施の平均金額は100,000円~300,000円程とされ、他の宗派より少し低めです。

また、年収の1割~2割を目安に渡すということもあるようです。戒名料については他の宗派と同じくランクごとに金額が変わる傾向で、50,000円~100万円とかなりの幅があります。

参照元:浄土宗の葬儀の流れとは?マナーについても解説【2022】戒名の相場はいくら?宗派別の戒名料とお布施の包み方

浄土真宗

浄土真宗でも浄土宗同様、お布施は仏様へ渡すとされています。相場は100,000円~300,000円が目安です。

また、浄土真宗では「法名」といって戒名と同じく名前を付けてもらうことがありますが、ランクのある戒名と違って法名にはランクがありません。法名を付けてもらう際にも、お布施は不要とされていますが、渡す場合は30,000円~50,000円を納めるのが相場のようです。

お布施の金額に幅があるのはなぜ?

お布施の金額に幅があるのはなぜ?

お布施の金額にはっきりとした決まりがない理由は主に3つあります。

1つ目は「感謝の気持ち」という感情を表現した金額という点です。お寺に金額を相談しても「お気持ちで」と言われるのは、お布施が読経料や戒名料という意味の他に「仏様に捧げられるもの」との意味が込められているからかもしれません。

2つ目は葬儀の場合、その規模によってお寺からいらっしゃる僧侶の数が複数になることがある点です。また、お勤めにいらっしゃる僧侶の格も影響します。例えば、お寺から2名お勤めにいらっしゃる場合、別々のお寺からそれぞれの住職がいらっしゃるパターンと同じお寺の住職と息子がいらっしゃるパターンではお布施の金額は変わってきます。

3つ目は、地域性による点です。一般的に西日本より東日本の方が高い傾向にあるといわれています。

お布施のマナー

お布施を渡す時には、奉書紙などに包んでから渡しましょう。お布施の書き方など、正しいマナーを身に付けておくと安心です。

お布施の書き方

お布施を渡す時には奉書紙に包むのが一般的ですが、白い封筒でも良いでしょう。

奉書紙や封筒の表面には、上側中央に「お布施」または「御布施」と書き、その下に苗字や氏名、〇〇家など名前を書きます。

奉書紙を使う場合、中袋にお金を入れます。中袋がない場合は白い封筒でも代用可能です。中袋の表面には、上側中央に漢数字で納める金額を記入します。裏面には、左下に住所、氏名、電話番号を忘れずに書きましょう。

奉書紙を使う場合で表面に苗字や〇〇家と書いた時には、裏面に氏名を記載します。奉書紙を使わず白い封筒で包む場合には、裏面の右上に漢数字で金額を、左下に住所や氏名を記入しましょう。初めて僧侶に渡す場合は、電話番号も合わせて記載しておくと親切です。

お布施で渡すのにダメな金額はある?

お布施を用意する際に、注意しなければならないのがマナー違反です。お布施にダメな金額はあるのでしょうか。

結婚式でのご祝儀や葬式のお香典には、割り切れる数はいけないというルールがありますが、お布施の場合は基本的に20,000円など割り切れる金額であっても問題ありません。

また、一般的に不吉な数字といわれる「4」や「9」といった数も気にする必要はないでしょう。ただし、端数は切り上げるなど、中途半端な金額になることは避けた方が良いです。

お布施の渡し方とタイミングについて

お布施の渡し方とタイミングについて

お布施の渡し方にも正しいマナーがあります。また、葬儀や法要の際は慌ただしくなることが多いので、事前に確認してスムーズに渡せるように準備しておくことをおすすめします。

お布施の渡し方とやってはいけないこと

お布施を持ち歩く際は、奉書紙や封筒のまま持ち運ぶことはしない方が良いでしょう。必ず袱紗に包んで持ち運びをします。渡す直前まで袱紗に包んでおき、渡す時には「切手盆」と呼ばれる黒塗りのお盆か、菓子折りの上に乗せて渡すのがマナーです。

ここで気をつけたいのが「挨拶の言葉を添える」ということです。お布施を渡すと同時に、葬儀や法要で読経をしていただくことへの感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。また、奉書紙や封筒の向きにも注意が必要です。

相手側から見て正面の向きになるように差し出します。切手盆を使用した場合は、僧侶が受け取ってからお盆を下げるようにします。お盆がない場合は、袱紗をたたんだ状態にしてお盆代わりにしても構いません。奉書紙や封筒の向きに注意して両手で渡しましょう。

お布施を渡すタイミングはいつ?

お布施はどのようなタイミングで渡すと良いのでしょうか。はっきりとした決まりはありませんが、スムーズに渡せるよう場面ごとにおすすめのタイミングを紹介します。

葬儀の場合

葬儀の場合は、一般的に葬儀が始まる前の挨拶時または葬儀が終わった後にお布施を渡します。葬儀当日に渡すことができなかった場合は、後日お寺を訪れて渡しましょう。

納骨の場合

納骨の場合は、納骨式が始まる前に挨拶をするタイミングでお布施を渡します。お布施を渡すタイミングを逃してしまって儀式を終えた場合は、終わってから渡しましょう。当日に渡せなかった場合は、後日早めにお寺へ渡しに訪問します。

法要の場合

自宅に直接僧侶に来てもらい法要をした場合は、儀式が始まる前に挨拶をするタイミングで一緒に渡しましょう。お寺で合同法要を行う場合は、挨拶をする時間がなく僧侶に直接渡せないことも考えられるので、お寺の入り口にある受付で渡す流れが一般的です。

お盆の場合

新盆のように法要と一緒に会食も行う際は、法要が行われた後または会食後にお布施を渡すと良いでしょう。お寺で行う場合はお寺の入り口で受付をするタイミングで渡します。

お彼岸の場合

お彼岸の場合、合同法要においてはお盆の場合と同じようにお寺にある受付で渡しましょう。受付が設けられていない場合は、法要前か終わった後に僧侶に挨拶できるタイミングで渡しても問題ありません。

葬式や法要ではお布施以外にも費用が必要

葬式や法要ではお布施以外にも費用が必要

これまでお布施について詳しく解説してきましたが、お布施以外にも僧侶へ納めるお金が存在します。それは「お車代」と「御膳料」です。

お車代とは葬儀や法要の際、僧侶がお寺から自宅などの会場への移動にかかる交通費を指します。お車代の一般的な目安は5,000円~10,000円程です。僧侶を送迎する場合はお車代を用意する必要はありません。

御膳料とは葬儀や法要後の会食において、僧侶が出席を辞退した場合に会食代として渡します。僧侶が会食に出席した場合は渡す必要はありません。状況に合わせて判断しましょう。

お布施やお車代、御膳料など葬儀や法要にかかる費用は高額になりがちです。急な出費や日々の出費に困った時には、クレディセゾンのMONEY CARD(マネーカード)を持っていると安心でしょう。審査に通れば最短数十秒で振り込まれて、全国の金融機関やコンビニ、ATMで利用可能です。ぜひご検討ください。

MONEY CARDの詳細はこちら

MONEY CARD
MONEY CARD

参照元:お葬式におけるお布施の相場はある?渡し方やマナーも解説

おわりに 

お布施の相場金額や宗派による金額の違い、渡す時のマナーについて詳しく解説しました。仏様やお寺へ感謝の気持ちを表すお布施ですが、結果として故人やご先祖様が安心して眠られるようお寺の維持管理などに役立てていただけます。お互いが快く付き合っていけるように、心を込めて渡しましょう。

【貸付条件】セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)

ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~950万円
ご融資利率:実質年率 2.8%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 4.08%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の3.3%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の3.3%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする