更新日
公開日

資金調達はローンだけじゃない!返済不要の資金調達方法4選

資金調達はローンだけじゃない!返済不要の資金調達方法4選
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

ローン(融資)には審査があるため財務状況次第では利用できないことがあるかもしれません。不足する資金を調達するために返済不要の資金調達方法もあることをご存じでしょうか。この記事では、返済不要の資金調達方法の種類や特徴、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

04_セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

1.返済不要の資金調達方法4選

調達した資金を返済しなくても良いなんてそんな虫のいい方法なんてあるのかと思う方もいるかもしれませんが、「出資」は返済不要の資金調達方法の代表的な一つです。事業の成長を見込んでお金をだしてくれた出資者にはその見返りに株式の提供などをします。

以下では出資以外にもある返済不要の資金調達方法のうち、次の4つを紹介していきます。

  1. 補助金・助成金
  2. ファクタリング
  3. クラウドファンディング
  4. リースバック

2.返済不要の資金調達方法(1) 補助金・助成金

国や地方自治体などが企業などを支援するために資金の一部を給付する制度として「補助金」や「助成金」があります(民間の団体で行っているものもあり)。補助金や助成金は、原則返済する必要のないお金です。

補助金と助成金は返済不要という点では同じですが、制度の目的や審査などに違いがあります。また、助成金は補助金と比べると一般的に支給額は低めのようです。

返済不要の資金調達方法(1) 補助金・助成金

代表的なものとして、補助金には「IT導入補助金」や「ものづくり補助金」、助成金には「キャリアアップ助成金」や「トライアル雇用助成金」などがあります。

2-1.補助金・助成金のメリット

補助金・助成金のメリットには次のようなものがあります。

  • 要件の範囲内でお金の使い道は自由
  • 補助金・助成金の受給実績により信頼度が増し、融資を受けやすくなる
  • 補助金・助成金には消費税がかからない場合が多い

補助金などはほかにも受給実績によって、そのビジネスプランや技術力が評価されるといったメリットもあるでしょう。

2-2.補助金・助成金のデメリット

補助金・助成金のデメリットには次のようなものがあります。

  • 受給要件が厳しい場合があり、補助金については申請すれば必ず受給できるわけではない
  • 申請から受給までの期間が長い場合がある
  • 支給は後払いになるため、事業に必要な資金をつなぎ融資等で一時的に用意する必要がある

また、受給要件を満たすために職場環境を整えたり、審査に必要な書類などを専門家に依頼したりといったことにコストがかかる場合があることも、デメリットとしてあげられるかもしれません。

2-3.補助金・助成金のつなぎ融資の相談先は?

補助金・助成金の支給は基本的に後払いとなります。そのため、事業に必要な資金を補助金・助成金が支給されるまで一時的に用意することが必要な場合があります。

もし支給までのつなぎ融資を受けたいときは、どこに相談すれば良いのでしょうか。メインバンクや補助金申請に関わった金融機関、自治体などがありますが、補助金のつなぎ融資に積極的な金融機関に相談するのもひとつです。例えば、セゾンファンデックスが提供する「補助金つなぎ融資(POファイナンス)」の利用を検討するのも良いでしょう。

POファイナンス(補助金対応)は補助金交付決定通知書(補助金交付額)を電子記録債権として登録し、譲渡担保設定をしたうえで融資を受けられるものです。その特徴は以下のようなものです。

  • 資金調達が早い
  • 補助金入金によって返済
  • 全国対応

セゾンファンデックスの補助金つなぎ融資(POファイナンス)の詳細はこちら

3.返済不要の資金調達方法(2) ファクタリング

ファクタリングは、保有する売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却・譲渡し、手数料を差し引いた代金を受け取ることで資金調達する方法です。これにより売掛金の回収を待たずに比較的短期間で資金調達できます。売掛金はすでに成立している売買契約によって存在しているため、その売却によって得た資金は返済する必要はありません。

