更新日
公開日

【2024年最新】リースバック会社の大手6社を比較|後悔しないために確認すべきポイントは?

【2024年最新】リースバック会社の大手6社を比較|後悔しないために確認すべきポイントは?
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

大手のリースバック会社には「セゾンファンデックス」「穴吹興産」「一建設」「SBIスマイル」「ハウスドゥ」「スターマイカ」などがあります。買取価格や契約可能期間、得意エリアなどが異なるため、リースバックを検討中であればどこにすべきか迷っているのではないでしょうか。

このコラムでは大手6社のサービスの特徴について紹介します。選ぶ際の比較ポイントも分かり、ご自身に合ったサービスを見つけられるでしょう。

この記事を読んでわかること

  • 大手のリースバック6社には「セゾンファンデックス」「穴吹興産」「一建設」「SBIスマイル」「ハウスドゥ」「スターマイカ」があり、複数社を比較することが重要
  • 比較する際には、買取価格、家賃、賃貸期間、契約可能物件、得意エリア、実績、資金力をチェック
  • 手数料や初期費用が明確であること、付加価値サービスが充実しているかもポイント
セゾンのリースバック

リースバックとは

リースバックとは

リースバック会社は大手をはじめ、数多く存在します。適切な買取業者を選ぶためにも、まずはリースバックの仕組みを理解しましょう。

リースバックの仕組み

リースバックでは所有する不動産(戸建てやマンションなど)をリースバック会社に売却し、売却代金を受け取ります。その後リースバック会社と賃貸借契約を結び、家賃(リース料)を支払うことで、不動産に住み続ける仕組みです。

リースバックを利用することで、所有権はリースバック会社に移るため、固定資産税や都市計画税はかかりません。

さらに転居手続きは不要で、近隣に自宅を売却することを知られたくない場合にもおすすめです。新居を探す手間も省けるため、仕事や家事で忙しい方にも適しているでしょう。

リースバックが必要とされる理由

十分な老後資金を確保するのに、リースバックは役立ちます。基本的に60~70歳以降の生活費は貯蓄や年金、退職金、定年退職後の再雇用による収入など。ただし老後になっても住宅ローンの支払いが終わっていないと、生活費を住宅ローンの支払いに当てなければならないため、その分生活費が少なくなります。

国土交通省の「令和4年度住宅市場動向調査報告書」によると、初めて住宅を取得した世帯の世帯主の平均年齢は30代後半~40代前半です。

住宅の種類世帯主の平均年齢
注文住宅39.5歳
分譲戸建住宅37.5歳
分譲集合住宅39.9歳
既存(中古)戸建住宅43.6歳
既存(中古)集合住宅43.7歳

そして住宅ローンの返済期間は表のとおりで、およそ30年です(リフォーム住宅を除く)。

住宅の種類返済期間
注文住宅(建築)32.8年
注文住宅(土地)34.5年
分譲戸建住宅32.7年
分譲集合住宅29.7年
既存(中古)戸建住宅28.4年
既存(中古)集合住宅28.5年
リフォーム住宅16.1年

以上から住宅ローンを完済する年齢は70歳前後です。リースバックを利用することで住宅ローンを完済し、より安定した生活を送れるようになります。

リースバックとリバースモーゲージの違い

不動産を活用した資金調達方法には、リバースモーゲージもあります。リバースモーゲージとは自宅を担保に金融機関から生活資金を借り入れる仕組み。借入人が生きている間は利息のみを返済し、亡くなったら相続人が元金を返済します。

参照元:国土交通省 住宅局|「令和4年度住宅市場動向調査報告書」|2.調査結果の概要|(2)一次取得・二次取得別の世帯主の年齢 P38

参照元:国土交通省 住宅局|「令和4年度住宅市場動向調査報告書」|2.調査結果の概要|(3)返済期間 P47

リースバックはどこが良い?大手を選ぶメリット・デメリット

リースバックはどこが良い?大手を選ぶメリット・デメリット

これからリースバックを検討している方であれば、「どの会社が良いかな、大手であれば安心だろうか」と迷っているのではないでしょうか。次に大手のメリットとデメリットについて解説します。

リースバックで大手を選ぶメリット

リースバックで大手企業を選ぶメリットは「安定した経営」や「豊富なサービス」にあります。

大手企業は販売実績が豊富で、資金力の高さが魅力です。金融機関からの信頼性も高く、すぐにお金を準備してくれるでしょう。

またさまざまな物件を取り扱い、客層も多岐にわたることから、お客さまに安心して利用してもらうためにはどのようなサービスがあれば良いか把握しているといえます。「トラブルに即日対応」や「特定のポイントがつく」など、サービスは企業によってさまざまです。

リースバックで大手を選ぶデメリット

人によっては「マニュアルどおりの対応をされる」ことに、不信感を抱くかもしれません。大手は対象物件や契約内容などに明確な基準があることがほとんどです。お客さまによっては「もう少し状況に合わせて柔軟に対応してほしい」と思うことがあるかもしれません。またノルマがあり、強引と感じる勧誘を受ける可能性もあります。

地元の企業であれば、地域性などに応じて多少融通を効かせてくれるケースもあるでしょう。

後悔しないためには複数の企業を比較することが重要

リースバック会社選びではWEBサイトの一括査定を活用し、買取価格や対応物件、エリア、売却後の家賃、付帯条件などを比較しましょう。

リースバックを利用する目的は人それぞれで、「より高く売却しすぐに生活費に使いたい」「相続トラブルを回避したい」などが考えられます。複数先を比較することで、より適切なリースバック会社を見つけられるでしょう。

しかし、リースバック会社は「大手だから良い」というわけではありません。リースバックの目的を整理し、より多くの企業を検討することをおすすめします。

リースバック会社を選ぶ時に押さえる比較ポイント

リースバック会社を選ぶ時に押さえる比較ポイント

買取価格や家賃、契約可能物件などはリースバック会社によって異なります。ここでは比較する際のポイントについて解説しましょう。

買取価格・家賃・賃貸期間をチェック

買取価格が高いとその分家賃が高くなる可能性もあります。「買取価格だけ」「家賃だけ」で判断するのは避けましょう。

買取価格

買取価格とはリースバック会社から受け取る売却代金のことです。一般的にリースバックでの売却価格は通常の売却価格よりも低くなります。

老後資金などいくらお金が必要か計算したうえで、買取価格の基準を決めましょう。

家賃

ここでいう家賃とは、不動産の売却後、リースバック会社に支払う賃料のことです。家賃は物件のエリアや築年数、相場などで決まります。

契約期間中は毎月家賃を支払うことになるため、収入と支出を算出し、家計の負担にならないかシミュレーションしましょう。

賃貸期間

「どのくらい物件に住み続けたいか」で、賃貸借契約の種類は変わります。賃貸借契約は2種類あり、「普通賃貸借契約」と「定期賃貸借契約」です。

普通賃貸借契約では借主の意思で契約の更新ができ、長く住み続けたい方におすすめです。一方で定期賃貸借契約では契約期間が定められており、契約の更新ができません。住み続けたい場合にはリースバック会社の合意を得る必要があります。

何年間住むことになるか家族と話し合い、適切な賃貸期間を決めましょう。

契約可能物件・得意エリアをチェック

契約可能物件・得意エリアをチェック

リースバック会社によって契約可能物件や得意エリアは異なり、ご自身の物件を買い取ってもらえないケースもあります。

契約可能物件

リースバック会社が買い取る物件は戸建てやマンション、店舗付住宅などです。中古物件を得意とする企業もあります。

不動産の種類や築年数などを確認し、対応してくれるか問い合わせてみましょう。

得意エリア

「全国対応」「首都圏・関西対応」など、得意エリアは異なります。地域限定の企業であれば、その地域の不動産事情に精通しており、より細やかに対応してくれるかもしれません。

ご自身の物件のエリアを得意とする企業が複数ある場合には、WEBサイトなどで実績を確認し判断しましょう。

実績・資金力をチェック

リースバック会社と賃貸借契約を結ぶと、長いおつき合いになります。実績や資金力も重要なポイントです。

実績

さまざまな物件を扱い、お客さま満足度が高い企業であれば、長期間安心しておつき合いができるでしょう。実績はWEBサイトの利用事例や創業年数、累計買取件数などで確認できます。

資金力

自宅を売却する場合、資金力が高いとそれだけスピーディーに売却代金を支払ってくれるともいえるでしょう。また倒産リスクも低くなります。銀行や保険などほかの金融事業を行っているかチェックしてみましょう。

手数料や初期費用が明確にされているか

リースバックでは状況に応じて印紙税や家賃保証料、火災保険料などが発生します。初回のみ必要か、継続して支払わなければならないのか、契約前までに説明してもらいましょう。

WEBサイトを見ただけでは分からない情報もあるため、詳しくは問い合わせることをおすすめします。

付加価値サービスが充実しているか

契約者限定のサービスや物件管理の充実さ、プラン内容など、ご自身のライフスタイルに合った企業を見つけましょう。サービスは数ではなく内容で判断することが大切です。サービスを無料で使えるのか、割引されるだけなのかも合わせてチェックしましょう。

リースバック会社【大手6社】のサービスを比較!

リースバック会社【大手6社】のサービスを比較!

大手のリースバック会社「セゾンファンデックス」「穴吹興産」「一建設」「SBIスマイル」「ハウスドゥ」「スターマイカ」の対象エリアや物件、特典などについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

セゾンファンデックス(セゾンのリースバック)

セゾンのリースバック」は東証プライム市場上場のクレディセゾンのグループ会社です。対象エリアは全国(一部地域を除く)、対象物件も戸建てやマンションをはじめ、柔軟に幅広くサービスを展開しています。

企業名セゾンファンデックス
対象エリア全国
対象物件住宅、オフィスビル、事務所、店舗、工場など
年齢条件特になし
査定日数最短即日
現金化のスピード最短2週間
契約の種類原則、普通賃貸借契約(定期賃貸借契約も可)

契約者限定サービスとして「セコムのホームセキュリティ」「HOME ALSOKみまもりサポート」「くらしのセゾン ハウスクリーニング」「ホームネットのハローライト」の中から一つを無料で利用できます。

最短即日・無料で見積もりが可能です。気になる方は「セゾンのリースバック」までお気軽にお問い合わせください。

セゾンのリースバックの詳細はこちら

セゾンのリースバック

穴吹興産(あなぶきのリースバック)

穴吹興産は関東、東海・関西・中四国、九州エリアに密着した事業を展開。リースバック事業のみならず、マンション販売や資産運用まで行っているため、独自のノウハウを持っていることがうかがえます。売主とヒアリングしながら、長期間支払える無理のない家賃を設定してくれるのが魅力です。

企業名穴吹興産
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・大阪・兵庫・京都・広島・岡山・香川・高知・徳島・愛媛・福岡
対象物件専有面積40平方メートル以上・築年数10年以上のマンション・鉄筋コンクリート構造もしくは鉄骨鉄筋コンクリート造
年齢条件特になし
査定日数最短1日
現金化のスピード最短1週間
契約の種類普通賃貸借契約

一建設(リースバックプラス)

一建設の「リースバックプラス」はライフスタイルに合わせた2プラン(3タイプ)を用意しています。「標準プラン」では業界初の長く住むほど再購入価格が下がるシステムなどを採用。「定期プラン」の「賃料優遇タイプ」では最大1年間の賃料が無料になり、「買戻優遇プラン」では売却価格と同額で買い戻しが可能です。

また利用者限定の駆けつけサービスや24時間ホームセキュリティなど、特典も充実しています。

企業名一建設
対象エリア全国
対象物件原則、取り扱い不可物件はなし
年齢条件特になし
査定日数1〜3日程度
現金化のスピード契約から決済まで最短即日
契約の種類普通賃貸借契約・定期賃貸借契約

SBIスマイル(ずっと住まいる)

SBIスマイル(ずっと住まいる)

SBIスマイルの「ずっと住まいる」は東証プライム上場のSBIホールディングスのグループ会社です。高い資金力と透明性で、より安心してリースバックができるでしょう。プランは定年後の生活資金確保向けの「ゆとり」、住宅ローン返済向けの「そなえ」、相続トラブル回避の「すっきり」、子ども世代まで長持ちさせたい方への「長持ち」の4つです。

全国の主要都市を対象としています。一級建築士が住居を検査してくれるため、長く住み続けられるでしょう。

企業名SBIスマイル
対象エリア全国の主要都市
対象物件戸建て、マンション
年齢条件特になし
査定日数最短即日
現金化のスピード最短1週間
契約の種類原則、定期賃貸借契約(マンションは普通賃貸借契約も可)

ハウスドゥ(ハウス・リースバック)

ハウスドゥの「ハウス・リースバック」では「長期リースバック」や最短5日で決済できる「クイックリースバック」、2年間のみの「短期リースバック」など、さまざまなプランを用意しています。

顧客満足度は94.6%で、専属のスタッフが対応してくれるため、不明な点も気軽に相談できるでしょう。契約後の家賃管理や退去時の対応なども、子会社が迅速に対応してくれます。地震発生時の連絡や引っ越し先のお手伝いなど、安心できるサービスも魅力です。

企業名ハウスドゥ
対象エリア全国
対象物件戸建て、マンション、店舗、事務所など
年齢条件特になし
査定日数1週間以内
契約日数最短5日(通常は約40日)
契約の種類普通賃貸借契約

スターマイカ(マンション専門専用リースバック)

スターマイカは10年以上のリースバック取り扱いがある、実績と経験が豊富なマンション専門の企業です。東京や大阪をはじめ全国9拠点でサービスを展開。

創業して20年間多くの買い取りや保有の経験があり、家賃の相場にも熟知しています。利用者のライフプランに合わせて数ヵ月から長期まで柔軟に賃貸期間を設定してくれるのも魅力です

企業名スターマイカ
対象エリア主要対応エリアは札幌・仙台・東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・広島・福岡
対象物件マンション
年齢条件特になし
査定日数最短即日
現金化のスピード最短1週間
契約の種類普通賃貸借契約・定期賃貸借契約

おわりに

大手リースバック会社には「セゾンファンデックス」「穴吹興産」「一建設」「SBIスマイル」「ハウスドゥ」「スターマイカ」などがあり、実績や資金力、得意エリア、賃貸期間などはさまざまです。大手を選ぶメリットとして「安定した経営」や「豊富なサービス」がありますが、人によっては柔軟な対応をしてもらえないと感じるかもしれません。

買取業者を選ぶ際には、買取価格や家賃、手数料、特典などをしっかりと比較し、ご自身の目的に適した企業を探してみましょう。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。