白ドレスだけじゃない!結婚式に呼ばれた際のNGファッション

URLをコピーしました。
白ドレスだけじゃない!結婚式に呼ばれた際のNGファッション

友達や親戚、会社の方などの結婚式に呼ばれたら、みなさんはどんな格好をしていきますか?特に女性は、ドレスやアクセサリー・靴など、身に着けるアイテムの選択肢が広いからこそ迷ってしまうことと思います。

しかし、結婚式のゲストの服装には実はマナーがたくさんあります。一般的に知られている「白ドレスはNG」など以外にも、あまり印象が良くないコーディネートや、お祝いの席にはふさわしくないアイテムがあります。反対に、「昔はNGだったけど今はOK」なチョイスもあります。そこで今回は、結婚式に呼ばれた際のNGファッションについてご紹介します。

 1.昼と夜でも違うってホント!? NGファッションアイテム・NGコーディネート

 ・白コーデ

これは良く知られていることですが、結婚式に白い服装は良くありません。結婚式で白を身に着けて良いのは花嫁だけです。また、ベージュや薄いピンク・イエローなどのドレスは、写真を撮るとき光の加減で白に見えてしまうことがあるので要注意。後から恥ずかしい思いをせずに済むよう、避けたほうが無難です。

 ・ファー・皮革製品・アニマル柄

殺生を連想させるファーや皮革・アニマル柄は、結婚式にはふさわしくありません。ファーのコートやマフラー・バッグ、革のジャケットやアニマル柄のコーディネートは避けましょう。最近のトレンドで、ファーや皮革がドレスのポイントとして付いていたりするものもありますが、気付かずに身に着けてしまわないよう気を付けましょう。

・短すぎる丈・露出が多すぎるもの

披露宴が昼間にある場合、短すぎる丈のドレスやタイトすぎるスカート、露出の高いドレスは避けましょう。ベアトップやノースリーブのように肩や背中が大きく見えるドレスを着るときは、上からストールやカーディガンを羽織るのがマナーです。スカートはひざ丈がベスト。体の線がくっきり出にくいシルエットを選ぶのがおすすめです。挙式に参列する場合は、昼夜関係なく露出は控えましょう。

 ・素足

結婚式での素足はマナー違反!必ずストッキングを着用するようにしましょう。伝線してしまった場合に備えて予備のものをバッグに入れておくと安心です。

・黒のストッキング

黒のストッキングは葬儀のときに着用するイメージが強いため、お祝いの席には向きません。ストッキングは肌色を。

2.昔はNGだったけど……今どきはOKなアイテム・コーデも

時代の流れとともに、結婚式の形やあり方は変わっていくもの。ゲストの服装に関しても、「昔はNGだったけど今はOK」になっているアイテム・コーディネートもあります。

 ・黒コーデ

黒系のコーディネートは、葬儀を連想させることからNGとされていました。ですが最近では、コーディネート次第では黒のドレスもOKという風潮になっています。黒いドレスを着るときは、アクセサリーやバッグ・靴にカラフルな色味のアイテムをチョイス。黒ドレスでも地味にならないよう、華やかさを意識したコーディネートを。

 ・バイカラードレス

バイカラードレスとは、切り返しで色がパキっと2色に分かれているようなデザインのこと。こういったデザインは、「別れ」をイメージさせるので良くないとされていましたが、今はさほど気にされません。

 ・パンツスタイル

女性のパンツスタイルも昔は良くないといわれていました。ですが最近は、時代の流れもありパンツスタイルもOKに。ただし、ビジネスライクなコーディネートにならないよう、光沢のある素材を選んだり華やかなブラウスを合わせたりするなどの工夫を。また、カジュアルにならないよう、シルエットが美しくスッキリと見えるものがおすすめです。

ただし、年配の方が多い席や親族として出席する場合は、黒コーデやバイカラードレス・パンツスタイルは避けたほうが無難かも。状況や立場を考えてふさわしいファッションを選んでくださいね。

結婚式があると、普段の出費にプラスα、ドレスや小物を買ったりご祝儀を用意したりとお金がかかりますよね。お財布が心もとないときは、カードローンで足りないお金を補って、計画的に返済していくのも賢い方法です。

MONEY CARDの詳細はこちら