3-1.ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットには次のようなものがあります。

  • 売掛金を早期に現金化できる
  • 売掛金の未回収リスクを防げる
  • 借入ではなく売掛金の売却・譲渡のため負債にならない
  • 審査は主として売掛先企業の信用力で行われる

3-2.ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットには次のようなものがあります。

  • 手数料が高額になる場合がある
  • 売掛金の額を超える資金調達はできない
  • 売掛先にファクタリング利用のことを知られる可能性がある
  • 悪質なファクタリング事業者が存在する

ファクタリングは法的な規制が緩く、そのため一部の悪質な事業者と契約してしまうリスクがあることには注意が必要です。ファクタリング会社の信頼性をしっかりと見極めるようにしましょう。

3-3.セゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」なら安心

デメリットもあるファクタリングですが、セゾンファンデックスが提供する「今スグまとめ払い」であれば、次のようなメリットがあります。

  • 毎月の請求データを送るだけで売掛金見合いのまとまった金額を速やかに調達できる
  • 全売掛金が買い取り対象
  • 手数料が安い
  • 売掛先への譲渡通知が原則不要
  • セゾンファンデックスは東証プライム市場上場の株式会社クレディセゾンの100%子会社で安心

利用者は請求データを送るだけで、実際の請求業務や回収業務はセゾンファンデックスが行うため、資金調達だけでなく、請求業務の効率化もメリットとなります。

セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

4.返済不要の資金調達方法(3) クラウドファンディング

クラウドファンディングは、プロジェクトや新規事業の立ち上げに賛同してくれる方たちから資金を集める方法です。資金募集にはインターネットを通じたソーシャルメディア(SNSなど)や代行業者などにより実施されることが多く、手軽さや拡散性の高さが魅力的な資金調達方法です。

クラウドファンディングには、「寄付型」、「購入型」、「融資型」、「投資型」などの形式があり、形式によってはプロジェクトなどに賛同した方に商品・サービスなどのリターンが必要な場合もあります。

4-1.クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングのメリットには次のようなものがあります。

  • インターネットなどを通じて資金募集するため、宣伝効果も得られる
  • 市場に商品が出回る前にユーザーの反応を知ることができる

クラウドファンディングは効果的に活用すれば宣伝効果もあり、テストマーケティングにつながるといった点もメリットです。

4-2.クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングのデメリットには次のようなものがあります。

  • 資金調達までに時間がかかる
  • 目標金額の達成が困難な場合がある
  • 利用目的が限定される

事業やプロジェクトに対する賛同者が充分に集まらない場合は、資金の目標額を達成できない可能性があります。また、クラウドファンディングで得た資金は、募集の際に公表した目的以外には使うことができません。

5.返済不要の資金調達方法(4) リースバック

5-1.リースバックのメリット

事業に必要な資金を得ながら、売却した不動産を利用し続けられるリースバックにはどのようなメリットがあるでしょう。セゾンファンデックスが提供している「事業用リースバック」を例にすると、そのメリットには以下のようなものがあります。

  • 現金が一括して支払われる
  • 現金の使途に制限がない
  • 店舗や事務所を移転せずに利用し続けられるため、信用低下を防げる
  • 固定資産税の費用削減が可能
  • 売却代金を借入金の返済に充てたり、売却益を計上したりすることで財務改善が可能
  • リース料を経費計上することができるため節税につながる
  • 将来的には再度購入することも可能

セゾンファンデックスの事業用リースバックなら最短2週間で契約も可能なため、不動産をすぐに現金化できることもメリットでしょう。

5-2.リースバックのデメリット

リースバックのデメリットには次のようなものがあります。

・賃貸となることから毎月リース料が発生する

おわりに

ここまで、返済不要の資金調達方法について見てきました。それぞれの方法に特徴やメリット・デメリットがありますので、それらをよく理解したうえで、利用者の状況に応じた最適な資金調達方法を選択するようにしましょう。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。