更新日
公開日

月収50万円・都内在住54歳おひとりさま女性の「貯金額500万円」…これって大丈夫?【FPが解説】

月収50万円・都内在住54歳おひとりさま女性の「貯金額500万円」…これって大丈夫?【FPが解説】
川淵 ゆかり(川淵ゆかり事務所 代表)

執筆者
川淵 ゆかり(川淵ゆかり事務所 代表)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。国立大学行政事務(国家公務員)後にシステムエンジニアとして、物流・会計・都市銀行などのシステム開発を担当。その後FPとして独立し、ライフプランやマネープランのセミナーのほか、日商簿記1級、CFP、情報処理技術者試験の合格経験を活かして、企業や大学での資格講座・短期大学や専門学校での非常勤講師としても勤める。

54歳時点での貯金額が500万円という独身女性のAさん。老後に向けたマネープランとして問題はないのでしょうか? 本記事では、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の川淵ゆかり氏がAさんの事例とともに、50代独身女性の懐事情や老後に向けた資産形成方法について、解説します。

54歳で「貯金額500万円」…独身女性Aさん

54歳で「貯金額500万円」…独身女性Aさん

中小専門商社に勤める54歳のAさんは、東京都内の賃貸マンションに1人で暮らしています。結婚はしておらず、いわゆる「おひとりさま」です。両親は健在で、兄は結婚後も両親と同居しています。

Aさんは、学生時代は英語教師を目指していたこともあり、語学力とコミュニケーション能力が高く、明るい人柄の持ち主です。仕事をバリバリやるタイプというよりは、休日を謳歌するタイプ。若いころから“ソロ活”を満喫しており、最近は有機野菜を使ったオーガニックカフェやレストラン巡りを趣味としています。

おしゃれにもお金をかけ、住まいに関しても気に入った物件を見つけると引っ越しを重ねてきました。50歳を過ぎてからは老後を意識し、少しずつ資産形成を始めましたが、貯蓄残高は最近やっと500万円になったところです。

「退職金も年金もあるから、老後もなんとか生きていけるわ」と気楽に考えていたAさん。しかし、新型コロナウイルスや物価高など、若いころには予想だにしなかったことが次々と起きてからは、将来の生活に不安を感じるようになりました。Aさんはある日、筆者のFP事務所に相談に訪れました。

Aさんはこのままで大丈夫なのか?

衣・食・住にお金をかけ、“都会の1人暮らし”を満喫してきたAさん。しかし、年齢も50代半ばにさしかかり「老後のこともそろそろ考えないといけないな」と感じるようになったそうです。Aさんが老後に向けて悩んでいるポイントは、以下の2つです。

1.賃貸マンションを更新するかどうか

まずは、「賃貸マンションの更新」です。定年退職後も毎月賃料・更新料を払い、いまのマンションに住み続けられる保証はありませんし、いまさら住まいを購入して住宅ローンを抱え込む気力もありません。以前は「なにかあったら実家に戻ればいい」と考えていましたが、兄家族が実家で両親と同居している今は、戻ってうまくやっていく自信もありません。

2.定年まで在職できるかどうか

もう1つの悩みは、「無事に定年まで在職できるかどうか」です。

Aさんの会社でもDXが進み、新たなシステムや業務手順の変更が行われています。Aさんもパソコンの知識に長けた後輩を頼りながら、なんとかついていっている状況です。

さらに会社は人件費削減のため、数年前から派遣社員の割合を増やしはじめました。「早期退職とか勧められたらどうしよう。今更ほかの会社勤めは無理だしな」と、Aさんは悩んでいます。

「おひとりさま」の平均貯蓄額は?

「おひとりさま」の平均貯蓄額は?

さて、50代の単身世帯の方は、平均してどのくらい貯蓄があるのでしょうか。

金融広報中央委員会の調査※1によると、

・金融資産保有世帯のみ……平均値:1,675万円、中央値:675万円
・金融資産を保有していない世帯(35.7%)を含む場合……平均値:1,067万円、中央値:130万円

となっています。Aさんの貯蓄額500万円は、長年正社員でしっかり働いてきたことを考えると、少し足りないようです。

また、総務省の調査※2によると、東京都の女性単身者の1ヵ月の平均支出は17万1,074円となっています。

※1 金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和3年)」より
※2 総務省「2019年全国家計構造調査(旧全国消費実態調査)」より

主な内訳は次のとおりです。

【女性単身者(東京都)の平均支出内訳】
・食料費……3万9,944円
・住居費……4万6,043円
・水道光熱費……7,752円
・家具・家事用品……2,965円
・被服及び履物……1万1,173円
・保健医療……5,483円
・交通費……8,354円
・通信費……6,447円
・教養娯楽費……2万2,316円

暮らし方によりそれぞれ差が出てくるとは思いますが、上記のデータをみると、Aさんの家計はまだまだ見直す余地がありそうです。家計改善を行えば、貯蓄に回せる余裕もあるはずです。

50代半ば、いまからでも間に合う「3つ」の資産形成術

50代半ば、いまからでも間に合う「3つ」の資産形成術

Aさんが安心してセカンドライフを送るためには、現在の貯蓄額500万円を“定年までにいくらまで増やせるか”が重要になります。

資産運用

たとえば、Aさんは54歳ですから、10年以上はこの500万円を運用で増やしていくことができます。

・年1%で運用した場合
  ……10年後:552万5,000円/20年後:610万円/30年後:674万円

・年2%で運用した場合
  ……10年後:609万5,000円/20年後:743万円/30年後:905万5,000円

・年3%で運用した場合
  ……10年後:672万円/20年後:903万円/30年後:1,213万5,000円

しかし、どんなに資産運用でお金を増やしたとしても、運用率がインフレ率を上回らなければ「元本割れ」と同じ結果になってしまいます。インフレは、せっかくの運用結果を“水の泡”にしてしまう怖さがあるのです。

退職金を“長生き”させる

また、Aさんの会社には「退職金制度」があります。当然、会社にいつまでいられるかによって金額は変わってきますが、中小企業のモデル退職金は[図表1]のようになります。

[図表1]学歴・勤続年数ごとにみた中小企業のモデル退職金
[図表1]学歴・勤続年数ごとにみた中小企業のモデル退職金 出所:東京都産業労働局「中小企業の賃金・退職金事情(令和4年版)」

長い老後生活のためには、退職金もできるだけ“長生き”させる必要があります。まとまったお金を受け取ると気が大きくなって、「海外旅行に」「自宅のリフォームに」などとつい使ってしまいがちですが、将来のことも考え、計画的に使っていきましょう。

年金の「繰下げ受給」を検討する

さらに、定年後も長く働けるようであれば、「年金の繰下げ受給」も検討してください。

年金は、65歳で受け取らずに66歳以後75歳までの間で繰下げて受給すれば、その分増額した金額を受け取ることができます。繰下げた期間の長さに準じて年金額は増額され、いまの制度では最大で84%増額させることが可能です。また、その増額率は一生変わることはありません。

なお、老齢基礎年金と老齢厚生年金は別々に繰下げることができます。女性は男性よりも長く生きることが多いですから、おひとり様女性の場合、可能であれば積極的に繰下げ受給を検討すべきです。

[図表2]繰下げ増額率早見表
[図表2]繰下げ増額率早見表 出所:日本年金機構HP「年金の繰下げ受給」

“終の棲家”の検討も重要

また、1人暮らしの方は、現役時代はできるだけ住まいにお金をかけすぎないことも重要です。定年後も1人暮らしを続けるのであれば、急に倒れたり具合が悪くなったときでも安心して生活できるよう、介護施設や老人ホームへの入居を検討すべきでしょう。

とはいえ、こういった施設にもさまざまな種類があり、入居一時金が必要な施設と不要な施設、毎月支払う金額等、かかる費用も異なります。そのため、事前にどんな施設に入りたいのか、どれだけお金がかかるのかを確認しておきましょう。

また、介護業界は人材不足が続いているため、かかる費用は今後より一層増えていくことが予想されます。増加を見据えて、余裕をもって準備する必要があるでしょう。

「インフレ」は老後の大敵

「インフレ」は老後の大敵

さまざまなモノやサービスの値上げが続いていますが、今後もインフレはしばらく続くことが予想されています。実は、高齢者にとって最大の敵がこの「インフレ」です。

いま、たとえば毎月17万円で生活できているとしても、将来同じ金額で生活できる保障はありません。日本銀行は「物価2%目標」を掲げていますが、もし毎年2%ずつ生活費が増えていくと、同じ生活を続けるためにかかる金額は以下のようになります。

・現在 ……毎月17万円
・10年後……毎月約20万7,000円
・20年後……毎月約25万3,000円
・30年後……毎月約30万8,000円
・40年後……毎月約37万5,000円
・50年後……毎月約45万8,000円

一生涯働けるわけでもなく、預貯金の金利は一向に上がらず、年金額も増えたとしても物価上昇分には追いつきません。

つまり、「せっかく作った老後資金が減るスピードが上がっている」ということです。このままでは、高齢者の貧困問題は深刻化する一方です。

老後資金に“長生き”してもらうためには、「運用しながら少しずつ取り崩す」といった手段も考えていく必要があります。

たとえば、老後資金1,000万円を老後30年間かけて取り崩す場合を考えてみましょう。運用せずに使う場合には毎年33万円(1ヵ月あたり約2万8,000円)しか使えませんが、運用しながら取り崩す場合、利息に応じて使える金額が以下のように増やせます。

・運用せずに取り崩す……毎年約33万円(毎月約2万8,000円)
・年1%で運用しながら取り崩す……毎年約39万円(毎月約3万2,500円)
・年2%で運用しながら取り崩す……毎年約45万円(毎月約37,500円)
・年3%で運用しながら取り崩す……毎年約51万円(毎月約42,500円)

自分が働けなくなっても「お金に働いてもらう」ということになりますが、この場合、現役時代から資産運用に慣れておく必要があるでしょう。

法事でいとこと再会…おひとりさま同士「まさか」の展開に

法事でいとこと再会…おひとりさま同士「まさか」の展開に

さて、その後のAさんですが、ある日Aさんは親戚の法事でいとこのBさん(57歳)と数年ぶりに再会しました。BさんはAさんにとって、子どものころからお姉さんのように慕っていた存在です。

Bさんは数年前に離婚しており(子どもはいません)、現在は関東にある実家に1人で暮らしています。家庭菜園の畑仕事やパート勤務でのんびりと生活しているようです。しかし、BさんもAさん同様、おひとりさまならではの悩みがあるようで、

「両親も他界しちゃって……古くてやたら広い家に1人で住んでいるとさ、やっぱり寂しいのよね」

とこぼします。

その後、2人はSNSで連絡を取り合い、お互いの家を頻繁に訪れるようになりました。そして、生活リズムが合うことがわかると、AさんがBさんの家に泊まるように。最終的には、Bさんの家で2人暮らしをすることになりました。

Aさんの通勤時間が伸びたものの、Bさんの家は広く部屋数も多いため、「付かず離れず」でプライバシーも保て、快適に過ごせているそうです。

「住まいの不安もなくなりましたし、いままで外食が多かった食生活も、Bさんのおかげで自炊するようになりました。家賃も食費も大きな節約になって、貯蓄も増やせそうです」

もともとオーガニックに興味を持っていたAさんですから、畑仕事もBさんと一緒に始めたようです。野菜の自家栽培も食費の節約になりますね。

「会社を辞めたら、Bさんとこの家で古民家のオーガニックレストランでもやろうかと話していたんですが、コロナのときに行きつけのレストランが困っているのを何件か見かけて、私には無理だと思い直しました。年金額にも影響しそうですし、いまはできるだけ長く会社にお勤めするつもりです」

でも、とAさんは続けます。

「将来は小さな英会話スクールを開けるように準備を進めているんです。英語の先生になるのも長年の夢でしたから、会社を辞めても食べていけるようにしておこうと思って。時々オーガニックのランチパーティーを開くスクールなんていうのも、おもしろそうでしょ」

Aさんは明るく笑いました。

まとめ…50代おひとりさまが「インフレ時代の老後」を生き抜くために

長らく日本はデフレの時代が続いていましたが、「デフレの時代は終わった」と思われます。これからは、インフレの時代で現預金では資産価値が目減りしていきます。どうやりくりしていくかを考えていくべきです。

不安なき老後のためには、可能な限り長く働き、その時代に見合った収入を得ていくことが重要になってきます。60代、70代も健康に働き続ける計画を立てていきましょう。

AさんはITは苦手なようでしたが、オーガニックの知識や得意な英会話を強みにこれからの生活を前向きに考えています。自分の強みは何かを考え、これまで培った人脈をたどり老後の働き方を考えるのもひとつの手です。

女性が1人で生きていくのは大変ですが、自分の大事な人生ですから、いま一度立ち止まって、将来のことをじっくり考える時間をもちましょう。

株式会社クレディセゾン提供(運営会社セゾンファンデックス)
株式会社クレディセゾン提供(運営会社セゾンファンデックス)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする