更新日
公開日

洗面所のリフォームはいくらでできる?費用相場や注意点を知って快適な空間へ

洗面所のリフォームはいくらでできる?費用相場や注意点を知って快適な空間へ
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

洗面台が壊れた、洗面所内の劣化が目立つ、スペースが活用できておらず使いづらいなど、洗面所のリフォームを考える理由はさまざまです。しかし洗面所のリフォームを考えた際に、誰もがまず悩むのが費用ではないでしょうか。この記事ではリフォーム箇所別の交換費用の目安について解説しています。また、失敗しないために注意すべきポイントやコスト削減のためのコツもご紹介するのでぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

基本的な洗面所のリフォーム箇所には洗面台や床、壁紙などがあります。一般的な洗面台の耐用年数は15~20年とされていますが、使用頻度によって短くなることも考えられます。また湿気の多い洗面所は、壁紙や床材の劣化が見られやすい場所です。コストや施工期間短縮を考えると、洗面台交換の際に合わせて内装もリフォームするのが効率的といえます。洗面所のリフォームに失敗しないためには、自分がどのような洗面所にしたいのかイメージを膨らませること、洗面所全体のバランスを見て内装・洗面台など個々のデザインを決めることが大切です。

セゾンのリフォームローン
セゾンのリフォームローン

1.洗面所のリフォーム箇所と交換・改修の目安

洗面所のリフォーム箇所と交換・改修の目安

洗面所は戸建てに限らず、劣化が見られればマンションでもリフォームすることが可能です。ここでは洗面所のリフォーム箇所ごとに、交換や改修の目安について解説します。

1-1.洗面台

一般的な洗面台の耐用年数は15~20年とされています。ただし、家族の人数が多ければ洗面台の使用頻度も高くなるため、短い年数でも劣化が進み、交換や修繕が必要になります。以下のような症状が見られたら交換や修繕を検討しましょう。

  • 洗面ボウルにヒビが入った
  • シャワーホースや排水管から水漏れしている
  • 鏡が割れている
  • キャビネットが壊れている

洗面台とは洗面ボウルと水栓金具が組み合わされた設備です。手洗いや洗顔などの行為が目的で設置されており、壁付け型・置き型・埋め込み型と大きく3つの種類があります。

この洗面台に、収納スペースや身だしなみを整える機能を取り入れたものが洗面化粧台です。洗面化粧台には、さまざまなパーツや設備が一体になっており、サイズや幅が決まっているユニットタイプ、パーツを自由に組み合わせてサイズや幅を1mm単位で決めることができるシステムタイプの2種類があります。

また、メーカーから販売されている洗面台のグレードもさまざまで、低価格では5万円前後から、多機能であれば100万円以上するものまで幅広く用意されています。

1-2.床

洗面所は湿気や水分にさらされやすいため、状態に応じて床のリフォームが必要となる場所です。リフォームが必要なケースとしては、湿気や漏水などによって床材の下地が腐食してしまっているなどが挙げられます。

床を踏んだときにぶよぶよしたような感じがした場合は、早急に張り替えを検討しましょう。

1-3.壁紙

水が跳ねやすい洗面所の壁紙は、カビや匂いが発生しやすい傾向にあります。カビや汚れがとれない、臭いが落ちないなど壁紙が劣化してきたら張り替えの目安です。

張り替える壁紙は、抗菌・防水加工がされているものがおすすめです。洗面台の交換と併せて行うのであれば、洗面所全体の雰囲気も考慮して壁紙のデザインを選ぶと良いでしょう。

1-4.収納

洗面所はタオルや洗剤、化粧品など収納するものが多くなりがちです。ものが収納しきれず溢れてきたら、収納棚の増設やキャビネットの設置などを検討しましょう。

スペースを有効活用するために、洗濯機を移動させるリフォームを行うという方法もあります。収納したいものの量やスペースに応じて、洗面所内を見直してみてください。

2.洗面所のリフォームにかかる費用と内容

洗面所のリフォームにかかる費用と内容

一般的な洗面所のリフォーム費用の相場は、200,000円~300,000円とされています。洗面台のみの交換なのか、内装も含めたリフォームなのかによって費用は大きく異なります。

また予算によってできるリフォーム内容も異なってくるでしょう。ここではリフォーム内容別に費用目安をご紹介します。工事費用の目安も記載しているので参考にしてください。

