今のままで大丈夫?国はあなたの財布事情を改善してくれない!

URLをコピーしました。
今のままで大丈夫?国はあなたの財布事情を改善してくれない!

今のままであなたの未来は大丈夫ですか。老後は何もしなくても充分な資産と収入が見込める状態でしょうか。これからは国の政策や年金に頼らなくても自身の力で未来の資産作りができると理想的です。このコラムでは、そのために考えるべきこと、やるべきことをお伝えしたいと思います。

1.今の財布事情を考える

1-1.財布のお金を増やすために

世の中には財布事情が豊かな方と貧しい方がいるでしょう。財布の中に常に充分なお金がある方とない方の違いは何でしょうか。充分なお金が入ってくる財布を育てるには、まずお金の流れをしっかりと理解する必要があります。お金というのは物やサービスと交換するためのただのツールです。お金そのものに価値があるのではありません。物を購入したり、サービスを受けるためにお金というツールを使うというだけです。

お金がないと食べ物は買えないし、学校にも行けないし、移動もできません。お金があってこそ生活が成り立っているのです。ただ、最低限必要なお金しかない方とそれ以上のお金がある方とでは、お金の使い方の価値が異なります。財布の中に生活に必要なお金の量しか入っていない人は、食べ物を買ったり、トイレットペーパーを買って終わりです。それ以上のお金が入っていると、家族を旅行に連れて行ったり、学びの為、夢の実現の為にお金を使ったりできます。

お金というのは使い方によって人生の質が変わってくるものなので、より価値ある使い方をしていきたいものです。あくまでもお金はツールだと理解した上でより良いお金の使い方を考えていくと、自身の財布に入るお金の量も変わってくるのではないでしょうか。

1-2.財布を変えると金運がアップするのか

お金を増やそうと思う人は金運を気にすることが多いですが、金運アップの行動は本当に効果的なのでしょうか。金運アップの一つとして、財布を新しくしたり財布をきれいにする方法があります。お金の勉強の初心者の方や未経験の方に対しては、まずお金に対しての意識を向上させることをおすすめしたいと思います。

お金に無頓着な方は一生お金に恵まれません。お金の役割、仕組みやお金の増やし方などを知る前にお金に対して関心を持つことが先決です。そういう意味では、まずは金運アップに取り組むことでお金への意識を変えられるのではないかと思います。

シミや汚れのあるボロボロの財布やレシートをたくさん入れたままの窮屈な財布にお金が貯まるでしょうか。お金を粗末に扱う人にお金は集まりませんし、財布を雑に使う人はお金も雑に使っています。お金の使い方や取り扱い方を見直し、大切なお金をどんなふうに使うかを一度考えてみましょう。

2.現在の国の政策は充分なのか

2.現在の国の政策は充分なのか

2-1.年金だけに頼るとどんな生活になるのか

現在80代くらいの人達は1ヵ月に十数万円の年金をもらいながらの生活をなんとか継続してきました。この先も、現状の生活水準を維持すれば、生活していけるでしょう。

しかし現在、4〜50代の方はどうでしょうか?年金だけでは足りずに70歳くらいまで働くことを強いられそうな予感がしているのではないでしょうか。

では、現在2〜30代の方はどうでしょうか?本当に払った分の年金がもらえるのか不安を持っている方も多いでしょう。でも年金に頼らずに自身で老後のお金を作っていける人は年金の金額に一喜一憂せずにすみます。年金の金額を心配する前にまずは自力でどれくらいの資産を増やせるか、どれくらいの継続的収入を作れるかを考えてみる必要があると思います。

年金だけに頼っていると、流れてくるニュースの内容やネット情報に振り回され、常に不安と戦わなくてはいけません。先日も20年ぶりのドル安(1ドル130円)というニュースが流れ、インフレの懸念やそこからの物価高の不安が助長されました。そういう不安が広まっている時は詐欺も横行しやすいので、勉強不足、情報不足の人はいつも以上に気を付けなくてはいけません。

不安を少しでも減らすためにはまずは正しい知識や情報と質の良い人脈です。質の良い人脈というのは知識や情報が集まりやすい人たちのことです。常に新しいことを学び、アウトプットしている人には多くの情報が集まるので、そういう人とのつながりを大切にしておくことは重要だといえます。年金だけに頼り、学びも人脈作りもしない場合は、老後に豊かな生活を期待するのは難しいといえるでしょう。

2-2.老後は2,000万円で足りるのか

では、年金だけに頼らずに2,000万円を貯めておいたらそれで大丈夫かといえば、それもまた違います。昭和36年4月2日以降に生まれた男性、41年4月2日以降に生まれた女性は老齢基礎年金、老齢厚生年金の受給開始が65歳になりました。サラリーマンの人が60歳で退職した場合、65歳までの間は新しい仕事を見つけるか、貯金を切り崩して生活するしかありません。

年間300万円使う家庭の場合は5年間で1,500万円も必要になります。65歳の時点で貯金が500万円しか残らないとその先の人生は不安なものになるでしょう。

人生100年時代といわれる現在、長生きすることでお金のリスクが高まることも事実です。預金を使い切ってしまうことなく、長生きしても安定した生活ができるように準備しておかなくてはいけません。そう考えると老後2,000万円の貯金では余裕のある生活はできないでしょう。2021年の6月に国家公務員に対する法改正があり、2023年から2年おきに1歳ずつ定年が延長されることが決まりました。2031年には定年は65歳になります。今後は70歳になる可能性もあるでしょう。

年金受給開始年齢が引き上げられたり、定年の時期が引き上げられることは、60歳以降の人にとっては過酷なことです。この厳しい環境の中で私達はそろそろ国に頼らず自分達でお金を得る方法を模索する時期に入ったのではないでしょうか。

 参照元:人事院

3.これから取り組むべき具体的なプランとは

3-1.収入の増やし方を学ぼう

豊かな生活を自身の力で作っていこうと思った時、順序立てて学ぶべきことがあります。お金の本質を理解したり、お金を増やしてどんな人生を作っていくかを考えていきましょう。お金を増やす実践的なものとしては、収入として増やす方法と運用して増やす方法があります。そのどちらも並行して行うと理想的ですが、まずは今より収入を増やすスキルを身に付けておくと安心です。

今は、副業時代なのでサラリーマンをしながら収入の柱を増やすことは可能です。給料が入る財布と副業のお金が入る財布の2つを持っておくだけで今より生活は安定します。副業のスキルが身に付くと、何歳になっても自身の力で収入を作ることも可能になるでしょう。収入の入る財布を増やしていくために今日からできることをぜひ考えてみてください。

3-2.資産の増やし方を知ろう

収入を増やすスキルと同様に資産を増やすスキルも大切です。まずはリスクを最大限に減らして資産を守ることが最優先です。そして資産を守ることができたら、その次の段階では資産を増やすことを考えましょう。資産を増やす方法はローリスクローリターンからハイリスクハイリターンまでさまざまです。

暗号通貨などは間違いなくハイリスクハイリターンなので、資産の全てを暗号通貨に変えるようなことはやめましょう。初心者はローリスクローリターンから始めてください。利益が増えてきたらハイリスクのものにも挑戦できるようになると思います。サラリーマンや公務員の場合は、不動産投資も資産運用の一つとして検討できるでしょう。建築費の高騰で利回りはかなり低くなっているものの、まだ中古物件は人気があります。しっかりと知識を得た上で良い物件探しをすることは資産運用の一つとして検討する価値があると思います。

今のままで大丈夫かどうかという課題は全ての人が持っているものです。収入、支出のバランスや資産の状況を把握し、お金に恵まれる財布作りをしていきましょう。