更新日
公開日

消費者金融のデメリットを紹介!上手に利用する方法はある?

消費者金融のデメリットを紹介!上手に利用する方法はある?
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

消費者金融とは、個人向け融資を取り扱っている金融機関を指します。消費者金融の融資はお金が必要な方にとって便利なサービスですが、「消費者金融でお金を借りるのは不安」「他にお金を借りる方法を知りたい」と考えている方も多いでしょう。

そこで今回は、消費者金融のデメリットに関して解説します。また、デメリットだけでなく消費者金融を上手に利用する方法も紹介するので、ぜひご一読ください。

この記事のまとめ

消費者金融は貸金業法に基づいて提供されるサービスです。すぐに借り入れできる、返済方法を自由に選べる、といったメリットがあります。一方で、金利が高い、悪いイメージを持っている人が多い、といったデメリットもあるので注意しましょう。
消費者金融を利用する際は、できるだけ早めに繰り上げ返済をすると返済金額を安く抑えることができます。そのため、返済計画を立てて利用すると良いでしょう。個人向け融資サービスは消費者金融だけではありません。信販系のカードローンを利用する方法もあるので、目的に合わせて最適な方法を選択することが大切です。

1.消費者金融とは?銀行カードローンとどこが違う?

消費者金融とは?銀行カードローンとどこが違う?

消費者金融とは、個人向け融資を行っている金融機関を指します。消費者金融の融資と似たサービスとして銀行カードローンがありますが、消費者金融の融資と銀行カードローンには3つの違いがあります。

消費者金融の融資の特徴と銀行カードローンとの違いについて解説します。

1-1.消費者金融とは

消費者金融とは、貸金業法に基づいて、個人向けに小口融資を行う金融機関を指します。

金融庁の許認可を受けた金融機関として都道府県に登録されており、貸金業法に基づいて融資を行っています。短時間で申し込みから借り入れまで行える点が特徴的で、なかには申し込み当日に借り入れできる会社もあります。

消費者金融の融資は、できるだけ短時間でお金を借りたい場合に便利なサービスです。

1-2.銀行カードローンとの違い

銀行カードローンとは、メガバンクや地方銀行などが提供している個人向け融資サービスです。

消費者金融と同じ個人向け融資サービスですが、法律、金利、保証会社という3つの点において違いがあります。それぞれの違いについて解説します。

 ・法律の違い

銀行カードローンは、消費者金融とは異なる法律に基づいてサービスを提供しています。銀行カードローンは銀行が提供しているローンなので、銀行法が適用されます。

一方で、消費者金融の融資は貸金業法に基づいて提供されているサービスです。銀行法と貸金業法、2つの法律で大きく異なる点は、総量規制の有無です。貸金業法には、総量規制というルールがあり、利用者は年収の1/3までしか借り入れできません。

しかし、銀行法では総量規制のようなルールはありません。銀行ごとに融資額を判断するため、明確な基準が設けられていないのです。しかし、銀行も確実に返済してくれる方を選んで融資する必要があります。総量規制がなかったとしても、年収を重要な判断基準とされる可能性は高いでしょう。

 ・金利の違い

消費者金融と比較して、銀行のカードローンの方が上限金利が低い傾向にあります。銀行カードローンの金利は年14.5%程度です。

一方、消費者金融の融資の場合は年18%程度が借り入れ金利の平均です。消費者金融と銀行カードローンの金利が異なる理由は、保証会社の有無が関係しています。

銀行カードローンの場合、利用者が返済不能に陥った場合に備えて保証会社がついています。しかし、消費者金融には保証会社がついていません。消費者金融側としても貸倒れのリスクがあるため、金利を高く設定してリスクヘッジをしているのです。

 ・保証会社の違い

銀行カードローンには、保証会社がついています。保証会社とは、お金を借りている人が借り入れ金を返済できなくなった際に、代わりに銀行へ返済してくれる会社のことです。

銀行カードローンの場合は、保証会社が、実質的な審査や運営を代行しています。万が一の保障をしてもらう代わりに、銀行は保証会社に対して保証料を支払います。

一方、消費者金融には保証会社がいません。自社で利用者の審査を行い、貸し付けを行っているため、仮に利用者が返済不能になった場合は大きな損失を受けます。

2.消費者金融のメリット

消費者金融のメリット

消費者金融での融資では、返済方法などを比較的自由に選べる特徴があります。

具体的には、返済方法や返済日を選べる、すぐにお金を借りられる、WEBで申し込みできる、といったメリットが挙げられます。以下で詳しく解説します。

2-1.返済日や返済方法が比較的自由

消費者金融の融資は返済方法の自由度が高いので、その時の状況に合わせて返済できます。

返済方法は各消費者金融によって異なり、口座振替、ATM支払い、コンビニ、振り込みなどから選べます。利用者に都合の良い返済方法を選べるので、忙しくて窓口まで行く時間がない人でも利用しやすいでしょう。

返済日も自由に選べる消費者金融もあります。5のつく日に返済する、35日間に1回返済する、返済日を完全自由に選べる、といった消費者金融もあります。利用者の生活サイクルに合わせて返済できるので便利です。

2-2.融資のスピードが速い

申し込みから借り入れまでのスピードが早いため、すぐにお金を借りたい時に便利です。

中には、最短即日で借り入れできる消費者金融もあります。無人ATMを利用すれば、申し込みから借り入れまでその場で済むこともあるでしょう。ただし、すぐに借り入れできるとしても、審査を行っていないわけではありません。

申し込みが殺到していたり、申し込み内容に不備があったりする場合は審査に時間がかかる場合もあります。

2-3.申し込みがWEBで完結

多くの消費者金融で、申し込みから借り入れまでWEB上で完結できます。

いつでもスマホで申し込めるので、忙しくてお金を借りに行く時間がない方に便利です。カードレスのサービスを利用すれば、カードを発行する手間も必要ありません。手続きに行かなくても借り入れできるため、家族や知人に知られずにお金を借りることも可能です。

周囲の人に知られたくない方や、スマホで気軽に申し込みたい方は、WEBで完結できる消費者金融が適しているでしょう。

2-4.少額融資が可能

消費者金融は、事業などで資金を調達したい場合の選択肢のひとつにもなります。融資額が50万円以下であれば、手続きの際に収入証明書が必要ありません。

少額の場合、手続きが簡単で審査も比較的通りやすいため基本的に即日借り入れできます。ただし、どんなに少額でも審査は必要です。場合によっては少額でも審査に通らない可能性もあります。

3.消費者金融のデメリット

消費者金融に悪いイメージを持っている方も多く「消費者金融を利用する人はヤバイ」といわれることもあります。

しかし、計画的に利用すれば、必要以上に怖がる必要はありません。消費者金融のデメリットについて解説しつつ、対策もご紹介します。

3-1.金利が高い

銀行カードローンと比較すると、金利が高く設定されているため注意しましょう。

銀行カードローンは14.5%程度のものが多いですが、消費者金融の場合18%程度です。特に初めてお金を借りる場合、信用が低いことから上限金利が適用される可能性が高いでしょう。ただし、借り入れと返済を継続すれば信用が上がるため、借り入れの上限額がアップしたり、金利が安くなる場合もあります。

また、消費者金融によっては無利息キャンペーンを行っている会社もあるため、うまく活用すれば金利を安く抑えられるでしょう。

3-2.悪いイメージを持っている方が多い

悪いイメージを持っている方が多い

消費者金融へ悪いイメージを持っている人も多いので、周囲の人へ利用していることが知られると、マイナスなイメージを持たれる可能性もあります。

周囲の人に「消費者金融なんて危険だからやめておけ」といわれることもあるでしょう。審査中に職場へ在籍確認の連絡が入る可能性もありますが、会社名を伏せて個人名で連絡がある場合がほとんどなので、消費者金融を利用したことが周囲に漏れる心配は低いでしょう。

また、WEBから申し込めば、家族や知人に利用を知られる可能性も低いです。周囲に気づかれないように利用できれば、マイナスなイメージを持たれる事態を避けられます。

3-3.本人の収入がないと借りられない

無職の方や収入がない方は、消費者金融を利用できない可能性が高いでしょう。

消費者金融は必ず申し込み者の審査を行います。収入がない方は返済できなくなる可能性が高いので、審査に通らない可能性が高いです。収入がない方は、生活福祉資金貸付制度や求職者支援資金融資などの制度を活用することをおすすめします。

3-4.総量規制の対象になる

消費者金融で借り入れできる金額には上限があります。消費者金融の融資は貸金業法に基づいて行われるサービスです。

貸金業法では、利用者が借り入れできる金額は年収の3分の1までと定められており、これを総量規制といいます。消費者金融は総量規制の対象になるので、借りたい金額を自由に選ぶことはできません。

しかし、これは無理な借り入れをしないように法律でセーブしてくれているとも考えられます。総量規制以上の借り入れは返済できなくなる可能性が高く、危険です。

3-5.他の審査に影響が出る

消費者金融の融資の返済中に住宅ローンなどの融資審査を行う場合、返済能力を超えた借り入れを防ぐため借り入れ金額が低くなる可能性があります。

また、消費者金融の返済が滞った場合、信用情報に延滞の情報が登録されるため、他の融資を受けにくくなる可能性もあります。

消費者金融を利用しただけで信用情報に傷がつくことはありません。しかし、消費者金融の返済が遅れた場合には信用情報に傷がつくので、他の融資やクレジットカードの審査に影響が出る可能性もあります。仮に他の審査への影響が出た場合、一部繰り上げ返済を行うと良いでしょう。少しでも早めに返済できれば、他の審査に有利に働きます。

3-6.借金を繰り返してしまうことも

消費者金融を一度でも借りると、借金への抵抗感がなくなってしまう方もいるため注意しましょう。特にWEB完結で申し込む場合、口座の金額が増えるだけなので「お金を借りた」という感覚が鈍くなりがちです。

借りている感覚がなくなると、借金への抵抗感がなくなり、どんどんお金を借りてしまう可能性もあります。お金を借りる際は、必ず返済計画を立てるようにしましょう。返済計画を立てることで、返済への意識が高まり、借金を繰り返しにくくなります。

4.消費者金融を上手に使うポイント

消費者金融でカードローンを利用する場合、いくつかのポイントを守って利用すると上手に使えます。例えば、借り入れをする際には必ず返済計画を立て、可能であれば早めに返済すると返済額を安く抑えられるでしょう。

また、必ず金融庁に登録された消費者金融を選ぶことも重要なポイントです。場合によっては、信販系のカードローンなどの借り入れ方法を検討しても良いかもしれません。以下に消費者金融を上手に使うポイントを紹介します。

4-1.返済計画をしっかり立てる

返済計画をしっかり立てる

消費者金融を使う際は、毎回返済計画を立てることをおすすめします。

返済計画を立てれば、返済への意識が高まり、お金の借り過ぎを防ぎます。また、返済計画を立てることで、お金の使い道を真剣に考えるようになります。返済だけでなく、借りたお金を計画的に使えるようになるでしょう。

4-2.繰り上げ返済をして早めに完済する

繰り上げ返済をすることで、返済額を減らせます。

返済期間が長期化するほど、利息の金額が大きく膨らみ総返済額が大きくなります。逆に、できるだけ早く返済すれば、返済金額を安く抑えられます。

また、無利息キャンペーン期間中に借り入れから返済まで終わらせることで、実質無利息でお金を借りられることもあるでしょう。無利息期間中に一括返済する方法も、お得に借りる手段として覚えておきましょう。

4-3.金融庁に登録しているところを選ぶ

消費者金融にも多種多様な会社があるため、会社選びは重要です。特に、違法な消費者金融を選ばないように注意すべきでしょう。以下のような消費者金融は比較的安心です

  • テレビCMや広告などを打ち出している知名度の高い消費者金融
  • 金融庁の登録業者検索で登録が確認できる消費者金融

違法な消費者金融は法外な金利で営業していたり、過度な貸し付けを行ったりする可能性があるため見極めは重要です。

4-4.消費者金融以外の借り入れを検討する

消費者金融以外の、借り入れ方法として信販系のカードローンがあります。

特徴は会社ごとに異なりますが、クレディセゾンのカードローン「MONEY CARD(マネーカード)」の特徴は以下の通りです。

  • 全国のコンビニ・ATMで利用可能
  • 指定の口座に最短数十秒で振り込み可能
  • 消費者金融よりも金利が安い

銀行カードローンだと時間がかかる、消費者金融は借りづらい、といったお悩みをお持ちの方には信販系のカードローンがおすすめです。消費者金融よりも安い金利で、比較的すぐに借り入れできます。

おわりに 

消費者金融の融資は貸金業法に基づいてサービスが提供されており、計画的に利用すれば便利なサービスです。しかし、金利が高い、悪いイメージを持った人も多い、といったデメリットもあります。

消費者金融を利用する際は、繰り上げ返済も視野に入れながら計画的に利用しましょう。すぐにお金を借りたい人は信販系のカードを利用する方法もあります。銀行カードローン、消費者金融、信販系のカードローン、それぞれのメリットとデメリットを考慮し、最適な方法を選択すると良いでしょう。

【貸付条件一覧】クレディセゾン

ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 12.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 17.52%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は110,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要

ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。