クレディセゾンの資産形成・投資サービス

URLをコピーしました。
クレディセゾンの資産形成・投資サービス

クレディセゾンは、将来の”より豊かな生活”を実現していただくための「資産形成」を応援しています。こちらのページでは、皆様の資産形成に役立つサービスや金融機関を厳選してご紹介いたします。

1.投資商品

あなたの資産形成を実現する投資商品をご紹介します。各商品・サービスのご利用には、証券会社での口座開設が必要です。

NISA・つみたてNISA

通常は投資による利益が出た場合、その利益に対して約20%の税金がかかります。しかし、NISAやつみたてNISAを活用すれば、一定の金額までの投資について、その利益を非課税とすることができます。

NISA・つみたてNISA口座は、一人につき一つの金融機関でしか利用できませんのでご注意ください。

NISA・つみたてNISAが利用可能な証券会社の例:

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)とは、ご自分で設定した掛金を毎月積み立てて、ご自分で運用し、資産を形成する年金制度です。60歳になるまで積立を継続し、60歳以降に給付金を受け取ることができます。

所得控除などの税制優遇メリットが大きいですが、NISA・つみたてNISAとは異なり、60歳になるまで原則として資産を引き出すことはできませんのでご注意ください。

iDeCoが利用可能な証券会社の例:

株式投資(株主優待)

企業が発行する株式を売買することで、利益を狙うのが株式投資です。購入した銘柄の株価が上昇したタイミングで売却することで値上がり益が期待できることはもちろんですが、銘柄によって配当金や株主優待を受け取ることもできます。

株式には「単元」と呼ばれる単位があり、100株単位で取引を行う場合が多いですが、「単元未満株」であれば1株単位で取引することも可能です。例えば株価が2,000円の銘柄の場合、通常は購入に20万円以上の資金が必要ですが、単元未満株であれば2,000円から投資が始められます。

なお、株主優待を受け取るためには、1単元(100株)以上の株式保有が条件となっている場合が多いので注意しましょう。

株式投資が利用可能な証券会社の例:

④投資信託

投資信託とはファンドとも呼ばれ、投資のプロ(ファンドマネージャー)に資金を預けて運用をお任せすることができる商品です。

株式投資は企業の業績によって株価が大きく変動するリスクがありますが、投資信託ではさまざまな企業の株式や債券に一度に分散投資することができるため、リスクを抑えることができます。積立もしやすく、特に長期投資におススメです。

投資信託が利用可能な証券会社の例:

2.クレディセゾンがお勧めする証券会社

証券会社によって取引できる商品や手数料・サービス等が異なりますので、十分に比較検討したうえで口座開設することをお勧めします。

CONNECT

口座開設申込も取引もスマホで完結!

毎日100円からの「まいにち投信」や1株から取引可能な「ひな株」(単元未満株)など、少額から始められるメニューも豊富です。

株式取引(単元株・信用取引)で使える手数料無料クーポンも毎月10枚プレゼントされるので、オトクに資産形成を始められます。

②大和証券

創業110年を超える長年の実績と運用ノウハウで資産運用を総合的にサポート!

あらゆるニーズに応える豊富な商品の取り扱いと、充実した学習コンテンツで、付加価値の高いサービスを提供します。中でも資産運用のすべてをお任せできる「ファンドラップ」の契約実績が国内トップクラスです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)にも対応しています。

セゾンポケット(スマートプラス)

セゾンカード・UCカードをお持ちの方であれば、口座開設も簡単!

カードやポイントで、月々1,000円から積立投資を始められます。

カードで積立すれば、ポイントも貯まりますし、口座への入金も不要です。

投資信託は、長期の資産形成に適した厳選の2銘柄のみで、安定志向か成長志向か選ぶだけですので、銘柄選びで迷うこともありません。

3.金融商品仲介および有価証券投資に関する重要事項

下記をご覧ください。