■工事内容と費用の目安

工事内容工事費用の目安
洗面台の交換30,000円~50,000円
配管工事50,000円
電気配線工事30,000円
内装工事40,000円~50,000円
洗濯機パンの設置15,000円~30,000円

参照元:リフォームのリノコ、参照元:リショップナビ

2-1.洗面台の交換のみなら100,000円程度で可能

洗面台の種類やグレードはさまざまですが、シンプルで低価格な商品に交換する場合は100,000円程度に費用を抑えることができるでしょう。洗面台の交換は1日あれば完了するので、低コストかつ短期間でリフォームをすることが可能です。

事例として古いタイプの洗面台から、シンプルでスタイリッシュなデザインの洗面台に87,000円(税込)で交換したケースがあります。ただし、配管工事を伴う場合はプラス工事費用として50,000円ほど必要となります。本体と交換費用だけで済むのか、工事費用までかかるのか、あらかじめ確認しておくと安心でしょう。

2-2.内装もリフォームするなら200,000円前後が目安

洗面台だけでなく、洗面所の壁紙や床の張り替えを伴うリフォームを行う場合、200,000円前後の費用がかかります。

洗面所をリフォームする際に多いのが、洗面台だけ交換したものの、交換後に壁紙や床の汚れが気になり、後から張り替えも行ったというケースです。そうすると費用がかさんでしまうだけでなく、二度手間になってしまうことも考えられます。

洗面台を交換する際は、事前に壁紙や床の劣化や汚れの状況を把握しておき、一気にリフォームすることを視野に入れておくとスムーズです。

2-3.ハイグレードの洗面台に交換するなら200,000~500,000円

洗面台にこだわりがあり、多機能なハイグレードモデルに交換する場合は費用が200,000~500,000円ほどかかることも考えられます。

ハイグレードな洗面台にはタッチ水栓や広々とした収納が装備されているものが多く、より快適な洗面所空間を確保したい方におすすめです。ただし、施工期間が1~4日ほどかかる場合があるので考慮しておきましょう。

2-4.洗面台の移動や大きな収納の追加を伴うなら500,000円以上

洗面台を移動したり、新たな収納スペースを追加したりするリフォームの場合、費用が500,000円以上かかるケースもあります。これは、洗面台を移動するに当たって給排水管の工事が必要となる可能性が高く、工事費として別途200,000~300,000円ほどかかるためです。

セゾンのリフォームローン
セゾンのリフォームローン

3.洗面所のリフォーム費用を抑える3つのコツ

洗面所のリフォーム費用を抑える3つのコツ

洗面所のリフォームがしたいけれど費用がどれくらいかかるか不安という方も多いでしょう。ここでは洗面所のリフォーム費用をできるだけ抑えるための3つのポイントをご紹介します。

3-1.洗面台や部材のメーカーにこだわらない

洗面台・壁紙・床材などの本体価格はリフォーム費用に大きく影響します。メーカーにこだわらず、リーズナブルなメーカーのものを選ぶことで費用を抑えられるでしょう。リフォーム会社は定価よりも安く商品を提供してくれますが、メーカーによって割引率は異なります。同じ条件やグレードでいくつかのメーカーの見積もりを出してもらうと比較がしやすいでしょう。

3-2.グレードをダウンさせる

洗面台や壁紙、床材など交換するもののグレードを下げるとコストが抑えられます。例えば洗面台では、使わない機能や必要以上の収納など余計なものがついていないかといった点を考慮すると良いでしょう。

ただし、コストを考えるあまりグレードを下げすぎて使いづらくなっては意味がありません。ご家庭に合った、必要な機能と収納スペースが備わった洗面台を探すことをおすすめします。

3-3.洗面台の交換と内装工事を同時に行う

洗面台を交換する際、床や壁紙の劣化も気になるのであれば、内装工事も併せて行うのがおすすめです。別々にリフォームを行うと工事費用がそれぞれかかるからです。

また、洗面台のみのリフォームする予定が、いざ洗面台を撤去してみると、床が歪んでいたり排水部分が腐食していたりと見えなかった部分の劣化が著しく、後から内装工事も必要となってしまったというケースも。

リフォームを始める前には洗面所内の状態をよく確認しておくことが大切です。洗面台のみのリフォームを考えている場合でも、リフォーム会社に見積もりを出してもらう際に洗面所内の状態について相談してみるのも良いでしょう。

リフォームの費用でお困りの方は…
セゾンのリフォームローンへご相談ください!

おすすめのポイントは3つ
  • ・WEBで24時間365日申し込み可能
  • ・最短2営業日で結果回答
  • ・投資用物件にも利用可能

\セゾンのリフォームローン/ セゾンのリフォームローン

4.洗面所のリフォームに失敗しないための注意点

洗面所のリフォームに失敗しないための注意点

ここでは洗面所をリフォームする前に注意しておきたいポイントを解説します。

4-1.どのような洗面所にしたいか具体的にイメージする

希望する機能や優先順位を家族で話し合うことが大切です。男性の場合、洗面台で髭を剃ったり、夏場に汗をかいたらさっと頭を洗ったりすることもあるため、大きめの洗面ボウルやシャワータイプの蛇口が備わっている洗面台が使いやすいでしょう。

女性の場合はスキンケアや化粧などをする機会が多いため、大きな鏡やスキンケア用品を収納できるスペースを設けることをおすすめします。また、現在使っている洗面所で不便に感じている点や、不要な設備をピックアップしておくと決めやすくなります。

4-2.洗面台のサイズや機能を確認する

新しい洗面台を選ぶために、現在使用している洗面台の横幅サイズを測っておきましょう。メーカーから販売されている規定サイズには600mm、750mm、900mmなどがあります。同サイズの洗面台に交換するのであれば、余計な施工や費用がかかることはないでしょう。

しかし、例えば洗面台のサイズを大きくしたいという場合には、洗面台の位置自体を変更しなければいけないことも考えられます。そのため、現在使用している洗面台のサイズと交換したいと考えている洗面台のサイズを確認しておくと良いでしょう。

洗面台カウンターが高過ぎたり低過ぎたりすると、顔を洗う際に腰への負担が増えてしまいます。洗面台カウンターは「身長÷2」が最適な目安とされているので、家族の身長に合わせて高さを選ぶのが良いでしょう。

また、洗面ボウル下やミラー部分に内蔵されるキャビネットは、使い方のニーズに合わせて選ぶと無駄なスペースを減らすことができます。大きなバケツなど掃除道具を収納する場合には、引き出しと開き戸の両方あるほうがすっきり収納できますし、スキンケア用品だけであれば引き出しタイプのみでも対応できるでしょう。

4-3.給排水管や電気配線の位置を調べる

古い洗面台と新たに設置する洗面台のサイズや配管位置が合う場合、そのまま施工することができます。

しかしサイズや配管位置が異なる場合は、位置が合わず配管・配電工事が必要となることがあるでしょう。工事の要不要によって施工期間や費用も異なってくるため、事前に配管位置を調べておくことをおすすめします。

4-4.内装・洗面台・家電などのバランスをチェックする

内装・洗面台・家電などのバランスをチェックする

内装や洗面台、家電などのバランスをチェックすることも失敗しないためのポイントです。洗面台や壁紙、床にはさまざまなデザインのものがあります。そのため、洗面台自体はおしゃれなデザインでも、実際に洗面所に配置すると内装や家電とのバランスが悪く浮いて見えるなんてことも考えられます。統一感のある空間にするためには、トータルバランスが大切になるのです。

4-5.リフォーム費用の支払い方法を考える

壁紙などの張り替えも同時に行う大がかりなリフォームや、高機能な洗面化粧台への交換を検討している場合、どうしても費用が高額になってしまいます。洗面所のリフォームをしたいと思っていても支払い方法に悩まれる方もいるでしょう。

そんなときは、リフォームローンを組むのもひとつの方法です。セゾンのリフォームローンなら、理想の家づくりを徹底的にサポートします。リフォームに伴った片付けや掃除などで忙しいときでも、24時間いつでもWEBで申し込み手続きが可能です。担保や保証人の設定が不要なので、手間や負担が少ないのもうれしいポイントです。

セゾンのリフォームローンの詳細はこちら

セゾンのリフォームローン
セゾンのリフォームローン

セゾンのリフォームローンについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

おわりに

毎日使う洗面所だからこそ劣化症状が見られる場合には早めの修理や修繕が必要です。またご家庭の使用状況などに応じた洗面所にリフォームすることで、充実した空間に変えることができるでしょう。

【貸付条件】セゾンのリフォームローン(クレディセゾン)

ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 12.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 17.52%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は110,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。