老後の住宅ローン返済がつらい。。老後資金を確保しながら完済するには?

URLをコピーしました。
老後の住宅ローン返済がつらい。。老後資金を確保しながら完済するには?

定年後も働ける方や貯金がある方は、住宅ローンが残っていても生活ができますが、老後も住宅ローン返済の不安を抱える方が増えています。できれば住宅ローンの返済は定年までに完済しておくべきなのですが、子どもの教育費用が想定外にかかったなどで、定年後も住宅ローンの返済が残ってしまうケースもあります。 

その際、年金収入だけだと返済できず、家を手放さなければならなくなるのでは?といった不安を感じる方もいるかもしれません。今回は定年後の住宅ローンの返済が負担に感じる際、マイホームに住み続ける方法をご紹介します。 

1.老後の住宅ローン返済事情 

国土交通省の資料 によると、住宅を購入する年齢が上昇しており、さらに住宅ローンの借入期間によっては完済時年齢が70歳以降になる方が増えています。実際に購入時期を見てみると、注文住宅では38.9歳、分譲マンションでは39.3歳となっており、ほぼ39歳で住宅を購入しているのに対し、住宅ローンの返済期間は注文住宅で約33年、分譲マンションでは約31年となっていることから、住宅ローンの完済時年齢は70歳~73歳になります。 

2021年4月1日より、改正高年齢者雇用安定法が施行 され、企業に対し70歳までの雇用機会を与えることが努力義務として課せられることになりましたが、これによって70歳まで働くことができたとしても、定年前よりも収入は減少しますし、さらに完全リタイアしたあとの年金受給額も、物価の上昇とバランスが取れていると予想することは難しく、実際の生活が不安定になる可能性は充分に考えられます。 

このような背景があるなかで、定年後そして70歳以降も住宅ローンの返済を行うことは、家計に対してかなりの負担になるといえるでしょう。 

2.定年以降も返済が続くローンを組んだ方の対処方法 

では、定年以降も住宅ローンの残債が残っている場合、その負担を削減するためにはどのような対処方法があるのでしょうか。 

1つ目の対処方法は、住宅ローンの完済に向け、収入を確保するために仕事を探すことです。現役時代に培ったスキルや資格などを活かして新しい収入減を確保することは、これからの超高齢化社会を生きていくうえで必須の考え方ともいえます。 もちろん、体調を考慮しながら無理のない範囲で行うことが大切ですが、定年が近づくにあたり定年後の収入確保のための資格取得の勉強を行うなどといった取り組みも必要です。 

2つ目に考えられる対処法は、より返済しやすい住宅ローンへの借り換えを検討することです。例えば、住宅金融支援機構が提供している「リ・バース60」は、リバースモーゲージの制度を活用した新しい住宅ローン商品です。 この「リ・バース60」の特徴は、まず満60歳以上の方を対象としているローンであることと、毎月の返済が利息分のみとなっていることです。ただし、利用には条件があり、利用者が亡くなった際には元金を一括返済する必要があります。この一括返済方法には、担保としている自宅の売却も含まれます。 

さらに3つ目の対処方法としてリースバックの検討が挙げられます。先ほどご紹介した「リ・バース60」は、自宅に抵当権を設定してローンを借り入れ、自身が亡くなった際には最終的に自宅を売却して返済する方法ですが、リースバックの場合は、まず自宅を売却し、その後、賃貸借契約を結ぶことで自宅に住み続けることができます。 また、「リ・バース60」の場合、自宅を売却しているわけではないので、固定資産税や家の修繕費用といったコストがかかりますが、リースバックではそれらの負担を考慮する必要がありません。また、資金使途も原則自由となっている点はリースバックだからこそのメリットといえるでしょう。 

セゾンのリースバックの詳細はこちら

3.ローンを完済し、老後資金を確保するならリースバックがおすすめ

ローンを完済し、老後資金を確保するならリースバックがおすすめ

「リ・バース60」を利用して自身の亡きあとに自宅を売却しローンを完済する考え方もありますが、できれば早めにローンを完済し、老後資金を確保しておきたいと考える方もいるでしょう。そのような希望を叶えてくれるのが、リースバックです。家を売却することでまとまった資金を得ることができ、その資金で住宅ローンを完済することができますし、完済後残った費用は老後の生活費用に充てることができます。 

住宅ローンを借り換える際には諸費用が発生するため、それが負担になるケースもあり得ます。もちろん、リースバックでも契約の際の諸費用が発生するケースがありますが、なかにはそれらの手数料を無料としている企業もあります。それはセゾンのリースバックです。 

セゾンファンデックスが提供するリースバックでは、家の売却や賃貸借契約、さらには契約時にかかる費用はほぼ無料となっています。これらの負担を削減できる点は大きなメリットといえるでしょう。 

4.リースバックを利用して住宅ローン(戸建て)を完済した事例 

住宅ローン残高が2,300万円、毎月返済額が170,000円で返済が重たく悩まれていてセゾンのリースバックを利用し2,500万円で売却した事例で説明します。

リースバック利用前リースバック利用後
住宅ローン残債2,300万円0円
手元資金0円200万円
毎月の支払い合計186,000円
内訳:
住宅ローン(170,000円)
固定資産税(12,000円)
火災保険(4,000円)
合計130,000円 
内訳:
家賃(130,000円)

この事例では、リースバックを利用することで、毎月の支払いを56,000円削減させ、さらに手元資金を200万円用意することができました。このようにリースバックを利用することで、毎月の住宅ローン返済負担を削減させるだけなく、家計全体の収支改善に繋げることが可能です。 

おわりに 

定年後は年金収入が主な収入源となります。さらに、公的年金だけでは不足することから、その不足分については早い段階から用意しなければならなりません。そのような状態のなかで住宅ローンの返済が残っていると、場合によっては生活を切り詰める必要がありますし、さらに、住宅ローンが払えないという事態になったら、最終的に自宅を手放さなくてはならなくなります。 

老後において、そのような不安はできるだけ残したくないものです。そのような状況の際にリースバックを利用することで、住み慣れた自宅に住みながら、住宅ローンを完済し、さらに手元資金を残すことができます。そして、その資金の使い道は原則として自由なため、老後の生活を送っていく中で有意義に利用することができるでしょう。 

現在、さまざまな企業がリースバックを提供していますが、それぞれで特徴やサービスの内容が異なります。利用にあたっては、複数の企業を比較し、自身に合った企業を選ぶことが大切です。 

セゾンファンデックスは、売却後に自宅に住み続けるにあたっての賃料も比較的低価格に設定されており、できるかぎり老後の生活に負担にならないような配慮がなされています。さらに、生活における防犯という視点からも、セコムやALSOKなどと提携した駆けつけや見守りサービスを提供しており、それらのサービスも無料で利用することができます。セゾンのリースバックに対して興味を持たれた方は、ぜひ公式WEBサイトをチェックしてみてください。 

あなたにおすすめのコラム