株式投資の始め方を初心者にもわかりやすく解説|おすすめの口座も紹介!

URLをコピーしました。
株式投資の始め方を初心者にもわかりやすく解説|おすすめの口座も紹介!

株式投資と聞くと、「株式投資ってどうやって始めたら良いのだろう?」「株式投資と聞くと投資資金がたくさん必要なんじゃないの?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。株式投資をされたことのない方は、始め方や、資金の準備などさまざまな不安があるでしょう。

しかし、株式投資は注意点を守り、適切なステップを踏むことでスムーズに踏み出せます。このコラムでは、初心者の方が株式投資を始めるうえでのポイントや株式投資のメリットなどについて解説していますので、株式投資の良いスタートを切るための参考にしてみてください。

1.初心者向け!株式投資の概要を解説

株式投資を始めるために「そもそも株式とは何なのか?どこに行ったら買えるのか?」といった疑問を解消しましょう。

1-1.株式とは?

株式とは株主に付与される「出資証明書」のことです。企業にはさまざまな種類がありますが、事業運営のために株式を発行して資金調達を行い、その資金をもとに利益を追求する企業を株式会社といい、その株式会社に出資してくれた方を「株主」といいます。

1-2.どこで買えるのか?

株式を買うためには、証券会社を通じて、証券取引所の市場に売買注文を出すことが必要になります。取引を行うためには、まず証券会社に口座を開設することが必要です。全国の4ヵ所(東京・名古屋・福岡・札幌)にある証券取引所が市場として株の流通を担い、株が売買されています

参照元:大和証券:金融商品取引所一覧と立会時間

2.株式投資を始める2つのメリット

ここでは、株式投資を始めることによって得られる2つのメリットについて見ていきましょう。

2-1.株式が値上がりしたときに利益を受け取れる

株価が購入時に比べて上昇したときに、購入時より高い値段で売却して得た利益をキャピタルゲインといいます。これは、株式投資をするうえでの大きなメリットです。例えば、150,000円で購入した株が200,000円に上昇したときに売却すると50,000円の利益を得られます。

2-2.配当金、株主優待などの恩恵がある

企業の業績に応じて、株主に利益の一部を還元することを配当金(インカムゲイン)といい、株主に対して商品やサービスを提供することを株主優待といいます。これらは、株式投資をするうえでの大きなメリットです。

例えば、ある1種類の株を200株保有している場合を考えます。企業の業績が好調で、1株当たり30円の配当が出たと仮定すると、その時に受け取れる配当金は30円✕200株=6,000円です。株主優待の例としては、ホテルであれば宿泊券、鉄道会社であれば無料乗車券などがあります。自社サービスを無料あるいは格安で利用できるといったメリットを付けて優待を提供している先もあります。

参照元:IG証券:配当金とは?

3.株式投資を始める5つのステップ!

株式投資を始める5つのステップ!

ここからは、初心者が株式投資を始めるための5つのステップについて解説しますので、初めて株式投資をされる方は参考にしてみてください。

3-1.株式投資のための資金を用意

株式投資を始めるためには、まとまった資金が必要です。1株あたり数百円で買えるものから、なかには数千円、数万円するものまでさまざまです。株の購入に際しては、日本では100株単位(単元株式数)での購入が基本となっています。人気の高い株を購入しようと思うと、場合によっては数百万円かかる場合があります。

初心者のうちは株式投資に慣れるために、まずは少額から始めるのがおすすめです。少額から始められる株式投資に「ミニ株」というものがあります。詳しくは以下のコラムで詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

【徹底解説】ミニ株とは?メリット・デメリットやおすすめの証券会社も紹介

3-2.証券会社で口座開設する

株式投資を始める大きな一歩として、証券会社での口座開設が必要です。今は、インターネット上で簡単に口座開設ができるネット証券がおすすめです。ネット証券での口座開設の主な流れは、以下のようになっています。口座開設までの目安として、1〜2週間ほどをみておきましょう。

口座開設の流れ

  1. 口座開設の申し込みを行う
  2. 本人確認のためマイナンバーを提出する
  3. 個人情報などの必須事項をフォームに入力する
  4. 後日、証券会社から郵送された案内書類を受け取る
  5. 書類で口座番号やログインパスワード等を確認し取引スタート

3-3.開設した口座に入金する

口座を開設したら、資金を入金しましょう。口座にお金がない状態では、いざ株式を購入しようと思っても購入できません。買いたい時にチャンスを逃さないよう、口座に余裕をもって入金することをおすすめします。

3-4.株式を実際に購入する

株式を購入する場合、ネット証券であればパソコンやスマホを使ってオンライン上で簡単に取引ができます。実際の株式の購入にあたっては、ご自身に馴染みのある企業や好きな企業の株を買って、株式投資に徐々に慣れていくのも1つの方法です。

3-5.株式を実際に売却する

初心者のうちは、株式を売却するタイミングがなかなかつかみにくいものです。そのため、売却する基準をあらかじめご自身で決めておくと良いでしょう。例えば「株価が購入した時から±15%変化したら売却する」などです。

このようなご自身のルールを設定しておくことで、欲を出しすぎたり、万が一の株価下落によって冷静な判断ができなくなるという事態を避けることができます。初心者のうちは、このようなルールを明確に定め、ルールに従って売り時を決定することをおすすめします。

4.初心者が株式投資をする際の注意点3選

ここでは、初心者が株式取引をする際に注意したいことについて解説しますので、今後の取引の参考にしてみてください。

4-1.リスクの高い株式に集中して投資をしない

株式投資のやり方は、大きく「集中投資」と「分散投資」の2つに分けることができます。集中投資とは一つの銘柄だけに集中して投資をすることをいい、分散投資とは投資先を複数の銘柄に分散させることをいいます。

株式投資をする際には、一つの銘柄にばかり集中して投資をするのはリスクが高いため、初心者のうちは複数の銘柄に分散させて投資をする分散投資がおすすめといわれています。投資の世界には「卵は一つのカゴに盛ってはいけない」という格言があります。ここでいう「卵」とは「株」のことを指し、簡単に割れる卵を経済情勢等のアップダウンの影響を受けやすい株になぞらえたものです。卵同様に、株を同じカゴ(銘柄)に盛る(投資する)のではなく、分散することが大切です。

4-2.時には損切りをする勇気が必要

株価が下がってきて、その状態が長く続くようであれば「損切り」を視野に入れる必要があります。「損切り」とは投資した株が値下がりしているとき、その損失を最小限にするため、早い段階で売却(処分)することをいいます。

多くの方にとって株式投資をする目的が「利益の獲得」である以上、損失を確定させる損切りをすることに抵抗があるかもしれません。しかし、長期的な視点で見た場合には、潔く損切りができる眼力を養うことは株式投資をするうえでは重要です。

4-3.ご自身の資産状況に見合った取引をする

株式投資において、ご自身の資産を担保に金銭や株を借りることを「信用取引」といいます。信用取引においては、担保にした資産以上の金銭や株を借りることができるため、株式投資で上手く行かなかった場合には、借金を抱えてしまうリスクがあります。それを回避するためには、ご自身の手持ち資産以上の取引は行わないようにすることが大切です。

5.初心者が株式投資をするときのコツ3つ

株式投資を、長期的に上手く継続していくためのコツをここではお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

5-1.株式投資の正しい知識を学ぶ

株式投資で利益を出している人は皆、正しい知識を身に付けて取り組んでいます。チャートの見方や分析など、株式投資で必要とされる基本的な知識を学習して株式投資を行うことが大事です。証券会社によっては、オンラインの無料セミナーを開催しているところがあるので、チェックしてみましょう。

5-2.まずは少額から小さく取引を始めてみる

本格的に株式投資をする前に、まずは少額から株式投資を始めてみましょう。「小さく始める」ことによって、リスクを最小限にできるだけではなく、株式投資の仕組みについての知見を広げることができます。

5-3.ご自身の資産状況にあった投資方法、証券会社を見つける

株式投資は、運用期間に応じて「長期投資」と「短期投資」に分けることができます。これは、株を購入してから売却するまでのスパンの長さによって決まりますが、ご自身の投資スタイルがどちらに該当するのかを見極めることが大切です。

また、どの証券会社を利用するかも大切です。証券会社によって手数料やサービスの種類に差があるため、ご自身の株式投資の運用方針に合う証券会社を見つけるようにしましょう。

6.投資初心者におすすめの口座2選

投資初心者におすすめの口座2選

世の中には、たくさんの証券会社がありますよね。ここでは、初心者の方におすすめできる証券会社を2つご紹介しますので「どの証券会社を選べば良いか分からない」という方はぜひ参考にしてみてください。

6-1.セゾンポケット

セゾンポケットでは、上場企業の株式・ETFを毎月5,000円からカード払いでつみたてでき、つみたてでも投資金額に応じて配当金がもらえます。

セゾンポケットの株つみたてはこちら

6-2.CONNECT 

CONNECTは、口座開設から取引までスマホで完結するアプリ証券です。1株から幅広い分野に分散投資できる、CONNECTの「ひな株(単元未満株)」は手数料無料なので、コストを抑えてスタートができます。300以上ある国内有名企業から銘柄を選択でき、ミニ株でありながら、注文・約定はリアルタイムで行え、取引可能時間が長いのが特徴です。デメリットが少ない状態から投資を始めたいなら、CONNECTがおすすめです。

CONNECTのひな株はこちら

おわりに

株式投資は、基本の知識を身に付けてコツコツと運用を続ければ、大きな利益を得ることが期待できます。ここまで述べた株式投資のメリットやポイントを参考にしながら、株式投資を新しく始めるきっかけにしてみてください。

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!