更新日
公開日

初めてのカードローンは不安?申し込みの流れや聞かれる内容など安心して借りるためのお役立ち情報

初めてのカードローンは不安?申し込みの流れや聞かれる内容など安心して借りるためのお役立ち情報
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

急な出費に対し、手持ちの資金がないときにはカードローンの利用を考える方も多いと思います。カードローンはその仕組みを理解し、きちんと返済できる予定があるなら、急な資金繰りの方法として有効に活用できます。

ただ、初めてカードローンを検討する際には不安がつきものです。「申し込む前に何を準備しておけば良いのか」、「無事に借りられたけれど、万が一返済が難しくなった場合、どのような措置がとられるのか」など不安に感じる方もいるでしょう。このような不安を解消するには、実際の手続きや内容を知ることが一番です。

今回は初めてカードローンを利用する方に向けて、実際の手続きや内容について解説するとともに、初めての方におすすめのカードローンについても紹介します。

カードローン申し込みの流れはどんなもの?

カードローン申し込みの流れはどんなもの?

まず、カードローンを申し込む際の流れについて解説します。

申し込みから契約までの流れは以下のとおりです。

・申し込み

  ↓

・審査

  ↓

・契約

  ↓

・利用開始

最近ではWEB完結で利用できるカードローン会社もあり、申し込みから利用開始まで最短即日で完了するカードローン会社もあります。

カードローン会社に申し込みを行った後は、申し込んだカードローン会社から電話がかかってくる場合がありますので、いつでも電話を受けられる状態にしておくと審査が早く完了します。申し込みを午前中に行い、審査がスムーズにいけばその日のうちに契約完了、そして利用開始になります。ただ申込時間が遅かったり、審査に手間取ったりすると契約まで進めませんので、その分利用開始まで時間がかかります。

一般的に、消費者金融系のカードローン会社は即日融資に対応しているところが多いですが、土日祝日を挟むと審査時間が長引く可能性があり、即日融資とならない可能性があるため要注意です。

カードローン申込時に電話で聞かれる内容とは?

カードローン申込時に電話で聞かれる内容とは?

申し込み後には、カードローン会社から電話がかかってきます。申し込みの際に申告した内容に間違いがないかを確認するためで、「氏名」、「生年月日」、「住所」の他、申し込みの意思確認が行われます。

併せて在籍確認も行われます。在籍確認とは、申込時に申告した勤務先にきちんと在籍しているかを確認することで、勤務先に電話が入ります。本人のプライバシーを保護するために、カードローン会社の名前でなく担当者個人名で連絡してくれますので安心してください。

勤務先にカードローン会社の担当者から電話が入り、本人が電話に出ればそれで在籍確認は完了です。不在だったとしても、「○○はただいま外出中です」「○○は会議中です」などの回答が得られれば在籍が確認できたとみなされます。

またカードローン会社によっては、一定の条件を満たす場合に電話での在籍確認を省略しているところもあります。条件には健康保険証の写しを提出できることや、指定の金融機関の口座を持っているかなどがあります。特に健康保険証の写しが提出できれば勤務先が存在し、また在籍していることが確認できますので、どうしても電話をかけてきてほしくないと思う方は、在籍確認なしの方法を取り入れているカードローン会社に申し込むことをおすすめします。

カードローン申込方法とタイプ別のおすすめ

カードローン申込方法とタイプ別のおすすめ

カードローンの申込方法には、「WEBサイト」、「電話」、「郵送」があります。

パソコンやスマートフォンの操作に慣れているならWEBサイトでの申し込みをおすすめしますが、融資実行まで急いでおり、かつ、パソコンやスマートフォンの操作が苦手な方は電話で申し込むと良いでしょう。

融資実行までに余裕があり、パソコンやスマートフォンの操作が苦手な方は郵送での申し込みをおすすめします。

また、カードローン会社が提供する専用アプリがあればダウンロードすることで申し込めます。申し込みの際に必要な書類もアプリ上でアップロードすれば提出できるため、郵送の手間が省けます。

カードローンの申し込みで必要な提出書類は?

カードローンの申し込みで必要な提出書類は?

カードローンを申し込むにあたり、以下の書類が必要です。カードローン会社によって必要な書類が異なりますので事前に確認し、あらかじめ準備しておきましょう。

本人確認書類:運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証など

これらは有効期限内のものでなければなりませんので、期限が切れていないかを確認しておきましょう。また、提出時には機密事項は伏せて提出することも忘れないようにしてください。例えば免許証であれば「免許の条件等」の欄はマスキングして提出します。年金証書を提出する際は「基礎年金番号」をマスキングして提出するようにしてください。

収入証明書類:源泉徴収票、確定申告書の写し、直近の給与明細、年金証書など

借入希望額が一定額以上の場合、収入証明書類の提出も求められます。一般的に希望借入額が500,000円以上(他社からの借入がある場合は合計額が借入残高と希望借入額の合計が1,000,000円以上)の場合に提出を求められるケースが多くみられます。

初めてのカードローンが不安な方におすすめ

初めてカードローンの申し込みに不安がある方にはセゾンファンデックスの「かんたん安心カードローン」がおすすめです。

セゾンファンデックスには、申込者の相談に親身になって対応してくれるアドバイザーが多数在籍しています。また、大手の消費者金融系のカードローン会社では申込時の年齢を70歳としているところが多いなか、セゾンファンデックスの「かんたん安心カードローン」は80歳まで申し込みが可能となっているため、高齢の方でも安心して申し込めます。

またカードローンは申込時の年齢制限だけでなく、利用停止年齢にも制限を設けているところが多く、大手の消費者金融系のカードローン会社だと最大70歳前半に設定されています。利用停止年齢に達するとそれ以降はカードローンが利用できませんが、セゾンファンデックスのカードローンは年齢による利用停止制限を設けていません。

このような点からも安心して申し込めるカードローンといえます。

まとめ

まとめ

お金を借りる際にはどうしても不安になってしまいます。特に初めてカードローンを利用するなら不安は一層強く感じるでしょう。

そのような方にはセゾンファンデックスの「かんたん安心カードローン」がおすすめです。クレディセゾングループのノンバンクという特徴からも、安心して申し込みと利用ができます。利用中の増枠も可能ですので、必要に応じて申し込むと良いでしょう。

セゾンファンデックスの「かんたん安心カードローン」についての相談はWEBサイトや電話で受け付けております。興味を持たれた方は、ぜひご相談ください。

ただし、利用にあたっては返済計画をきちんと立て、無理な借り入れは避けることを心がけましょう。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。