電子マネーは本当に便利なの?デメリットが知りたい。

URLをコピーしました。
電子マネーは本当に便利なの?デメリットが知りたい。

近年では多くの店舗で電子マネーが利用できるようになってきています。電子マネーはスマートフォン端末やカードなどをかざすだけで、現金を持たずに買い物をすることができますが、不正利用など安全性の面で不安を感じている方も多いのではないでしょうか。電子マネーには現金払いには無いメリットがあります。電子マネーと現金払いを比較し、それぞれの違いを把握しておきましょう。

1.電子マネーのメリット・デメリット

現金以外の支払方法を「キャッシュレス決済」と呼びますが、キャッシュレス決済にはクレジットカードのほか、電子マネーも該当します。

クレジットカードと電子マネーの基本的な違いとして、クレジットカードはクレジットカード会社が支払いを立て替え、あとで利用者に料金を請求する後払いによる決済方法のため、発行にあたってはクレジットカード会社の審査が行われ、収入や信用力によって利用条件が変化する特徴があります。

電子マネーは専用のカードやスマートフォンのアプリなどで現金をチャージし、その金額分の買い物を行うことができる決済システムです。クレジットカードのような審査は基本的に不要なため、気軽に利用をはじめることができます。

電子マネーは一見すると買い物前にチャージが必要なため、面倒に感じられますが、クレジットカードと連携することにより、チャージに相当する金額をクレジットカードから支払うこともできるため、事前に設定をすれば支払いの手間を減少させることができます。

1-1.電子マネーのメリット

同じキャッシュレス決済でもクレジットカードはサインや暗証番号の入力が必要なケースもあります。電子マネーは端末へのタッチやQRコードを利用するため、スマートフォンがあれば財布を持ち歩く必要もありませんし、万が一落としてしまっても再発行を行うことができ、チャージ残額やポイントも引き継がれます。また、非接触の決済方法のためすばやく衛生的に支払いが行えるメリットがあります。

1-2.電子マネーのデメリット

一方で電子マネーにはさまざまな企業が参入しており、すべての電子マネーがどこでも使えるわけではありません。また基本的に一度チャージした電子マネーを現金に戻すこともできません。電子マネーの利用を始めたもののよく買い物をする店舗では導入していない電子マネーであった場合はせっかくのお金を無駄にしてしまう恐れもあります。

また、チャージには上限額が定められており、それを超える金額の商品の決済には利用できないほか、スマートフォンの電子マネーアプリの場合は通信ネットワーク障害や災害発生時はデータ通信が行えないため、電子マネーも利用することができなくなるといったデメリットがあります。

2.高齢者の電子マネー利用の実情

2.高齢者の電子マネー利用の実情

電子マネーの利用は若い世代は盛んに利用されていますが、60代を境に利用率は低下していきます。電子マネーは支払いがスマートに行えたりポイントが多く獲得できる反面、設定が煩雑であるため利用までの敷居が高いほか、手軽なため金銭感覚が麻痺し使い過ぎてしまうこともあります。

また不正利用に関しては補償が受けられるものの、不正利用の手口も巧妙であり、決済用QRコードの偽造など思いもよらない方法で情報が盗まれてしまうリスクもあるため、高齢者においては現金決済の利用が根強い状況となっています。

3.現金が必要なケースとは

電子マネーをはじめとしたキャッシュレス決済の利用は今後も高まっていくと予想されますが、冠婚葬祭の祝儀・不祝儀などは依然として現金でのやり取りが主流ですし、災害時には電子マネーの利用も難しくなるため、急な出費に備えて現金を用意しておくことも大切です。

また、現金は紛失や窃盗には注意が必要ですが、特有のメリットも有ります。財布の中を見れば残額を容易に把握できるため、使い過ぎてしまう前に利用を控えることができます。

しかし、クレジットカードと連携して電子マネーを利用している場合、使用した金額を自身でしっかりと確認・管理しておかないと、うっかり使い過ぎてしまい支払日にお金が足らなくなってしまうといった事態に陥る恐れがあります。

4.いざという時の備えにやっぱり現金が安心

生活を送っているうえで、想定外の支出が突発的に生じることがありますが、特に高齢者の場合は現役時代よりも収入が減少する一方で、身体機能や生活変化に伴うバリアフリー化や、住宅設備の経年劣化によるメンテナンスやリフォームが必要になります。特に給湯器や水回り配管など、生活に大きな影響を及ぼす設備は修理を先送りにすることもできず、場合によっては数十万円単位の修繕費が必要となることもあります。

こうした突発的な支出を自己資金で賄うことが難しい場合、別途資金調達の手段を検討しておく必要があります。

4−1.80歳までの方なら即日融資可能なセゾンファンデックスの「かんたん安心カードローン」と「かんたん安心フリーローン」

災害発生時に自主避難や転居などを行った場合、避難先で新たな生活を始めるためにはさまざまな生活必需品を新たに購入する必要があり、普段よりも多額の生活費が生じたり、想定外の支出により急いで現金を用意する必要に迫られた場合、資金調達のために一時的なローンの利用も視野にいれておくと良いでしょう。

ローン商品を選ぶ際は、融資可能な年齢の上限と利便性、返済プランの柔軟性などがポイントとなるため、80歳まで申し込み可能で返済計画を相談できる「かんたん安心カードローン」と「かんたん安心フリーローン」がおすすめです。

かんたん安心カードローンは最大500万円まで融資を受けることができます。カードを利用して全国の金融機関やコンビニなどに設置されているATMですぐにキャッシングができます。ご利用可能枠までであれば何度でも繰り返し利用できるので、生活資金など日常の利用に適しています。カードの発行や手数料も無料なので、万が一の事態に備え準備しておけば安心です。

かんたん安心フリーローンは、10万円から最大300万円まで融資を受けることができ、返済期間が最長8年です。返済金額と返済期間は相談により決めることができます。最大50万円であれば即日振込にも対応しています。追加融資には対応していないため、修繕費やリフォーム費用など必要な金額が明らかな場合に適したローンとなっています。

かんたん安心カードローンの詳細はこちら

おわりに

電子マネーは日常生活における決済手段としては利便性が高いのですが設定が煩雑であったり、店舗によって利用できない場合もあります。また、災害時や通信障害時などには利用に制限が生じるほか、決済額にも上限が定められているなどのデメリットがあります。

キャッシュレス決済は使った金額をしっかりと管理していないとついつい使い過ぎてしまうことがあるため、管理が難しい場合は現金決済の継続も選択肢といえます。また万が一の支出に備えて、ローン利用による資金調達の方法も平時から準備しておくことをおすすめします。

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!