更新日
公開日

リ・バース60の取扱金融機関とそのメリット・デメリット

リ・バース60の取扱金融機関とそのメリット・デメリット
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

「リ・バース60」は住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供しているリバースモーゲージの仕組みを利用した住宅ローンです。

今回は「リ・バース60」の相談や申し込みを行いたいと思っており、実際にどの金融機関が取り扱っているかを知りたいという方に向けて、「リ・バース60」の取扱金融機関について取り上げます。

「リ・バース60」を実際に利用したいと考えた時にどの金融機関に問い合わせれば良いのかについて、「リ・バース60」の説明とともに紹介します。

セゾンのリースバック

1.リ・バース60とは

リ・バース60とは

「リ・バース60」とは満50歳以上の方に向けた住宅ローンで住宅金融支援機構と提携している民間の金融機関が提供しています。毎月の返済は利息のみで、元金は申込者が亡くなった時に相続人が一括返済するか、担保として提供している物件をもとに返済します。

「リ・バース60」には、ノンリコース型とリコース型があり、違いは担保物件の売却代金で返済した後にまだ債務が残った場合の取り扱いです。

  • ノンリコース型:相続人は残った債務を返済する必要がない
  • リコース型:相続人は残った債務を返済する必要がある

現状では、約99%の方がノンリコース型を選択しています。

「リ・バース60」は、住宅金融支援機構と提携している金融機関が取扱っていますが、金融機関によって商品名称が異なるケースがありますので、注意が必要です。

例えば、みずほ銀行は「みずほリ・バース60」ですが、三菱UFJ銀行は「リバース・モーゲージ型 住宅関連ローン」という名称です。さらに、三井住友銀行は「50歳からの住宅ローン「借り換え新時代」」と「住み替え新時代」という名称で販売しています。

ちなみに一般的に、リバースモーゲージとは、自宅を担保にしてお金を借り、生存中は利息のみの返済を行い、亡くなった時に担保となっている物件を売却することで元本を返済する仕組みのことです。

リ・バース60をはじめとしたリバースモーゲージ型住宅ローンは、自宅を担保にしてお金を借り、その資金使途が、家の購入や建築、リフォーム、サービス付き高齢者向け住宅への入居一時金、住宅ローンの借り換え資金などに限定されており、老後の生活資金としての利用ができない点がリバースモーゲージと異なります。

2.リ・バース60を取り扱っている金融機関は?

リ・バース60を取り扱っている金融機関は?

「リ・バース60」を取り扱っている金融機関はたくさんあります。事務取扱手数料については金融機関で差はあまりみられませんが、金利は金融機関で異なります。

取扱金融機関には、以下で確認できます。

取扱金融機関

3.リ・バース60のメリット

リ・バース60のメリット

「リ・バース60」には、以下のメリットがあります。

3-1.毎月の返済は利息のみ

「リ・バース60」の特徴として、毎月の返済が利息のみである点は、老後の家計負担を抑えるという意味でも大きなメリットでしょう。さらに、亡くなった後に担保となっていた住宅の売却資金で元本の返済に充てることが決まっているため、自身が亡くなった後のことを気にしなくても良い点もメリットといえます。

3-2.ノンリコース型を選択できる

ノンリコース型とは、「リ・バース60」の利用者が亡くなった際に、住宅を売却して元本の返済に充てた結果、債務が残ったとしても相続人はその債務を返済しなくても良いという仕組みです。逆にリコース型の場合は、相続人は残った債務を返済しなければなりません。

ノンリコース型を選択することで、子どもたちに負担をかけることなく返済できることは、借りる側としても大きな安心につながります。

4.リ・バース60のデメリット

リ・バース60のデメリット

「リ・バース60」にはメリットだけではなく、以下のようなデメリットもあります。デメリットの内容をしっかりと理解し、実際に利用するかどうかを判断するようにしてください。

4-1.資金使途が限られている

一般的なリバースモーゲージであれば、老後資金として利用できますが、「リ・バース60」はリバースモーゲージ型の住宅ローンです。そのため、資金使途は、以下のものに限られます。

  • 住宅購入および建築資金
  • 住宅のリフォーム資金
  • 住宅ローンの借り換え資金
  • サービス付き高齢者向け住宅への入居一時金

など。

老後の生活費用としての利用はできませんので、生活費用としての利用を考えているなら、「リ・バース60」ではなく、リバースモーゲージの利用を考えることをおすすめします。

4-2.長生きリスクがある

「リ・バース60」では、生きている間は利息のみを返済します。そのため、長生きするほど利息分の支払いが多くなり、元本と合わせた総返済額が増えることになります。

4-3.借入額の上限は不動産の評価額の半分程度

「リ・バース60」の融資上限額は担保として提供する不動産の評価額の50%〜60%程度です。家の購入費用やリフォーム費用の満額を借りることができないといった事態になるケースも想定しておきましょう。

なお、借入時満50歳以上満60歳未満の方については、担保科目が30%となるため注意しましょう。

おわりに

おわりに

「リ・バース60」は、60歳以上の方が利用できる、リバースモーゲージの仕組みを利用した住宅ローンですが、資金使途が住宅の購入や建築、リフォーム費用などに限定されており、老後の生活資金としての利用はできません。

もし、老後の生活資金などに利用したいと考えているなら、セゾンファンデックスが提供する「セゾンのリースバック」の利用をおすすめします。

リースバックとは、自宅などの不動産をリースバック会社に売却し、まとまった現金を受け取った後、賃料を払うことで、住んでいた家にそのまま住み続けられるサービスです。売却することで、固定資産税などの負担から逃れられることや、売却しても賃料を払うことで住み続けられるため、新しい家を探す手間や引っ越し費用の負担も考えなくて済む点がメリットです。

セゾンファンデックスはリースバックの取扱実績も豊富で、安定した企業基盤を元にお客さまの信頼にお応えいたします。セゾンファンデックスのリースバックには、ホームセキュリティなど、契約者への特典や優待サービスが多く用意されており、契約後も安心して利用いただけます。

セゾンファンデックスのリースバックに興味を持たれた方は、ぜひWEBサイトもしくはお電話でお問い合わせください。

セゾンのリースバックの詳細はこちら

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする