宝くじの買い方のコツ5選!当たった方の特徴や高額当選者の体験談も紹介

URLをコピーしました。
宝くじの買い方のコツ5選!当たった方の特徴や高額当選者の体験談も紹介

「宝くじは夢を買うもの」とよくいわれます。宝くじを購入するときの高揚感や当選発表の緊張感は、実際に宝くじを買ってみないと味わえない感覚です。それでも、数千万円級の高額当選を手にできる方は、ほんの一握りであることは事実です。 

仮に当選したとしても、数千円の当選金額では宝くじの購入代金の方が上回ってしまいます。せっかくお金を出して宝くじを買うのであれば、高額当選を狙いたいものです。 

実際に高額当選を果たした方たちは、どのようにして運を味方に付けたのか気になるのではないでしょうか。本コラムでは、宝くじで高額当選するための宝くじの買い方のコツや当選した方の体験談に加え、宝くじをインターネットで購入する際のおすすめの買い方についても紹介します。 

1.宝くじの買い方のコツ5選 

宝くじの買い方のコツ5選 

運を味方に付けるために、どのような買い方をすれば良いのでしょうか?実際に高額当選を果たした方に行ったアンケート結果(宝くじ公式サイトに掲載されている宝くじ当せん者レポート)をもとに、宝くじの買い方のコツを5つ紹介します。 

1-1.継続的に買い続ける 

宝くじで高額当選したいのであれば、継続的に宝くじを買い続けるのが効果的です。1回や2回購入した程度では、当選する確率を高められません。 

実際に、宝くじで高額当選した方の約半数は「いつも宝くじを買っている」というデータがあります。宝くじの高額当選の確率は、非常に低いです。確率が低いからこそ、当選確率を高めるための努力が必要になります。継続的に宝くじを購入することが運を引き寄せる現実的な方法だといえるでしょう。 

1-2.ゲン担ぎをする 

当せんした宝くじを購入する際に、何らかのゲン担ぎをした方は約8割(82%)もいるとのこと。最も多かったのは「お参りにいく」(45人、12%)、僅差で「良い事があった時に購入」(44人、12%)でした。運気がいいと感じるときに購入することでチャンスを広げているようです。また、「その他」が160人(43%)となっており、独自のゲン担ぎを行っている方も多いようです。

その他には「良いことがあったときに購入した」や「トイレの掃除をした」という声があり、ゲン担ぎにはさまざまな方法があります。宝くじを買うときにお参りに行くのは、受験や就職試験などの勝負事の前に祈願するのと同じようなことなのかもしれません。神様や仏様に手を合わせることで、運を味方に付けられるのではないでしょうか。 

1-3.いつもの売り場で購入する 

参考:宝くじ公式サイト「宝くじ当せん者レポート:購入のこだわり」 

高額当選者の47.4%が「いつもの売り場」で宝くじを購入していました。浮気せず「いつもの売り場」を大事にするのも当選の秘訣かもしれません。 

また、2位の「お出かけついでに」も32.0%で比較的多かった一方、有名な売り場で購入した方は9.2%に留まっています。有名な売り場で列に並んでまで宝くじを買おうとすると面倒になって買いそびれる可能性があるので、思いついたときに購入してしまった方が、当選確率が高くなるといえるでしょう。 

1-4.連番とバラの割合を決める 

連番とバラの割合にこだわりを持っている高額当選者は多いです。連番とバラとは、10枚組になっている宝くじの組み合わせ方のことを指します。 

  • 連番・・・10枚のうち、組と番号の上から5桁目までが同じ 
  • バラ・・・10枚のうち、連続していない番号で下1ケタが「0~9」 

高額当選者へのアンケートによると、購入時にこだわったことの第1位が「連番・バラの割合」です。連番で購入する場合、1等だけではなく前後賞もまとめて当選する可能性があります。一方、バラで購入する場合は、いろいろな番号を購入することができ、少ない枚数でも広い範囲を狙えます。 

バラと連番にはそれぞれメリット・デメリットがあり、どのようなバランスで宝くじを購入するのかは駆け引きです。宝くじを楽しむためにも、バラと連番の割合を自身なりに戦略を立てて決めていきましょう。 

1-5.天赦日(てんしゃにち)に購入する 

天赦日(てんしゃにち)などの日和の良い日に宝くじを購入するのはおすすめです。「天赦日(てんしゃにち)」は「四季に各1回ずつある、天が全ての罪を許すという最上の吉日」という意味があります。 

つまり、天赦日(てんしゃにち)は縁が良い日であり、宝くじを買うのに最適なタイミングだといえるでしょう。高額当選者へのアンケートでは「買う日にち」にこだわった方の割合は、1位の「バラと連番の割合」に次いで多いという結果です。 

宝くじを買うのにおすすめの日は、天赦日(てんしゃにち)以外にもあります。 

  • 一粒万倍日 
  • 大安 
  • 寅の日 

縁起が良い日に宝くじを買って、運を引き寄せるという方法は多くの高額当選者が実践しています。天赦日(てんしゃにち)に限らず、縁起の良い日を選んで宝くじを購入することで、思わぬ高額当選を手にするかもしれません。 

2.宝くじで当たった方の特徴5選 

宝くじで当たる方の特徴5選 

宝くじで高額当選を引き当てた方には、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、高額当選者へのアンケート結果(宝くじ公式サイトに掲載されている宝くじ当せん者レポート)をもとに、宝くじで億万長者になった方の傾向を分析して5つの特徴にまとめました。 

2-1.10年以上継続して購入している 

参考:宝くじ公式サイト「宝くじ当せん者レポート:購入のこだわり」 

1,000万円以上の当選金を受け取った高額当選者369人にアンケートを行ったところ、全体の68.0%にあたる251人が「10年以上宝くじを購入している」という結果になりました。継続は力なりという言葉があるように、長い年月をかけて継続していくことが、運を引き寄せるコツです。 

一方「今回が初めて」と「1年未満」の人を合わせても、6.3%にしかなりません。このことから「数回程度の購入では高額当選は厳しい」という現実が浮かび上がってきます。毎年少しずつ楽しみながら買い続けることが、高額当選への近道だといえるでしょう。 

2-2.一度に10枚以上購入している 

参考:宝くじ公式サイト「宝くじ当せん者レポート:購入のこだわり」 

1回当たりの購入枚数は宝くじの当選確率を決める要素の一つです。アンケートの結果、一度に10~49枚購入している方の割合は64%となり過半数に達します。一度に複数枚の宝くじを購入することは、当選確率を高めるための重要なポイントです。単純な話ですが、購入する枚数を10倍にすれば当選確率も10倍になります。つまり、購入枚数を増やすことは確率で考えると合理的な買い方になるのです。 

2-3.年に数回の頻度で購入している 

参考:宝くじ公式サイト「宝くじ当せん者レポート:購入のこだわり」 

購入頻度が「年数回」と「ジャンボのみ」の方を合わせると、61.8%で過半数を占めています。ジャンボ宝くじは年に5回開催されているため「ジャンボのみ」と回答した方は「年数回」と回答した方と同程度の購入頻度だと考えられます。 

つまり高額当選者の割合は、宝くじを毎月以上購入している方よりも、年に数回程度しか購入していない方の方が多いという事実が浮かび上がるのです。 

例えば、ジャンボ宝くじ(1口300円)を年に5回、一度に10枚購入したとすると、1年間に15,000円分宝くじを購入することになります。この買い方を10年間繰り返すと10年で15万円です。年に数回の頻度で宝くじを楽しむくらいの距離感を保つことが、継続するための秘訣です。 

2-4.しし座生まれ 

参考:宝くじ公式サイト「宝くじ当せん者レポート:どんな人?」 

誕生日別の当選者の割合が気になるという方は多いでしょう。アンケートによると、令和2年度に高額当選した方はしし座生まれが最も多く11.1%です。しし座生まれは誕生日が7月23日から8月22日の人が該当します。 

また、2位はみずがめ座で10.0%、3位はおひつじ座とふたご座で9.5%になります。これらの星座の方は、宝くじで当たりを引きやすい運を持っているのかもしれませんし、その年が引きやすい運を持った年だったのかもしれません。 

2-5.50~60代 

参考:宝くじ公式サイト「宝くじ当せん者レポート:どんな人?」 

高額当選者は50代以上の方が73.7%を占めており、4人に3人が50代以上になる計算です。50代以上の割合が多い理由は、宝くじを長年買い続けている方がたくさん当選しているからでしょう。つまり、継続して買い続けてきた結果が50~60代になって表れるケースが多いようです。 

もう一つは、資金的な要因が挙げられます。子どもが独立し、家のローンの支払いが終わり経済的に余裕が出てくる年代が50~60代です。資金的に余裕があれば一度に購入できる宝くじが多くなり、当選確率は上がります。 

50代以上の年代に高額当選者が多いのは「長年宝くじを購入してきた」という時間的な要因と「お金に余裕がある」という資金的な要因が合わさった結果ともいえるかもしれません。 

3.宝くじ高額当選者の体験談から学ぶ買い方のコツ 

宝くじ高額当選者から学ぶ買い方のコツ・体験談 

宝くじで高額当選した方の体験談を紹介します。実際に当たった方の経験から宝くじの購入方法を学んでいきましょう。 

3-1.【7億円】龍の置物が運んだ奇跡 

年末ジャンボ宝くじで1等7億円を引き当てた男性は、宝くじを龍の置物の上に保管していたそうです。ゲンを担ぐ方法はお参りに行くこと以外に、宝くじの保管場所を工夫するというやり方もあります。使い道は実家の建て替えで、家族が頻繁に集まれるような家にしたいという希望から、当選金を使うことを決めたそうです。 

この男性に限らず、他の高額当選者も購入した宝くじの保管場所にこだわる方は多いようです。宝くじを保管するなら、龍の置物のような運気を集めやすい品物の近くが良いのかもしれません。 

3-2.【4億円】ジャンボ宝くじを買い続けて50年 

ハロウィンジャンボ宝くじで、合計4億円を当てた親子の例を紹介します。2018年のハロウィンジャンボで、60代の父は前後賞の1億円、30代の息子は1等の3億円を同時に当てました。父は20代の頃からジャンボ宝くじを買い始め、50年間ジャンボ宝くじを買い続けていました。この親子は当選金を車の購入に充てるそうです。 

親子同時に高額当選を引き当てるのは、大変稀なケースではあります。それでもやはり、コツコツと宝くじを買い続けてきた継続力が、当選につながった例といえるでしょう。 

3-3.【1.5億円】自身にとって「良い日」が購入タイミング 

最後に、年末ジャンボ宝くじで1等前後賞を引き当てて、1.5億円の当選金を手に入れた80代男性の例を紹介します。この男性は、良い出来事があったときに20~30枚購入するという買い方をしていました。また、外れたとしても宝くじの収益金は世の中のために使われるため、納得して宝くじを購入しているそうです。 

この男性のように、他の人の役に立つという価値観で宝くじを購入するのは、健全な宝くじとの向き合い方だといえます。また、自身にとって幸せな日に宝くじを購入するのは、素敵な買い方だといえるでしょう。 

4.インターネットで宝くじを買うと便利!おすすめの3つの購入方法 

インターネットで宝くじを買うと便利!おすすめの3つの購入方法 

宝くじをインターネットで買う際に利用できるおすすめの3つの購入方法を紹介します。ネット購入に対応している商品は以下の5つです。 

  • 宝くじ 
  • ロト 
  • ビンゴ5 
  • ナンバーズ 
  • 着せかえクーちゃん 

宝くじのインターネット購入については「宝くじのネット購入の3ステップ!メリット・デメリットやおすすめの支払い方法を解説にて詳しく解説しています。 

4-1.継続購入 

継続購入とは、宝くじを定期的に自動で購入する方法です。継続購入することで、以下の3つがメリットになります。 

  • 買い忘れ防止になる 
  • 宝くじ売り場に買いに行く手間が省ける 
  • 購入頻度と購入期間を設定できる 

店頭購入の場合、仕事が忙しく買いに行く時間を作れなかったり近所に宝くじ売り場がなかったりと、時間や場所の制約が大きいです。一方、インターネットで継続購入をすれば、自動的に購入手続きが完了します。インターネットで宝くじを購入するのであれば、継続購入の設定をすることをおすすめします。 

4-2.予約購入 

予約購入は、発売開始日すぐに宝くじを買いたい方におすすめの購入方法です。予約購入できる宝くじは、以下の3つです。 

  • ジャンボ宝くじ 
  • 全国通常宝くじ 
  • ブロック宝くじ 

数字選択式の宝くじや着せかえクーちゃんは、予約購入の対象外になるので注意しましょう。「定期購入は毎回自動で購入が決まってしまうから心配」という方は予約購入にすることをおすすめします。宝くじの発売日前に設定することを忘れなければ、定期購入とほぼ同じ機能です。「自身で購入する回を決めたい」という方は予約購入を活用しましょう。 

4-3.共同購入 

グループで宝くじを買いたい方はネットで共同購入しましょう。共同購入とは、インターネット上で共同購入のグループを作成し、メンバー間でお金を出し合うことで宝くじを購入できるシステムです。当選した場合は、分配率に従って当選金がメンバーに振り分けられます。 

分配率を決めるのは、グループ全体の購入枚数のうち自身で購入した枚数の割合です。例えば、宝くじを100枚グループ購入してそのうちの30枚分を購入した場合、以下のような分配率になります。 

30枚÷100枚=30% 

この場合、1億円当選したら3,000万円を受け取れる計算です。共同購入する際の注意点は対象の商品が以下の2つに絞られることです。 

  • ジャンボ宝くじ 
  • 全国通常宝くじ 

数字選択式の宝くじや着せかえクーちゃんなどは、共同購入できないので注意しましょう。 

おわりに

宝くじの高額当選を狙うのであれば、運を味方に付けるための行動が必要です。確率だけで考えると高額当選することは非常に難しいものの、継続して買い続けることで運を引き寄せた前例はたくさんあります。 

また、宝くじの収益金の36.6%、金額にして1年間に約3,000億円が公共事業や社会福祉のために利用されています。当選しなくても宝くじを買うことで、世の中の役に立っているという価値観で宝くじを購入することは、欲が少なく理想的な心の持ち方だといえます。 

高額当選にこだわりすぎず、フラットな心持ちで宝くじを購入することが、運を味方に付けるコツといえるかもしれません。