更新日
公開日

車検費用の相場が知りたい!コストを抑えるコツから素朴な疑問まで徹底解説

車検費用の相場が知りたい!コストを抑えるコツから素朴な疑問まで徹底解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

数年に1度、公道を走る車の所有者に義務付けられている「車検」。国の法律で定められており、必ず受けなければなりません。車検には高額の費用が伴いますが、内容を詳しく理解できていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、車検とはいったいどのようなものなのか、しくみや費用の目安からコストを抑える方法まで解説します。ぜひ参考にして車検に対する知識を身に付け、検査に向かう準備をしてみてください。

MONEY CARD
MONEY CARD

そもそも車検って何?

そもそも車検って何?

車検とは、日本の法律(道路運送車両法)で定められた、自動車の所有者が行うべき義務です。正式名称は「自動車検査登録制度」。車が安全に走行できているかなどを点検するため、保有している車に乗り続けるために欠かせない検査です。まずは、車検の基礎知識について確認しておきましょう。

車を安全に乗るために欠かせない検査

車検では、道路運送車両法に定められた、安全性の確保や公害の防止、環境保全などの観点からさまざまな検査を行います。定期的に検査を受けて国の保安基準をクリアすることで、「自動車検査証(車検証)」が交付され、継続して車に乗り続けることが可能です。もしも、車検を受けていない「車検切れ」の状態で公道を走行すると、罰則や罰金の対象になってしまいます。

車検を受けられる場所は、ディーラーや車検専門店、整備工場、ガソリンスタンドなどです。後の項で受けられる場所別の相場を紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

有効期限や頻度は?

自家用車の車検有効期限は2年に1度で、新車購入の場合は初回のみ3年後となっています。これ以降、2年ごとに受検が必要です。それぞれ、「継続検査」「新規検査」と呼ばれています。

車検を受ける目安は、有効期間満了日から1ヵ月前以内が一般的です。これより早く受検することも可能ですが、それだけ次の有効期間が前倒しに設定されてしまうので、注意しましょう。希望する日に車検を受けるためにも、早めに計画して車検を依頼するお店などに予約を入れるのがおすすめです。

車検の有効期間満了日は、一般的にフロントガラスに貼られている「車検シール(検査標章)」ですぐに確認できるので、忘れないためにも時折確認しておきたいですね。

車検に必要なおおよその費用や内訳をチェック!

車検に必要なおおよその費用や内訳をチェック!

車検にかかる費用は高額ですが、少しでも安く依頼できたら嬉しいですよね。ここでは、車検費用に含まれる費用について詳しく解説します。法律で定められた費用と、依頼する会社ごとに異なるサービス料の異なる相場について知り、ご自身が車検を依頼する際の参考にしてみてください。

車検に必要な費用は大きく分けて3種類

車検費用は、車検基本料金・法定費用・その他諸経費の3つに分けられます。それぞれの内容や車の区分別に異なる点について、分かりやすく解説していきましょう。

・車検基本料金

車検基本料金は、点検料や検査料、代行手数料などで、車検に通すため依頼する会社に支払う費用のこと。人件費などが含まれるため、店舗によって車検費用に差が出る理由のひとつとなっています。車検費用を抑えたいと考えている方は、車検基本料金に注目して店舗選びをすると良いでしょう。

・法定費用

法定費用とは、国に納める税金や保険会社に納める保険料のこと。自動車重量税、自賠責保険料、印紙代が含まれています。自動車重量税や自賠責保険料は、車検の際に2年分をまとめて納税するのが一般的。

車種ごとに法律で定められた基礎料金のようなもので、最低限必要な経費です。そのため会社によって変動することはなく、値引き等は決してありません。

このうち自動車重量税は、車の重量・車種・経過年数などによって課税される国税です。おおむね車両重量が500kg増えるごとに増額していくのが特徴。

また、電気自動車やハイブリッド自動車など、国土交通省が定める環境基準をクリアした車は「エコカー」と呼ばれ、重量税が軽減される「エコカー減税」の優遇措置を受けられます。

これは2023年4月末までの適用とされているので、ぜひチェックしてみてください。

法定費用(2022年4月現在)いずれも継続検査時の場合

車種別自動車重量税(2年分)自賠責保険料(2年分)印紙代(認定工場の場合)合計
軽自動車6,600円(5,000円)19,730円1,800円28,130円(26,530円)
普通自動車(小型)(~1,000kg未満)16,400円(10,000円)20,010円2,100円38,510円(32,110円)
普通自動車(中型)(~1,500kg未満)24,600円(15,000円)20,010円2,200円46,810円(37,210円)
普通自動車(~2,000kg未満)32,800円(20,000円)20,010円2,200円55,010円(42,210円)
普通自動車(大型)(~2,500kg未満)41,000円(25,000円)20,010円2,200円63,210円(47,210円)
※経過年数13年未満の場合、()内はエコカー

参照元:自動車重量税 国土交通省 令和2年度 燃費基準を達成している

・部品交換などのその他諸経費

その他諸経費には、部品交換代などが含まれています。車の経過年数によって、タイヤの摩耗や劣化、部品の損傷などがある場合は、車検の安全基準などを満たすために交換が必要です。他にも、走行性能の維持や故障のリスクを防ぐための予防整備の観点からも部品交換が行われます。

一見高いと思われる車検費用をよく見てみると、このような予防整備の代金が含まれていることもあるでしょう。しかし、車が良いコンディションを維持するために必要な経費であることは忘れないでくださいね。

受ける場所によって料金が異なる車検費用の相場 

それでは、車検費用の相場を、依頼する場所ごとに紹介していきましょう。先に述べたように法定費用には違いがありませんが、それぞれの店舗ごとに異なるサービス内容があることや、普通車と軽自動車でも車検費用は変わります。ぜひ参考にしてみてください。

・ディーラー

ディーラーは、特定のメーカーに精通した知識と整備経験があるため、安心感があり車検の質が高いことがメリットといえるでしょう。ただし、整備が手厚かったり、メーカー保証が付いたりするため、車検費用は高くなる傾向があります。

車種別法定費用車検基本料金合計
軽自動車26,530円~38,940円~65,470円~
普通自動車(小型)
(~1,000kg未満)
32,110円~40,920円~73,030円~
普通自動車(中型)
(~1,500kg未満)
37,210円~43,890円~81,100円~
普通自動車
(~2,000kg未満)
42,210円~43,890円~86,100円~
普通自動車(大型)
(~2,500kg未満)
47,210円~45,980円~93,190円~

参照元:車検 | ネッツトヨタ千葉

・車検専門店

車検専門店は、車検だけを専門に実施しているため短時間で終えられるという特徴があります。また、車検に通すことを目的としているため価格設定が分かりやすいのが特徴です。予備整備のように先を見越した部品交換などには対応しないことが多いことから、ディーラーよりも費用を安く抑えられる傾向にあります。

車種別法定費用車検基本料金合計
軽自動車26,530円~14,300円~40,830円~
普通自動車(小型)
(~1,000kg未満)
32,110円~14,300円~46,410円~
普通自動車(中型)
(~1,500kg未満)
37,210円~14,300円~51,510円~
普通自動車
(~2,000kg未満)
42,210円~14,300円~56,510円~
普通自動車(大型)
(~2,500kg未満)
47,210円~

参照元:車検メニュー&料金|車検のコバック オフィシャルサイト

・整備工場

整備工場は、自動車整備の経験が豊富な整備士がいるため、幅広い車種に対応していることがメリットです。整備工場には認証工場と指定工場の大きく2種類があり、特に指定工場は整備不良の車を出さないよう地方運輸局長の厳しい検査基準を突破しているため、技術力が高い点が特徴となっています。

車種別法定費用車検基本料金合計
軽自動車26,530円~33,850円~60,380円~
普通自動車(小型)
(~1,000kg未満)
32,110円~40,700円~72,810円~
普通自動車(中型)
(~1,500kg未満)
37,210円~39,050円~76,260円~
普通自動車
(~2,000kg未満)
42,210円~42,350円~84,560円~
普通自動車(大型)
(~2,500kg未満)
47,210円~52,250円~99,460円~

・ガソリンスタンド

車検を実施しているガソリンスタンドもあります。行きつけのガソリンスタンドで車検が可能であれば、顔なじみのお店に大切な検査を任せられることがメリットとなるでしょう。しかし、車検のための整備工場や整備士を配置していないガソリンスタンドも多く、検査に時間がかかるケースもあります。

車種別法定費用車検基本料金合計
軽自動車26,530円~13,600円~40,130円~
普通自動車(小型)
(~1,000kg未満)
32,110円~14,600円~46,710円~
普通自動車(中型)
(~1,500kg未満)
37,210円~15,600円~52,810円~
普通自動車
(~2,000kg未満)
42,210円~16,600円~58,810円~
普通自動車(大型)
(~2,500kg未満)
47,210円~16,600円~63,810円~

車検費用の主な支払い方法は?

車検費用の主な支払い方法は?

車検費用は、現金で支払わなければならない部分とクレジットカードなどで支払いができる部分とに分かれます。先に紹介した法定経費は、現金払いのみの場合がほとんどです。ここでは、それぞれの支払い方法で生じる、メリットやデメリットについて紹介します。

現金

車検費用を現金で支払うためには、まとまったお金を用意する必要があります。しかし、クレジットカード払い(分割払い・リボ払い)やローン払いのように手数料がかからないため、料金が割安になるのがメリットです。現金払いを受け付けていない店舗はほとんどないことから、車検の依頼先を選ぶ選択肢が広いことも魅力のひとつといえます。

また、車検費用のうち、法定費用である自動車重量税・自賠責保険料・印紙代は、現金払いが一般的です。車検費用はすべてクレジットカードなどでの支払いを考えていた場合でも、法定費用の支払いも一括で行えるかどうかを店舗に直接確認しておく必要があるでしょう。

クレジットカード

クレジットカードを使うメリットは、分割払いやリボ払いなど、支払い方法を柔軟に選べる点です。また、車検費用は高額のため、カード会社のポイントを効率良く貯められるといった点も魅力でしょう。しかし、クレジットカード払い自体に対応していない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカード払いを考えている方には、セゾンカードがおすすめです。ぜひ詳細をご覧になってみてください。

SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

04_SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

SAISON CARD Digitalについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

車検ローン

車検費用は、ローン払いに対応している店舗であればローンで支払うこともできます。高額の出費を避けたい方におすすめです。店舗で利用できる車検専用のローンのほか、銀行などのマイカーローンなどがあります。

しかし、ローンを組むためには事前審査が必要なため、時間を要することがデメリットとなるでしょう。また、ローンでの支払いにおいても、法定費用は現金支払いと定められていたり分割ができなかったりするケースもあるので、注意が必要です。

クレディセゾンのMONEY CARD(マネーカード)はスピーディな融資が可能なカードローンです。カードを使ってATMからお金を借りられるだけでなく、インターネットからの簡単なお手続きで指定の口座に最短数十秒で振り込む「ONLINE振込サービス」もあり、カードを受け取る前に借りることもできます。

土日祝日、そして夜間も何度でもATMの入出金利用手数料が0円で使いやすいカードローンです。

MONEY CARDの詳細はこちら

MONEY CARD
MONEY CARD

MONEY CARDについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

車検費用をできるだけ抑える方法は?

車検費用をできるだけ抑える方法は?

これまで紹介してきたように、車検費用の相場はある程度決まっていることがお分かりいただけたと思います。そうはいっても、数年に1度必ずある大きな出費のため、できるだけ安く抑えたいもの。ここでは、車検費用を少しでも安くする方法についてご紹介します。

車検の基本料金を確認する

車検費用を抑えるためにまず確認したいのは、法定費用以外の部分の料金です。法定費用はどの店舗でも変わらず値引きなどもありません。車検基本料金など、店舗によって金額が変わるサービスの料金設定を確認するのがコツ。できるだけ安い価格を設定している店舗に依頼するようにしましょう。

また、店舗の候補を絞ったら、見積もり依頼をして内容を比較してみるのもおすすめです。見積もりから整備内容を自分の目で確認して、希望に沿った整備や部品交換をしてくれる会社を選べるでしょう。

普段からメンテナンスをこまめに行う

車を車検に通すために、整備しなければならない不良箇所が多いほど、部品代や整備技術料といった経費が必要になってきます。走行距離が多い車や、年式が古い車などは、経年劣化により通常よりも整備にかかる費用がかさむと考えた方が良いでしょう。

日常的に整備点検などのメンテナンスを行っておくことで、車検時の費用は抑えられます。車検以外に法定点検を受検したり、ご自身でもこまめに点検したりと、車のコンディションを整えておきましょう。

車検費用に関するよくあるQ&Aをご紹介

車検費用に関するよくあるQ&Aをご紹介

ここでは、車検費用に関するよくある質問に3つ回答します。輸入車や新車の車検費用などについて、「実は疑問に思っていたけれどなかなかいい出せなかった」という方はぜひ参考にしてください。

輸入車は車検費用が多くかかるの? 

輸入車は国産車と比べて車検費用が高くなるという話を聞いたことがある方もおられるでしょう。法定費用は国産車と同じですが、点検や整備にかかる費用が高くなりがちです。

この大きな理由は、車の部品やパーツ、整備や修理に必要な道具を国外から手配する必要があることです。流通量が少ないため、部品などが割高である他、国外からの輸送量も加算されます。

他にも、部品の取り寄せに時間を要すると同時に、車検中の代車を確保する必要があるためレンタル料が加算されてしまう可能性も。このような理由から、輸入車は国産車と比べて車検費用が高くなることが多いのです。

車検費用が高くなりやすいのはどんなとき?

車検費用が高くなる主な原因として、走行距離の長さ・経過年数・輸入車・依頼する会社の基本料金設定の4つが挙げられます。

走行距離や経過年数が長いことはすなわち、その分車の部品の消耗が激しいということ。走行距離がおよそ10,000kmを超えると、多くの部品が寿命を迎えるといわれています。また、初度登録から13年が経過した車は、車検の基礎料金ともいえる法定費用、重量税や自動車税が上がるため、注意が必要です。

車検の依頼先によって異なる、車検基本料金にも注目しましょう。法定費用以外のサービス料は、店舗によってかなりの差があります。適宜、見積もりを依頼して内容を比較するなどして、ご自身が依頼したい整備内容が叶う店舗を選択すると良いでしょう。

新車の場合の車検費用の相場は?

新車は購入から3年後が初回の車検のタイミングです。車が新しく、経年劣化もあまりないと考えられるため、整備や修理が不要でエアコンフィルターなど消耗品のみの交換で済むケースも多いでしょう。そのため、法定費用以外の部分について、通常の車検の相場と比べて安くなる傾向があります。

ディーラーや車検専門店、整備工場、ガソリンスタンドなどのサービスによって車検費用の相場は異なるため、先に紹介したサービス別の車検費用相場を参考になさってください。

おわりに 

車検には手間と高額な出費がかかってしまうため、煩わしく思われがちです。しかし、車検費用の基本的な知識やしくみを知ると、車に安全に乗り続けるために欠かせないものということがお分かりいただけたと思います。

車検を依頼できる店舗のサービスや料金の違い、費用を安くするコツを押さえて、安全に車に乗り続けていきましょう。

【貸付条件一覧】クレディセゾン

ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 12.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 17.52%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は110,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要

ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。