更新日
公開日

【医師監修】スキンケアとは?正しいお手入れの方法や順番とアイテム別の役割を紹介

【医師監修】スキンケアとは?正しいお手入れの方法や順番とアイテム別の役割を紹介
小渕 英里 富士見スキンクリニック飯田橋 院長

監修者
小渕 英里 富士見スキンクリニック飯田橋 院長

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医。東京女子医科大学卒、同大学病院東医療センター、都内クリニック勤務を経て、2021年9月に飯田橋駅西口すぐに「富士見スキンクリニック飯田橋」を開院。 皮膚科専門医として患者さまの悩みやご希望をお伺いし、保険診療/美容自費治療の両面から最適な治療方法をご提案しています。

「乾燥肌で肌がかゆい」「シミやシワを増やしたくない」といった悩みはありませんでしょうか。洗顔時のお湯の温度や化粧水の塗り方が間違っていると、肌は乾燥状態となりトラブルの原因となります。健康な肌を保つためには、正しいスキンケアを身に付けることが大切です。

このコラムでは、スキンケアに関する悩みを解決するために

  • スキンケアとは
  • スキンケアアイテムの役割
  • ケアする時のポイント

について解説します。年代や季節で異なるスキンケアのポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スキンケアとは?重要性を解説

1.スキンケアとは?重要性を解説

スキンケアとは、健康な肌を保つために基礎化粧品を用いてお手入れすることをいいます。具体的なスキンケアの目的は、以下のとおりです。

  • 肌を清潔にする
  • 肌を保湿する
  • 紫外線や花粉などの刺激から守る
  • 刺激を受けた肌を回復させる

スキンケアの方法が間違っていると、肌は乾燥状態となり、外界の刺激から守る「バリア機能」が低下してしまいます。バリア機能が低下すると、ニキビやかゆみなどの肌トラブルを引き起こす原因となるので注意が必要です。さらに、肌の乾燥状態が続くとシミやたるみの原因にもなります。肌トラブルを避けるためには、正しいスキンケアを身に付けることが非常に重要です。

【手順別】正しいスキンケアの方法

2.【手順別】正しいスキンケアの方法

ケアアイテムの商品パッケージには、詳しくスキンケアの方法が記載されていないことが多いです。「何気なく行っているスキンケアは正しいのだろうか」と疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。ここでは、正しいスキンケアの方法を手順別で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

正しいクレンジング方法

肌の健康を保つためには、メイクや汚れを手早くしっかりと落とすことが大切です。クレンジングを行う時のポイントは、以下のとおりです。

  • クレンジング剤の使用量を守る
  • クレンジングを行いながらマッサージはしない
  • 目元のメイクや口紅はポイント専用リムーバーを使用する
  • 乾いた手でクレンジングを行う
  • すすぎまで1分を目安に終わらせる

クレンジング剤の量が少ないと、肌に余計な摩擦が生じてしまいます。摩擦は、赤みやニキビなど肌トラブルを引き起こす原因となるので注意しましょう。クレンジングは、ファンデーションが厚い場所から行うのがポイントです。以下の順番で、顔全体に馴染ませていきましょう。

  1. ひたい
  2. あご

すすぐ時は、ぬるま湯を馴染ませて乳化させると、肌をこすらずにメイクが落とせるのでおすすめです。

参照元:肌ナチュール:正しいクレンジング方法で理想のツヤ肌へ!基本と6タイプ別の使い方

正しい洗顔方法

洗顔方法が間違っていると、乾燥やニキビなど肌トラブルを引き起こす原因となります。まずは、正しい洗顔の手順を確認しておきましょう。

  1. 手をきれいに洗う
  2. 顔をぬらす
  3. テニスボールくらいの泡を作る
  4. 泡を転がすように洗う
  5. 20回程度すすぐ

泡で転がすように洗顔すると、肌をこすらずに汚れを落とせます。洗顔の際は、以下の点に注意しましょう。

  • 34~36度のぬるま湯を使用する
  • よく泡立てる
  • 肌をこすらない
  • シャワーの水を直接掛けない
  • フェイスライン、生え際も丁寧に洗い流す

お湯の温度が高過ぎると、肌に必要な油分まで落としてしまい、乾燥の原因となります。「毎回34~36度に設定するのは面倒」と感じる方は、顔に付けて少しひんやりする温度を目安にしてみてください。

また最近は、マスクを着用する機会が増えて赤みやニキビなどの肌トラブルを抱える方が増えています。肌トラブルを抱えている方は、ピーリング剤が配合されている刺激の強い洗顔料は避けることをおすすめします。

参照元:iniks:皮膚科医監修 洗顔の基本術

正しい化粧水のつけ方

化粧水は、手のひらを使って顔全体に馴染ませていきましょう。同じ化粧水を使用しても、つけ方によって保湿力が変わります顔の中央から外に向かってなでるように全体に馴染ませたら、指の腹を使いしっかりと押し込むのがポイントです。以下の順番で、最低5回ずつを目安に押し込んでいきましょう。

  1. 目の下
  2. ひたい
  3. あご

コットンを使用すると、どうしても肌に摩擦を与えてしまいます。摩擦を繰り返した肌は、刺激から守ろうとして厚くなり、くすみや毛穴が目立つ原因となります。そのため、できるだけ手で優しく塗るのがおすすめです。

正しい乳液・クリームのつけ方

クリームをつける際は、適量を使用して指全体を使って入れ込むことが大切です。指にしっかりと馴染ませてから、以下の場所にクリームを置くようしてのせていきます。

  • ひたい
  • あご

親指以外の4本の指を使い、頬からこめかみに向かい「くるくる」と円を描くようにクリームを入れ込んでいきます。目を閉じて、目元のくぼみにもしっかりと馴染ませていきましょう。最後は、小鼻の横からこめかみにかけて伸ばしていきます。

正しいスキンケアの順番

3.正しいスキンケアの順番

スキンケアアイテムには「水分が多いアイテム」と「油分が多いアイテム」があります。まずは、水分の多い化粧水や美容液でしっかりと肌にうるおいを与えていきます。水分の多い化粧水や美容液は時間が経つと蒸発してしまうので、油分の多い乳液やクリームでうるおいを肌に閉じ込めることが大切です。正しいスキンケアの順番は、以下のとおりです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液またはクリーム

朝のスキンケアでは、最後に「日焼け止め」を塗り紫外線対策を行いましょう。夜のスキンケアでは「クレンジング」でメイクをしっかり落としてから洗顔することが大切です。パックを行う場合は、化粧水で肌を整えた後の使用がおすすめです。化粧水には、肌を柔らかくする効果があるので、パックの美容成分が浸透しやすくなります。

参照元:Arouge:スキンケアアイテムの使用順を解説!朝と夜で異なるスキンケアの目的とは?

スキンケアの順番は【医師監修】スキンケアの正しい順番とは?4つの注意点やパックを使用するタイミングも紹介で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【種類別】スキンケアアイテムの役割

4.【種類別】スキンケアアイテムの役割

「実はスキンケアアイテムの役割をよく知らずに使用している」という方が多いのではないでしょうか。ここでは、スキンケアアイテムの役割を種類別に紹介します。ご自身でスキンケアを行う際に、ぜひ参考にしてみてください。

【クレンジング剤・洗顔料】肌を清潔にする

クレンジング剤と洗顔料には、肌を清潔にする役割があります。メイクや汚れが付着したままだと、肌トラブルを引き起こす原因となるので、クレンジングと洗顔でしっかりと落としましょう。中には、クレンジング剤と洗顔料がひとつになったタイプがありますが、個別のアイテムの使用をおすすめします。なぜなら、クレンジング剤と洗顔料には、それぞれ異なる役割があるためです。

クレンジング剤には「メイクや毛穴に詰まった皮脂を落とす役割」洗顔料には「汗やホコリを落とす役割」があります。ファンデーションやアイメイクなどには、油分が含まれているので洗顔料だけでしっかり落とすことが難しいのです。メイクの油分を落とすためには、クレンジング剤に配合されている「界面活性剤」が必要です。クレンジング剤と洗顔料を使用して、肌の清潔を保ちましょう。

参照元:KSJAPAN:今さら聞けない、クレンジングの役割と種類・選び方

【化粧水】肌にうるおいを与える

化粧水には、うるおいを与えて皮脂の分泌を調整したり、肌を柔らかくして美容液やクリームなどの浸透を良くしたりする役割があります。肌は乾燥状態にあると、外界の刺激から肌を守る「バリア機能」が低下し、ニキビや赤みなどトラブルを起こす原因となります。

さらに、肌の乾燥状態が続くと、シワやたるみを引き起こす可能性があります。そのため、化粧水でうるおいを与えることが大切です。

【乳液・クリーム】肌のうるおいをキープする

乳液とクリームは、どちらも肌のうるおいをキープするアイテムです。化粧水で肌にたっぷりとうるおいを与えても、水分はすぐに蒸発してしまいます。そのため、乳液やクリームなど油分の多いアイテムで蓋をすることが大切です。

「夏はベタベタするから使用したくない」という方がいらっしゃるかもしれません。乳液やクリームには、外からの刺激をブロックするクッションの役割があります。またクリームで膜を張ることにより、化粧の崩れを抑える効果も期待できるので1年を通して使用することをおすすめします。軽いテクスチャーのものもありますので、季節に合ったものを選択しましょう。

【美容液】悩みを集中的にケアする

美容液は「シワを目立たなくしたい」や「肌を白くしたい」など、ご自身の肌の悩みに合わせて集中的にケアできる点がメリットです。さらに美容液は、以下のような悩みに特化したケアが行えます。

  • シミ
  • ニキビ
  • 乾燥

エイジングケア用の美容液では、シワやたるみなど加齢に伴う肌の悩みを集中的にケアしてくれるアイテムがあります。

参照元:KOSE:実は知られていない!エイジングケアと美容液のふか~い関係!

【状況別】スキンケアのポイント

5.【状況別】スキンケアのポイント

「年を重ねて肌の状態が変わった」「冬の季節は調子が悪い」といった悩みはないでしょうか。肌の状態は、年齢や季節によって変化します。ここでは、年代や季節で異なるスキンケアのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

年代別のポイント

肌の状態は、年齢により変化していきます。そのため、年代に合わせたスキンケアを行うことが大切です。年代別で見たスキンケアのポイントは、以下のとおりです。

年代肌の悩みスキンケアのポイント
20代・ニキビ
・毛穴つまり
・角栓
・乾燥
・丁寧なクレンジングと洗顔
・ニキビや毛穴詰まりが気になる方は酵素洗顔やピーリング石鹸を取り入れる
30代~40代・肌のハリ不足
・毛穴の目立ち
・乾燥
・シミ
・クレンジング剤をうるおいの保てるアイテムに変える(クリームやミルクタイプ)
・乾燥対策に美容液を取り入れる
・シミ対策に美白成分配合の化粧品を取り入れる
50代~70代・シミ
・しわやたるみ
・乾燥
・保湿力の高い基礎化粧品を取り入れる
・低刺激のアイテムに変える

「今まで使用していたスキンケアの馴染みが悪くなってきた」と感じる方は、ケアアイテムを見直すことをおすすめします。

参照元:コーセー:年代別の肌の悩みとスキンケア選びのポイントは?詳しく解説!

【朝・夜】時間別のポイント

朝と夜のスキンケアでは、それぞれ目的が異なります。スキンケアを行う時は、朝と夜それぞれの目的を意識して行うことが大切です。朝のスキンケアには「日中に受ける紫外線や花粉などの刺激から肌を守る」という目的があります。そのため、日焼け止めをしっかりと塗り、紫外線対策を行うことが大切です。紫外線は、日焼けをするだけではなく、肌を乾燥させる原因となるので1年を通してしっかりと対策しましょう。

一方で、夜のスキンケアには「メイクや汚れを落とす」「刺激でダメージを受けた肌のケア」という目的があります。ご自身に合ったクレンジング剤を使用して、メイクや汚れをしっかりと落としましょう。紫外線でダメージを受けた肌には、美白効果やシミ予防ができるアイテムを使用するのもおすすめです。

季節別のポイント

季節によって紫外線量や湿度は異なります。汗の量や乾燥など肌の状態も変化するので、季節に合わせたアイテムを取り入れることが大切です。季節別で見たスキンケアのポイントは、以下のとおりです。

季節スキンケアのポイント
・紫外線ケアができる化粧品を取り入れる
・保湿ケアをしっかり行う
・花粉でダメージを受けている時は「敏感肌用」のアイテム取り入れる
・紫外線カット効果の高い化粧品を取り入れる
・保湿ケアをしっかりと行う
・シミ予防アイテムを取り入れる
・美白成分が配合された化粧品で夏のダメージケアを行う
・保湿力の高い化粧品に変えていく
・洗浄力の優しいクレンジング剤に変える
・保湿力の高い乳液やクリームを使用する
・パックやシートマスクなど保湿アイテムを取り入れる

春から急激に紫外線が増加するので、シミやそばかすなどを防ぐスキンケアアイテムを取り入れて対策しましょう。夏は、気温が高く皮脂の分泌が増加します。肌のべたつきが出やすい時期なので、念入りに洗顔を行うことが大切です。

秋から冬は、気温や湿度が低下し肌が乾燥しやすくなります。そのため、保湿力の高い乳液やクリームを使用して肌のうるおいを保つことが重要です。

参照元:Kanebo:1年6季のスキンケアプラン

おわりに

スキンケアには、乾燥や紫外線などの刺激から肌を守ったり、ダメージを受けた肌を回復させたりする目的があります。間違った洗顔方法や化粧水の塗り方は、肌が乾燥状態となり、トラブルの原因となります。

季節や年代などを考慮して、ご自身の肌に合ったスキンケアアイテムを取り入れることが大切です。正しいスキンケアを身に付けて、健康な肌を目指しましょう。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする