更新日
公開日

即日振込みが可能なカードローンやキャッシングは?利用時の注意点やおすすめサービスも

即日振込みが可能なカードローンやキャッシングは?利用時の注意点やおすすめサービスも
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

急な出費でお金が必要な方は、即日振込みが可能なサービスを探しているのではないでしょうか。消費者金融やクレジットカード会社のなかには、最短数十秒で振り込み融資が受けられるところもあります。

このコラムでは、即日振込みが可能なカードローンやキャッシングを紹介します。カードローンとキャッシングの違いや、利用する際の注意点についても解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること
  • カードローンは、キャッシングよりも金利が低めに設定されている
  • クレジットカードのキャッシング枠は、もしものときに備えて申し込んでおくと良い
  • カードローン、キャッシングともに預金感覚で借りてしまいやすいため、利用の際は注意が必要
  • 家族にお金を借りていることを知られたくない場合は、大手消費者金融のカードローンがおすすめ
MONEY CARD
MONEY CARD

カードローンとキャッシング

カードローンとキャッシング

まずはカードローンとキャッシングの特徴や、それぞれの違いについて確認していきます。金融機関や消費者金融、クレジットカード会社が提供しているサービスです。

カードローンとは 

カードローンとは、金融機関や消費者金融などが提供している個人向け融資サービスのこと。銀行のキャッシュカードやローンカードを利用してお金を借りる他、専用のアプリでお金が借りられる企業、振込融資として指定口座へ入金を依頼できる企業もあります。

キャッシングとは 

キャッシングとは、クレジットカードに付帯している機能のことです。キャッシングを利用するためには申し込みが必要で、キャッシング枠を設けるための審査が行われます。審査に通過すれば希望したキャッシング枠が設定されるため、コンビニや銀行ATMなどでお金を借りることが可能になります。

ショッピングなどで利用可能なクレジットカードにお金を借りる機能が付帯できるため、もしものときに備えて持っておくと良いでしょう。また、カードローンと同様に振込み融資が依頼できるカードもあります。

カードローンとキャッシングの違い 

カードローンとキャッシングは、どちらもお金が借りられるサービスです。しかし利用限度額には大きな違いがあります。カードローンはお金を借りるためにしか利用できないため、利用限度額が高めに設定されているものが多いです。

また、キャッシングを利用した場合は原則として利用明細書などが自宅へ届きますが、大手消費者金融などではWEB明細を利用することにより、原則として自宅へ郵便物を送らないと明言しているところがあります。

それぞれ金利にも差がある

カードローンとキャッシングでは、金利にも差があります。多くのクレジットカード会社では、キャッシングの金利を15.0〜18.0%程度に設定していますが、カードローンでは利用額に応じて、3.0〜18.0%程度に設定されているものが多いです。特に銀行系カードローンは金利が低めに設定されているため、即日振込みが必要ない方は、銀行のカードローンを利用すると良いでしょう。

カードローンやキャッシングは即日振込み可能?

カードローンやキャッシングは即日振込み可能?

企業によって異なりますが、即日振込みに手数料無料で対応しているところもあります。多くの企業では、審査に通過してからカードを受け取るまでに7〜10日ほどかかります。しかし大手消費者金融やクレジット会社のカードローンでは、最短30分程度の時間で融資を受けられる場合があるのです。

また一部のクレジットカード会社ではアプリ上にデジタルカードが発行されるため、WEBサイトやアプリからの申し込みにより、カードを受け取らずにキャッシングを利用可能です。ただし新規契約の場合はどちらも審査が必要となるため、即日振込みが受けられない場合もあります。

また「即日審査」と記載されている企業では、振込みが翌日以降になるため注意が必要です。

カードローンやキャッシング利用時の流れ

カードローンやキャッシング利用時の流れ

ここからは、カードローンやキャッシングを利用する際の流れを紹介していきます。WEBサイトとキャッシュカードで手順は多少異なりますが、どちらもほとんど同じ流れであるため、利用する際の参考にしてください。

申し込み

まずはWEBサイトや電話で申し込みを行い、必要書類などを提出しましょう。免許証などの本人確認書類に加え、指定口座の通帳、年収証明書類を準備しておくと手続きがスムーズに進められます。即日振込みを希望する場合は、WEBサイトで申し込むと良いでしょう。

電話口で情報を伝える場合と違って、審査に必要な情報を間違いなく送ることができます。

カードの受け取り

審査通過の連絡があったら、カードを受け取りましょう。プラスチックカードは、郵送やローン契約機で受け取れます。カードが不要な場合は、カードレスで融資が受けられる企業を選ぶと良いでしょう。その場合は、WEBサイトやスマートフォンのアプリで融資の申し込みが行えます。

利用

カードの受け取りまたは、アプリのログインなどが終了したら、サービスが利用可能になります。銀行やコンビニのATMで融資が受けられる他、指定口座への入金を依頼すれば、振込み融資が受けられる企業もあります。

返済

返済方法は企業によって異なります。カードローンでは原則として「リボ払い」による返済が行われますが、キャッシングでは「1回払い」と「リボ払い」のうち、どちらかの返済方法を選択します。

リボ払いでは毎月の返済額が少額になることから、経済的な負担が少ない状況で返済が続けられます。ただし返済の長期化が懸念されるため、計画的な利用を心がけましょう。

クレディセゾンのMONEY CARDなら最短数十秒で振り込みできる!

即日振込み可能なカードローンは?

クレディセゾンのカードローン「MONEY CARD」では、カード受け取り後であれば、「ONLINE即振込サービス」の利用により、最短数十秒で振込み融資が受けられます。振込手数料無料で利用できる他、最大2ヵ月分の利息が実質無料になるので、もしものときに備えて申し込みをしておくと良いでしょう。

MONEY CARDの詳細はこちら

MONEY CARD
MONEY CARD

MONEY CARDについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

カードローン利用時の注意点

カードローン利用時の注意点

カードローンを利用する際は、以下のような点に注意しましょう。

  • 土日は即日振込み不可の場合も
  • 金利が高いケースも
  • 他社借入がある場合は審査に影響するかも

土日は即日振込み不可の場合も

一部のカードローンでは、土日は即日振込みに対応していない場合もあります。土日では職場への在籍確認が行えないことや、口座への振込みが反映されないことが理由として挙げられます。

土日に即日振込みを希望する場合は、消費者金融のカードローンを利用すると良いでしょう。大手消費者金融であれば、24時間365日即日振込みに対応しているため、すぐにお金が必要な場合でも融資が受けられます。

金利が高いケースも

一般的なカードローンはフリーローンと呼ばれており、「住宅ローン」や「マイカーローン」といった目的別のローンと比較すると、金利が高めに設定されています。フリーローンは利用目的を問わないため、生活費や事業用決済にも利用可能です。

ただし目的が決まっている場合は、金利が抑えられる場合もあるため、専用のローンを組んだ方が良いでしょう。

他社借入がある場合は審査に影響するかも

初めてカードローンを利用する場合は、審査が必要です。その際に申告が求められる項目として「他社からの借入金額」がありますが、金額によっては審査に影響する場合があります。

それは、他社からの借入金額が多いと貸倒れリスクが生じてしまうためです。他社でカードローンやキャッシングを利用している場合は、その金額が含まれるため、正直に申告するようにしましょう。なお他社借入を申告しなかった場合は、虚偽報告とみなされて審査に落ちてしまう場合があります。

キャッシング利用時の注意点

キャッシング利用時の注意点

キャッシングを利用する際は、以下のような点に注意しましょう。

  • 総量規制の対象になる
  • 口座からお金をおろしている感覚になりやすい
  • 計画的な返済をしないと利息が多くなる

総量規制の対象になる

総量規制とは、過度な借入から利用者を保護するための法律です。貸金業者は総量規制により、年収の3分の1を超える金額を貸し付けることが禁止されています。仮に年収が300万円の場合、100万円以上は借りられないということです。カードローンやクレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になるため、借入金額が多いとお金を借りられなくなる可能性があります。

口座からお金をおろしている感覚になりやすい

キャッシングを利用する際は、口座からお金をおろしている感覚にならないように注意しましょう。銀行やコンビニのATMからお金を引き出していると、お金を借りている感覚が薄くなってしまうからです。

利用限度額が預金感覚になると、必要以上にお金を借りてしまうため、返済が長期化しやすいといわれています。

計画的な返済をしないと利息が多くなる

キャッシングを利用する際は、毎月の返済額をしっかりと計画しておきましょう。毎月5,000円や10,000円といったように、ご自身に負担のない範囲で返済していると、返済が長期化してしまうからです。

キャッシングの金利は「借入残高×借入利率×利用日数」で計算が行われることから、計画的に返済していかないと、元本がほとんど減らなくなります。利息を負担に感じるのであれば一括返済などにより、できるだけ早くお金を返してしまった方が良いでしょう。

おわりに 

カードローンやキャッシングにより即日振込みを受けたい方は、それぞれの特徴や注意点を理解しておきましょう。利用限度額を高めに設定したい方や、家族にお金を借りていることを知られたくない場合はカードローンがおすすめです。もしものときに備えてお金が借りられるようにしておきたい方は、クレジットカードにキャッシング枠を付帯しておくと良いでしょう。

【貸付条件一覧】クレディセゾン

ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~950万円
ご融資利率:実質年率 2.8%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 4.08%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の3.3%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の3.3%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要

ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。