更新日
公開日

【家を現金化】すぐにお金が必要なら不動産の即時買取がおすすめ

【家を即金化】すぐにお金が必要なら不動産の即時買取がおすすめ
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

一般に知られている不動産取引の形態には、複数のバリエーションがあるのをご存じでしょうか。迅速にまとまったお金が必要な場合を含め、さまざまな不動産の現金化方法をご紹介します。

セゾンのリースバック

1.不動産を現金化する方法

不動産を現金化する方法には、以下のものがあります。それぞれの特徴をみていきましょう。

1-1.不動産会社仲介で家を市場売却する

不動産会社仲介とは、不動産会社に不動産の買主を見つけてくれるよう頼むことで、一般的に「仲介」」といわれています。不動産会社が広告などに掲載し、それを元に買主を探してくれます。

仲介のメリットは、自身の希望する価格に近い額で不動産を売却できることや、後に説明する「買取」よりも高く売却できる点にあります。

ただ、もちろんデメリットもあります。仲介のデメリットは、売却に時間がかかることです。特に早急に売りたい場合は、仲介は適していません。また、買いたいという方が見つかり、無事に売買契約を締結した際には、仲介をお願いした不動産会社に対して仲介手数料を支払わなければならない点もデメリットといえるでしょう。

1-2.不動産会社に直接買い取ってもらう

買主を探してもらうのではなく、不動産会社に直接買い取ってもらう方法もあります。買いたいという方が出てくるまで待てないなど、とにかく早く不動産を売却したい方に向いています。不動産会社に直接買い取ってもらう場合は、そのまま売却手続きに入れるため、早く売却することができるというメリットがあり、売却後に新しく不動産を購入する計画を立てている場合は、そのための資金計画を立てやすくなります。

また、直接買い取りの場合、不動産会社によっては物件状態を調査し、詳細まで把握できるため、売買契約における瑕疵担保責任を免除できるというメリットがあることも覚えておきましょう。ただし、直接買い取りには、売却価格が仲介よりも安くなってしまうというデメリットがあります。

1-3.家を担保に入れてお金を借りる

すぐにまとまった資金が必要な場合であれば、不動産を担保にお金を借りる方法もあります。金融機関が提供している「不動産担保ローン」では、担保とする物件(土地や建物)を査定し、融資を行ってくれます。

不動産担保ローンのように、担保を提供して融資を受けるローンは、無担保のローンと比べて低利子で高額融資を行える点が特徴です。返済期間も長めに設定されているため、余裕を持った返済計画を立てられるでしょう。

家を担保に入れてお金を借りる方法だは、売却と異なり、その家に住み続けられる点がメリットです。ただ、万が一返済不能の状況に陥った場合は、家を手放さなければならなくなりますので、無理の無い返済ができる範囲で借り入れることも大切です。

家を担保に入れてお金を借りる方法で、もう一つ覚えておくと良い方法が、「リバースモーゲージ」です。

リバースモーゲージとは、家を担保にお金を借り、その家に住み続けることができる仕組みで、返済については、生きている間は利息分のみを返済し、亡くなった後は、その家を売却することで元本の返済に充てるか、相続人がいる場合は相続人が元本の返済を行います。

リバースモーゲージの契約では、相続人がいる場合は相続人の同意が必要となるため、相続人が反対すればリバースモーゲージを利用できません。そのため、例えば、相続する方がいない家を保有しており、自身が亡くなった後の処分をどうするか悩んでいる方などに向いているといえます。

また、次で説明するリースバックと異なり、資金使途に制限がある点には注意しておきましょう。

1-4.リースバックを利用する  

リースバックとはリバースモーゲージと異なり、不動産を売却してまとまった資金を得て、さらにリースバック事業者と賃貸借契約を結ぶことで、売却した家に住み続けることができる仕組みです。

売却するため、その後の固定資産税といった維持費用の負担から解放されるというメリットがあるものの、賃貸借契約になるため、売却前と異なり、家を自由にリフォームするなどといったことができない点がデメリットです。

また、賃料の支払いが発生することや、相場よりも安い値段で売却することになる点もデメリットとして覚えておきましょう。

ただ、リースバックの資金使途は原則自由で、一旦売却した後に買い戻すこともできます。比較的自由に利用できるリースバックの仕組みを理解しておき、売却の際の選択肢の一つとして考えておいても良いかもしれません。

2.すぐに現金化が必要なケースとは

ちなみにすぐに現金化が必要なケースとは、どのようなシーンが考えられるのでしょうか。

2-1.転勤や転職

会社で急に転勤を言い渡された場合や転職といった理由で、現在住んでいる不動産をとにかく早く手放す必要が発生したケースが当てはまります。さらに次の新居購入が決まっているなら、資金計画の問題からも、一日でも早く売却して現金化する必要があります。

2-2.離婚や相続

離婚の場合、どちらかがそれまでの家に住むこともあれば、財産分与の必要に応じ、家を売却することを考える方もいます。また、相続が発生し、遺産分割でもめる場合などでは、不動産を売却して現金化することで、早期の問題解決に導くことができます。

2-3.借金

借金の返済のために不動産を売却し、返済にあてるケースもあります。その場合は、不動産を現金化する方法の中でも、リースバックの選択がおすすめです。現在借金を抱えているのであれば、「不動産担保ローン」の利用も難しいでしょう。

リースバックでは、そのような借金の返済にも利用できますし、住む場所が変わらないため、ほかの方に家を売ったという事実を知られなくてもすみます。

3.不動産の即時買取の注意点

不動産の即時買取を考えた際には、複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。査定の方法は不動産会社によって異なりますし、査定の価格が買取価格になるケースが多いため、3社程度の不動産会社に対して査定を依頼するようにしましょう。

また、不動産会社の中には、買い取りに対応していない企業もありますので、事前に買い取りに対応しているかを確認しておくことが大切です。

さらに、不動産によっては買い取りを断られるケースがあります。立地条件の悪さや、買い取った後に全面リフォームが必要など、不動産会社にとってメリットがあまりないと判断される場合は買い取りを断られる場合がある点を覚えておきましょう。

おわりに

すぐにお金が必要で、家を現金化したいと思った場合、一番おすすめの方法はリースバックです。家を売却することで、まとまった資金がすぐに手元に入りますし、その後も賃貸借契約を結ぶことで、売却した家に住み続けることができるため、家を売却したことを周りの方に知られることもありません。

リースバックのメリットは、短期間で資金調達ができることと、さらに、中長期に検討する時間を持つことが両立できることです。

リースバックは、ローンの返済や老後資金の確保、相続資産の整理などさまざまな目的に利用できます。また、家に住み続けることができるため、引っ越し費用の負担も考える必要はありません。

毎月の家賃が発生することと、家の所有権がなくなる点はデメリットですが、将来家を買い戻せる可能性もありますので、自身の収入や売却した後の資金調達の状況によってどのように利用するかを考えても良いでしょう。

もし、リースバックに興味をお持ちであれば、セゾンのリースバックにお気軽にお問い合わせください。

セゾンのリースバックの詳細はこちら

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする