50歳からでもできる「超資産運用術」

URLをコピーしました。
50歳からでもできる「超資産運用術」

50歳という年齢にどんなイメージを持たれるでしょうか?あと10〜15年で定年を迎え、年金をもらい始めると思うと、なかなか新しいことにチャレンジする気になれないかもしれません。でも、本当は年齢は関係ありません。50歳でも60歳でも、新しいことを始めることができます。 

私は50歳で起業し、この時期に本格的な資産運用を始めましたが、今では「お金の講師」として、多くのセミナーを開催するようになりました。もちろん、資産運用は早ければ早いほど効果がありますが、50代、60代と歳を重ねても諦めることはありません。 

資産運用はいつからでも始められますし、今日が人生で一番若い日です。思い立ったら吉日。将来のお金を少しでも増やそうと思ったら、すぐにでも学び始め運用を始めてみることをおすすめします。では、どのような方法で始めていくのが良いのかを具体的に紹介していきましょう。 

1.50代では遅いのか 

1-1.50代からの資産運用 

定年後や老後の生活が気になり始める50代ですが、まだまだ元気で仕事もできるし、どんな挑戦もできる年齢です。 

50代はある程度のまとまった資産を持っている方が多いと思いますが、ほとんどの方が預貯金だけで保有しており、積極的に資産運用をしている方は多くない印象です。働けるうちに働くことも大切ですが、ある程度の資金が貯まった後は、「お金に働いてもらう」つまり、資金を運用するということも選択肢の一つとして、考える時期ではないでしょうか。50代にとって、老後はそこまで遠い未来ではありません。仕事が嫌でも、収入が少なくても、現状に甘んじて、定年を待っている人もいると思います。 

何かを始めるのに遅すぎる年齢ではありませんが、かといってゆっくりしている時間もないでしょう。まずは、どんな運用でも良いので、安全なものから始めてみてください。そして、少しずつ学びながらいろんな投資先を考えてみてはどうでしょうか。 

最近では、20代や30代でも、資産運用をする方が増えてきました。暗号資産のICO案件(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)などに飛びつく方は多いですし、セミナーに行くと20代の参加者も多いように感じます。ただし50代の方が資産運用を始める場合、暗号資産のICO案件のようなハイリスクハイターンの投資に多くのお金を投入することはおすすめできません。 

いかにリスクを抑えつつ、効果的に資産を増やせるかどうかを考えて欲しいと思います。今ある資産を目減りさせないこと、着実に増えていく運用を選ぶことが重要です。60代、70代まではまだ時間があるので、今ある資産を確実に増やし、安定した将来を送りましょう。 

1-2.50代の資産運用の注意点 

給料や賞与などでコツコツ貯めたお金をハイリスクハイリターンの投機商品に投資をして、全財産を失ってしまうようなことは避けなくてはなりません。50代は定年までの期間があまり長くないため、一攫千金を狙う方もいますが、美味しい話は誰にでも起こるわけではないことを心得ておきましょう。最初にすべきことは、老後の生活費を計算すること。どんな暮らしをしたいか、どんな夢を実現したいかなど、未来の予測を立てることです。そうすることで自ずと必要な金額が見えてきます。 

目標金額が見えてきたら、収入と支出の管理をしっかりして、毎月運用に使えるお金を増やしていきます。運用資金を貯めながら、実際の投資について学んでいきましょう。 

投資はリスクがつきものですが、投資について学ぶことにより、リスクを減らし、より効率の良い資産運用を実現できるはずです。30代や40代と比べると子育てもひと段落して、収入が増えている方も多いでしょうから、自分自身が働くだけでなく、お金に働いてもらうということも必要になってきます。ハイリスクハイリターンの投資で財産を失うことも避けなくてはいけませんが、かといって、銀行や保険だけに頼るのも危険です。なぜ危険かというと、預けていてもお金が増えることはないだけでなく、インフレによってお金の価値が下がっていくからです。 

50代こそ、未来に実現したい生活について考え、そのために必要なお金について、しっかり向き合っていきましょう。むやみにお金を増やす必要はありませんが、必要なお金は積極的に増やしていく必要があります。 

2.50代からの資産運用<筆者の場合> 

50代からの資産運用

2-1.公務員時代の不動産投資が第一歩 

私の場合、在職中は銀行ローンが引きやすかったこともあり、最初は不動産投資に取り組みました。130万円くらいの区分所有からスタートしましたが、徐々に大きな物件にも取り組み、規模を拡大していきました。 

その後、学びを続ける中で、持ち家は負債だと分かり、自身の持ち家、父の持ち家(実家)を売りました。そして、そのお金を元手に資産運用にも取り組み始めました。不動産投資は、投資金額の割にキャッシュフローは少ないですが、5年以上経つと税金面からも売却益が出やすいので、売却してまとまった資産を得る方法もあります。資産運用については、ハイリスクハイリターンの商品も活用することで短期的に資産を増やすチャンスもありますが、基本は時間の力を使って長期的にお金を増やすのが王道です。 

不動産投資については、歳を重ねると長いローンが組みづらかったりするので、50代は不動産投資を始めるにもラストチャンスかもしれません。 

不動産だけ、株式だけなど、一つの投資先に偏ることなく、いくつかの投資先を持っておくことが良いでしょう。50代からの資産運用は特に「分散」と「バランス」を意識することが重要です。 

2-2.不動産の利益で他の運用にも挑戦 

不動産投資は2つの種類の収入を受け取ることができます。毎月の家賃収入以外にも売却益を得るチャンスがあります。資産運用は現状で貯金の額が少ないとなかなかその恩恵を受けることができません。そういう意味でも、不動産の売却を実現すると、まとまった資金を増やすことができるので、そこが資産運用の大きな分岐点にもなるでしょう。私も初めて不動産を売却した時から、投資先を増やしていくことができました。株式や暗号資産などにも少しずつ挑戦できたのもその頃です。そういう分散投資ができると、資産運用は加速していきます。融資が引けずに不動産投資ができない場合は、迷わず副業を始めましょう。副収入が増えていくと、毎月の積立額も上がっていきますし、副収入を使わずに貯めておき、複数の投資で運用していくと良いでしょう。 

3.分散についての考え方 

3-1.投資の基本を見直してみよう 

投資の基本は、長期、分散、積立の3つだといわれています。この三大要素はお金を増やしていく上で大切な考え方ですが、50代からは特に分散を意識して欲しいと思います。20代、30代と違って、長期のメリットを受けにくいため、長期で複利の力を利用するというよりも、分散することで、安定した短期的利益を得る工夫も必要になります。 

50代は失敗も許されない時期ですが、長期運用だけに頼ることもできないので、安全な運用をして増えた利益でハイリスクな株や暗号資産なども少額買ってみるのも良いでしょう。50代からの投資は、給料やボーナスで貯めたお金をリスクのある投資に投入するなど、決して無理をしたり一攫千金を狙ってはいけません。あくまでも着実な運用をしつつ、運用利益を使っていくつかの分散を心掛ける必要があります。 

3-2.現状を打破して本当の幸せを掴もう 

投資をするというのは、お金を増やしたり、お金持ちになるためだけのものではありません。現状の生活から一歩外に出て、今までと違う世界にある幸せに出会うためでもあります。人はどうしても新しい行動に不安を持ち、今までと同じ行動をしてしまう傾向があります。資産運用を学び始め、今までと違うお金の価値観を持ち始めることで一気に世界は広がるし、大きな夢が生まれたりもします。そんな可能性も感じながら、資産運用に取り組むとより大きな楽しみを生み、人も幸せにすることができるでしょう。 

何歳になっても自身を諦めることなく幸せな人生を見つけていきたいものです。