更新日
公開日

ダイエットが続かないのはなぜ?続かない人の特徴や原因、続けるためのポイント

ダイエットが続かないのはなぜ?続かない人の特徴や原因、続けるためのポイントを紹介!
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

ダイエットを開始しても「頑張っているのに成果がない」「食事制限・運動がつらい」「ストレスでつい間食してしまう」などの理由でモチベーションを保つことができずに、ダイエットが上手く続かないと悩んでいる方は多いでしょう。

ダイエットが続かないことには理由があります。しっかりと対処すれば、ダイエットを続けることもできるでしょう。このコラムでは、ダイエットが続かない方の特徴・原因・続けるためのポイントや食事・運動の上手な取り入れ方、ダイエットに使えるおすすめのアプリを紹介していきます。ぜひ、参考にしてダイエットに挑戦してみてください。

1.ダイエットが続かない人の特徴

「ダイエットを始めたけれど、続かずに諦めてしまった」という経験がある方もいるでしょう。ダイエットが続かない方には、特徴があります

以下で紹介していくので、自身に思い当たる節がないか確認してみましょう。

1-1.すぐに我慢できなくなる

ダイエットを始めると、すぐに効果を実感したいと思う方が多いでしょう。しかし、通常行うダイエットは、1〜2日で成果が出ることはほぼありません。自身で計画したメニューを毎日、継続して取り組む必要があります。そのため、我慢強くない方にとって短期間で成果が得られないダイエットはストレスになり、モチベーションも下がってしまうために中途半端に終わってしまいます。

1-2.成功体験がない

過去のダイエットで成功した経験がない方は、ダイエットに対して後ろ向きな考えになりやすい傾向があります。ダイエットが必要になっても、成果が出ないと過去の失敗を思い出して、モチベーションを高く保つことが難しくなるでしょう。

1-3.面倒なことを後回しにしてしまう

ダイエットは、食事や運動など生活習慣をある程度変える必要があります。そのため、面倒くさく感じる場面も多いでしょう。何事も後回しにする方にとって、生活習慣を変えるダイエットは面倒なことです。そのため、「明日からにしよう」「もっと時間に余裕がある時にしよう」と後回しにした結果、ダイエットが始まらない、続かないといった原因となります。

1-4.没頭できることがなく飽き性である

ダイエットは、自身の考えたメニューを毎日継続して実行することが大切です。しかし、没頭できることがなく飽き性の方は、毎日同じメニューを継続することに飽きてしまいます。そのため、自身で計画したメニューを継続できず、成果の出る前に他のダイエット方法に乗り換えたり、ダイエット自体が中途半端に終わったりする可能性が高くなります。

1-5.根が真面目で完璧主義

根が真面目で完璧主義の方もダイエットが続かない方の特徴として挙げられます。真面目な方は、ダイエットを決意したら自身の作ったダイエットのメニューをしっかりと守って取り組みます。しかし、予定どおりにメニューをこなすことが不可能な日もあるでしょう。また、体重も思い描くように減るとは限りません。

根が真面目で完璧主義な方ほど、計画どおりに物事が進まないと嫌気が指し、モチベーションが下がってしまいます。その結果、途中で投げ出してダイエットがしっかり継続できないケースがあります。

1-6.周囲や流行に流されてしまう

ダイエットにも流行があり、その都度さまざまな方法や情報が紹介されています。周囲や流行に流されやすい方は「流行っているから」「みんながダイエットを始めたから」など、明確な理由や計画もなく始める傾向にあります。そのため、周りがダイエットをやめてしまった時や、流行のダイエットが自身に合わず体重に変化が見られないと、簡単にやめてしまうケースが多いです。

2.ダイエットが続かない原因

ダイエットが続かない原因

ダイエットが続かないのには、いくつか原因があります。続かない原因を理解していないと、ダイエットに挑戦しても途中で挫折してしまうことを繰り返してしまう可能性もあります。ダイエットを続けるためにも「続かない原因」について理解することが大切です。

