お金持ちの意外な習慣とは

URLをコピーしました。
お金持ちの意外な習慣とは

お金持ちとそうでない方では考え方や生活習慣が違います。では、どんな風に違うのでしょうか。このコラムでは生活面や価値観などの違いから両者を分析してみたいと思います。 

1.お金持ちは何が違うのか 

1-1.お金持ちってどんな人? 

「お金持ちって一体どんな人達なんだろう?」そんな風に思ったことはありませんか?公務員やサラリーマンという立場で仕事をしていると、お金持ちという人種には縁がなく、一体、どんな生活をしているのか、何を考えているのか、よく分からないというのが本音でしょう。 

私も以前はお金持ちに関わることは少なく、自身と同じような考え方や環境の人ばかりと関わって生きてきました。そのころはお金持ちがどんな人達かを知らなかっただけでなく、良い印象も持っていませんでした。 

起業してからは、いわゆる成功者と呼ばれる億万長者との縁ができましたが、実際は私が持っていたお金持ちの印象からは、かけ離れていました。 

一言でいうと、お金持ちの人達はみんな良い人ばかりです。人間性が素晴らしく、人一倍努力家で、思いやりがあります。これが今の私が感じるお金持ちの印象です。では、お金持ちの人達は普通の人達と何が違うのか。私が発見したお金持ちの意外な習慣についてまとめてみました。 

1-2.お金の使い方が違う 

「お金の使い方」は趣味や嗜好によって人それぞれですが、一般的なサラリーマン家庭において考えると大きな共通点があります。 

一番の共通点は、お金が貯まると皆マイホームを買おうとすることです。年収いっぱいの状態でローンを組むことができるので、生活を圧迫してでもマイホームを買おうとする傾向にあるでしょう。 

では、一つ例を出して、一般の方々と成功する人のお金の使い方を説明します。例えば、あなたが起業してカウンセラーとして働き始めたと仮定します。 

お客様が増えて月に30万円の売り上げがあったとしましょう。この30万円はどんな風に使いますか?売り上げがない月もあるかもしれないから、使わずにとっておく人。はじめて自身で稼いだお金だから、家族に美味しいものでも食べに連れて行く人。いろんな使い方があると思います。 

しかしお金持ちの方は、初めての売り上げは、使うこともなければ、とっておくこともしません。「利益は再投資する」という考え方を持っています。 

なので、多くの場合は広告に使って、さらに利益を膨らませることを考えるのです。お金持ちは、「お金はお金を産むものに使う」という考え方を徹底させています。 

サラリーマンの多くは、貯金が貯まると、家を買う頭金にしたり、車のローンを組んだりして、負債を増やし、毎月の支出を増やす。そして、生活をますます苦しくしてしまうのです。家は決して資産ではないし、お金を産むわけではありません。 

お金持ちは資産を増やすことにお金を使う傾向があるので、さらにお金が増えていきます。そのお金持ちの習慣があるゆえに、現代では二極化がさらに広がりやすいのだと思います。 

ただし、お金持ちが全く浪費をしないわけではなく、自身を高めてくれる時計は高価なものを持つとか、好きな車にはお金をかけるなど、こだわりを持ってお金を使っている方が多いです。駐車場にお金をかけるのはもったいないので車は持たないや、携帯は格安スマホを使用して最低限の利用に留める、などの節約の工夫をしているのもお金持ちの特徴の1つといえるでしょう。 

1-3.余暇の過ごし方が違う 

お金持ちの余暇の過ごし方というと、豪華に旅行でもして優雅に過ごしているようなイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。成功者の多くは、自由な時間がたくさんありますが、遊んでばかりという人は少なく、休みでも仕事をしたり、学びに時間を費やす方が多いです。 

公務員やサラリーマンなどの場合は、平日は身体も心も疲れ、休みの日はダラダラしてしまいがちではないでしょうか。もちろん、趣味や家族との時間もあると思いますが、時間の使い方の選択肢が少ないので、どうしてもワンパターンな過ごし方をしてしまう傾向にあります。 

お金持ちの人達が余暇時間を積極的に過ごす習慣があるのは、「時間は命」だという感覚が強いからだと思います。時間を無駄にするのが嫌いなので、例えそれが趣味や遊びだとしても真剣に取り組む習慣があります。 

魚釣り1つとっても、こだわりの場所に赴き、道具にもこだわり、夢中になるでしょうし、私の知人は、登山を楽しむ時は有名な登山家と一緒に行って、登山の知識を学ぶといっていました。 

多くの方は、有名な登山家との関わりもないので、そんな体験はしたくてもできません。それができるのが、お金も人脈もあるお金持ちなのでしょう。自身の時間は自身でコントロールしようという主体性を持っているので、仕事に使うにしろ、遊びに使うにしろ、自主的かつ個性的な使い方をする傾向にあります。 

1-4.人との付き合い方が違う 

お金持ちの人達を見ていて、過去の自分と圧倒的に違うのは人との関わり方です。私の場合、同僚の仲間がたくさんいて、楽しい時間を過ごしていたつもりではいましたが、実際のところ、会話の内容のほとんどは職場の愚痴でした。 

居酒屋などで仕事帰りのサラリーマンが愚痴を言いながら飲んでいる姿を目にしたことはありませんか? 

ドラマに出てきそうな光景は、全国あちこちで日々繰り広げられている人間模様だと思います。みんな我慢して日々、働いているので、愚痴の1つも言いたくなるでしょう。ただお金持ちは、愚痴を言ったり、聞いたりするのを嫌う傾向にあります。そして、驚くほどのポジティブ思考を持ち、マイナスの出来事も笑い話にして話せる心の余裕を持っています。 

以前、ビジネスで成功している方からこのような話を聞きました。お酒を飲んで酔っ払ってしまって、その際に全てのキャッシュカードと20万の現金と海外の永住権が入った財布を落としたというのです。 

話の内容もさることながら、そんな重大なことを冷静に話せる姿に驚きました。お金持ちはそれくらいのことでは、人生が終わったような嘆き方はしないのだろうと思いました。そして、いつもポジティブでいられるのは、関わる人達が皆ポジティブだからかもしれません。

2.お金持ちが大切にしているもの 

2-1.経験を大切にする 

お金持ちの人達は欲しいものはなんでも買えるので、物よりも滅多にできないレアな体験とか、人の心遣いを喜ぶ傾向にあります。 

私自身もお金持ちの知人にプレゼントをしようと思っても、喜ばれるような気がしないので、自身が主催する講演会に招待したり、忘年会に招待したり、その人の為の場や時間を大切にしています。その人を思って企画したことはとても喜ばれるので、そういう人とのつながりに対しては価値を感じてくれているのでしょう。 

お金持ちの人達は失敗を恐れません。だからこそビジネスや投資などで成功してお金持ちになったのでしょう。挑戦しないことが悪だと思っているので、常に挑戦し、それが成功しても失敗しても、経験として大切にします。失敗の経験も無駄にすることなく、学びとして捉え、未来につなげる力を持っています。 

2-2.健康(身体)を大切にする 

お金持ちは筋トレやウォーキングなど運動の習慣を持っている方が多いです。それは、人生はお金ではないということを誰よりもよく知っているからです。 

お金がいくらあっても健康な身体がないとお金を使う機会もありません。それを理解しているからこそ、定期的に運動をしたり、オーガニック等の食べ物を食べたりして、お金を自身の健康に投資する習慣があるのでしょう。 

健康に気遣うとお金がかかります。オーガニックの野菜や無添加の調味料などは普通のスーパーのものより高価ですし、トータルで考えると1ヵ月の食費は大きく変わってくるはずです。 

またサプリメントについても同様です。定期的に飲み続けようと思ったら、食費とは別にかなりの経費がかかるでしょう。それでもお金持ちは身体が何より資本だと思っているので、健康のためなら気にせずお金を使う方が多いです。

2-3.自身の意志を大切にする 

雇われて仕事をしていると、自身の意志が通ることは少なく、いつも誰かの指示の下で動いています。 

経営者や投資家など、自身で金を生みだす人達は、決断力や行動力があるものですが、それは、自身で考え決めることに価値をおいているからだと思います。 

自身の人生は自分で決める。常にそんなスタンスで生きているので、他人任せにすることも他人を羨むこともせず、自身の意思を大切にしています。 

2-4.お金持ちから謙虚に学ぶ 

お金持ちの定義は曖昧ですが、私の考えるお金持ちは資産があるだけでなく、収入も多い人です。親から受け継いだ資産がある方などではなく、自身の力で財産を築いた人の習性を書きました。いうまでもありませんが、自力で資産を築いていくのは、並大抵のことではありません。精神力、行動力だけでなく、思考法や習慣も普通の人とは異なります。 

私達は、お金持ちを遠くから眺めて論じるだけでなく、彼らから学び、自身の行動に反映させていくことで成長へとつながるのではないかと思います。今後の成長や発展の参考になれば幸いです。