グランピングとは?アウトドアが苦手でも楽しめる国内グランピング施設19選

URLをコピーしました。
グランピングとは?アウトドアが苦手でも楽しめる国内グランピング施設19選

「グランピング」をご存知でしょうか。イギリス発祥のアウトドアで、「Glamorous(華やかな・魅力的な)」と「Camping(キャンプ)」を組み合わせた造語です。テントやキャンプ用品、食事などが用意されており、キャンプ初心者でも手軽にアウトドアを楽しめます。今回はグランピングの設備や価格、おすすめの施設をご紹介します。キャンプに興味はあるけれどハードルが高い!という方はぜひ参考にしてみてください。

1.グランピングとは?

前述したとおり、グランピングとは初心者も手軽に楽しめるキャンプのことです。キャンプにおけるグッズの準備やテント設営、食事の準備などの手間を省いた、気軽にできるアウトドア体験です。ここではキャンプとの違いを踏まえながら、設備面と料金面の解説をしていきます。

1-1. 設備面

グランピングもキャンプも、テントやコテ―ジなどに泊まって食事をし、自然を満喫するという点では同じです。違いはそれらの準備・撤収を誰が行うのかということやクオリティです。キャンプの場合、キャンプ場によってはテントやキャンプ用品のレンタルを行っている場所もありますが、準備や片付けはご自身で行う必要があります。

一方グランピングは、すでに設営されているテントを使用し、キャンプに必要なものの多くは管理者が準備します。さらにテントやコテージなどの宿泊施設は一般のキャンプより豪華なものが多く、空調が効いているものもあり、季節を問わず快適に過ごすことが可能です。

1-2. 料金面

キャンプではキャンプ用品一式を揃えるための初期費用は掛かりますが、道具が揃えばあとは低予算でキャンプを楽しむことができます。一方グランピングは施設の豪華さやサービスの豊富さから、1泊あたりの料金はキャンプより割高です。よりリーズナブルに利用したい方は、素泊まりプランがおすすめです。

2.グランピング施設の種類

グランピング施設の種類

グランピングができる宿泊施設にはいくつかの種類があります。どんな形態があるのか、それぞれ魅力を含めてご紹介しましょう。

2-1.テント

テントタイプのグランピングは、よりキャンプに近い状態でありながらベッドやクッションなどくつろぎアイテムが充実していることが多く、快適に過ごせるのが魅力です。テントの外側に大きな日差しや雨よけのタープが張られたものなど、施設によってさまざまな形状のテントがあります。

2-2.コテージ

キャンプ気分は味わいたいけれど、寝泊りは屋内でしたい方におすすめなのがコテージです。コテージは1棟貸し切り型の別荘のような宿泊施設のことで、収容人数は6〜8人と大人数で利用できます。親子三代での旅行やグループでの利用にもぴったりです。

2-3.キャビン

キャビンは簡易的な小屋で基本的に1部屋しかなく、広さは6〜10畳ほどです。施設によってはトイレや風呂などの設備がなく、比較的費用を安く抑えつつグランピングを楽しめる場合もあります。少人数で利用する方や、費用を抑えつつグランピングを楽しみたい方におすすめです。

2-4.トレーラー

トレーラーはキャンピングカーと似ていますが、運転席やエンジンなどの運転設備が付いていません。運転設備がない分、キッチンやリビングなどの居住スペースを広く取っています。テントに比べて壁がしっかりしており、コンパクトながら設備は充実しているのが特徴です。

3.グランピングの平均価格は?

グランピングの食事付きの宿泊プランでは、1人あたり20,000~50,000円が料金相場です。宿泊施設の設備が整っている上、食事まで用意してくれるという至れり尽くせりなグランピングは、どうしてもキャンプより料金が高くなります。

4.グランピングで楽しめるアクティビティ

グランピングの醍醐味は自然を満喫できることです。施設によってそれぞれのロケーションに合わせたアクティビティが楽しめます。実際にどんなことができるのかご紹介しましょう。

4-1.バーベキュー

バーベキュー設備は客室ごとに設置されている施設も多く、小さな子ども連れでも気兼ねなく利用できるのが魅力です。素泊まりプランを選べば、好きな食材を持ち込んで楽しむことができ、リーズナブルにグランピングを体験できます。

4-2.スポーツ

フィールドアスレチックやテニスコートなど、アクティブに活動できるスポーツ設備を完備している施設もあります。壮大な自然を全身で感じたい方は山登りもおすすめです。ガイドが同行するツアーなら、初心者でも安心してアウトドアを満喫できます。

4-3.マリンスポーツ

海が近いグランピング施設ならではのアクティビティがマリンスポーツです。海水浴はもちろん、スタンドアップパドルボード(SAP)や、クルージングなどで海を肌で感じることができます。ゆっくり過ごしたい方には釣りもおすすめです。

4-4.ウィンタースポーツ

雪の多い地域や山間部では、冬のグランピングでウィンタースポーツや雪遊びを思い切り楽しみましょう。ふかふかの雪の上を歩くことができる「スノーシュー」や、雪道を爽快に駆け抜ける「ファットバイク」などができる施設もあります。

5.国内でおすすめのグランピング施設19選

国内でおすすめのグランピング施設20選

国内でおすすめしたいグランピング施設を19ヵ所ピックアップしてみました。

5-1. 北海道・東北エリア

まずは北海道・東北エリアからご紹介します。冬のアクティビティを楽しむなら、雪が降りやすい北海道・東北エリアを選びましょう。

・【北海道】ニセココテージボンゴ広場

北海道の西部ニセコにある、手作りのログハウスコテージとコットンテントでのグランピングが楽しめる施設です。ログハウスはすべて手作りで、1つ1つ違った雰囲気が感じられます。コテージやテントは緑豊かな林の中に設置され、自然を間近で感じられるのも魅力。冬グランピングで雪遊びを満喫するのもおすすめです。

・【福島】エンゼルフォレスト那須白河

福島県の中央部に位置する、愛犬と大自然を満喫できることで人気の施設です。すべてのコテージがペット同伴で宿泊できます。プライベートドッグラン付きのコテージも多数あり、テラスでバーベキューをしながら愛犬をドッグランで遊ばせることも可能です。施設内には天然温泉や大きな湖があり、大自然を感じられるアクティビティが充実しています。

5-2. 関東・甲信エリア

次に関東・更新エリアを紹介します。森や海沿いなど、さまざまなロケーションでピックアップしてみました。

・【東京】THEATER 1(シアターワン)

東京都心から車で約90分の森の中にある、1日1組のみが利用できる大人気グランピング施設です。5,000坪の大自然を独り占めできる贅沢を味わえます。100インチの大型スクリーンで映画鑑賞も可能で、フレンチレストラン監修の絶品ディナーや店長こだわりのコーヒーサービスなど、非日常を演出する設備やサービスが充実しています。

・【千葉】BAYSIDE KANAYA

千葉県で有名な夕日スポット、金谷港にある施設です。全室オーシャンビューなので、東京湾に沈む夕日を眺めたり、富士山や伊豆半島を見ることができます。部屋タイプは3種類あり、中には愛犬と宿泊できる部屋もあります。敷地内にはサイズ別のドッグランもあるので、愛犬と一緒に休日を満喫できます。

・【山梨】ツーリストヴィラ河口湖

山梨県の南部、河口湖に近い場所にあり、富士山が一望できる施設です。部屋はトレーラーハウスを採用しており、広々とした室内にはシャワー・トイレなど必要な設備が揃っています。チェックイン・チェックアウトはスタッフとの接触がない、無人システムを導入しています。コインランドリーも完備しているので長期滞在も可能で、山梨の観光拠点として利用することもできます。

5-3. 東海エリア

東海エリアのグランピング施設を紹介します。地域ならではの食材やロケーションが楽しめる施設ばかりです。

・【石川】グランピングリゾート Oceans Terrace SHIBAGAKI

石川県の海沿いに位置し、全室オーシャンビューのドーム型テントを採用した施設です。目の前の日本海までは徒歩5秒です。日本海に沈む雄大な夕日や月明りに照らされた海を眺めながら、アウトドアを楽しめます。バーベキューでは石川の食材にこだわって厳選した食材に舌鼓を打ちましょう。海好きにはたまらない、ビーチサイドグランピング体験が可能です。

・【三重】GLAMP DOG伊勢賢島

最大200㎡の広々としたプライベートドッグランを全室完備した施設です。各部屋個別で楽しめるバーベキューでは、伊勢志摩の新鮮な食材を提供しています。解禁シーズンのみ食べられる伊勢えびプランも大人気です。犬用のバスタブやリードなど、ペット用アメニティが充実しており、気兼ねなく愛犬とグランピングを楽しめるのが魅力です。

・【岐阜】星が見の杜

名古屋市から車で60分ほどの場所にある岐阜県初のドーム型テントを設置した施設です。すべての部屋に屋根付き、壁ありのバーベキューエリアがあり、天候を気にせず楽しめます。四季折々の自然を眺めながら入る貸切露天風呂で贅沢気分を味わえます。敷地内にある星の広場では部屋ごとに用意したラウンジにて、キャンプファイヤーが可能です。

・【静岡】藤乃煌 富士御殿場

見た目もおしゃれな独立型キャビンでプライベート感を演出する施設です。ハンモックが設置されたデッキでは絶景の富士山を目の前に、リラックスタイムを味わうこともできます。施設内には芝生エリアやちょっとした遊具などのプレイエリアがあり、子どもたちが思う存分体を動かして遊べる環境が揃っています。プライベートドッグラン付きの部屋も完備しています。

5-4. 関西エリア

次に関西エリアの施設をご紹介します。個別のバーベキュースペースやプール・ガーデンなどラグジュアリーな施設に注目です。

・【大阪】FOREST GLAMPING-牛滝温泉 四季まつり

夜のライトアップで幻想的な雰囲気を演出する、水辺に浮かんでいるようなドームテントが特徴の施設です。大阪市内から50分ほど車を走らせた場所に位置し、気軽に大自然が味わえるのが魅力です。すぐそばには小さな子どもも安心して遊べる浅瀬の川が流れています。施設に隣接する天然温泉では、自然を感じながら極上のお風呂で日頃の疲れを癒すことも可能です。

・【兵庫】GLAMP MARE-グランマーレ-淡路

淡路島の海を目の前にした、全室オーシャンビューの施設です。さらに全室露天風呂付きで、鮮やかなブルーの海を眺めながら入浴できます。光り輝く星空のもと、プライベートガーデンにてキャンプファイヤーも可能です。開放感あふれる個別のバーベキュースペースでは、取り扱いが簡単なガスグリルが設置してあり、アウトドア初心者でも気軽にバーベキューを楽しめます。

・【京都】メッツォオールスイートヴィラズ

全室オーシャンビューかつプール・ガーデンまで付いたラグジュアリーな施設です。プールの水深は25cmと110㎝あり、大人から小さな子どもまで楽しめます。すぐそばには温水ジャグジーがあり、遊び疲れた身体をリラックスさせることも可能です。鮮度抜群の地元食材を取り入れたバーベキューや和食レストランが監修する京懐石を楽しめ、とことん贅沢気分が味わえます。

・【滋賀】グランドーム滋賀高島

お部屋
グランドーム滋賀高島より

広大な琵琶湖の目の前にドームテントが立ち並ぶ施設です。敷地の中央には共有スペースであるクリアドームがあり、夜になるとライトアップされて幻想的です。各部屋にプライベートバーベキュースペースやガーデンがあり、ガーデンではキャンプファイヤーができる設備も整っています。琵琶湖ではウォーターアクティビティが体験可能で、夏になると遊泳もできるので、子ども連れにもおすすめです。

5-5. 中四国エリア

中四国エリアのグランピング施設をご紹介します。穏やかな自然を目の前に、日常を忘れて休日を楽しめる施設をピックアップしました。

・【広島】GLAMPISPA 瀬戸内

ドームテントとコテージの2種類から客室タイプを選べる施設です。全室100㎡以上のプライベートガーデンを完備し、ペットOKの部屋ではドッグランとしても活用可能です。全室に天然露天風呂があり、好きな時に入浴できるのも魅力です。ガーデン内に併設されたタイニーハウスにはバーベキュースペースもあり、天候を気にせずバーベキューを楽しめます。

・【高知】Dot Glamping アシズリテルメ

四国の最南端にある土佐清水市にある施設です。太平洋の水平線に沈む夕日を眺めながら、プライベートデッキにてバーベキューを楽しめます。すぐそばに大浴場のある天然温泉が併設され、日頃の疲れをゆっくり癒すことも可能です。朝はシェフがセレクトしたおしゃれな朝食BOXが用意されています。

5-6. 九州・沖縄エリア

最後に九州・沖縄エリアの施設をご紹介します。スポーツやファミリーをテーマにした他にはない施設ばかりです。

・【福岡】ザ・リトリート-The Retreat-

福岡市内から車で60分ほどの場所に位置する施設です。「スポーツ&ウェルネス」をテーマに、グランピングをしながらテニスやハイキング、ヨガなどのアクティビティを体験できます。客室はコテージや高級トレーラー、ジャーニーテントなど4種類から選択可能です。朝食は竹カゴに和のおにぎり朝食を詰め込んだお弁当スタイルで、ピクニックのお供にもおすすめです。

・【熊本】SEA CRUISEグランピング熊本天草

熊本天草の島の1つである前島の海沿いに位置する施設です。小さな子どもが楽しめる遊具を完備したファミリータイプや、ペット可の部屋など、計4種の部屋から選べます。イルカ遭遇率98%を誇るイルカウォッチングやサイクリング、釣竿レンタルなど熊本天草ならではのさまざまなアクティビティが充実しています。開放的なリビングや個別の風呂トイレなど、ファミリーにおすすめです。

・【大分】グランシア別府鉄輪

施設
グランシア別府鉄輪より

温泉で有名な別府を体験できる施設です。全室室内温泉付きで、別府を代表するお湯を引き込んだ高品質なお風呂が魅力です。施設の自家源泉でできる地獄蒸し体験は女性や小さな子どもも楽しめます。子ども連れでものびのび食事が楽しめる個別バーベキュースペースやキッズメニューの完備など、子どもに優しい施設です。

・【沖縄】石垣島 グランピングリゾート ヨーカブシ

石垣島の北部、車で約20分の場所に位置する炎をテーマにした施設です。満点の星空の下で、島野菜や石垣牛など石垣島ならではの食材を堪能できるバーベキューメニューが用意されています。客室はバリから取り寄せた資材やグッズを使用し、南の島を感じられる工夫が満載です。ホテルから徒歩1分の海は人の出入りが少なく、鮮やかなブルーを独り占めできます。

おわりに 

グランピングの基本や楽しめるアクティビティ、おすすめのグランピング施設をご紹介しました。グランピングは、アウトドア初心者でも気軽に自然を満喫できる設備やサービスが満載です。日々の疲れを癒したい、非日常を味わいたい方はぜひグランピングに挑戦してみてください。

ぜひ、お支払いでは、セゾンカードを利用ください。永久不滅ポイントの使いやすさやなど、セゾンカードを利用するメリットはたくさんあります。 

セゾンカードをまだお持ちでない場合は「セゾンカードデジタル」がおすすめです。「セゾンカードデジタル」は国内初の完全ナンバーレスカードです。クレジットカード番号はスマホに直接届けられ、プラスチックのカードにはクレジットカード番号が記されていません。 

また、最短5分でカード発行もできますこれからセゾンカードを利用したいという方はセゾンカードデジタルがおすすめです。 

SAISON CARD Digitalの詳細はこちら
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの詳細はこちら

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!