2-1.無理な食事制限や運動にストレスを感じてしまう

ダイエットで成果を得るには、適度な食事制限と運動が必要です。しかし、食べることが好きな方・運動が苦手な方にとっては、食事制限や運動は少なくともストレスになります。早く成果を出そうと、極端な食事制限やハードな運動を計画すると「好きなものを食べたい」「運動がつらい」とストレスが積み重なって逃げ出したくなり、結果として、ダイエットが長く続かない原因となるでしょう。

2-2.目標を立てず、なんとなくダイエットしている

漠然と「痩せたい」と考えて、明確な目的がないことは、ダイエットが続かない原因の1つとして挙げられます。痩せる目的・理由がある方は、達成するために目標を定めてダイエットに集中することができるでしょう。

しかし、漠然と「痩せたい」と考えている方は目標を立てていない場合が多く、ダイエットがつらいと感じた時にモチベーションを高く保つことが難しくなります。そのため、何かつらいことがあると「もうやりたくない」とすぐに諦めてしまいます。

2-3.生活習慣や食生活を改善できていない

ダイエットで成果を得るには、生活習慣の見直しが鍵となるでしょう。食事制限・運動をしっかり継続しているのに成果が出ない場合、生活習慣が原因として考えられます。深夜の食事や間食、睡眠不足などが続いているとダイエットの効果が出にくくなります。

2-4.正しいダイエットの基礎知識がない

ダイエット方法は、さまざまな種類が存在します。しかし、すべての方法に根拠が存在するわけではありません。ダイエットの基礎知識がないと、根拠のない間違ったダイエット方法や、自身にあっていないダイエット方法を選択してしまう可能性があります。その結果、体重が思うように減らなかったり、体調不良を引き起こしたりするなど、ダイエット自体がストレスになって中途半端な状態で諦めてしまいます。

2-5.短期間での結果を気にしてしまう

ダイエットは、食事制限・運動など生活習慣を改善して、長期的に管理することで効果を実感できます。そのため、短期間での結果を気にする方にとって、なかなか結果の出ないダイエットはモチベーションが下がり、続かない原因となります。ダイエットは、短期間に結果が出るものではなく、長期的な毎日の積み重ねによって効果が得られることを理解しておく必要があります。

2-6.停滞期で挫折してしまう

ダイエットをある程度継続していると、体重が全く減らない「停滞期」という期間にはいります。停滞期は、ダイエットをしている方なら誰でも経験するもので、長い方だと数ヵ月も体重に変化が見られない場合もあります。

ダイエットにおいて、体重の変化はモチベーション維持に大きく関係しているといえるでしょう。そのため、停滞期が長く続くと体重が減らないことに悩み、ダイエットへのモチベーションが下がるので続かない原因となってしまいます。

3.ダイエットを続けるためのポイント

ダイエットを続けるためのポイント

ダイエットが続かない原因が分かったところで、合わせてダイエットを続けるためのポイントも理解しておきましょう。ダイエットを続けるためのポイントを理解していると、よりダイエットを継続しやすい環境に身をおくことが可能です。以下に、ダイエットを続けるためのポイントについて紹介します。

3-1.継続することを目標にする

ダイエットは食事制限・運動を長期的に行うことで、成果を得ることができます。そのため、コツコツと継続することが重要といえるでしょう。体重の増減ばかり気にしていると、モチベーションを一定に保つのが難しくなります。

解決策として「毎日、自身の立てた計画を継続すること」を目標にするとモチベーションを保ちやすくなるでしょう。1日を計画どおり過ごすことができたら目標を達成したことになるのでハードルが低くなり続けやすくなります。

3-2.体重や体脂肪率などの数値を記録する

ダイエットを開始したら、体重や体脂肪率・食事内容などを記録することをおすすめします。日々の記録を残すと、自身の今の状態を把握することができるので目標に対してどれくらい進んでいるのか明確に分かります。

ただ体重を測って行うダイエットと比較して、記録を残す方法は日々の些細な変化にも気が付くことができるので、モチベーションを保ちやすくなるでしょう。また、記録することでダイエットが続いている達成感を得ることができる点もメリットです。

3-3.ダイエット仲間を見つける

ダイエットは、基本的には個人で行うので、少しでも思いどおりに進まない・つらいと感じてしまうと諦めてしまう場合が多いです。1人で行うことに孤独感を感じて続かない方は、ダイエット仲間を見つけることで続けやすくなるでしょう。

身近でダイエット仲間が見つからなくても、最近はアプリやSNSでダイエット仲間を見つけることが可能です。仲間と一緒にダイエットを行えば有益な情報を入手できたり「仲間が頑張っているから一緒に頑張ろう」とモチベーションを保ちやすくなったりします。

3-4.食べること以外でストレスを発散する

食事は、手軽にストレスを発散する方法の1つです。普段、食事でストレスを発散している方にとって、ダイエットの食事制限はさらにストレスとなるでしょう。そのため、ダイエットを始める前に、他のストレス発散方法を見つけることをおすすめします。他にストレス発散方法が見つかれば、ダイエットのストレスも発散することが可能となるので成功の近道となるでしょう。

3-5.小さなことから始める

ダイエットが続かない原因として、高い目標を立てることが挙げられます。目標が高すぎると、達成するまでに無理をするのでモチベーションが下がり続けることが難しくなります。

ダイエットを続けるポイントとして、小さな行動から始めて始めてみることをおすすめします。例えば「オヤツの量を減らしてみる」「スクワットを5回する」など簡単にできる内容にしましょう。それが日常化できたら、また新たに小さな行動を始めることを繰り返すとダイエットを継続することができます。

3-6.自身がなりたい姿をイメージする

ダイエットをするうえで、自身がなりたい姿を想像することは大切なことです。「なんとなく痩せたい」と漠然とダイエットするのに比べて、明確な理想像がある方が目標も立てやすくなります。

結果として、高いモチベーションを保ち続けることができるので、ダイエットを続けることが可能となるでしょう。憧れの有名人や身近になりたいスタイルの方がいたら、その方を想像してダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

4.ダイエットが続かない方向けの食事の考え方

ダイエットが続かない方向けの食事の考え方

ダイエットの際、食生活の見直しも大切なことです。食生活を見直して、場合によっては食事制限も必要となるでしょう。しかし、ただ単純に食事の量を減らすだけでは、栄養バランスが崩れてしまい、充分なダイエット効果を得ることができません。以下では、ダイエット中の食事の考え方について紹介していきます。

4-1.タンパク質を多く摂取する

ダイエットを成功させるためには、筋肉量を減らさないようにすることが重要といえるでしょう。タンパク質は、筋肉を作る大切な栄養素です。ダイエット中も、意識的にタンパク質を摂るようにすることで、筋肉量の維持に繋がるでしょう。

また、タンパク質が充分に摂れていないと、頑張って運動しても筋肉量を増やすことができないので、ダイエットの効果が出にくくなります。タンパク質は、魚や肉・大豆製品・卵に多く含まれているのでダイエット中も積極的に摂取しましょう。

4-2.低糖質なものを選ぶ

糖質を摂取すると血糖値が上昇してインスリンが分泌されます。インスリンは、血糖値を下げる効果がありますが、一方で、脂肪を分解しにくくする性質も持っています。そのため、血糖値が上がると、太りやすいといわれています。ダイエットを行う際は、血糖値の上昇を穏やかにすることがポイントになるでしょう。糖質を摂る際は、血糖値の上昇が緩やかな低GIな食品を摂ることをおすすめします。

4-3.チートデイを作る

チートデイは、ダイエット中にカロリーなどを気にせずに好きなものを食べても構わない日のことです。体重の増加が気になると思いますが、チートデイがあると、日々の食事制限によるストレスが緩和されるので、諦めることなく長期的に続けることが期待できます。自身の様子を見て、週に1回・月に2回などチートデイを設けてみるのが有効な手段です。

5.ダイエットが続かない方でもできる運動法

ダイエットが続かない方でもできる運動法

ダイエットを効率的に行うには、適度な運動も必要です。しかし、ダイエットが続かない方の中には、運動が苦手で続けることができなかった方も多いと思います。そこで、ダイエットが続かない方でもできる運動法について紹介していきます。

5-1.自身に適した時間・量のトレーニングをする

ダイエットを始めると、早く効果を得るために、自身の許容範囲を越えた運動メニューを設定してしまう場合があります。しかし、無理なトレーニングは身体に負担がかかるので、「しんどい」「つらい」と運動に嫌気がさして続かない可能性が高いです。そのため、運動は自身に適した時間・量のトレーニングをするように心掛けましょう。少し物足りないと感じても、継続することが大切なので無理のない範囲内で行うことを意識してください。

5-2.日常生活の中で意識的に身体を動かす

運動する時間を作ること自体にストレスを感じる方には、日常生活の中で意識的に身体を動かすことを意識しましょう。例えば、通勤の際に駅まで徒歩で行く・エスカレーターでの移動を階段に変えるなど日常生活の行動を変化させるだけでも運動になります。気が付いたときに行えば良いので、ストレスを感じにくく長期的に続けやすい方法といえるでしょう。

5-3.ジムに通う

1人で運動を続けることができない方は、ジムに通うのも1つの手段として有効です。ジムに通うことで、運動をしなくてはいけない環境を作ることができます。また、ジム内で頑張っている他の方々に囲まれながら取り組むことで勝手な仲間意識のなか、取り組むこともできます。なお、利用料を支払うので「お金を支払ってるから頑張ろう」という意識も生まれて続けやすいという側面もあります。

ジムに通っていても運動の方法が分からない・時間が決まっていないと行く気が出ない方は、パーソナルトレーニングがおすすめです。自身にあったトレーニング方法を教えてもらえることが最大のメリットとして挙げられます。また、予約をして利用する方法が一般的なので強制的に運動する環境を作ることが可能です。

6.ダイエットに使えるアプリ3選

昨今ではダイエットをサポートしてくれるアプリが、増えてきています。毎日の記録を、アプリに入力するだけで良いので、手軽に記録を残すことが可能です。以下では、ダイエットに使えるおすすめのアプリを3つ紹介します。

6-1.FiNC

参照元:FiNC

「FiNC」は、専属のAIトレーナーが個々に適している美容・健康メニューを提案してくれます。体重の記録を残すことはもちろん、スマートフォンを持ち歩くだけで、歩数・睡眠は自動で記録されます。さらに、食事内容は写真を撮るだけでAIがカロリーを自動で計算してくれるので自身で計算する必要がありません。

自身のライフスタイルを分析して人工知能が適したメニューを提案してくれる機能もあり、ダイエットをサポートしてくれます。

6-2.SmartDiet

参照元:AppStore

「SmartDiet」はダイエット記録が毎日続けられるようにシンプルな作りになっているのが特徴です。アプリを起動したら、すぐに記録を入力できるようになっているので、無駄な操作が必要なくスマートフォンの操作になれていない方でも簡単に行うことが可能です。

体重・体脂肪率・体調・メモの4項目を記録できます。また、記録した体重・体脂肪率はグラフ表示することが可能でダイエットの成果を分かりやすく見ることができるのでモチベーションの維持にも繋がるでしょう。

6-3.dヘルスケア

参照元:dヘルスケア

dヘルスケアは、毎日の体重・体脂肪率の他にも血圧や脈拍を記録することができ、グラフ化も可能となっています。また、スマートフォンを持ち歩いていれば自動で歩数が記録され、毎日発信される「歩数ミッション」を達成するとdポイントがもらえます。

日々の生活やダイエット中の健康に関する悩みを、実名の医師にチャットで24時間好きな時間に相談することも可能です。月額使用料が330円(税込)かかりますが、豊富なメニューとミッションを達成するとdポイントがもらえるため、充分に活用できるでしょう。

監修者コメント

このコラムでは、ダイエットが続かない方に向けて、ダイエットが続かない方の特徴・原因・続けるために必要なポイントについて、また食事や運動の上手な取り入れ方を紹介しました。ダイエットが続かないという悩みは、多くの方が経験している悩みの1つでしょう。しかし、続かない原因を知ってしっかりと対策していけば、無理せずダイエットを続けることが可能です。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする